« December 2019 | Main | February 2020 »

01/31/2020

丹沢、雪深し

Dscf2440

 ここ2日ほど春のような暖かさだったが、今朝の丹沢は積雪がむしろ深まったように見える。三日前の低気圧で、箱根や関東北部山岳地帯は大雪だったそうだから、丹沢も当然なのだろう。

01/30/2020

つかの間の春に

20200129_142702

 階段の脇は正に春。カンヒザクラというのかも知れないが、どう見ても普通の桜色。緋桜という感じではない。ともあれ、この2日間は本当に良い陽気だった。明日はまた普通の寒さに戻るらしい。

シジュウカラ--今日も快晴

Dscf2430

 青空の中、電線にシジュウカラが止まっていた。今日も暖かい日が続きそうだ。すぐ下にハッサクが実っている。もうすっかり満足して、シジュウカラは飛び立っていった。

01/29/2020

暖かい日、柏尾川で

20200129_151907

20200129_151851

 今日は午後3時頃に15℃を越したようだった。小ガモなど水鳥の一団が気分良さそうにしている。茶色のネコも仲間になりたそうだった。 

20200129_152826

 戸塚駅前ロータリーの花壇も賑やかになってきた。TOTUKA 80の文字が浮かび上がっていた。区制80周年だったか。

01/28/2020

川上川親水緑道で

7a5d988961a44e718db8ee0a6e66d6cb

53dcba6c6af34d55b233393b2d9f705a

 所によっては木陰のベンチもある川上川上流の緑道だが、冬場はあまり訪れる人もいないようだ。所々にツバキやロウバイの花が咲き、美しい田園の風情もあるのだが、今はまだ寒い。

24a95ade12d44b4bb56b163ee524d87c

 川面に垂れる細い枝には、びっしりと新芽が付いている。もう一息、寒さを堪えなければいけない。



01/26/2020

フクジュソウ

Dscf2371

Dscf2369

 子ども植物園野草園の落ち葉にくるまれて、フクジュソウがもう少しで花開こうとしている。花はもちろん楽しみだが、がっしりと太い花芽そのものが頼もしい。落ち葉に包まれてぬくぬくしているだけではない、落ち葉の堆積を押しのけていく逞しさが伝わってくる。

Dscf2367

 すぐ隣で、スミレの花も咲き始めていた。ちょっと頼り無げな気もするけれど、こちらも凄いな。

01/25/2020

子ども植物園の温室で

Dscf2327

Dscf2325

 サボテンの温室ではジコウニシキの花が盛りだった。オレンジのとても暖かそうな感じの花だ。温室に来て良かったと思う。外は大寒の時期、陽射しがあるとは言え、とても寒い。温室で生き返ることができる。

Dscf2329

 天井に張り付くようにサクラキリンの花が咲いていた。コロンビア、パナマ辺りの花だそうだ。

01/24/2020

横浜市役所新庁舎前で

Dscf2293

Dscf2296

Dscf2299

 横浜市役所新庁舎は大岡川弁天橋脇で完成間近だ。行政もデジタル化がどんどん進んでいくので、庁舎というより、巨大なマシンの建設が進んでいるような気がする。政策議論や街づくり、温暖化・災害対策など、精度の高い、合理的な検討が求められる。情報化のレベルを上げることで、市民生活の便利さも大きく変わるだろう。

 弁天橋、大江橋辺りの大岡川は昔ながらの港町の薫りも漂っている。今日は、ビルの影を映す川面に、キンクロハジロや鵜の姿が見られた。港も、自然の生命もまだまだ元気だ。

01/23/2020

平戸立体下の椿

20200120_142912

20200120_143037

 平戸立体は、環状2号道路が国道1号線の上を抜けて行く立体交差点だ。東側は主に住宅地で、西側には製パン工場や自動車ディーラーが並ぶ。工場や、歩道の生垣に椿の花が綺麗だ。

20200120_143211

 同じ立体下を流れる平戸永谷川の遊歩道に入ると、大寒ながら、たっぷりな陽射しを受けて暖かい。

01/21/2020

柏尾町の王子神社で

20200120_151342

 王子神社は大塔の宮護良親王を祀っている。鎌倉の土牢で弑殺され、首級だけがこちらへ運ばれ、祀られたという。この近く、柏尾町内に首洗いの井戸と伝えられる井戸もある。拝殿の扉は固く閉ざされたままだが、ガッシリとした造りで如何にも護良親王らしいと思える。

20200120_151416

20200120_151530

 神社の脇には小さな社や祠が並び、高い杉木立に囲まれている。森閑とした神域はさすがと思えるが、去年9月、10月の台風被害は甚大だったようで、裏側の道には倒木が片付け切れずに残っていた。

ダイサギ、また平戸永谷川で

20200120_145128 20200120_145322 20200120_145218

 また、ダイサギが平戸永谷川にやってきた。外郷橋の枯れ芦の間を歩いていた。時折、餌を摂っているようだった。芦原の中では水墨画のようだが、青空を写す水面に出るととても優美な佇まいだ。

01/20/2020

大寒、今日も快晴

20200119_101148

 今日は大寒、とは言え冷え込みはさほどでもない。昼過ぎには13℃くらいまで上がりそうだ。

 昨日も朝は快晴、3時過ぎてかなり雲が広がっていた。74歳の誕生日だったが、とりたてて変化も無かった気がする。権太坂近辺から眺める富士、丹沢の山並みは最高だった。

01/19/2020

ベッリーニの丘水のホールで

20200116_161421 20200116_161511 20200116_161614

 相鉄線天王町駅近くにある横浜ビジネスパーク(YBP)の水のホールは、ベッリーニの丘の内側にある。丘に囲まれた円形の水面は空の模様を映して神秘的だ。静かな水面を見ながら、雲の声を聞き、深く思索を巡らすことができれば、至福の時間といえるかもしれない。丘の下は、水面を囲む回廊となっている。回廊の所々で、ゆっくりと休憩を楽しむ人たちをよく見かける。

01/18/2020

冬の里山--舞岡公園で(2)

Dscf2195

Dscf2192

Dscf2183

 舞岡公園には要所要所に池がある。重要な水場であり、水田の水を涸らさないためでもあるだろう。ぞんな池の冬の風情は何とも優しげで美しい。

 周囲の灌木には四十雀が一休みしていた。

01/17/2020

カモメ--帷子川で

Dscf2241

Dscf2239

Dscf2250

 相鉄線星川駅近く、川辺町公園の前辺りには、冬の間カモメが沢山屯している。人の通る橋の欄干も我が物顔で占拠している。時には、通る人を取り囲むように飛び交ったりもする。威嚇しようとしているのか、餌をねだっているのだろうか。

01/16/2020

冬の里山--舞岡公園で

Dscf2198

Dscf2197

Dscf2205

 冬の里山はただ寒いばかりではない。一陽来復の日差しを浴びて、山頂の広場は木の芽の膨らみを感じさせる。田んぼの土は固く凍ったように見えても、あぜ道の草は暖かい様子だ。

 蝋梅の花は、ほぼ黄金色に輝いていた。

01/14/2020

明け方の月

Dscf2218

Dscf2217

 明け方と書いたが、もうかれこれ7時。近所の人は出勤してしまっているようだ。東戸塚駅方面の上空には、月が静かに浮かんでいた。成人の日の翌日、辺りの空気はまだ澄み切った感じだ。

舞岡公園で

20200113_144811 20200113_144542 20200113_144932

 小谷戸の里はお正月の気分が漂っていた。書き初めは「初ゆめ」、枝先に餅が付けられ座敷に飾られていた。ケヤキの広場では、リヤカーの上で籾の乾燥がされていた。

 母屋の脇には、ロウバイが形良く咲いていた。

01/13/2020

派新田間川で

Dscf2159

Dscf2160

 帷子川分水路は西区楠町で地下水路を抜け派新田間川となる。横浜駅西口の外郭を画す川とも言えるが、川の上部は首都高三ツ沢線が走り、川面は暗い。高速道路橋脚の隙間から差し込む光で、周囲の樹木などの影が映り、幻想的な情景が浮かび上がる。そんな中に黒く見える水鳥は、どうやら2羽のオオバンらしい。あまり地下と変わらないような風景の中で、それなりに野生の生物が暮らしている。逞しいものだ。

01/12/2020

横浜駅西口北幸で

20200111_152529

 椿の季節だ。西口の街角で、ほとんどは葉をすっかり落として幹だけの木が多いのに、天理ビル地下へ降りる階段脇に綺麗な椿の壁ができていた。グレーのビル壁とも、すっきりした青空とも、何とも取り合わせが良い。

01/10/2020

椿ー品濃中央公園で

20200110_212200

20200110_153826

20200110_154019

 グランドの一角に、何本かの椿が固まって咲いていた。夕陽を浴びて賑やかに、そして、建物を背景に華やかだ。一方、ススキは枯れて、椿の前に白く光り、幽玄の世界に手招きしているようだ。

01/09/2020

ロウバイ--子ども植物園で

Dscf2112

Dscf2111

 午後の明るい日差しの中で、薄黄色いロウバイの花が気持ち良げだ。まだチラホラ咲いているだけだが、春を呼び寄せてくれている感じがする。

Dscf2141

 ネコたちも、一陽来復の、良い気分でいるらしい。

01/08/2020

イチョウ並木、保土ヶ谷公園で

20200108_160746

20200108_160835

 すっかり葉を落としてしまったイチョウ並木は、むしろ元気に整列した選手たちのようにも見える。

20200108_161001

 ベンチの後ろで、枝を広げた小さな木が微笑ましい。

01/07/2020

水面の描画

Dscf2050

Dscf2036

Dscf2032

 帷子川、横浜駅東口ポートサイド地区前の水面に映るビル影をシーバスや水鳥が横切る。波紋の微妙な広がりが、時には絞り染めのように、また、ペーズリー柄のように変化していく。

Dscf2048

 静かな新年の日が暮れて行く。水鳥たちはただゆらゆらと揺れて見える。

横浜駅東口ポートサイド地区

20200106_150650

 日産グローバルギャラリー前から撮った。今のスマホカメラは、なんだか凄い。まだ使い切れていないが、別の世界が見えてくるような気がする。

20200106_150403

01/06/2020

サギの集まる木

Dscf1983 Dscf1981

 平戸立体下、平戸永谷川岸辺の1本の木にシラサギ4羽とアオサギ1羽が止まっていた。シラサギがこんな風にして集まっているのは不思議な気がする。シラサギ、特にコサギは、普段、あまり集まっている姿を見ない。近くに何羽かいれば、大概ケンカが始まると思っていた。ネットで調べてもあまり詳しいことは分からなかったが、繁殖期には鷺山などに集まる習性があるようだし、越冬する際にも同じ木に集まったりすることはあるらしい。果たして、この木は冬ねぐらとして使われているのだろうか?ほとんど裸の木ではあまりに無防備なような気がするのだが、どんなものか。一部に、鳥の巣みたいな枝の塊も見えるが、鷺の巣なのかどうかも分からない。

01/05/2020

快晴の日曜日

Dscf2023_kindlephoto36129040

Dscf2021

 令和2年初の日曜日。すっきり晴れて、冷たい空気が心地よい。富士山も丹沢の山並みもクリアに輝いている。

Dscf2025_kindlephoto36394173

 箱根外輪山のシルエットもくっきりと力強く見えている。こういう、乾いて冷たい空気感は大好きだ。

01/04/2020

イソヒヨドリ--平戸永谷川で

Dscf2008

Dscf2014

 三が日は概ね穏やかな晴れだったが、4日になってかなり厚い雲に覆われてしまった。

 午後、平戸永谷川でイソヒヨドリに会った。スズメ目ヒタキ科の鳥だそうだが、大きさは名前の通りヒヨドリぐらいだ。背中が青みを帯びたグレーで腹が赤い。上品な色合いの鳥なのだが、生憎の曇り空できれいには撮れなかった。あまり人を恐れる気配もなく、のんびりポーズをとってくれていたのが、ラッキーだった。普通はもっと海辺いるはずで、だから磯ヒヨドリというのだと思う。この辺りはかなり上流だ。

01/03/2020

シラサギ--児童遊園地で

Dscf1975

Dscf1972

 箱根駅伝を見たついでに児童遊園地に寄ってみた。

 児童遊園地の池周りで、多くの木々はすっかり葉を落としていた。そんな裸の枝に一羽のシラサギが止まって、下で日を浴びている人々を見下ろしていた。シラサギは青空に映えて、ちょっと高貴な存在のように見えた。

 正月三が日も今日で終わりだが、明日は土曜日、あと二日ノンビリできる人も多いだろう。

01/02/2020

箱根駅伝往路--権太坂で

Dscf1887

Dscf1892

Dscf1895

 毎年恒例の正月行事箱根駅伝を権太坂へ見に行った。区間新ゴロゴロの壮絶な競り合いがあり、往路新記録で青学が制した。選手個々の凄さもさることながら、各チーム監督の采配も注目され、強豪校の入れ替わりに関しては、選手育成の苦労や面白さも語られていた。駅伝を観戦する面白さが、一段と深まった感じのレースだったと思う。

01/01/2020

初詣ー境木地蔵尊

20200101_082843

20200101_082913

20200101_083111

 初詣は旧東海道境木立場の地蔵尊に行った。早朝と日中の境目、8時半頃だったので、行列に並ぶことも無く、ゆっくり参拝できた。

 境木地蔵尊は、大晦日に訪ねた保土ヶ谷見光寺の飛地境内だ。地蔵堂脇の椿が元日らしい華やいだ感じに見える。手水の小僧の姿も可愛らしい。のんびりした良い初詣だった。

« December 2019 | Main | February 2020 »

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ