« November 2018 | Main | January 2019 »

12/31/2018

柿の実にメジロ

Img_20181231_095028_3


Img_20181231_095201_2

Img_20181231_094847_2
 近所の渋柿にメジロがやってきた。鳥たちの来る時間は大体決まっているようで、メジロは午前中に何回かやって来るが、他の鳥たちとぶつかることはあまりない。割合ノンビリと柿の実に食らいついていた。目の周りの白い輪が目を大きく、顔をひょうきんに見せている。一番人気の小鳥だ。

12/30/2018

川面のススキ

1546161750648.jpg
 今年もあと1日、大晦日を残すのみ。JR保土ヶ谷駅前を流れる今井川に、ススキの穂が真っ白に、静かにつき出していた。セイタカアワダチソウの花穂も、矢印そのままに白くなっている。
 今井川は、建物の影を映して静かだ。駅のすぐ裏なのに、ここには師走の喧騒は響かない。

12/29/2018

寒気の中、富士快晴

Img_20181229_171225


Img_20181229_171339
 今朝は0度の冷たい朝だった。富士山は、もう正月用の顔になっているようだ。隣の大山、丹沢の峰々もすっきりとした装いだ。

 夕方、茜色の空に千切れ雲が流れ、墨絵のような世界の底に富士山が沈んで見えた。明後日は大晦日。もうすぐ新年だ。Img_20181229_171623
 (夕方の写真を入れ替えました。結果的に、レイアウトが少し狂ったと思います。読みにくくなったら、申し訳ありません。)

12/28/2018

寒い夕照





京都や名古屋でも初雪があったようだ。関東地方海沿いはほぼ快晴だったが、確かに寒い。東戸塚から西、箱根の方向に日が落ちようとしていた。西の空に横たわる雲が赤く染まり、そのさらに上には、冷たく薄いブルーの空が広がっている。


目をやや右手、北西の方角に目を転じたら、富士山の頭がちょっぴり見えていた。あまりの寒さに首をすくめているようだ。

12/27/2018

冬のアオサギ

Img_20181227_181905


Img_20181227_181725
 弘明寺商店街から大岡川下流にある弘岡橋近く、川面に突き出した桜の枝にアオサギがとまっていた。すっかり葉を落とした裸の枝に囲まれて、如何にも師走の寒風に吹かれた仙人のような趣だ。
 周囲には、ホシハジロなど冬の水鳥が増えてきた。

12/26/2018

石崎川で

Img_20181226_180335


Img_20181226_180631


Img_20181226_180449
 今日、日中は寒さが緩んだ。明るい日差しに、石崎川はエメラルドグリーンに輝いていた。キンクロハジロが2羽、川面を気持ちよさそうに泳ぎ、波紋を広げていた。

12/25/2018

ハッカチョウも来た

Img_20181225_181534

Img_20181225_181749
 ハッカチョウは南方系の鳥だが、この東戸塚辺りでも繁殖しているようで、年中いる。でも、この渋柿には、椋鳥に圧されてか、このところ姿を見せなかった。でも、やって来れば、自分が主人公とばかりに、態度がでかい。

12/24/2018

北風強く冨士に雲

20181224_091515


20181224_091602


20181220_085238
 木枯らしの吹かないまま、もう師走も末。今日の北風はさすがに冷たい。富士山の方角には、大きな雲が塞いでいるように見える。丹沢の山並みは吹きさらされた用で、空気の冷たさを物語っている。
 近所の渋柿も、葉はすっかり無くなったが、実はまだたっぷりある。このところ椋鳥、ハッカ鳥、ヒヨドリ、メジロシ、ジュウカラ、スズメと千客万来だ。

12/22/2018

日溜まりの紅葉

1545430155670.jpg

1545430160651.jpg

1545430165092.jpg
 木枯らしが吹かなかった今年、南西に向いた斜面の紅葉は、まだしっかりと彩りを保っている。
 JR保土ヶ谷駅東口向かい、岩井原へと登っていく道の脇に、急な斜面を活用した公園がある。岩井町公園は、二つに別れているようだが、それぞれのエリアごとに紅や黄色に染まって、暖かな感じがする。坂道は厳しいが、眺めは良い。それぞれに一息つきながら、ゆっくり登っても行ける。

12/20/2018

山茶花の曲がり角

1545288334880.jpg

1545288337746.jpg
 今日は晴れて暖かい。曲がり角の山茶花が、ベージュ色の家をバックに満開だ。
 山茶花に並んでいるのは金柑。取り合わせが面白いと眺めながら坂を下った。暖かい冬の日差しはありがたい。

12/19/2018

新田間川の終点から



横浜駅西口から新田間橋方向を見た。両岸のビルの間から日没の残照が差し込んで、冷たい静けさが沁み渡ってくるようだ。この辺り、師走の喧騒は響いてこない。そろそろカモたちが集まってくるはずだが、今日は見当たらなかった。

12/18/2018

丹沢に雲



今朝は良く晴れて、ちょっと暖かめの日差しが戻ってきた。朝、富士山がスッキリ見えていたが、午前11時は雲に包まれて見えない。丹沢の山並みにも雲がかかり、こちらは巨大な壁のように立ち上がっている。
今日も昼過ぎには、雲が広がってくるのかも知れない。

12/16/2018

オナガの来訪

20181216_092841


20181216_092849
 朝からギャーギャーとうるさい声が聞こえると思ったら、近所の渋柿に、久しぶりにオナガがやって来ていた。以前はしょっちゅう見かけたのだが、最近はあまり姿を見ることはなかった。この辺りも随分立て込んできてしまったので仕方がないと思っていたが、もうあまり実が残っている所がなくなったので、いよいよ渋柿にやって来たのだろう。
 椋鳥、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメと、最近、この渋柿は千客万来の風情だが、柿の実はまだまだ残っている。

12/14/2018

真冬の冨士に

20181214_090128


20181214_090138
 今朝は快晴。気温もどんと下がった感じがした。富士山は、正月を迎えるに相応しい、キリッとした姿に見えた。丹沢に連なる大山の峰も、脇に控えて風格を感じさせる。厳かな感じの朝だった。

12/13/2018

東戸塚駅の山茶花

1544691033340.jpg

1544691041855.jpg
 東戸塚駅西口のバスロータリーに至る斜面は山茶花の花が多い。階段の脇、広場を見下ろす場所に華やかな彩りを添えている。広場では、このところミュージシャンが自分の歌を披露する姿も目立つ。

1544691054485.jpg
 階段に植栽された木の根もとには、シルバーリーフの草花が、クリスマスシーズンらしい雰囲気を醸し出していた。

12/11/2018

今朝、束の間富士山が見えた

20181211_081501
 昨日に続いて今日も寒い。底冷えがして、雪が降ってもおかしくないような気がする。朝から曇り空だが、今朝8時頃には、富士山が辛うじて見えた。9時にはもう雲がスッカリ覆ってしまい、箱根や、大山、丹沢の峰が見えるだけだった。今日は引きこもるしかないかな。

12/10/2018

東戸塚の北天院で

1544452462743.jpg

1544452474982.jpg
 北天院は鎌倉円覚寺系の禅刹で、山号は品濃山だ。竹林に囲まれた険しい階段登りきった山門に、静かに紅葉がかかっていた。

1544452480887.jpg
 本堂は、品濃山の一段高い位置にあり、手前の階段脇にまた紅葉が枝を広げている。紅葉の下に青銅の仏像が鎮座して、仏道の世界を現しているようだ。

12/09/2018

仙人橋の大ケヤキ

1544341028943.jpg

1544341035169.jpg
 仙人橋は、旧東海道保土ヶ谷宿上方見附、一里塚の遊歩道整備と合わせて架けられた新しい人道橋だ。渡った先にお仙人さまの外川神社がある。
 大ケヤキは横浜市の名木古木にも指定されている。今の季節は、すっかり葉を落として、宿り木の塊があちこちついて幻想的とも言える姿になっている。

12/08/2018

晩秋の冨士-夕景

20181208_171442
 日が短くなった。撮影したのは午後5時15分頃。日は完全に暮れているが、西の空の上の方はまだ青く見える。富士山は東戸塚の高層住宅の脇に何となく見えている。すぐ右側に赤い灯火が見えるが、ビルのアンテナの上の標識灯だ。雲は、西から東へと吹き払われているように見えるが、上空は如何にも寒そうだ。

12/07/2018

平戸立体下で

20181207_151818


20181207_152742


20181207_151908
 水位観測装置の上に、今日はシラサギが乗っていた。十日ほど前にはアオサギが乗っていたのだ。交代制なのか、それともサギたちはこんな所から魚を見つけるのが趣味になっているのだろうか。
 遊水池のススキは夕日に輝いているが、さすがに晩秋で、葉や茎が茶色になり、スッカリ枯れ果てた感じがする。

12/06/2018

ケヤキの並木に

20181127_114540
 今年はなかなか綺麗な紅葉が見られなかったような気がする。木枯らしが吹かなかったせいで、色づくのが遅かったのだろうか。11月末、東戸塚の住宅地でようやくケヤキ並木の紅葉が見られた。並木の向こうは環状2合道路が通り、その更に向こうには旧東海道の焼き餅坂がある。ケヤキ並木がよく似合う場所だ。

12/05/2018

紅葉ー子ども植物園で







今年は、9月の台風の塩害でちょっと色が冴えない感じがする。ようやく見ごろになってきたが、もう散ってしまった木も多いようだ。華やかさは足りないようにも思うが、パステルカラーの落ち着いた景色は心和む。

12/04/2018

渋柿が残っている



今日はまた小春日和のよう。うっすら白い雲の流れる空を背景に柿の実が輝いている。近所で柿の実が残っているのはここだけ。これが渋柿だというのは誰もが知っている。


渋柿と雖も、良く熟した柿は小鳥たちにとって貴重なご馳走だ。いろいろな鳥がやって来るが、このところムクドリの姿が多くなってきた。これだけあれば、まあ、お正月までは持ちそうだ。

12/02/2018

野毛山公園で

1543743365215.jpg

1543743370850.jpg
 野毛山公園は道志村からの水道道の終点。広場は横浜港から周辺市街地、山手の丘まで一望に見渡すことができる。ノーエ節では、野毛の山から異人さんが見える、とか唄われていた。
 横浜に近代水道を引いたのは、その異人さんの一人、パーマーさんだった。
1543743374860.jpg
 広場の一隅に、パーマーさんの胸像がある。背後の柵の後ろには、水道坊主とも言われる施設がポツンと顔を出している様だった。

12/01/2018

平沼さわやか公園で

1543646101705.jpg

1543646107501.jpg
 さわやか公園からは平沼のガスタンクがよく見える。かつては横浜市街の燃料基地と言ってもよかった場所だ。横浜と言えば、ガス灯が文明開化の象徴のように使われている。そうした新しい文化を支えるために造られた施設だ。いつの間にか、タンクの脇に赤と白に塗られた煙突様のものができている。何なのだろう?

1543646110911.jpg
 さわやか公園の植え込みの中に、小さなハゼノキがきれいに紅葉していた。小さくとも、しっかりと秋を伝えている。

« November 2018 | Main | January 2019 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。