« June 2018 | Main | August 2018 »

07/31/2018

トンボ



このところ、朝はミンミンゼミの声で目をさます事が多い。午前6時半頃から、すぐ近くでミーンミンミンと鳴き始める。7時頃には、少し離れた里山で鳴いている。
台風が去った後、昼間はますます蒸し暑くなって、あまり外に出る気にならない。昼頃に少し風が出てくると、シオカラトンボがやってきた。ちょっと目があったような気もしたが、トンボはすぐ前を向いて支柱の先にキチンととまっていた。
夏だな、とも思う。この「危険な暑さ」っていつまで続くのかとも思う。

07/30/2018

夏の金剛力士-弘明寺

Dscf9467
 弘明寺、夏の参詣に急な階段はなかなかの難行だと感じる。


Dscf9469


Dscf9466


Dscf9464
 山門両脇に金剛力士がいて、激励してくれるといっても、それこそ暑さが増してしまいそうだ。まあ、階段はゆっくり上がれば達成感もあって良いとも言えるのだが。

07/29/2018

カワセミ-台風の後で

Dscf9729


Dscf9730


Dscf9731
 台風の過ぎた後、保土ヶ谷駅東口を流れる今井川で、昼過ぎにはもう水量も収まって普段の流れになっていた。この時季、小魚の姿は多く、川面の波立っている辺りは大体小魚の群れだ。護岸に止まったカワセミは、すぐに身を翻して飛び立っていった。

Dscf9740
 暑さはまだまだこれから、台風の去った空には、一段と強烈な夏雲が湧き、暑さを倍増しているようだ、

07/28/2018

蛇苦止堂-鎌倉比企谷

Dscf9698


Dscf9699


Dscf9700
 比企谷妙本寺の総門を入りしばらく進んで左手、妙本寺方丈門前の細い道を行くと蛇苦止堂がある。不思議な名称だが、名称の由来までは調べられなかった。鎌倉幕府二代将軍源頼家の後継を巡る争いで、この地の比企一族が滅ぼされてしまう(比企能員の乱)が、その際に、頼家の妻若狭の局がこの蛇苦止の井戸(あるいは池)に身を投げて自害をしたそうだ。正に悲劇の地の象徴だが、蛇苦止堂脇の池が緑色に染まって夏の日差しを受けている佇まいは、何とももの凄い。静かだが、修羅の世界厳しさを物語っているような気がした。

07/27/2018

おんめさまで

1532692742688.jpg
 鎌倉駅前のおんめさまでは、もうシュウメイギクが咲いていた。何だかずいぶん早いような気がする。
1532692744460.jpg

1532692745820.jpg
 イワフジや蓮も咲いていて、こちらは季節どおりだろう。何れも品格が感じられて良い。

07/26/2018

ハグロトンボ-平戸永谷川

Dscf9662


Dscf9663


Dscf9664
 ハグロトンボがひらひらと揺れていた。平戸立体下で見かけた。ハグロトンボの見られる時季は短い。もう、この後余り写真を撮る機会はないかも知れない。撮影者以外には、黒のバッテンとかゴミとしか見えないかも知れないが、仕方がない。これが、現実に肉眼に見えるハグロトンボの風情なのだ。
 チラチラと揺れ動く黒い羽根が、精霊を思わせる。新旧のお盆の時期によく見かけることもあって、人間の生活とどこか溶け合った生き物という気がする。

07/25/2018

二番花ちらほらークレマチス









今朝4時ごろ大雨警報が出たので、ちょっと期待したのだが東戸塚では降らなかった。磯子や金沢の方は降ったそうだ。この辺りも、早朝は曇り空で、今までよりは涼しかったので助かった。
クレマチスの二番花が咲き始めている。強烈な日が照りつけないだけ、草花もちょっと一息つけただろう。少しでも降ってくれれば、それだけ水やりも助かったところだが、贅沢は言えない。

07/24/2018

夕照の今井川で

Dscf9591


Dscf9594


Dscf9600


Dscf9610
 連日の暑さに、為す術もなく家に籠もり、夕方になってやっと今井川へと出かけた。川面では、もうすっかり大きくなった雛たちが、それでも、一緒の行動をとっている姿が見られた。ちゃんと整列をして、夕照の川面を行くカモたちの後ろ姿はとても微笑ましい。憩いの時間を感じる。

07/23/2018

夏雲が得意気に

1532318680044.jpg
 さすがに暑い。昨日までに比べて、一段気温が高いとか、予報の通りになっている。向こうの空に浮かんだ雲が、如何にも夏のシンボルという様子だ。

1532318680946.jpg
 擁壁の蔦にアカタテハがしがみついていた。やはり昼間の陽射しには堪えきれないのだろう。

07/22/2018

夏のアオサギ

Dscf9487


Dscf9491


Dscf9495
 水鳥も暑がる猛暑、日照りの夏といったところだが、大岡川のアオサギは元気なようだ。いつものテリトリーの中だが、上流から下流、また上流へと位置を変えて、活動的だ。見ている側としては、川の中のアオサギが、やはり涼しげで良い。

07/21/2018

炎暑の夕焼けだが

Dscf9528


Dscf9530


Dscf9533
 7月に入って、横浜では3日ぐらい雨があったような気もするが、今日にいたるまで日々暑さが増す感じだった。もういい加減、この辺りでは、雨乞いが必要なのではないかと思うのだが、午後も7時を過ぎると、夕焼けもどことなく寂寥感が漂う。
 丹沢の山並みの方を見ていると、「遙かなる山の呼び声」の一節を思い出す。
 「...緑、草原に陽は落ちて
      胸に迫る
         涯ない眺め...」
 もう、うろ覚えでしかないけれど、昔の西部劇映画のエンディングってこんな感じだったかなと思う。

07/20/2018

枝に上がった鵜、暑い!

Dscf9479
 連日の猛暑、大岡川では1羽の鵜が桜の枝に乗って陽を浴びていた。鵜も、羽を乾かす必要とかあるのだろうが、如何にも暑そうに、口が開いている。見ているこっちが、とにかく暑い!

07/19/2018

日照り続きに

Dscf9446


Dscf9449
 日照り十日とでも言うのだろうか、さすがに日中何もする気になれない。夕方の空は、また、異様な雲の姿を呈していた。天空の魔物が、日照りの効果を確認しようとでもしている感じだ。如何にも湿度の高い、日本の夏だ。このところの記録的な暑さに、東京オリンピックの時はどうするのかと不安がる声もあがってきている。マラソンは朝7時スタートとか、まだ涼しい朝の内に競技をするような話が伝わってくるが、どうなることやら。


07/18/2018

夏、品濃の一里塚

Dscf9434


Dscf9435
 旧東海道品濃の一里塚は、境木の立場を過ぎ焼き餅坂を下ってからまた登った山道の両側にある。一里塚の木立の影になって、ちょっと涼しげな感じがするが、焼き餅坂から登りに架かる辺りは谷戸で、木陰は少ない。昔の夏、昼間の旅はさぞかし大変だっただろうと思わせる。一里塚の説明板の脇にヤマユリが咲いていた。

Dscf9430


Dscf9432 焼き餅坂から登りに架かる辺りに、大きなアジサイがある。例年であれば、まだ梅雨の終わりぐらいだからそれなりの風情だろうが、今年は強い日差しを跳ね返して、より一層の暑さを感じさせるようだ。木陰の道祖神は、涼しげだが、こちらのアジサイはもうドライフラワーのようだ。


07/17/2018

やたら暑かった



やたら暑かった1日の終り、湿度は結構高くて、体が重い。一雨欲しいところだが、棚引く雲の上に、チョット頭が出ているような黒雲には期待できないだろう。
蒸し暑さだけが一面に広がっているようだ。今夜も、また、熱帯夜は免れまい。

07/16/2018

スマホ1年

 携帯をスマホに替えてちょうど1年経った。まだ、うまく使いこなせるようになったとは言えない。目下の最大の悩みはアプリの取捨選択になっている。確かに便利なアプリが多いのだが、アプリが多いとそこから来る通知のチェックだけで日が暮れるような気がするし、電池の持ちが悪い。でもどれを斬ったら良いのかよく分からない。スマホの維持費はかなり高いわけだから、ポイントなどで少しでも取り返しておきたいと思うのだが、そのためのアプリを捨てるわけにも行かない。アプリの機能を制限しても良いらしいのだが、細かくチェックするのは面倒だ。
 アプリが多いと、直に端末が高温になっているとか警告が出てくる。対策アプリを起動させていると、もっと良いアプリがあるとか広告が出てくるので、いつの間にか似たようなアプリが増えているような気がする。
 本来、スマホにはモバイルの入力端末としての機能を期待しているのだが、どうも、日常の端末管理に追われるだけで期待する機能を使っているようには思えない。ドキュメント管理のアプリもどうもくせ者で、フォルダ管理のアプリはなかなか思うように動かない。面倒だから、エバーノート中心に使ってみたりはしているが、それで全部済むというものでもない。
 どういうわけか通話品質がやたらと良いのはなぜだろう。通話は、全く使わない月もあるし、1回の通話で30分かかることも有るが、毎月の平均では月に10分ぐらいにしかならない。データ通信中心の契約になっているから、たまに長時間通話すると、電話料金が結構高くなっているようだ。また、データ通信もWi-Fiを使えば安くなるというが、Wi-Fiの電波が弱いところで使うと、画面の切り替えが結構手間取って役に立たないこともある。
 スマホ中心にして、PCをなるべく使わないで済ませようと考えていたのだが、まだ、道は遠いようだ。
 この投稿は、PCで書いている。取りあえず、1年の感想というか愚痴のみ。

アジサイ健在-子ども植物園

Dscf9355


Dscf9365


Dscf9363
 梅雨が早く明けてしまって、何だかアジサイはすっかり終わってしまったような気もする。日当たりの良いところでは、あまりに強い日差しにドライフラワーのようになったものもある。しかし、子ども植物園では木陰を中心に、まだまだ綺麗なアジサイが咲いている。一方の木陰では、ヤマユリが咲いていた。

Dscf9396
 メタセコイアの木陰では、いつも居る猫が、思いっきり寛いでいた。

07/15/2018

夏のバラ園で

Dscf9335


Dscf9345


Dscf9347
 梅雨が早く明けて、強烈な日差しだが、今はバラも結構賑やかに咲いている。ダリアやその他いろいろな花も妍を競っている。一番華やかな時季なのかも知れない。

07/14/2018

昆虫植物展―子ども植物園

1531577207733.jpg

1531577210616.jpg

1531577211418.jpg

 今日から三連休。子どもたちは、もう夏休みモードだろう。六ツ川の子ども植物園では、昆虫植物展が始まっている。展示室では、まず大きなカマキリが迎えてくれる。狩場の山の昆虫たちとか、枯れ葉のアートなど、昆虫と植物の関わりあいがテーマになっている。8月26日までの、長丁場の夏休み企画だ。
 枯葉アートは、栗林孝之さんの作品。

みなとみらい5丁目付近で

1531534541377.jpg

1531534544745.jpg

1531534546068.jpg
 みなとみらいのあちこちで、建設工事が続いている。巨大なクレーンを含めた景観が面白い。
 一方で、広々とした公園のエリアも、巧みに緑を配置して新しい景観を作り出しているようだ。

07/13/2018

萩の花

1531481020130.jpg

1531481021033.jpg
 もう萩の花が咲いている。花数は少ないようだが、むしろ白い壁に合っているようだ。

山谷天神

Dscf9154


Dscf9159


Dscf9160
 集合住宅背後の崖に小さな祠のような拝殿が見える。石の鳥居は結構堂々とした感じで、山谷天神と額が掛けられている。天神様かと思って階段を上っていくと、狭い境内に山谷天神と、沢稲荷社が並んで建っていた。稲荷の方が赤い社殿に、狐が赤い前垂れと華やかな感じがする。
 振り向いて鳥居の方を見ると、平戸桜木線の道路が見える。どこから見ても、ひっそりと奥まった感じの天神様だ。拝殿が開かれるのは正月だけらしい。
 特に由緒とかも記されてなかった。山谷天神というのだから、この辺りの中心的な神社ではないかと思うのだが、よく分からない。


07/12/2018

午後6時15分日没前



日没前の陽射しが強い。この辺り、雨の心配はもう無さそうだ。

豪雨、洪水の警報が出ている



横浜市では、豪雨や洪水の警報が出ている。午後5時50分の西の空は、雲が多いものの、雲間から日が射し、当面雨は降らないようだ。ただし、夜の初め頃まで注意が必要だという。本格的な梅雨明けモードのようだ。

カワセミがやってきた

Dscf9272


Dscf9273
 柏尾川大橋の少し上流で川面を眺めていたら、目の前の石の上にカワセミがやって来た。あわててコンデジを向けたのだが、川原を散歩している人が近づいてきたので、カワセミはそそくさと対岸に行ってしまった。撮れたのは2ショットのみ。わざわざ背中のブルーを見せに来てくれたのかな、とちょっと感激。

07/11/2018

アオサギ-柏尾川上流で

Dscf9255


Dscf9256


Dscf9260
 蒸し暑い日だ。水流調整の小さな滝を前に、アオサギが佇んでいた。涼しげな姿に感じられる。やがてゆったりと飛び立っていったが、この暑さ、アオサギが羨ましく感じられる。

07/10/2018

ムラサキシキブの花



もう大分前から咲いているムラサキシキブがまだ咲いている。一部終わったのもあるが、ピンクの小さな花が6割がた健在だ。どうも、梅雨明けがあまりに早くて、少し感覚が狂っているのかも知れない。

夏そのもの



間も無く午後3時。気温は31°Cを超えた。梅雨の続いていた所も、次々明けてきているようだ。木陰から覗いて見ても、道路は陽光を照り返して熱い。青空の、幾筋かの薄い雲が、湯気が上がっているようで、ますます暑く見える。

07/09/2018

川辺のカンゾウ

Dscf9224


Dscf9227


Dscf9225
 カンゾウの花が目立つ季節になってきた。平戸永谷川の遊歩道で、まだ残っているアジサイとのコラボレーションもなかなか綺麗だ。蒸し暑さは堪らないが、梅雨明けの青空の下で、明るい色彩の花が咲き始めた。

朝方激しい雨が

Dscf9205
 朝、8時過ぎごろから、何の前触れもなく激しい雨が降り始めた。スマホの雨雲レーダーでも特に雲は見当たらなかった。そう長くはないだろうと思ったが、9時頃ようやく小康状態になった。上空は全面的に雲に覆われているというわけでもなく、9時過ぎには、上の写真のような雲が浮かんでいた。
 夕べ、日没後、確かに雲は多かったのだが、夕焼けは結構きれいだった。


Dscf9183_2


Dscf9187
 夕焼けは、大概、翌日の天気が良くなると言われているのだが、梅雨の終わりごろには、そんな一筋縄ではいかないのだろう。今日も蒸し暑くなりそうだ。

07/08/2018

蒸し暑い!

Dscf9167


Dscf9171
 蒸し暑い一日だった。全国で豪雨が続く中、関東も雲が多く、湿度も並ならぬ感じだった。その夕方近く、富士山は陽光を照り返す雲に包まれて、如何にも蒸し暑そうだった。

オレンジ色の手

1531025768137.jpg
 みなとみらい4丁目から横道に入ると、街路樹の下にオレンジ色のオブジェがある。
1531025769021.jpg
 近づいて見れば、二つの手であることが分かる。そして、一方の手のひらには真ん丸の窓がある。見る角度で、いろいろに変わって見える。

1531025769639.jpg
 それが良い。

07/07/2018

みなとみらい4丁目で

1530969648310.jpg

1530969652937.jpg

1530969656163.jpg
 みなとみらいの横浜駅側のへそと言っても良い、みなとみらい4丁目辺り。1羽のカラスがはしゃいでいた。
 石のベンチに乗っていたかと思うと、口に何かを加えて、ベンチの下に隠したりしている。人の暮らしが羨ましいのか?

07/06/2018

品濃の北天院

Dscf9099


Dscf9078


Dscf9080
 品濃山北天院は、東戸塚駅の横浜寄り横須賀線と東海道線に挟まれた丘の上にある。本堂などへはお数珠坂という急階段を上るのが正面だ。梅雨時や、大雨の時には遭難しそうな急階段であり、当然、脇に斜めに折り返す緩やかな坂がある。
Dscf9088
 円覚寺派の古刹で、伽藍の造りや、配置はガッシリとしていて、古くからの修業道場という由緒を感じさせる。瓦屋根の反りが美しい。方丈前に蓮の鉢植えがあったが、花はまだ先のようだ。

07/05/2018

川上川のカモ

Dscf9060


Dscf9061


Dscf9067
 川上川は、国道1号線東戸塚駅入り口付近で国道と交差し、平戸永谷川と最接近して、一端蛇行して離れていき、さらに下流に至って合流する。国道手前の小さな水路のような辺りに、3羽のカモが居た。2羽が同じような行動をしている間に、1羽が辺りを経過するような素振りをしている。大きくなった雛と母ガモのようだ。台風崩れの低気圧の影響で、天気は荒れ模様の感じだったが、この辺りはとても静かで安心なのだろう。

07/04/2018

平戸立体の雲行き

Dscf9057


Dscf9054
 台風7号崩れの低気圧の影響か、平戸立体の陸橋の向こうを黒い雲が低空で流れていく。平戸永谷川の右にある遊水池の上を強い風が吹き付け、水面に波を立てていく。ツバメが飛び交い、薄暗くなった川面に不穏な雰囲気を醸しているようだ。

コゲラ-山手公園で

Dscf8976


Dscf8978
 山手公園の入り口に「日本庭球発祥之地」の碑がある。そのすぐ上、薄暗くなった木の幹に2羽のコゲラが居た。カップルなのか、親子なのか分からないが、℃知多かというと巣立ち直後の親子ではないかと思った。他の枝に移っていった様子では、どうも一方が餌をねだっているような感じだったし、この写真も右側のコゲラが雛の様子を見守っているように感じられる。さてどうだろうか?

07/03/2018

猛暑の宵





今日まで9日連続の猛暑だった。今日の宵はどす黒い雲が多い。明日は昼から所によっては雨が降るかもしれないという。少し、一息つけるのだろうか?黒い雲が、憂いを含んだ優しい雲に見える。

騒がしいカラス

Dscf9002


Dscf9003
 大岡川鶴巻橋近くの川べりで、1羽のカラスがギャーギャーとうるさく騒いでいた。余りの暑さに、カラスも頭にきたのかと思ったが、何となくクチバシも小さく、まだ子どものような気がした。よく見ると首の辺りや脚の付け根辺りの羽毛が白い。カラスでもちょっと変わった種類なのか、あるいは幼鳥だからなのか、ネットを見てみたが分からない。いずれにせよ、姿形も、仕種も幼鳥のような感じだった。
Dscf9001 対岸の桜の木の上では、オナガがやはりギャ-ギャー騒いでいたが、とにかく川辺もかなりの暑さだった。


07/02/2018

土手の花

1530536917680.jpg

1530536919516.jpg

1530536921088.jpg
 梅雨が明け、連日の強風もようやく収まってきた。国道1号線権太坂脇の土手に、アザミやカンゾウの花がちらほらと咲き始めていた。とは言え、やはり一番勢力が強いのはヤブカラシだ。夏の暑さが思いやられる。

07/01/2018

梅雨明け、猛暑

Dscf8838


Dscf8842
 6月29日に梅雨が明けたと発表されたが、とたんにというより、その前から連日30度を起こす暑さが続いている。この時期、日差しが強いのは当然だが、今年は風も強い。近所の竹林が里山ごと揺れるような感じで、強風に吹かれていた。百日紅の花も咲き始めた。このまま夏中暑いのか、心配になる。

Dscf8841 ノウゼンカズラの花も、この暑さの空に、余りに鮮やかだ。


« June 2018 | Main | August 2018 »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。