« March 2020 | Main | May 2020 »

04/30/2020

朝、境木ふれあい樹林で

9338163f0b2848d49c6566c62641fe74

37f42101d1ad4d1e96df8835582bf809

40e1c78534e746bd8a6a5a709d51f2c5

Aee1954d6177443aa12559fa2245a249

 明日から5月。新緑に包まれて、朝の空気は最高だ。木陰のベンチも楽しげに塗られている。季節の花はツツジだが、白いハナミズキも爽やかだ。

04/29/2020

静かな連休

Cd3c9b89277b46ed82e715e34ea047e2

 もうしっかりゴールデンウィークのはずだが、今日昭和の日は静かに晴れている。子どもたちの声もあまり聞こえない。新型コロナウィルスのお蔭で、静かに暮らすのが、すっかり当たり前になってしまったようだ。

 季節は、花の季節で、玄関前に置いたバラテラバイカラーも花数が増えて人気だ。

40b4dd65d01945a2a573a5f869e2ef0e

270881bc901145689d5ea8844226d9b8

 ご近所の花壇も賑やかになってきた。

 5月の連休明けにはどんな風になっているだろう?新学年は9月始まりにした方が良いという声も出て来ている。子どもたちは、それまでどうするのだろう。

04/28/2020

キジバトの慰問?

Dscf4743 Dscf4733 Dscf4746

 新型コロナウィルス感染拡大の緊急事態宣言が出てほぼ3週間、不要不急の外出を避けて家の周りの園芸に力を入れている。今朝は、シルバーリーフのレイコフィルムにキジバトがやってきていた。まだこれからの新芽を突っついているようで気になったが、巣作りの材料を探しに来ているだけなのかも知れない。

 ようやく、紫がかったクレマチスの祭り太鼓が開き始めた。一度は枯れかけたランタナも、復活の兆しを見せている。今年のゴールデンウィークは、このまま静かに進んでいくのだろうか。

04/27/2020

牡丹、子ども植物園で

Dscf4721 Dscf4718 Dscf4720

 新型コロナウィルス感染拡大の対応で、街中のどこへ行っても目的の施設が閉鎖されてしまっていることが多い。一番残念なのは図書館が図書館閉まっていることだし、ショッピングセンターの書店も、ショッピングセンターごとやっていないから欲求不満が募る。デイケアの施設などを使いたい人たちはとても大変なのだろうと思う。大勢の人がやって来る大きな公園もなるべく避けるようにと言われるらしい。しかも、こんな状況がまだ延長される可能性が高いようだ。

 それはともかく、子ども植物園はいろいろな植物の生態を観察する場所なので、それ程心配することもないようだ。ただ密閉されるような温室や研修室は一時的に閉鎖されている。牡丹園は、一番上の開けた平面にあり、明るい日差しを浴びて牡丹がきれいに咲いていた。時期的にはもう終わりに近いようだが、まだ、堂々とした見事な花が見られる。

Dscf4722 すぐ傍の茂みにある椿も、貫禄を見せて咲いていた。

04/26/2020

境木ふれあい樹林で

20200425_154839

20200425_154758

 境木地蔵尊裏山側の一画、ハナミズキの広場では、強い陽射しと共に、新緑の時期特有の強風が木立の間を吹き抜けていた。

20200425_154848

 白い花をつけたミズキの木は吹きあおられて、大変そうだった。けれども、広場の草花はどこ吹く風で、陽光を浴びていた。


サツキの花

Ad847b93a8054d6fa4bf0b690ebe235d

 ご近所のサツキの花がもう咲いている。それほど派手な変化は見せていないが、薄ピンクの色が混ざって、上品な感じだ。このお宅の別のサツキはこれからのようだが、例年、濃い赤やオレンジなど華々しい変化を見せてくれる。五月に入れば、一段と賑やかになるだろう。

04/25/2020

石垣のタンポポ

029ba3919af04bdd9aaabd2c22e92c27

 石垣の勲章のように一輪のタンポポが咲いていた。周囲を他の草に囲まれ、むしろそれらを自分の飾りのようにしている。したたかだなと思うが、タンポポは悪びれることもなく、明るく咲いている。

04/24/2020

シャリンバイ、蒔田公園で

3c9df9617d8b4da6baa4be1e5e1ab556

Da520f30928946018c1f071ccb477d44

 高速道路の下に大きなシャリンバイが満開だった。新緑の木々が並ぶ中で、一際目を惹く。蒔田公園にはあちこちシャリンバイの植栽がある。大気汚染にも強い、丈夫な木だが、花は梅の花に似て可愛らしい。

C3fee38726104301a3ab61d5d5c127a0 すぐそばの遊具のある丘上には赤いツツジが満開だった。


04/23/2020

春の大岡川で

Dscf4628 Dscf4630 Dscf4669

 晴れればもう初夏の日差しだ。川面から反射してくる陽光はとても眩しい。蒔田公園の近くで一羽の鵜が魚を追っているようだった。キラキラ光る川面に首を出した鵜は、優雅に見える。川に君臨する女王のような貫禄だ。

04/22/2020

小さな花

B7ab55461f0144638ae3006bc31246d3

 ご近所の庭に咲いていた。いわゆる雑草だが、太陽をいっぱいに浴びているとなかなかの容姿だと思う。草花の鉢植えに同居されると困ることもある。とりあえずはご近所の庭なので、そのままそっと撮影しておいた。新型コロナウィルス対応で自粛している中で、こうした草花の力強さは救いになる。何気ない所で見つけるのが楽しみなのだ。

04/21/2020

平戸永谷川、外郷橋付近で

Dscf4524 Dscf4526 Dscf4533 川縁にはツツジが満開の状況になっていた。ピンク、赤、白、そして緑の葉の濃淡も加わって華やかだ。

Dscf4523 川面には、芦の茂みに、1羽のカモが寛いでいた。もうそろそろ子育てのシーズンだが、つかの間の息抜きだろうか。

04/20/2020

国道脇のツツジ満開

Img_2327 Img_2329

Img_2330

 新型コロナウィルス感染拡大で緊急事態宣言後と言っても、国道1号線の交通量は多い。横浜浜松町交差点付近にはそんな交通騒音を和らげる植栽が賑やかで、今は、正にツツジの季節。赤、ピンク、白と混ざり合って咲くツツジは逞しい感じもする。ツツジの株脇には、ハルジオンらしい小さな花も、健気な感じで咲いていた。人間も、コロナに負けてばかりではいけないな。

04/19/2020

石崎川の畔で

Dscf4439 Dscf4461

Dscf4490

 かつての横浜の心臓部戸部と平沼の間を流れる石崎川。ハナミズキやツツジの植え込みが賑やかになっていた。川辺の散策には最高の季節になった。

春の嵐去って

Dscf4338-2 Dscf4340 Dscf4350

 

 このところ度々春の嵐がやってくる。先週初めには冷たい強風が吹き、昨日は大変な豪雨が一日続いた。今日は何とか台風一過のような晴天だ。前の嵐では、富士山や丹沢の雪が深くなったように感じたが、今朝見ると、丹沢の雪はすっかり消えてしまったようだ。富士山は相変わらず真っ白だ。

 昨日の嵐は雨がすごかったが、ところによっては竜巻注意報も出ていた。さいわい、自宅では風の被害はほとんど無く、クレマチスもしっかりと咲いている。

04/18/2020

また春の嵐

47972f1b06564207bb885fab1911a931

 朝からの豪雨は午後3時ごろの雷を最後に、4時にはあがったと思っていた。だが、6時ごろ西の上空には大きな黒雲があり、その後には、また雷が鳴っている。まだ雨はあがっていない。屋根を叩く雨音が大きくなってきた。

 午後5時半ごろには小笠原で震度4の地震があり、東京あたりでも少し揺れたようだ。新型コロナウィルスに閉じ込められ、散々な1日だ。

04/17/2020

角の祠に

Dscf4307 Dscf4309 Dscf4306 帷子川天王町駅付近から古東海道跡を旧保土ケ谷宿方向へと歩いた。突き当たりのように見えるところは大門通。古東海道と相州道が交差している。角に小さな祠があり、道祖神と不動明王が祀られていた。二体の石仏の脇には千羽鶴が捧げられている。今も交通安全を祈願する人が多いのだろう。この角を右に行けば神明社がある。旧保土ケ谷宿一帯の鎮守に当たる神社だったようだ。

 

04/16/2020

帷子川で

Dscf4268 Dscf4280 Dscf4289  晴れれば気持ちの良い、爽やかな日が続いている。街は、新型コロナウィルスの関係で静かだが、帷子川川辺町公園親水エリア辺りでは水に入って泳いでいる人もいた。一方、そんな人混みを避けて、カモたちも気持ちよさそうにしている。天王町近くでは、例年のように鯉のぼりが風を受けて、勢いよく泳いでいた。

04/15/2020

ハナミズキ

7fc267a4584a480a8c97087468c9d27c

B9c673528dbe4def95292e9e3fed9c45

 青空をバックに、白いハナミズキが見事に輝いていた。4月も半ば、本来なら最高の季節だが、新型コロナウィルスのお陰で、不要不急の外出は避けなければいけない。こんな花の下で感染するわけも無いと思うが、このところ、感染者との濃厚接触なしでも感染するようで、まったく油断はできない。こんな状況がいつまで続くのだろう。

 とはいえ、爽快な空気の下、免疫力を高める以外になす術も無い年寄りだ。ハナミズキを眺めている方が、家に閉じこもっているより良いと思う。

04/14/2020

春の嵐か

Dscf4238 Dscf4239

 春なのに、真冬のように北風が吹き荒れ、寒い一日だった。一夜明けて、よく晴れたが、時折強い風が鉢植えをなぎ倒したりしている。富士山や、丹沢はくっきりと見えているが、いずれも雪化粧が濃くなったようだ。昼過ぎには気温が上がり、昨日よりは7℃以上も気温が高くなる予報だが、午前中はまだ寒い。倒れたクレマチスの鉢や、切れた小枝を整理していて、寒さが身にしみるようだった。

04/13/2020

ハナミズキ

Cdf81e6d7d4c4cf3aa698cd8b227cf1c

98044920a3374d4e900c6d5c1ea40d4e

 久しぶりに図書館に行った。新型コロナウィルス感染緊急事態で休館中、返却ポストに投函してきた。近くの植え込みにハナミズキが咲いていた。良い季節だが、日曜日なのに閑散として寂しそう。

04/12/2020

ムベの花

F9a3b2d4ca4e488b884702f752e6da58

De857a30542b4d159def77cff13e9d1f

 もうすっかり新緑の季節になっているのに、日差しのない時は結構寒い。それでも、流石に花の季節だ。ご近所の生垣に、ひっそりと隠れるようにムベの花が咲いていた。実がなるのは秋。アケビと言う方が通りが良いだろうが、結構大きな実なのに、花はこんなに小さい。実は知っていても、花を知っている人は多分少ない。自分自身、花に気づくようになったのは最近だ。

04/11/2020

英連邦軍墓地で

Dscf4180

Dscf4184

 新緑の英連邦軍墓地は爽やかな風が流れていた。あちこち、控え目ながら、ツツジがきれいに咲いている。時たま、ウグイスの声も聞こえてきた。

04/10/2020

シャクナゲと猫

Dscf4140 Dscf4145 Dscf4146 子ども植物園で、シャクナゲはそろそろ満開を過ぎる頃だった。見に来る人を避けようと考えていたのか、一匹のチャトラの猫がシャクナゲの花の下でこちらを見ていた。新型コロナウィルスの緊急事態宣言のため、子ども植物園の温室など、一部の施設が閉鎖されている。なんとなく来園者の数も少ないような気がするが、猫たちもそんな雰囲気を察して警戒心を強めているのだろうか。

 

04/09/2020

高島水際線公園で

Dscf4039

Dscf4043

 帷子川河口に近いみなとみらい橋下流の高島水際線公園。新緑の季節に入り、川岸の遊歩道やテラスは陽光の反射して白っぽく輝いていた。貨物線側のアカハナマンサクが照り返しを和らげてくれる。

Dscf4051 サクラの花びらが流れる川面には、オオバンの姿があった。公園の人影はまばらで、新型コロナウイルス対策で時間ができた高校生ぐらいのグループと犬を連れて散歩に来た人ぐらいだった。

04/08/2020

新緑の季節に

Dscf4060 Dscf4062

 柔らかな柿の新芽が青空に映える。その近くでは、紅葉の赤い新芽が目に飛び込んでくる。緑や、赤、様々な色を混ぜ込んで、いよいよ新緑の季節になってきた。

Dscf4065 緑の中の真っ白な山吹の花も素敵だ。(横浜市戸塚区東戸塚エリアで。)

04/07/2020

境木立場跡で

Ded867304f7a4689ad49f8eec735d747

42d8912ad4b24d89826075ec6cfa9d39

6fa96aa9f153477a8f60095fd2e747e4

 境木立場跡には大きなタブノキがある。如何にも昔、街道筋の絵に描かれたような、タブノキだ。根元には、カキツバタや水仙、その他の花が咲き、それらしい雰囲気を漂わせている。

もうボタンの花

64cc178cbb164ce298f8d3fe01644b58

E961fdb823104b9dbb2eda7fb24fffda

 桜はそろそろ終わりそうだが、そのすぐ傍で、牡丹の花が開いてきた。例年より半月は早いと思う。いつもは、鯉のぼりがあがる頃だったはずだ。コロナウィルスに閉じ込められたいる間に、どんどん季節が変わっていってしまうようだ。

04/05/2020

宵の明星、金星

Dscf3964

 午後6時30分過ぎの西方上空に星が白く輝いていた。宵の明星、金星だ。この時期、金星とプレアデス星団という星の固まりが最接近して、殊の外明るく見えるのだそうだ。

Dscf3965 また無理やりコンデジのズームアップで撮ってみた。結構丸く月のように見えるが、今の時期、金星は半分欠けて見えるはずだそうだ。周辺のプレアデス星団の光と重なって丸く映るらしい。PCで拡大して見ると、輪郭がぼやけて、フレヤーのようになっていた。なんとか撮れただけで、幸せな気分だ。

04/03/2020

近所の里山のサクラ

Dscf3935

 竹林を背に、咲きこぼれるように広がるサクラは豪快だ。もう夕方になってしまって、赤みを帯びた花の色が、ほんの少しお酒が入ったようで良い。新型コロナウイルスには負けない。そんな力強さが堪らない。

04/02/2020

蒔田野サクラ満開に

Dscf3846

Dscf3847

 雪が降った後、ようやく晴れた。寒い日が続いたお蔭で、蒔田野サクラは満開を保っている。このサクラは、上皇様、上皇后様ご成婚の記念植樹だそうだ。蒔田野はこのあたりの字名だが、やはり青空に盛り上がる桜花は華々しい。

« March 2020 | Main | May 2020 »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ