« April 2020 | Main | June 2020 »

05/31/2020

児童遊園地のアジサイ

Dscf6136

Dscf6137

Dscf6138

 児童遊園地梅林斜面のアジサイがきれいになってきた。水色だが、淡い色合いのものが多い。よく見ると、小さな花の固まりが幾つか集まって、一つになっている。新しい品種でもあるのだろうか?

 林の一角、高い木立に包まれたような風情も良い。

05/30/2020

境木地蔵尊で

111b313b298f4e3aad7ce584f6291db4

7436f5cf0f3549beab1de51d55e22f57

567384c306984f85bcd77b7b136faf65

 半夏生にはまだ白い葉が出ていなかったが、オレンジ色の百合が一輪咲いていた。これからどんどん咲いてくるだろう。

9239d545cc124f3992578e39cb994462

 「境木の大欅」根かたには新緑のモミジが張り出していて涼しげだ。1年で一番厳しい6月の日差しにも、この境内なら大丈夫だ。

特別定額給付金2

 後で気がついたのだが、昨日5月29日10時30分に【ぴったりサービス】から


「ぴったりサービス」をご利用いただき、ありがとうございます。

以下の電子申請データを申請先の自治体にて受領しましたのでお知らせ致します。
本申請に関するお問い合わせは、申請先までお問い合わせください。

 特別定額給付金 特別定額給付金

というメールが届いていた。5月12日に出した申請がようやく自治体に引き渡されたということらしい。これからどれだけ時間がかかるのだろう?

05/29/2020

特別定額給付金

 5月12日にオンライン申請を済ませたが、今日現在、振り込まれていない。5月中には届かないことが確定した。マイナンバーカードを持っていても、大して役に立たないことも確定した。

 申請時に受付確認が自動送信されたきり、何の音沙汰もない。確定申告であれば1週間前ぐらいには振込の通知が来る。手続き日に振り込まれるとは限らない注釈付きだが、今まで遅れたことはなかった。未だ振込通知もたいのだから、6月1日に振り込まれるか期待薄だ。特別な審査があるわけでも無いのに、随分時間がかかる。やっぱりマイナンバーカードは普及しないだろうと思う。

薔薇のゲート

Af68b42a322947fba4828fb32222f037

194e1bc0eedc4eb7b27f6bf58e76837b

101c538f1d77476b940f94d8197de9b9

 ゲートの向こうは駐車場がある。そのさらに向こうは環状2号線が走る。手前の花壇はまさに別天地のようだ。(東戸塚で)

05/28/2020

平戸立体下で

2569ff8f787a4f3c99425a8f4ff4ef32

459b4b82bd4a4f7d9dfcbe2525a4a1c8

 平戸永谷川の葦原は綺麗な緑色になった。この辺りにもカモはいろいろ居るけれど、今年は子育て中のカモを見かけない。生い茂った葦原の何処かにヒナが隠れているのだろうか。


C8d9fe53aa8645b9856999d0eafcf2cc

 川辺のアジサイも色づいてきた。

05/27/2020

挿し芽に挑戦

256adca862214ab3844ee6699761fbd5

60ad9ae94a554de7a2c13b517b2f3447

 5月も間もなく終わるので、レウコフィルムの挿し芽をしてみた。これまで何度かやってみているが、時期を考えずやっていたので成功したことはない。今は、多分適期の筈だがどうなるか?

3e3c15bce21143fcac4b9a31197bbc4c

785a399b06304d44bc64a01209d30b98

 少し前に挿したアブチロンは、何とかなりそうな様子だ。去年秋に挿したゼラニウムはもう花が付いている。レウコフィルムは6本挿してみた。せめて1本ぐらい成功させたいと思う。

05/26/2020

子ども植物園で

20200524_154725 Dscf5882 Dscf5831

 バラ園は改修工事が終わって綺麗になった。新しく植栽された株が充実してくると、バラ園としての景観がぐっと引き立ってくるだろう。

 ちょっと地味だが、今はヤマボウシの季節。ビッシリと白い花を付けた枝が青空に手を広げている様は壮観だ。子ども植物園のシンボルツリーと言える。

Dscf5856

 薬草園の麦の穂が金色に伸びて、背後のヤグルマギクと綺麗な情景を作っていた。麦は遺伝学の木原均博士がこの地でも研究を進めていた。麦も、子ども植物園のシンボルの一つだと思う。

05/25/2020

カモの親子ー今井川で

Dscf5924 Dscf5922 Dscf5943 Dscf5950

 今井川はカモの子育て真っ盛り。小さいヒナと一緒に昼寝をしていたり、食事の訓練をしたり、また、大きくなったヒナと隊列を組もうとしている親子もいた。小さな2羽のヒナを守る母ガモにちょっかいを出す雄もいれば、それを追い払う雄もいると行ったドラマも展開されていた。

 何かと賑やかな今井川だった。

05/24/2020

ヤマアジサイ、子ども植物園

Dscf5817

Dscf5816

 ヤマアジサイは、花が小ぶりで可憐な感じだが、彩りはちょっと派手目で美しい。子ども植物園では、普通のアジサイはまだ黄緑色であまり色づいていない。

Dscf5814

 ちょっと小さめの姫アジサイが、ようやくほんのり色付き始めたところだった。

05/23/2020

少し晴れ間が

7242f584be7c4df495b8a2b830bb23ab

 今朝はようやく青い空が少し見えた。だが、このまま晴れるというわけではないらしい。昨日までほど寒くはないというところだ。

Fc925cc2d93442a28a572f081a7cf9da

 ご近所のアジサイがもう色づき始めている。梅雨の走りと言った方が良いくらいだ。

05/22/2020

対岸を見つめる鵜

20200522_151945

20200522_151932

 高島水際線公園前のブイに1羽の鵜がいた。見つめる先にあるのは、広い帷子川の川面とポートサイド地区のビル群ばかり。川面は静かだが、時おり魚が跳ねる。

 鵜はジッと静かに佇んでいる。その横顔はかなり端正だ。跳ねる魚には無関心のようだった。

05/21/2020

オーロラモールの花壇

Img_20200520_181904

Img_20200520_181959

Img_20200520_182524

 東戸塚オーロラモール住宅棟の花壇が見事だった。シルバーリーフにピンクやブルーの花がアレンジされ、色合いを巧みに配置したバラの壁が豪華だ。新型コロナに沈んだ街の雰囲気を、ここだけ別天地に変えている。ホッとした気分だ。

05/19/2020

上外郷橋の近くで

Dscf5557  Dscf5554

 旧東海道は品濃口近くで国道1号線を横切り、平戸永谷川沿いに旧戸塚宿へと向かう。最初に平戸永谷川に接するところにあるのが上外郷橋だ。この橋の近くでは、今の季節タチアオイがよく咲いている。有志の人たちがやっている花壇にはピンクの風鈴草が前地と咲いていた。

Dscf5562 Dscf5551

 このところ日替わりで雨が降ったり、晴れたりしているが、そのせいか、この近くのアジサイが大分色づいてきていた。川の流れもたっぷりの水量があり、まさに五月雨の季節か梅雨かと行った感じがする。新型コロナウィルス騒ぎでどちらかと言えば沈んだ感じの世間だが、晴れてくれさえすれば平戸永谷川一帯は気持ちが良い。もう一息晴天を楽しませてもらいたいものだ。

05/18/2020

アジサイ、保土ケ谷公園で

Dscf5497 Dscf5500 Dscf5475

 いくつかのアジサイが色づき始めていた。いずれも、谷間の大きな木立の下にあるアジサイだった。スポットライトのような木漏れ日を受けて、特段に美しく見えるものもある。ほとんど藪の中に埋もれるようにして、ひっそりと咲いているものもある。まだ梅雨には間がある。早く色づいたアジサイの個性は格別だ。

05/17/2020

保土谷公園で

20200517_153119

20200517_153251

 保土谷公園北西側斜面にさくらの小径がある。イチョウ並木の内側に、花壇に覆い被さるような桜が並んでいる。その桜の下には、もう、薄赤色のアジサイが咲いていた。

20200517_153408

 下草の蔭にヒメジョオンが咲き、その脇にはカゲロウのような白い蝶がいた。

05/16/2020

朝の境木ふれあい樹林

Dscf5365 Dscf5375 Dscf5382 Dscf5377

 新緑のふれあい樹林で、朝の空気が気持ちよい。クローバーが広がった先に見える物置小屋も樹林の雰囲気を懐かしい感じにしてくれている。頭上の木の枝では、オナガが騒いでいた。ムクドリやスズメ、その他の小鳥の声も聞こえる。

 畑の区画にはちらほらとナスの花が咲いていた。物置小屋脇のアジサイもしっかりスタンバイしている。この先、五月雨から梅雨の季節が近づいているのは明らかだ。

05/15/2020

山手カトリック教会の聖母像

Dscf5330 Dscf5269

 山手カトリック教会の中庭奥に、白い聖母像が安置されている。大きな教会堂背後の木陰の中なので、外側からは見えにくい。

 すぐ脇に擱かれた銘板によれば、この美しい聖母像は1868年(明治元年)にフランスから贈られ、居留地のイエズス会聖心教会入り口に建てられたという。その時には、教会入り口の上から人々を見守る姿だったようだ。聖心教会は初のキリスト教教会として1862年(文久2年)に居留地に建てられていた。そして、1906年(明治39年)教会が山手44番地に移転した際、聖母像も現在の場所に移されたのだそうだ。

05/14/2020

汐汲坂ー横浜元町

Dscf5259 Dscf5261 Dscf5263

 横浜開港後、外国人居留地と共に栄えてきた横浜元町から山手へ登る坂道の一つ汐汲坂。かつてこの近くに元町百段と呼ばれる急な階段があったそうだ。現在の汐汲坂もかなりきつい。坂道の途中に横浜学園付属幼稚園があり、園庭奥に横浜学園(旧横浜高等女学園)教師でもあった作家・中島敦の文学碑がある。門の外から文学碑を撮らせてもらったが、ここから先の坂道は一層険しくなるので、取りあえず山手本通りへと急ぐことにした。

シャクヤク

9c0ea544fe1748b8b375ed6dfb503e0a

5969396c7a9441af853814f4a01647fc

 まだ5月中旬なのに28、9℃というのは暑過ぎると思う。ご近所のフェンスにシャクヤクが咲いていた。急に暑くなって忘れてしまっていたが、今はまさにその季節だ。まだ夏ではない。

05/12/2020

マイナカード

 横浜市でも特別定額給付金のオンライン申請ができるようになった。既にマイナンバーカードを保有していたので、取りあえず申請をすることにし、まずスマホで試してみたが、アプリのインストールはともかく、マイナンバーカード利用環境を整えるのに苦労してしまった。3ステップぐらいでたいした手間いらずでできそうな感じだったのだが、カードをスマホに読み込むのがうまくいかない。スマホにかざすという表現が曲者で、どうしたら良いのかわからない。何度かやり直してみたが、読み込ませることができないので、スマホを諦めることにした。

 確定申告でなれているので、PCならば問題なかろうと思ったのだが、どうも些細なところで結構ややこしい。まず環境設定は定額特別給付金用に確認が必要で、それ程大げさなものではないが、結構煩わしい。それと、銀行口座の確認書類というのがなぜ必要なのか納得のいかないところだった。インターネットバンキングのログイン画面とか、通帳のコピーだとか、キャッシュカードのコピーなど拡張子の種類も限定されていて、きちんと合わなければエラーになるらしい。予め、スマホで作成しておいたものを使ったが、キャッシュカードのコピーなんかネットにあげて大丈夫なのかと不安になってしまう。自分で、口座の申請をしているので、なぜ必要なのか納得できないまま送ってはいるが、せいぜい口座情報の記入ミスがあるかないかの確認しかできないだろうと思う。いろいろ疑問に思いながら設定したせいもあって、小一時間かかってしまった。

 手続きが終わってから、スマホにマイナカードの利用登録をしておくと何かと便利だという案内があったのでトライしてみたが、やはり、うまくいかなかった。しないの商店街での買い物にポイントが付けられるとか、図書館カードに仕えるとか言う程度で、それ程の興味が無かったので早々に断念してしまった。やはり、マイナンバーカードの普及は前途遼遠だと思う。年齢のせいか、これだけのことを2時間近くかけてやっていると、一応目的は達したものの、これだけで一日が終わってしまったような気になった。20200512_183701

 疲れた一日だったが、今日の日没直後の夕焼けはなかなか綺麗だった。後は振込を待つだけだから、まあ良かったと言える。

柿の花

Dscf5224

Dscf5222

 柿の花は緑色で小さく、大きな葉の裏や付け根に地味にくっ付いている。雌しべだか雄しべだかが薄黄色なので、辛うじて花だと見分けられる。これがなかったら、ただ柿のヘタが残っているぐらいにしか見えない。みかんの花のように強い匂いがあるわけでもない。しかも、この薄黄色の芯がやたらと落ちやすい。周囲いっぱいに落ちているが、何のゴミかわかる人も少ない。気の毒のような気もするが、葉裏にひっそりしがみついている姿はいじらしい。

05/11/2020

柑橘系のかおり

282b82f88ead456aa3a70ab3befaacd2

13234788ee494234a4627c3a5609ef29

 朝、家の前を掃除していたら、柑橘系の香りが漂っていた。振り返れば、ご近所のミカンの花が満開で、既に花びらが大量に散っていた。今まであまりミカンの花の季節は気をかけたことはなかったが、良いかおりだ。このかおりで、もう直、新型コロナウィルスも解決できるかも知れない。

05/10/2020

今年初めてカモの親子に

Dscf5185 Dscf5177 Dscf5188

 今井川で、今年初めてカモの親子に遭遇した。ヒナは5羽。もう結構大きくなっている。保土ケ谷町二丁目、茶屋町橋ちょっと下流で見かけたのだが、例年だとこの辺りで2、3組の親子を見かける。去年からの河川改修で、中州が削り取られて、平たくコンクリート造り風になってしまったことなどが影響しているのだろうか。保土ケ谷町二丁目外川神社付近では川面に鯉のぼりを連ねているが、これは例年のことで、むしろカラス除けになって良いのかも知れない。まあ。ヒナたちはとても元気が良さそうだったので、これからもっと増えてくることも期待できるだろう。

05/09/2020

浄智寺で

20200508_142224 20200508_142948 20200508_142853

 若い頃、北鎌倉浄智寺の脇を抜けて葛原岡へ登っていくのが好きだった。浄智寺は鎌倉五山の第四位ということだが、木立に囲まれた閑かな佇まいは昔から好きだった、本堂裏手からみる藁葺き屋根の方丈も良い。本堂脇にちょこんと安置されている小さな慈母観音の石像は、特に心惹かれる。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響は、こんな所にまで及んでいて、本堂や鐘楼付き山門周辺は拝観できるが、その他は、鎌倉江ノ島七福神の布袋尊も含めて拝観できない。目に見えないパンデミックの恐ろしさを改めて突きつけられてような感じだった。もちろん自分自身マスク着用で、それなりの防備はしていたわけだが、こんな自然に包まれた清浄な境域でもウィルスからは逃れなれようがないのだ。

05/08/2020

5月の富士

Dscf5080 Dscf5094

 朝、5時頃の富士山はうっすらと雲の中から頭を出している感じだった。その後完全に雲の中に潜ってしまったようだったが、8時過ぎにはまた、雄大な姿を見せてくれた。5月の大型連休の頃は、とかく天気が荒れやすい。最後の3日は天気の入れ替わりが激しく、午前中雨が降ったかと思えば、夜には雷が鳴ったりと、大変だった。暖かい空気が入り込んでいるのだが、上空に寒気も残っている。多分、富士や箱根の方はまた雪が降ったのだろう。

 富士山の姿は爽快だが、目に見えない新型コロナウィルスの方は全く訳が分からない。政府は5月31日まで非常事態宣言を延長したが、14日には専門家会議の検討を要請して見直しを図る予定だとかいう。明確に解除の基準に達した自治体があれば、特別警戒地域であっても解除可能だとも言っているようだ。宣言は延長したものの、何とか早くコロナ対策から逃げ出したいという感じにも見える。どの道、新型コロナウィルスとは長い付き合いになるのだろう。完全な終息は見込めないから、自治体ごとに段階的に解除して、ほぼ無かったことにしてしまいたいのではないか。どうも市民がマスクをして、手洗い洗顔をまめにしていれば怖くないというのではないか。何しろ目に見えないのだから、どうしようもない。

05/07/2020

雷雨の夜が明けて

Dscf5048 Dscf5056

 断続的な激しい雷雨は去ったが、まだ渦を巻くような強風が残っていた。それでも、平戸立体下の平戸永谷川 では、一羽のカモが川面を滑るように動いていた。そろそろヒナの姿が見られる頃だが、この辺りにはいないようだ。それとも、ヒナたちはどこかに潜んでいて、親鳥たちが周囲の安全を確認するのを待っているのだろうか。時折、突風が川面の芦を激しく揺らしていた。

05/06/2020

シャクナゲ

Dscf5034

Dscf5039

 新型コロナウイルスのおかげで、静かな大型連休だった。気晴らしに行ける所もほとんど無い訳だが、横浜市環境活動支援センターは何とか心配なく行ける場所だ。季節も、花を見るには一番の時季だが、人出はそんなに多くない。

 管理棟近くの木立の中に、シャクナゲがうまく配置されていた。中でも上品なピンクのシャクナゲが気にいった。

Dscf5031

 木立の中の白いシャクナゲも姿が良い。

05/05/2020

ワイルドストロベリー

067e1da65b9b4c70b914c3e7ef9f6d3f

513f28bad4df4f1981b0687231eed60f

 ワイルドと言っても、そんな凄みがある訳ではない。単にミニサイズのイチゴというだけだ。しかも、とても可愛いらしい。赤い実も小さなツブツブをつけて、イチゴそのものだ。(保土ヶ谷区の環境活動支援センターで)

05/04/2020

クレマチス

22616df7b1cd42cd859e6c41d2ed9322

 今朝は久しぶりの雨。白い大輪のクレマチス晴山が2輪一緒に咲き始めた。まだ完全に開ききったわけではなく、雨に濡れて肩をすぼめているような感じだが、辺りが明るくなった気がする。

 自粛の大型連休とあって、周辺が静かなのは良いが、いかにも楽しみがない。緊急事態宣言が5月いっぱいに延長された。あと4週間ほど静かな生活が続くのだろう。とは言え、閉じこもっていれば安心なのか、さっぱり分からない。この延長期間で終息してくれれば良いと思うばかりだ。

05/03/2020

カモは元気で

Dscf4918 Dscf4917 Dscf4910

 芦原に囲まれた川面にカルガモがいた。上外郷橋の傍では、数羽のカモが騒いでいた。いずれも、子育てにはあまり関係なさそうだ。川原の砂州に小さな白い花が群生していてきれいだが、遠くて何の花かよく分からない。クローバーではなさそうだった。水もきれいで、風もなく爽やかだった。連休なのにこんなに静かな雰囲気は、新型コロナウィルスの活動自粛のたまものといっても良いのだろうか。

上外郷橋で

0aa6a9fd2cba4517920be61acc73d23b

A260e096d0b14eff8b23bb021084848a

 5月に入り、そろそろカモの雛が見られるかと、平戸永谷川に行ってみた。カモの雛にはまだ早いようだったが、川縁の花が賑やかだった。

05/01/2020

楠町公園で

20200430_14350220200430_143522

 首都高三ツ沢線横浜駅西口ランプ脇にある楠町公園。三ツ沢線高架を背景に、赤いハナミズキが咲いていた。

 公園の端には、サクランボが賑やかについていた。季節はどんどん初夏に近づいてる。目に見えないコロナウィルスはどうなっているのだろうか。


« April 2020 | Main | June 2020 »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ