« July 2018 | Main | September 2018 »

08/30/2018

定光寺の百日紅

Dscf0375


Dscf0380


Dscf0382
 引越山定光寺は南区六ツ川町にある。バスが通っている通りよりも少し引っ込んだところに山門がある。その山門に被さるような巨大な百日紅が、バスに乗っていても目に入る。境内に入ってみれば、本堂も中々立派な造りだが、その本堂の偉容に負けることなく、巨大な百日紅が沢山の花を付けていた。百日紅の根方には、一体の石の地蔵さんが佇んでいる。見事な花の下で、極楽への道案内をしてくれそうな風情だ。
 引越山というのも妙な山号のようだが、六ツ川町の戸塚寄りの方向には引越坂という地名もある。地名、山号の由来はこれから調べなければならないが、昔の時代に何があったのか、興味のあるところだ。

08/29/2018

百日紅-東戸塚で

Dscf0342


Dscf0344


Dscf0345
 オーロラモール環状2号線側歩道に1本の大きな百日紅がある。暑い夏の間、ショッピングセンターの華麗なワンポイントとなっている。垂れ下がっている一房の花の塊をよく見ると、ピンクや白の小さな花が混ざりあって綺麗な花房を作っているのが分かる。百日紅独特の木肌が、薄茶色の柱となって心地良い色合いだ。

08/28/2018

夏の境木地蔵尊で





お盆を中心に、境木地蔵尊境内に提灯が張り巡らされている。31日金曜日には、境木商店街で、この夏最後の縁日がある。

この時季、境内にはあまり花が咲いていない。もう直ぐ秋明菊や彼岸花が咲くだろうが、今は、石の地蔵さんの赤い前垂れが彩りを添えているだけだ。

オオカマキリ



昨日の夜は、激しい雷雨があり、どうにか気温が低くなった。今朝は、まだかなり蒸し暑いようだが、ちょっぴり秋めいた感じがする。ユーパトリウム花首に向けてよじ登ろうとしているカマキリを見つけた。季節はきちんと移り変わっていく。

08/27/2018

焼餅坂

1535296788510.jpg
 旧東海道権太坂の難所を登り切ると、境木の立場で一息つける。立場から戸塚宿へ向けて、まず、焼餅坂を下る。直に、品濃の一里塚へ向けて登りにかかり、品濃坂へ続く尾根筋道を歩かなければならない。

1535296789800.jpg
 焼餅坂を少し下った所に、今は案内板が設置してある。

08/26/2018

朝顔の仲間たち

Dscf0260


Dscf0263
 午後になって子ども植物園に行った。朝顔の仲間たち展をやっていたのだが、そういう訳で、辛うじて、日本の種のもとになったムラサキ系の花と、ヨーロッパ種の青空という花だけ見ることができた。展示は9月2日までだそうだが、やはり午前中早めに行く必要があると思った。

08/25/2018

ヘクソカズラ

Dscf0254
 木陰に咲くヘクソカズラは、結構可愛い花だと思うのだが、どうも、蔓をおったりしたときの匂いがひどいので好かれないようだ。秋には茶色の小さな実を付ける。それも装飾的な蔓草の模様として悪くない。古来、薬用、化粧料として使われたりもしているし、和歌や俳句に詠まれたりしているようだ。俳句では夏の季語にもなっている。

Dscf0249
 今日はまだ台風の名残で風が強く、里山の竹林は大きく右往左往している。まだまだ暑い日が続くのだろう。

08/24/2018

その後の夕焼け





太陽が沈んで、長い光芒を天空に描いた。こんな夕焼けも珍しい。フィナーレと言うより、晩夏への幕開け、というところか。

台風は去ったが





台風20号は四国から中国地方を通り、日本海へ抜けた。今夜には温帯低気圧になって北海道に向かうようだ。日本海から大陸にかけてはもう一つ19号も並んでいるらしい。関東も、1日荒れ模様の雰囲気だったが、夕方には、雲が切れて、夕日を浴びて輝く雲と、その手前を流れる黒雲が、また変わった空の景色を見せてくれた。

08/23/2018

ペデストリアンデッキで

Dscf0224
 横浜駅東口から、みなとみらい地区へ渡るペデストリアンデッキからクレーンが見える。みなとみらい側では、まだこれからを目指して、建設が進んでいる。何とも言えない、未知の地区へと渡る半透明の世界。台風の影響を受けて、フェーン現象のような眩しい暑さの中で、異次元に手が届きそうな感じがする。

08/22/2018

アオサギと鵜

Dscf0191


Dscf0193


Dscf0197
 お盆を過ぎて、また暑さがぶり返してきた。夏の強い日差しで、水辺の鳥たちも休憩が必要なのだろう。アオサギと鵜が、仲良く並んで日光浴をしているように見えたが、アオサギはやはり独りの方が良いらしい。帷子川天王橋付近で。

08/21/2018

台風に吹かれて



夏雲が、台風の風に吹かれて、とんがった形になっていた。8月も後半、季節は秋へと進んでいる。

自宅の玉すだれも咲き始めた。

08/19/2018

夕べの語らい

Dscf0106


Dscf0108
 平戸永谷川外鄕橋近くは脚が生い茂って静かだ。川中の小さな島のような所に、2羽のカモが上がっていた。葦の葉陰にぽつんと浮かんでいるカモも居る。このところ随分涼しくなってきた。カモたちも秋の到来を待ちかねているに違いない。

Dscf0125
 夕方葦原を流れる川面は、只管静かだ。

ヤマゴボウかな

1534661568252.jpg

1534661570092.jpg
 最近、近所の道端に見なれない草が生えてきた。調べてみたところ、ヤマゴボウの花に似ているようだ。もっと大きくなれば幹も赤くなって、ヤマゴボウらしくなるのかもしれない。
 今のところ可愛らしいが、大きくなったら、ちょっと邪魔だな。

08/18/2018

名瀬町の山王社



ほとんど崖といつ差し支えない斜面に、赤い鳥居がちらりと見えた。稲荷かと思ったが、「山王社」と扁額が掛けられている。

鳥居をくぐり、さらに斜面を登った上の杜の中に拝殿がある。



拝殿の前には網の目のように太い根を張った大きなキがあった。周囲には、同様に複雑に根を絡ませた大木が多い。辺りには夏なお涼しい空気に包まれていた。

08/17/2018

丹沢の山並み夕照

Dscf0067


Dscf0070


Dscf0073
 8月15日を過ぎて、朝晩は大分過ごしやすくなった。日没後、丹沢の山並みの姿は、めっきりと秋を感じさせる風情になってきた。
 今日の夕月は、半月、虫の声に似合う感じがする。

08/16/2018

オミナエシとオトコエシ

Dscf0005


Dscf0007
 子ども植物園薬草園の一隅で、オミナエシが賑やかに咲いていた。その傍らで、白い小さな花が咲いている。植物の表示にはオトコエシと書いてあった。オミナエシ科で、漢字で書けば「男郎花」だそうだ。生薬名は「敗醤根」。消炎、排膿、利尿、解毒、駆瘀血の薬になるようだ。

08/15/2018

浄智寺谷戸の百日紅

1534312378565.jpg

1534312375915.jpg

1534312377308.jpg
 浄智寺から源氏山に至る谷戸で、深い緑の中に咲く、華やかな百日紅を見た。竹林や板塀、屋根のある枝折戸との組合せが、如何にも優雅だった。禅の境地に、観音の世界と言うべきなのか。

08/14/2018

夏の浄智寺で

1534238206177.jpg

1534238207610.jpg

1534238208596.jpg
 鐘楼門の前に萩の花が咲き、鎌倉江ノ島七福神の一つ、布袋尊もスッキリした姿で立っていた。夏なお涼しげな浄智寺の、客殿前には、シュウメイギクがあった。

08/13/2018

勘九郎地蔵尊跡で

1534118301263.jpg

1534118303611.jpg
 勘九郎地蔵尊は弘明寺から戸塚、金沢方面へ抜ける尾根筋の道にあった。その場所は武蔵の国、相模の国の国境でもある。昔、勘九郎という役者が身ぐるみ剥がれて行き倒れて死んでいたのを、村人が哀れんで地蔵を建てたという伝説から勘九郎地蔵尊と呼ばれ、疫病などに効験があったそうた。
 今、地蔵尊本体は大久保の自性院に移されているそうで、跡の祠には小さな4体の地蔵が収められている。一体は、子どもの病気平癒、健康を祈ってのものだそうだ。直ぐそばには子ども医療センターがある。

08/12/2018

山椒の実が赤くなった



山椒の実が随分赤くなった。


隣のムラサキシキブも、ビッシリ実が付いているが、こちらが紫に色づくのは、まだ大分先の話だ。
何れも、花は春の終わり頃だから、かなり長いサイクルで変化するものだなと、感心する。

08/11/2018

滝の川土橋付近で

Dscf9955


Dscf9954
 護岸を覆うツタの葉が、緑と茶色のタペストリー柄のようになっていて面白い。朝顔の植栽が設えられていたが、真夏の昼下がり、花はお休み中だ。


Dscf9957


Dscf9959


Dscf9960
 川面の細かな波は、小魚の群れが立てている。人影に気づくと、びっくりした様子で沢山の小さな波紋を蹴立てて深く潜ろうとする。時に、大きなボラが悠々と泳ぐ姿も見られる。

08/10/2018

夏のポートサイドで

Dscf9922


Dscf9926


Dscf9936
 横浜駅東口ポートサイド地区は帷子川の畔にある。ビオトープや、板張りのデッキ、そして木陰が良い。木陰の向こうにみなとみらい地区が見える。帷子川の上をカモメが飛んでいたりもする。
 テーブルとイスのセットの周囲は草原で、ヒメジョオンの小さな白い花が広がっていた。

08/09/2018

スズメ-ポートサイド地区で

Dscf9919


Dscf9932


Dscf9907
 帷子川の畔、ポートサイド地区では、スズメたちが元気そうだった。デッキの手すりからシーバスが通るのを見ているスズメもいた。まだクチバシの黄色いのもいるようだ。夏の日差しを浴びて、みんな元気そうだった。

台風13号過ぎて

Dscf9883


Dscf9886
 台風13号は今朝5時頃には銚子の沖にあり、6時過ぎには水戸の沖へと進んで、関東・東北に上陸することはないようだ。この先、吹き返しの強風とか、突然の大雨とかがあるかも知れない。その後は晴れてまた真夏日になりそうだ。
 フィリピン近海でもう台風14号が発生していて、こちらは、北西に進んで沖縄、九州、そして韓国の方へ進むらしい。
 予報では、これからまだまだ厳しい残暑が続くそうだが、この時季の立て続けの台風接近と進路を見ていると、むしろ、今年は秋が早いのではないかと感じる。昔は、台風来襲が多いのは二百十日、二百二十日頃と言っていた。9月が一番台風が多いということだったと思う。それが早まってきているのだろうか。


08/08/2018

台風13号がやって来る

Dscf9879
 台風13号は、関東直撃のコースで、ゆっくりと近づいてきているようだ。昨夜から不穏な風が吹き、雨も時折強く降っていた。東戸塚の高層住宅の方を見ると、既に、雲に包まれるような感じで、竹林が激しく揺れているのが分かる。朝、外へ出てみたら、ゼラニウムを始め、いくつかの鉢が吹き飛ばされたり、斜めになったりしていた。つむじ風が通ったような感じだ。

08/07/2018

児童遊園地で

Dscf9832


Dscf9838


Dscf9850
 保土ヶ谷区狩場町の児童遊園地。梅林に隣接する広場には、ヒャクニチソウやキバナコスモスを中心にした花畑が広がっている。オレンジがかった黄色の海が広がったような花畑の一隅に、ヒマワリがワンポイントの雰囲気で立ち上がっているのが、印象的だった。

Dscf9852
 おとぎ話の夏の夢の世界かな。

08/06/2018

アカタテハ

1533547015669.jpg

1533547016794.jpg
 このところ高温、強い日差しで大変だが、今日は曇りになって、どうやら雨が降りそうだ。
 暑かった日盛りの時には、アカタテハがよくやって来ていた。クレマチスの枯れた葉と見違えそうだが、なかなか手の込んだ模様だとも思う。

08/05/2018

英連邦軍墓地で、夏

1533457991985.jpg
 夏の熱い日差しに、芝生の緑が目に沁みる。夏は慰霊の季節でもある。

1533457993624.jpg

1533457994630.jpg
 区画ごとの石の十字架には、慰霊のリースが置かれていた。

1533457995596.jpg
 夏の花、百日紅もひときわ気高い様子に見えた。

08/04/2018

蓮華-鎌倉本覚寺で

Dscf9709


Dscf9714
 蓮の花の季節になった。もちろん美しい花だが、「蓮華」といえば、仏教では重要な教えの象徴でもある。鎌倉の駅前といってもよい場所にある本覚寺では、鉢植えながら見事な華が咲いている。

Dscf9712
 滑川に架かる夷堂橋側の山門脇には百日紅が、こちらも気品高い感じで咲いていた。

08/03/2018

シモツケ-平戸永谷川で

Dscf9639


Dscf9642


Dscf9638
 平戸永谷川の平戸立体下遊歩道で、まだ、シモツケの花が綺麗に咲いていた。そろそろ花は終わりだと思っていたが、このところの暑さにめげず元気な様子だ。
 川面には、蒲の穂が、こちらも綺麗に並んでいる。

08/02/2018

バスロータリーのムクゲ

Dscf9624


Dscf9625


Dscf9627
 東戸塚駅バスロータリー入り口のムクゲは、ビッシリと花がついて、なかなか壮観だ。一方通行の標識も、スッカリ埋もれてしまうほどだ。

浄土宗見光寺で





見光寺は旧保土ヶ谷宿岩間町にある。門前は、夏草が生い茂って、夏らしい小さなヒマワリが迎えてくれていた。



コラムニスト青木雨彦氏句碑前の花壇には、強い日差しに負けず賑やかに花が咲いている。古い石仏は、そんな日差しを避けるように、木の葉の陰に静かに佇んでいた。夏の昼下がりである。

08/01/2018

百日紅-平戸立体下で

Dscf9629


Dscf9631
 暑い時期、百日間も花を付けている百日紅。今年は、殊の外盛大に咲いているような気がする。国道1号線をまたぐ、環状二号道路の平戸立体と競っているようだ。

« July 2018 | Main | September 2018 »

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。