« July 2020 | Main | September 2020 »

08/31/2020

カワセミー平戸立体下遊水池で

Dscf8315 Dscf8318

 残暑ますます厳しい今年の夏だが、遊水池のカワセミは元気だった。あまりの日差しの強さに、折角のルビー色も吹き飛んでしまうほどだが、水面の緑を背景にすると、ほっと一息つける感じがする。

Dscf8300

 遊水池のグランドでは、子どもたちがサッカーをしているのが見える。今年の夏休みは短かったが、子どもたちも元気なようだ。暑いけれど、広い遊水池の緑に囲まれてプレーできるのは悪くない。

08/30/2020

雷雲か

20200830_150122

 夏雲から吹き上げるような感じで、雲が広がっている。気温は34℃ぐらい。雷雲として発達していくだろうか。

 空は強烈なブルーだ。雲は、太陽を反射して真っ白に輝いている。雨は降っても内陸部だけだろうか。

終わらぬ夏

A6730a22d0924d78a3a06cbe1e7bba6e

 明るい朝だが、西の空には、如何にも暑そうなぶ厚い雲がある。朝8時前、気温は既に30℃になっている。まだまだ残暑どころではないようだ。西の雲の上には青空が見える。この雲が取れたら、特段の暑さになるのではないか。今日も、なかなか外に出られそうもない。

08/29/2020

トンボ

 Dscf8262

 自宅周辺で珍しくトンボを見かけたので、写真を撮った。昔懐かしいシオカラトンボと思ったのだが、念のために調べたら、複眼が黒いのでオオシオカラトンボという種類のようだ。確かに普通のシオカラトンボのイメージより随分がっしりした感じだ。この付近でトンボを見かけることはあまり多くない。今の時期だとアカトンボを時々見かけるのだが、今年はまだアカトンボはやって来ていない。微妙に、以前と季節の変化が変わってきているような気もする。

 

08/28/2020

夏雲

20200827_072910

20200827_135442

20200827_175654

 昨日も一日暑かった。台風の影響もあるのだろうか、空には巨大な入道雲が立ち上がり、切れ切れに流れていったりした。雨は降らなかったが、どこかでゲリラ豪雨があったかも知れない。そんな雲だった。

08/27/2020

夏の終わりに英連邦軍墓地で

Dscf8237 Dscf8227 Dscf8234

 夏の強い日差しに、墓標脇の赤いバラの花が鮮烈な印象だった。辺りは蝉時雨でいっぱいだが、木々に囲まれた空間は静寂そのものでもある。時折、夏雲が流れ芝生の上に影が広がる。時間が止まったような感じがする。

08/26/2020

夕日にヒマワリ

Dscf8211

 住宅を背景にヒマワリが夕日を浴びていた。何だか懐かしい気がした。子どもの頃によく見た風景だ。

 それはともかく、炎暑の夏も日没は早くなった。ヒマワリと言えどもさすがにたくさんだという顔をしている。小さめのヒマワリだが、どこも傷んではいない。まだまだ残暑に負ける気はないだろう。気持ちの良い風も吹いている。(保土ケ谷区狩場町で)

08/25/2020

夕陽に輝く枯れ草

20200825_164727

 激しい日照りに耐えて咲いた花が、茶色に枯れて、ボンボンの飾りのように立っている。それはそれで、逞しさの象徴のようで美しい。

20200825_164755

 すぐ隣に、ジンジャーリリーのオレンジ色の花が咲いている。こちらも、夏を目いっぱい楽しんでいるようだ。

 殊の外暑かった今年の夏だが、もう少しで、いくら何でも秋めいてくるだろう。(環境活動支援センターハーブ園で)

08/24/2020

上外郷橋付近で

Dscf8155 Dscf8160 Dscf8168

 日照りの続いていた戸塚区だが、夕べは少し雨が降った。今朝まで、大雨、洪水警報が出ていたのだが、平戸永谷川はちょっと流れが速くなった程度に見える。上外郷橋より少し上流の芦原では、4羽ぐらいのカモが豊かな水量を楽しんでいるようだった。中州の草むらにはキバナコスモスらしい花が見えたが、まだ、過ぎゆく夏と言うほどでもない。

08/19/2020

夏の石仏、北天院で

Dscf8124 Dscf8128

 参道石段途中に佇む石仏は、如何にも、詣者と苦楽を共にしようと首を傾げているように見える。背後に竹林があるものの、日差しは容赦なく照りつけている。ムクゲの向こうで座禅を組む姿は、炎熱を滅却して閑かだ。

Dscf8134 Dscf8135

 山号は品濃山、方丈の額の文字は直ぐには読めそうもない。鉢植えの蓮の葉は大きな日傘のように肩を寄せ合っていた。

08/18/2020

クサギ、平戸永谷川で

Dscf8094 Dscf8095

 般若寺橋近くの川縁にクサギの花が盛大に咲いていた。ちょっと見にはアジサイの仲間かとも思うような花の塊が、いくつも見られる。小さな白い花からカールしたマツゲのように雄しべ、雌しべが突き出している。なかなか華やかだ。

Dscf8096 Dscf8103

 すぐ傍らには、平戸永谷川プロムナード花壇があり、川の芦原には、カモたちが寛いでいた。朝晩、秋風が吹き始めたような気もするが、今日もどこかで40℃の気温が観測されていたようだ。横浜は、8月に入ってずっと日照りのままだ。

08/15/2020

仙人草、子ども植物園で

Dscf8046 Dscf8048_20200815080001

 仙人草が盛大に咲いていた。秋咲く花だと思っていたのに、こんな夏の盛りに満開になるとは驚いた。梅雨が長かったから、クレマチスの二番花が今頃咲くのもあるけれど、それにしてもこんなに盛り上がるようには咲かない。何だか季節感がずれてきているのだろうか。雨期が終わったら咲くように、植物の準備が変わってきているのだろうか。

Dscf8056

 オミナエシも秋の七草に入っている花だが、実際の花期は7月~10月ごろと長いようだ。こちらは今咲いていて何も不思議ではないのだが、仙人草も同じだったのだろうか。コロナ禍で引きこもっていると、世の中みんな変わっていってしまうような気になる。やれやれ。

 

08/14/2020

蝉時雨、境木地蔵尊で

3277f5bfe1b04f0591be8a00b270cc27

3b173ba1864040b493cf99ae17ed042b

6dc3effc66bc479b9cd7f97330d4b3ab

オシロイバナの葉に蝉の抜け殻が付いていた。夏の盛り、朝から蝉時雨がやかましい。

 手水の小僧さんは、顔の汗を拭うような姿勢で涼しい顔だ。

08/13/2020

昨日、雷雨は来なかった

900bb1fc0e174e6d911e1b21ef370cc2

 静かな朝だ。セミはもう鳴いている。いろいろな鳥の声も聞こえる。気温は既に28℃。結局、昨日の雷雲は、戸塚辺りをすり抜けて、相模湾とか、東京湾に流れてしまった。西の空には取り残されたような雲が見える。秋の気配にはまだ遠い。

08/12/2020

雷雨が必至か

20200812_153147

 天気予報どおりに、午後2時頃には急速に雷雲が発達を始めていた。時々雷鳴も聞こえていたのは確かだ。

20200812_182124

 午後6時20分頃の日没時、また壮大な夕焼けが見られた。神奈川県内陸部に大きな雷雲が発達していて、雷雨は確実なようだが、まだ1時間後ぐらいは降らないだろう。でも、雷鳴は時々聞こえている。とにかく夕方の水遣りは無しでいい。

08/11/2020

猛暑の夕焼け

Dscf7978 Dscf7981

 8月に入って暑い日が続いている。昨日は久しぶりの夕焼けだったが、そんな猛暑を象徴するような感じだった。そして久しぶりに富士山の姿が見えていた。

Dscf7982

 今日もこれから暑くなりそうだが、この時期東戸塚からこんなに富士山の姿がはっきり見えるのは珍しいような気がする。大概水蒸気の向こうか、雲に隠れてしまっているものだから。

08/10/2020

猛暑全開の日が続く

Dscf7935 Dscf7940 Dscf7954 Dscf7943

 とても長い梅雨が明けたら、一気に猛暑の夏になってきた。日中は動く気もしないので、朝、早めに平戸永谷川に行ったら、大きくなったヒナを引き連れたらしいカモの家族がいた。全部で9羽ぐらい。大きくなったヒナと思われるカモは大体同じような行動をとっている。なかなか独立できないようにも見える。これだけの数のヒナがそろって大きくなる例は、少ないのではないかと思う。

 岸辺の花壇では、夏らしい花がすっかり増えた。

08/09/2020

ツマグロヒョウモン蝶

20200809_091453

20200808_143857

 8月に入って、近所でよく見かけるようになった。暑い盛りはむしろ少ないということだが、草花と同様、秋を先どりしているのかも知れない。昔はあまり気にしていなかったが、近くに寄って見ると、結構華やかで、綺麗な蝶だ。

 上の写真が雌、下が雄らしい。

08/08/2020

児童遊園地は蝉時雨

Img_3168 Img_3169

 児童遊園地の池に、ゆったりと錦鯉が泳いでいた。とても閑かな光景だが、周囲の林では蝉の声が響いていた。特に池の背後の山林ではヒグラシの声が一段と激しく聞こえてくる。池から環境活動支援センターの方に上がっていくと、林の中にヤマユリが咲いていた。錦鯉に劣らず優雅な優雅なワンポイントだ。

08/07/2020

平戸永谷川、下永谷六丁目付近で

Dscf7910 Dscf7915 Dscf7918

 小さな橋の橋柱になったような芙蓉が見事だった。如何にも夏の川辺といった明るさだ。川中の砂州にはタマスダレの群生があり、遠目にも白い花が爽やかだった。

 梅雨明け後、早や1週間。夏の盛りだが、もう秋が恋しい。タマスダレは9月頃の花だと思っていたのだが、今年は何処でも早いような気がする。一応、暦的には今日から立秋のようだ。もちろん、夏の暑さの一番強烈な時期でもある。

08/05/2020

百日紅、境木第二公園で

20200805_073350

20200805_073325

 境木第二公園東側の一画に見事な百日紅が咲いていた。夏、曇り空の朝に燃え上がるような紅色が凄い。

 数羽のオナガが、花房に隠れるようにして、枝を渡っている。鳴き声はうるさいが、綺麗な鳥だ。残念ながらコンデジのズームでは姿を追い切れない。


08/04/2020

雲が多い朝

4786e899c1af4648bdbe731633c338a2

 梅雨明け4日目の朝だが、西の空には雲が多く、富士山はその雲に隠れて見えない。天気予報では晴れ時々曇りで、昼頃からは太陽マークだけが並んでいる。朝曇っている分、午後の暑さ厳しくなる。予想最高気温は32℃だが、体感ではどうなるか?

 コロナ禍の状況は相変わらず。3密対策で、どこに行っても暑苦しい。年寄りは家に居るしかないらしいが、熱中症になりかねないし、絶対感染しない保証もない。やれやれだ。

08/03/2020

平戸立体下遊水池、アオサギ

Dscf7876 Dscf7881 Dscf7878

 ようやく夏の朝がやってきた。平戸立体下遊水池に1羽のアオサギがいた。本格的な夏の朝、辺りには蝉の声が鳴り響いていた。ともあれ、朝食の時間。ゆっくりとアオサギは遊水池を渉猟していた。

Dscf7870

 平戸永谷川の芦原を抜けて、1羽のカモが水を切ってやってくる。こちらも爽やかな朝を楽しんでいるようだ。

08/02/2020

鵜の水浴び

Dscf7837 Dscf7826 Dscf7849

 帷子川の真ん中で水浴びしていた鵜が、浮きに上がってきた。水浴びの楽しさを、もう一羽に訴えていたようでもあったけれど、相手は知らん顔。ま、水浴びしたら、丁寧に乾しておくことも大切だ。何しろ長雨で乾かす暇などなかったのだから。

Dscf7855

 ポートサイドの脇をシーバスが通る。何とか夏がやってきたのだ。

08/01/2020

土手のカンナ

Dscf7728 Dscf7727

 JR東海道線が通る保土ケ谷町二丁目の土手にカンナが咲きそろっていた。オレンジ色の花が多いが、黄色いのもある。長梅雨の鬱陶しさを吹き払ってくれるようだ。このところようやく蝉も鳴き始めてきた。何だか季節感がはっきりしない感じがする。もう8月だが、本当に夏が始まるのだろうか。地球温暖化で、6、7月は亜熱帯の雨期みたいなものだという人もいる。日本の四季がはっきりしなくなっているということかな。

« July 2020 | Main | September 2020 »

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ