« February 2020 | Main | April 2020 »

03/31/2020

春、オオバン

Dscf3780_20200331230801

Dscf3781

 日曜日に雪が降る前、横浜駅西口新田間川縁では桜が咲いていた。緑の川面に、カモたちに混ざってオオバンが活発に動いていた。カモのキンクロハジロたちは渡りに備えて休養なのかぽかっと浮いているものが多かったが、オオバンは川面に映るビル影を揺らしてアチコチ動き、時にはそばを流れる花びらを突っついたりしていた。

 雪が降って以来、天気は良くない。今日は曇りだったが、明日はまた雨らしい。もう雪はすっかり溶けたが、このところの水分は多すぎる。鉢植えの草花は、過湿が心配だ。明日は4月1日、新型コロナウイルスの影響で、入学、入社式などは延期になるところが多いようだ。暖冬の後は、春を楽しむこともなく、梅雨の心配をしなけりゃいけないのか。

03/29/2020

春の大雪

20200329_090529

 雨戸を開けたら、もう雪が積もっていた。確か、7時頃には雨の音がしていたはずだ。みぞれだったのかも知れない。雨戸を開ける直前にも音は聞こえていた。まさか積もるとは。

 昼頃まで気温は下がり続けていく予報で、ずっと雪だろう。本当に桜が咲いた後の大雪になるとは。


03/28/2020

牡丹のつぼみが

20200326_085725

20200326_085825

 ご近所の桜の様子を見に行ったら、まだ二分咲きぐらいだった。すぐ近くでは、牡丹のつぼみがずいぶん膨らんでいた。もう少しで開花しそうだ。例年より1ヵ月は早いと思う。

 まあ、新型コロナウィルス感染拡大でろくな話しが無い中、しっかりと季節に先駆けて花を開いてくれるのは嬉しい。


03/27/2020

新田間緑地で

Dscf3800-20200325t15_49_56000_kindlephot

Dscf3796

 新田間橋付近から、首都高三ツ沢線横浜駅西口出口付近まで、ビルや住宅に挟まれながら、新田間緑地が続いている。昔は水路等だったようだが、その上に蓋をして歩道兼緑地にしたらしい。あまり人に知られていない、狭い緑地だが、ちょうどサクラが控えめに咲いていた。新芽の黄緑色と重なって、静かで柔らかな空間を作っている。

03/26/2020

新田間川のサクラ

Dscf3787 Dscf3792

 横浜駅西口の外れに至る新田間川。背の高いビル群の裾を彩るように、サクラが咲いている、川面はきれいな緑色で、サクラが被さる下にキンクロハジロなどのカモたちが、ポツンポツンと浮かんで気分良さげだ。新型コロナウィルスの感染拡大が心配されていても、周囲は春休み気分が満ちている。

03/22/2020

桜、境木第二公園で

Dscf3737 Dscf3740

 東戸塚でもずいぶん桜が咲き始めている。東戸塚から少し保土ケ谷に入った境木第二公園の桜は、公園の片隅から道路の並木の上にまで張り出して、とても豪快な感じで咲いていた。犬を連れて散歩する人にも、公園の遊具などで遊ぶ子どもたちにも、気持ちよい春の日差しがいっぱいだった。

03/21/2020

桜、境木ふれあい樹林で

20200321_164046

20200321_163621

 広場への小道奥の桜はほぼ満開で、周囲の椿とも絡んで壮観だった。残念なことに、着いたのが5時近かったため、夜桜っぽい写真になってしまった。

20200321_163530

 樹林入り口の桜はまだ3~4分咲きといったところだ。こちらは夕陽を受けて華やかな感じだった。

03/20/2020

柏尾町王子神社の桜

20200320_153022

20200320_153045

 国道1号線からちょっと南側に入った所に、後醍醐天皇第一皇子護良親王を祀る王子神社がある。竹林や杉木立に囲まれた境内には、一本の桜がほぼ満開になっていた。昼間でもやや仄暗い境内に、うっすらと白い桜花が降り注ぐように見える。護良親王の情念を湛えて、凄絶なもの感じさせる。

03/18/2020

ハナニラ--山手公園で

Dscf3585

Dscf3583

 山手公園西側斜面最上段の土手に、小さな星屑をばら撒いたようにハナニラが咲いていた。春らしい日差しを受けて、柔らかいネコのお腹のようにヌクヌクした感じだ。今年は暖冬で、山手公園もそろそろ桜が咲くだろう。それにしても、お彼岸に桜が咲くとはずいぶん早い。もっとハナニラを楽しんでからでも良いだろうに。

03/16/2020

冷たい風が吹き荒れる

Dscf3558

 今日は晴れたが、寒気が入っているせいで、天気は荒れ模様だった。昼頃には、雷も鳴っていた。雨はほとんど降らなかったが、北風は真冬並みで、夕方まで吹き荒れていた。丹沢の山並み上空を、切れ切れになった雲が流れていく。せっかく、春だと思って伸びた鉢植え草花がなぎ倒され、散々な姿になっていた。

Dscf3554

 隣家の猫が、冷たい風に追われるようにして駆け下りてきた。せっかくの日向も、冷たい風が吹いていてはたまらない。

03/15/2020

こぶしの花ー東戸塚駅で

Dscf3483 Dscf3486

 コブシの花が咲き出した。東京で、もう桜の開花宣言も出されてしまったが、東戸塚駅西口のコブシはようやく咲き始めた感じだ。ひらひらとか弱い感じの花びらが、まだ早春だと主張しているようだ。昨日は、また雪も降った。桜は、やはり早すぎたのではないか。新型コロナウィルスの感染拡大もあるし、世間は、当分、お花見というわけにはいかない。コブシの花に見送られながら歩くのが良い。

 

03/14/2020

東戸塚跨線橋脇の桜

Dscf3498 Dscf3501

 東戸塚駅北側跨線橋脇の桜はいつも早い。ソメイヨシノではなさそうだが、色合いは近い。線路沿いに下り坂になった道の上に被さるように咲く風情はなかなかのものだ。この桜の後方にあるのも桜で、こちらはいつも少し遅れて咲く。全部が満開になると、背の高い桜のドームのようになる。東京でも.今日14日に桜の開花宣言があったようだ。この写真は13日に撮った。もう少しで、ここの桜も満開になるだろう。楽しみだ。

 とは言え、今日東京でも雪が降ったそうだ。東戸塚はみぞれぐらいの感じだったが、積もらなかっただけで、まあ雪だったと言えるのだろう。とにかく寒かった。

03/13/2020

夕日に輝く馬酔木

7e1ee603fe3241e984162c4875b71771

7989725b51e445aa92f41afc436c966c

 児童遊園地の入り口にある馬酔木の花が、斜めに入る夕日を受けて真珠のネックレスのように見えた。一つ一つの小さな花が輝いていた。

A85a5b2b176746d4b98d57f6943fd9f2

 遊園地外の通りには、街灯の下に白いコブシの花が見える。早春の良い夕方だ。


03/11/2020

ほぼ満月、今朝の月

Dscf3426 Dscf3427

 昨日1日雨に閉じ込められて、今朝6時に窓を開けたら、西の空に大きな月が出ていた。昨日の未明までが満月だったようだ。今朝は十六夜の月ということになるらしい。地球上では、新型コロナウィルス肺炎の感染拡大で活動自粛ムードに包まれているが、朝の満月は静かで、ただ美しい。欧米では、3月の満月をワームムーン(芋虫月)と呼んだりするらしい。芋虫が活動を始める季節ということなのだろうか。ウィルスを含めて、自然で豊かな一日が始まると良い。

03/10/2020

ハクモクレン--今井川地下調整池

20200309_144234

20200309_144345

 今井川が旧保土ケ谷宿に差し掛かる辺りに、今井川地下調整池公園がある。公園の川縁には、大きなハクモクレンが満開になっていた。青空に伸びた白い花の塊は壮観だ。

20200309_144707

 ハクモクレンの向こうにはレンガ造りの、サークル型の花壇がある。何だか、小さな遺跡みたいで面白い。

03/06/2020

平戸立体下遊水池で

Img_20200306_143710

Img_20200306_144304

Img_20200306_144639

 広々とした平戸立体下遊水池にシラサギが降り立っていた。茶色に乾いた土の上に、スッキリとした白い姿は優雅だ。最近は、この遊水池脇の一本の木に何羽かのシラサギが集まってくるようになった。

 川の中州にはセキレイがいた。日差しが暖かい、春の陽気だ。

03/05/2020

JFEトンボみち

Dscf3338_kindlephoto308102014

 鶴見区小野町、JR鶴見線弁天橋駅に至る線路沿いにJFEトンボみちがある。以前、昭和の時代にはこの辺りにトンボがたくさんいたらしい。珍しいイトトンボもいたと掲示板に表示してあった。今はきれいに整備されていて、トンボの幼虫が育つ池もちゃんとある。この池には鯉とかザリガニといったヤゴの成長に害のある生物を放してはいけないことになっている。一番楽しいのはもちろん春から夏だろうが、早春にも花壇にいろいろな花が咲き、鉄道線路際の椿が鮮やかに咲いていたりして結構楽しい道だ。

Dscf3353

 

 ただ、残念ながら弁天橋駅側のゲートは閉鎖されていて、「トンボ弁天 トンボカエル(とんぼ帰る)」というお札みたいな行き止まりの表示が掲げてあった。このお札の中央の手の平マークにタッチして、小野町側に帰ってくださいということらしい。

03/04/2020

フキの薹

70274d7bfc4544b68090360f84c6d41a

 いつの間にかフキの薹が立って、すっかり大きくなっていた。暖冬の割に遅いなと思っていたが、ちゃんと季節は回ってくる。花は開いてしまっているようだが、早春に無くてはならない姿だ。

03/02/2020

東戸塚駅で

Img_20200302_070353

 先週、黄水仙が咲いていた。通る人たちは、花粉症、インフルエンザ、新型コロナウイルス対策で、ほとんどがマスクをして、ややうつむき加減に歩いている。水仙も、ちょっとうつむき加減に咲いていた。

 今日から2週間ぐらい、学校は臨時休校になるらしい。何とか感染拡大を防ぐためだとか。世間では、トイレットペーパー、ティッシュ、クッキングタオルがスーパーなどの棚から消え、米、缶詰めなど保存のきく食品も買いだめが起こっているそうだ。流通が止まっている訳ではないから、臨時休校が終わる頃には収まるだろう。とは言え、感染拡大が止まらなかったら、分からない。今のところ、学校関係で感染が広がっている訳ではないし、どうしたら押さえ込めるのかも分かってはいないようだ。とにかく、人の集まるところには行くなと言われているだけ。世の中大混乱だが、敵の姿は全く見えていない。

03/01/2020

アオサギと河津桜、保土ケ谷公園で

Dscf3258 Dscf3266 Dscf3274

 保土ケ谷公園せせらぎの岸辺には、河津桜が華やかに並んでいた。新型コロナウィルス対策でマスクをしている人も多いが、何はともあれ、お花見日和だ。せせらぎの上流の池には、まだ色合いのはっきりしていないアオサギの幼鳥が、お花見の人を避けるような感じで、静かに立っていた。

« February 2020 | Main | April 2020 »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ