« August 2018 | Main | October 2018 »

09/30/2018

柿の実は熟して





台風24号は日本列島縦断のようだが、速度は遅く、九州、四国、和歌山辺りへの上陸は今夜以降になるらしい。秋雨前線が台風に引き寄せられたせいか、今朝の東戸塚は時々日が差したりしている。
今朝、まだ時雨っぽい時に数羽のカラスが来ていた。近所の柿の実はもう熟しているのか、道路にカラスに食われたような実が一つ落ちていた。

09/29/2018

草原のシラサギ

Dscf1052


Dscf1065


Dscf1060
 高島水際線公園から帷子川河口のみなとみらい橋の間は、広い草原になっている。そこへ、1羽のシラサギが舞い降りてきた。緑の草原に、シラサギの白が映える。草むらの中で、何をしているのかと思えば、どうやら虫を捕って食べているらしい。水中の小魚を狙うのと似たような動作で草の穂の辺りを突っついている。時には、完全に草むらに潜り込んだりもしていた。
 みなとみらい橋の下をシーバスが抜けてくる。こちらは、空や川面の青色に船体の白が映えて、爽快だ。

09/28/2018

みなとみらいの公園で

1538140556921.jpg

1538140558830.jpg

1538140561686.jpg
 今日は気持ちよく晴れた。高いビルに囲まれた公園で、もういくつかの樹木は黄葉して、明るい陽射しに輝いている。いつの間にか、秋の似合う公園になってきた。

09/27/2018

赤い実、黄色い実

Dscf0865


Dscf0868


Dscf0863
 赤い実はアメリカハナミズキ、黄色い実は銀杏だ。銀杏が、もうこんなに色づいているとは思っていなかった。さすがに周辺に落ちて散らばっているのはまだ少ない。だが、キンモクセイと対抗するように、うっすらと銀杏の匂いも漂っていた。9月に入っての長雨の間に、秋はどんどん深まっているのだと感じる。このところの気温は、11月並の寒さもあるだけに仕方がないのこも知れない。(先週土曜日の保土ヶ谷公園で)

09/26/2018

秋色の川上町







長雨で、一気に秋の彩りが濃くなってきた。柿の実も目を惹く。小雨に煙る紅葉や、小川の石橋を叩き静かだ。

09/25/2018

戸塚区川上川で

Dscf0982


Img_6349_2


Img_6358_2
 東戸塚駅から歩いて20分ほど川上町の奥へ行くと、この辺りの川上川は、ススキや柿の木に包まれるようにしてほっそりと流れていた。川幅は狭いながら、川床にはごろごろと大きな石があり、渓谷の雰囲気を漂わせていたりする。青く塗られた鉄の橋の傍らで、キンモクセイが開き初め、うっすらと香りを漂わせていた。


09/23/2018

曼珠沙華-保土ヶ谷公園

Dscf0903
 夕方近く、斜めの陽光に白く輝く木の根元に、赤いヒガンバナが如何にも曼珠沙華という感じで咲いていた。ほっそりと高く伸びた芽の先には一つの花が赤い簪のように輝いている。毒を含むとも言われているが、なおかつ美しい。

09/22/2018

保土ヶ谷公園で

1537606897098.jpg

1537606898864.jpg

1537606900440.jpg
 せせらぎのある谷戸では、確かに秋が始まっている。うっすらとした桜紅葉に、井戸水のポンプは涼風を感じる。
 せせらぎの石積にギボシの花が調和している。
 華やかさはないが、一休みするのにちょうど良い。

09/20/2018

夕方の空を見る

Dscf0845


Dscf0850
 西の方向、富士山は雲に隠れて見えなかった。涼しい一日の夕方、まだ青く見える東の空に高圧線の鉄塔が、早くも寒げに見える。長雨の間に、秋はどんどん深まっているようだ。

09/19/2018

夏が戻った日

1537312143450.jpg

1537312145141.jpg
 柏尾川で、アオサギが日をいっぱいに浴びて佇んでいた。戸塚駅の向こうには、夏雲のような巨大な白雲が輝いている。
 川原の遊歩道を自転車が通る。気持ち良さそうだ。(9月18日の昼過ぎ)

09/18/2018

ヒガンバナ-平戸永谷川で

Dscf0769


Dscf0790


Dscf0779
 長雨で、ぐずついた天気が続いているが、平戸永谷川の川べりはヒガンバナの季節になってきている。このところ、白い花が優勢なようだが、妖艶な白に比べて、赤い花の方が激しいようでも、なぜかほっとする感じがする。

09/17/2018

オンブバッタ



久しぶりによく晴れた。ふと見たユーパトリウムにオンブバッタが付いていた。写真では大きい方が葉に隠れて見え難いがずいぶん体格差があるものだ。小さなオスは、明るい日差しを浴びて気分良さげなのが可笑しい。


長雨の季節は、ツルものの成長がはや。ツルハナナスが今は盛りだ。

09/15/2018

雨に打たれて





今日も朝から雨が強い。この一週間はほぼ秋雨前線の下だったようだ。こんなに早くから秋雨のシーズンだったかとも思うが、日本列島は年中雨が降っているのだから仕方がないか。
それでも秋の花は色々咲き始めている。黄色いケイトウがスックと立っていた。遠くに、ピンクと白の芙蓉が咲いている。晴れたら良いのになと思う。

09/14/2018

明月院で

1536886204464.jpg

1536886207322.jpg
 今年の仲秋の名月は、9月24日にだそうだ。そこで、鎌倉の明月院に行った。開山堂脇にはすすきの穂が伸びて、名月を待つ佇まいが整っている。

1536886208541.jpg
 方丈の丸窓は、満月そのもののように、畳の上にも月光を広げていた。

09/13/2018

ハグロトンボ-明月院の道で 

Dscf0741


Dscf0742


Dscf0743
 小川の名前は何というのか分からない。明月院から流れてきて、横須賀線の線路を潜り、その後、線路沿いに流れ、円覚寺まえから北鎌倉駅前へと流れている川だ。川床の岩の上に落ちた枯れ葉の上で、ハグロトンボが羽を開いたり閉じたりしていた。曇り空の川床はかなり暗い。精霊トンボの別名を持つ、黒っぽく頼りなげなトンボだ。

Dscf0748
 下流の、横須賀線の線路近くでは、萩が川面に枝垂れて咲いていた。彼岸の近いことをしみじみと感じる。

09/12/2018

冨塚八幡宮の狛犬

1536754683935.jpg

1536754689616.jpg

1536754691236.jpg
 戸塚という地名の元にもなったと思われる冨塚八幡宮は、旧東海道から鎌倉へと抜ける道が別れるところにある。
 急な階段を上がって、拝殿の左右にある狛犬を見ると、とても精緻に彫り込まれた狛犬が控えていた。がっしりした体格であり、かつ、表情は可愛らしい。奉献は天保十一、二年のようだが、台座背面に彫られた文字はハッキリとは読み取れなかった。

09/11/2018

柏尾川で

1536652877650.jpg

1536652880037.jpg
 秋雨前線が南下してきて、急に寒くなってきた。今日は30度までいかないらしい。
 柏尾川では、シラサギとカモが夫々に寛いでいたのだが、シラサギの自己中心的振る舞いに、カモたちは迷惑そうだった。川原は静かだが人の姿も多い。鳥たちも、もっと静かな場所の方が良さそうだが、そう言うものでもないらしい。

09/10/2018

平戸立体下で

1536577908901.jpg
 国道1号線平戸の交差点。上にかかる黒い影は環状2号線平戸立体の自動車道だ。
 平戸立体は、戸塚区の環2品濃から港南区下永谷にかけての陸橋であり、国道1号線と立体交差し、平戸永谷川もまたいで行く。
 交差点の向こうに見える小山は、平戸白旗神社の山だ。陸橋の大きさを実感できる気がする。

09/09/2018

天空のアート







昨日の日没近く、秋空の雲は色々に変化して落書きのようだ。裾の辺りは、背後の陽光に彩られて怪獣の顔にも見える。

日没後、また色合いが変わって、夢の世界への招待状になる。

09/08/2018

コムラサキ



ムラサキシキブの近縁種、コムラサキの実が色づいてきた。綺麗な紫色で、こちらの方がムラサキシキブより色合いが良いと思う。

コムラサキの隣に山椒が実を付けている。山椒の実の色もずいぶん濃くなってきた。

09/07/2018

ノウゼンカズラ一輪



今朝の雨上がりに、蔓の先に一輪だけ咲いたノウゼンカズラの花を見た。別に何と言うでもないが、後ろの松葉を地模様にして、ちょっと艶やかな佇まいを感じた。

09/06/2018

アオサギとシラサギ-平戸永谷川

Dscf0556


Dscf0559


Dscf0561
 平戸立体下、平戸永谷川に芹が谷川が合流する辺り、葦や夏草が生い茂る中にアオサギの幼鳥らしい、まだ全身がほぼグレーのサギがいた。葦の茂みにほとんど紛れそうな感じだが、なおかつ、慎重にゆっくりと動いていた。
 後から、シラサギが芹が谷川の方に下りてきたが、こちらは、夏の日差しに目の醒めるような白さだ。

09/05/2018

台風の過ぎた空-東戸塚で

Dscf0547


Dscf0548


Dscf0552
 台風21号は、西日本、北日本に50年ぶりというような大きな被害を残して去って行った。東戸塚でも、台風一過の晴れとはなったものの、1日中強風が吹き荒れていた。東戸塚駅上空の雲は如何にも吹き千切られたように流れ、東戸塚駅西口の落葉松は、散々に揺れながら、もう茶色く秋の色に変わり始めている。
 日差しだけは少し長い影を引きながら、まだまだ夏の暑さをぶり返していた。

09/04/2018

線路際の花

Dscf0506


Dscf0500
 横須賀線、東海道線の通る線路際にカンナやオシロイバナ、芙蓉が賑やかに咲いていた。鉄道線路際というのは、何となく侘しいような気もするのだが、植物は逞しい。

Dscf0501
 自動車専用ガードの側面に、しがみつくように咲いているオシロイバナもあった。

09/03/2018

燈籠と芙蓉

1535961247483.jpg

1535961249026.jpg
 保土ヶ谷町二丁目には、旧東海道保土ヶ谷宿一里塚と上方見附の趾がある。そして、そこから西へ、街道をイメージした遊歩道が整備されている。昔風の木製の燈籠があり、その脇にピンクの芙蓉が上品に咲いていた。

09/02/2018

カモ-今井川で

Dscf0509


Dscf0525


Dscf0527
 保土ケ谷町二丁目、お仙人様辺りの今井川には、今、カルガモが多い。5羽~7羽が1グループになって行動しているように見える。雨が降って、静かな川面を扇型の航跡を作ってやって来る姿は、如何にも気持ちよさそうだ。


Dscf0513
 お仙人様の辺りには、金色の鯉もいて、川岸からも良く見える。ちょうど、2羽のカモがやって来て、鯉とニアミスする様が見えた。浅く見えるが、水深は案外あるようで、本当にぶつかったりはしないのだろうが、無神経なカモにあっては敵わないというのが、鯉の気持ちだろう。

09/01/2018

アオサギ-夏も涼しく

Dscf0405


Dscf0408


Dscf0411
 それ程雨が降ったわけでもないが、柏尾川の水量はたっぷりで、流れも速そうだ。アオサギは獲物を獲るでもなく川中の茂みでのんびりしていた。どうやら、夏休みも終わって少しゆっくりできるようになったのかも知れない。この後、かなり念入りに身繕いをしていた。

« August 2018 | Main | October 2018 »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。