04/29/2018

上矢部ふれあいの樹林

1524994241497.jpg

1524994244366.jpg
 東海道線戸塚駅から上り方向1㎞ほど行った左手の里山が、上矢部ふれあいの樹林だ。山頂部は竹林の広場になっている。傍へ寄ると、タケノコを切り取った匂いが漂っているが、残ったタケノコはすっかり成長していた。
1524994245553.jpg

1524994246572.jpg
 JR東海道線を柏尾川に渡る上矢部跨線人道橋の近くには、ケヤキ広場がある。二つの広場をつなぐ散策路は、かなり本格的な山道だった。

アカバナユウゲショウ-道端の花

Dscf6126


Dscf6127
 赤花というけれど、実際は桃色。道端の雑草というには、あまりに洒落た感じの花だ。明治期に観賞用として導入、栽培されたものが野生化したのだそうだ。アカバナ科マツヨイグサ属で、花も、名前も艶めかしい。
 黄色のカタバミや青い小花も混じって、駐車場の縁は楽園の風情だ。

04/28/2018

植物園の鯉のぼり

1524904354086.jpg
 五月五日は子どもの日、子ども植物園では、管理棟前に、管理高々と鯉のぼりが泳いでいた。緑陰の鯉のぼりは気持ち良さそうだ。

静かに浮かぶ富士山

Dscf6160
 連休初日を迎えて、富士山は西の空に静かに浮かんでいた。今の既設、晴れても強風に見舞われることが多いのだが、今日は風もなくとても穏やかな姿だ。

04/27/2018

バラのドーム

1524841155388.jpg
 子ども植物園のばら園では、白く塗られたドーム型トレリスに、ピンクのバラが程よく絡み付いている。
1524841158627.jpg
 周囲には、まだ養生中のバラも植えられている。さりげない風情が、一段とドームのバラを引き立てている。

ヒスイカズラ

1524782769311.jpg

1524782771613.jpg
 いわゆる翡翠色の大きな花房がいくつも下がっている。青緑色の勾玉を集めたようで、そのまま装飾品になりそうだ。今、子ども植物園温室の女王といった貫禄だ。
 フィリピンなどの熱帯雨林原産で、国際自然保護連合の絶滅危惧レッドリストに登録されている。受粉を媒介するのがコウモリなどで、日本では結実することはないという。

04/26/2018

雨上がりの石垣アート

Dscf6013


Dscf6015
 乾いた苔が雨に打たれて変色したり、剥がれかかったりして、キランソウと組み合わさって面白い雰囲気を作っている。乾いた時とは随分印象が違う。上辺の黒ずみが良い。

鶴巻橋付近で

1524697727888.jpg
 大岡川は桜並木が多いが、この一角はケヤキなどの高木が並んでいる。オナガが巣をかけることが多いそうで、オナガの声がうるさく聞こえる。
1524697736463.jpg
 雨上がりの陽射しに、鶴巻橋の欄干が輝くようだ。遊歩道の緑陰が、如何にも気持ち良さそうだ。

04/25/2018

晴山



朝方は激しい雨風だった。それでも、また一輪、クレマチスの花が開いた。晴山という名前がついた種類をだ。水滴がついても見栄えはするが、晴れてくれたらもっといいだろう。

石段のクロネコ

Dscf5998

Dscf6001
 クロネコは、コンデジではなかなかピントが合わない。オートフォーカスだからと大丈夫だと思うのだが、むしろ合いにくいような気がする。ピントが合うのを待っている内に横を向いてしまうし、どうにか背中を丸めて伸びをしながらこっちを向いてくれたが、すぐにとっとと階段を上がって行ってしまった。 

より以前の記事一覧