« February 2018 | Main | April 2018 »

03/31/2018

ウミネコの見張り台

Dscf5312

Dscf5315
 ウミネコは整列をするのが好きなようだ。「カモメの水兵さん、並んだ水兵さん...」なんて歌があったっけ。
 排水ポンプ施設の柵の上に、押し合うように並んでいる。柱の天辺に止まっていた一羽が、こちらへ向かった飛んできた。一応、河川の監視活動をしているということなのだろうか。(鶴見川で)

平戸永谷川プロムナードの桜





平戸立体下から東戸塚駅入口辺りにかけて、ソメイヨシノが満開になっていた。遊歩道側にも、川面にも花が広がり、豊かな空間が作られている。

03/30/2018

夜桜風ー境木地蔵尊で





夕暮近く、境木地蔵尊は、石灯籠にも火が灯り、すっかり夜桜の雰囲気だ。


蒔田野桜の向こうに大きな月が出ていた。今夜は満月のようだ。

潮鶴橋から



鶴見川は、国道1号線を過ぎてから大きく湾曲して生麦方面へ下っていく。潮鶴橋辺りの川幅はとても広くなり、ゆったりした流れが心地よい。






川堤の所々にある桜並木も、その川幅に合わせたように壮観だ。

03/29/2018

上品濃公園で

Dscf5261

Dscf5266

Dscf5265 広い運動広場を囲む上品濃公園の桜は、どことなく小学校の校庭を思わせるような懐かしさがある。春分を過ぎて、暖かな日が続き、絶好のお花見日和になってきた。


03/28/2018

蒔田野桜も満開






今上陛下、皇后陛下ご成婚をお祝いして植樹された蒔田野桜。今日はほぼ満開になっていた。今年は一段と厚みを増して、豪華に花開いているようだ。(東戸塚で)

03/27/2018

新緑も



桜は一気に満開の様子だが、新緑も美しい。東戸塚駅前の坂道では、ケヤキ並木が初夏を思わせる風情になってきた。

幼稚園の枝垂れ桜



近所の幼稚園の角にある枝垂れ桜。もう五月のような空に、爽快に咲いていた。

03/26/2018

水天宮の桜





あちこち急速に桜が見ごろになってきた。かつての平沼新田一帯の中心、水天宮平沼神社の桜も見ごろだ。拝殿脇の各お社日程参る人々に、もう花びらが降りかかる。晴れ晴れとした気分だ。

桜と菜の花

Dscf5172
 お彼岸に入っての寒の戻りで、開花宣言はあったものの、ソメイヨシノの満開はちょっと足踏み状態といって良い。児童遊園地の桜は大分咲いてきているが、あと一息というところ。今は菜の花の香りが一面に漂っている。

03/25/2018

樹源寺の桜

1521957618700.jpg
 山門脇の垂れ桜が「宗祖第七百遠忌」の文字にかかって格式を感じさせる。

1521957619706.jpg
 東海道線踏み切り側に通じる通用門脇にはソメイヨシノがある。樹源寺の墓地は、その踏み切りを越えて、背後の斜面にある。

子ども植物園の温室で







食虫植物の温室では、デンドロビウムなど蘭の仲間が花盛りという感じだった。




サボテンの温室も、いろいろな花が咲いている。

03/24/2018

椿ー英連邦軍墓地で





英連邦軍墓地にも椿の花は多い。ピンクの椿を背景にした十字架は、正面に十字のサーベルをかざし、平和な世界を守護する騎士のようだ。

椿の花(お彼岸)





春の木と書くのだから当然だが、お、春の彼岸に入って目一杯咲いているような気がする。今朝はウグイスも大きな声で囀りを始めていた。確かに春本番なのだ。

03/23/2018

丹沢の山並み

Dscf5065
 今朝も曇り空で始まった。雲の合間に見える丹沢の山並みは、雪に覆われて、一段と神々しく見えた。

今井川で

Dscf5022

Dscf5025

Dscf5029 ソメイヨシノではないようだが、岸辺と中洲の島に桜が咲いていた。中洲の周りの流れでは、コガモが流れに乗って寛いでいるようだ。ようやくお彼岸らしい日差しになった。(保土ケ谷町二丁目付近)


03/22/2018

桜開く夕方

Dscf5044
 近所の蒔田野桜がついに開花した用だ。夕日を浴びて、まだ数輪だが、輝くようだった。

Dscf5049

Dscf5052
 その日没も、寒い彼岸の中日を乗り越えたせいか、なかなかに壮大だった。

瀬戸ヶ谷町八幡神社で



旧保土ヶ谷宿の裏手瀬戸ヶ谷町の奥に八幡神社がある。鳥居の手前にはモクレンの花が咲いていた。



拝殿前の階段はかなり急だが、中段にある狛犬の後ろにソメイヨシノが開き始めていた。この桜はかなりの大木だ。上の方を切ってあるので、遠目には分からないが相当な老木でもあるのだろう。

03/21/2018

ようやく小降りに



ようやく小降りになってきた。霙つぽい感じで枝葉の雪は少し解けている。東戸塚の高層住宅も少し見えるようになってきた。(午後2時)


下が2時ごろの写真です。

お彼岸の雪

1521595122956.jpg
 寒いと思ったら、雪が降ってきた。3月でも雪は降るけれど、お彼岸の中日とは、絶句するしかない。暑さ寒さも彼岸までと言うけれど、期限間際の駆け込みの雪かな。
 積もらなければ良いけれど、結構降ってる。

寒いお彼岸



春の天気は変わりやすいはずが、今週はずっと雨模様だ。お彼岸の中日というのに、今日も真冬並み、10℃に届かないようだ。
朝、雨は降っていないが東戸塚はすっぽり雲の中。もう菜種梅雨か?

03/20/2018

椿-春の日を浴びて

1521544345421.jpg
 二日前、もう4月の気温になっていた。暖かい光を真っ向から浴びた椿は華やかだ。
 寒の戻りで、真冬の雨に閉じ込められた今日、明るい椿が懐かしい。

クレマチスの芽





今日はまた冬に逆戻り。最高気温は10℃に届かないようだ。しかし、この時期クレマチスの芽はグングン伸びる。はっきりと花芽もある。もう寒の戻りも、この勢いを止められない。

03/19/2018

鵜-今井川上流で

Dscf4866

Dscf4868
 あえて今井川上流と書いたが、この辺りは保土ケ谷町二丁目付近、旧保土ヶ谷宿の上方見附のあった辺りだ。此処を少し遡ると、、今井川は国道を横切り、東海道線などの線路に沿ったり、横切ったりしながら、本当の上流にあたる今井町方面へ至る。この辺りでも、普段の水位は相当浅い。大きな鯉は居るけれど、エサになる魚はそんなにいそうもない場所だが、一羽の鵜が泳いでいた。
Dscf4870 もちろん長居は無用と、直に飛び立っていってしまった。


ソメイヨシノ

1521427891902.jpg


1521427893059.jpg

 天気は下り坂。気温は昨日より高くなりそうだ。ソメイヨシノが咲き始める頃は、急に寒くなったり、強風が吹いたりと、天気は激しく変わる。モノクロ写真のようになってしまったが、蕾の膨らみは分かると思う。

03/18/2018

春の夕景2枚

Dscf4968


Dscf4970
 上は3月17日、下は18日の何れも午後6時過ぎ、東戸塚駅近くの高層住宅などの景色だ。18日の雲の隙間に一番星が白く見える。春の夕方、かすかに残る空の青さは、何となく心ときめく。

春の夕暮れ

Dscf4963
 富士山と大山の、ほぼ真ん中に日が沈んでいく。春の夕暮れは、日々変わっていくようで刺激的だ。(保土ケ谷区狩場町の環境活動支援センターから)

03/17/2018

桜待つ大岡川





桜と言えばソメイヨシノだ。今年は殊の外厳しい寒さだったのに、桜の開花は早まるらしい。大岡川縁の桜並木には、もう花見の準備万端だ。(井土ヶ谷橋付近で)

クリスマスローズ







我が家のクリスマスローズも、だいぶ盛りになってきた。殊の外厳しい冬を越してきただけに、一段と愛おしい。

03/16/2018

浄土宗見光寺で

Dscf4911
 門前の白い花は辛夷だろうか白木蓮だろうか。どちらかというと白木蓮のような気がする。この花の白さは、浄土という言葉に見事なほど相応しいと感じる。
Dscf4914

Dscf4913
 本堂階段脇に赤みを帯びたミツマタの花が咲いていた。普通のミツマタは黄色の小さな花の塊だ。赤いのは珍しいと思う。六地蔵にもこのミツマタが供えられていた。

03/15/2018

強風の夕空



気温は21℃まで一気に上がったようだが、その分、南の強風が吹き荒れた。レンズを重ねたような雲に囲まれながら、夕日が沈んでいく。(東戸塚で)

コブシー東戸塚駅東口で





コブシの花が一斉に開花してきた。東戸塚オーロラモール越しに見える高層住宅もちょっと誇らしげな感じだ。

コガモ-今井川で

Dscf4889

Dscf4887

Dscf4865 このところ、今井川や平戸永谷川ではコガモの姿がよく目に付く。小さいが、小ガモの雄はカラフルで、とてもおしゃれな姿形をしている。すっかり春めいた今の季節、毛繕いの後に、両翼を振っている姿は、如何にも気持ちよさそうだ。


03/14/2018

ミツバツツジ

Dscf4763
ご近所の石垣の上に、紫がかった赤の小さな花をビッシリと付けた花木が会った。木の形はツツジだが、時季が早い。子ども植物園に同じような花木があったと思って、名前を確認しに行った。

Dscf4785

Dscf4788 子ども植物園には、記憶どおりの同じ花木が何本かあり、いずれもミツバツツジの一種と書かれていた。もう一つ似たようなので、玄海ツツジというのもあったが、多分、ミツバツツジの仲間で良いのだと思う。


03/13/2018

セントウソウー子ども植物園



土手の裾に、点々と白い花が咲いていた。葉っぱは三味線のバチのような、イチョウの葉を細長くしたような形だ。セントウソウと書いた札が立っていた。セリカの植物だそうだ。如何にも春先の花という感じで可愛らしい。
セントウソウというと何だかさっぱりわからない。セントウは仙洞御所の仙洞を当てる。高貴な名前と言っても良いかもしれない。

平戸立体下のシラサギ

Dscf4839

Dscf4843

Dscf4836 最初は遊水池側の側溝に居たのだが、平戸永谷川の手すりに移動してきた。私とは5メートルほど離れたところでのんびりしているので、しばらく一緒に平戸永谷川を眺めていた。この先は危険だと書いてある看板との取り合わせが、可笑しかった。


03/12/2018

英連邦軍墓地で

1520840086359.jpg
 陽射しが一気に強くなったようだ。芝生の色は茶色く、間もなく芝焼きも行われるだろう。
1520840087973.jpg
 ヒマラヤスギの下の椿が濃い彩りで心を打つ。

火の見櫓-舞岡公園

Dscf4739

Dscf4745

Dscf4743 舞岡公園の瓜久保には、鉄塔の火の見櫓がある。威風堂々という感じの櫓で、半鐘を吊した屋根の上に風見鶏まで付いている。まだ早春の里山の空に突きだした櫓は力強い。
 瓜久保の休憩所裏には枝垂れ梅が咲いていた。


03/11/2018

早春の水田---舞岡公園

1520771196506.jpg

1520771206481.jpg
 水を抜かれた水田に、取り残された稲の根が幾何学的に並んでいる。里山の縁には白梅や黄色い花がほのぼのと並んでいる。
1520771215770.jpg
 里山上空の雲は如何にも冷たそうだ。

春、小谷戸の里-舞岡公園

Dscf4720

Dscf4718
 里の春は、まだ寒い。お習字は「つぼみ」が掛けられていたが、着物は如何にも春らしい。台所から廊下を覗いた様子は、早春の冷たさに満ちていた。

Dscf4724

Dscf4727
 母屋の裏手に回ると、マンサクの花が咲いていた。

03/10/2018

アセビの花

1520691920256.jpg
 生け垣の植え込みに、アセビの花が咲いていた。アセビは毒があるとかで馬酔木と書き、馬が酔うほどだと言うが、花はあくまでも可憐だ。一つ一つの花は、白地に薄くピンクがかかり、小さなランプのように見える。いくつも重なってとても華やかだ。馬より人間の方が確かに酔うかも知れない。

コブシが咲き始めた

1520669938732.jpg
 白木蓮とコブシの違いはよく分からない。開いた花弁のねじれかたから、これは多分コブシだと思う。早春にふさわしい綺麗な花だ。蕾が毛皮のようで厚く、大きく膨らんでも、なかなか開かない。待ち遠しい思いをさせるのも、早春にふさわしい。--東戸塚駅近くで--
 

03/09/2018

春待つ植え込み--横浜駅東口エリアで

1520560904932.jpg

1520560913788.jpg

1520560921660.jpg
 帷子川縁に立つビルの公開空地。低木の植え込みが風をカバーし、芝は枯れた色だが、日向の暖かさを伝えている。色鮮やかな草花は、固まってやや縮こまっているみたいだが、やはり、春は間近なのだ。

03/08/2018

高島水際線公園で

Dscf4669

Dscf4654
 高島水際線公園は、帷子川河口近くの畔にある。対岸に見えるのはポートサイド地区の高層住宅。碇のモニュメントが、そんな風景を眺めて楽しんでいるようだ。Dscf4664
 公園に続く草地はまだ枯れ葉色だ。大きな水たまりもできていて、いろいろな鳥たちがやって来る。1羽のツグミが辺りを点検しているようだった。


03/07/2018

寒のもどり

1520411744135.jpg
 昨日までの暖かさと打って変わった寒のもどりに、すっかり閉じ籠ってしまった。今の時季、1日の中でも、日差しがあって暖かかったり、冷たい風に震え上がったり、アレルギーを起こしやすい。昨夜から、くしゃみ、鼻水、喉の痛みで、どうしようもなかった。
 ようやく花開いてきたクリスマスローズも、何となく縮こまっているようだ。明日は、気温は戻るようだが、天気は悪いらしい。それでも、アレルギーが治まってくれれば良いか。

横浜駅東口帷子川で

Dscf4641

Dscf4639

Dscf4644 自動車ショールーム前の桜が綺麗だった。対岸の桜もほんのりと色づいているように見える。川面にいるのはカモメばかりで、もうカモたちはいないようだ。まだ風は冷たいが、春がやって来ている。


03/06/2018

たゆたう夕日

Dscf4676
 春霞というのでもなく、弱い雲がうっすらと棚引く中に夕日が沈もうとしている。高層住宅がほとんど真横からの日を浴びて、がっしりとたたずむ。春といってよいものか、明日にはまた寒気も戻ってくるようだ。夕日もどこかためらいが血のような気がする。

代官坂トンネルから

Dscf4419

Dscf4415
 横浜市中区山手町一帯は丘の上だから、当然のこととして坂道が多い。また、トンネルも多い。代官坂トンネルは、元街商店街から上野町、妙香寺台方面へ抜ける代官坂の脇に造られている。山手の尾根筋道としてはちょっと低くなった所にあり、トンネルの位置は、代官坂の頂部と比べてそれ程低いわけでもない。何でわざわざトンネルを作ったのかという気もするが、トンネルを挟んで街の風情が大分変わるのは確かだ。元街小学校、山手公園のある閑静な住宅地から、元街側へ抜けて景色を見ると、その向こうには高層ビルがあり、元街商店街、中華街が続き、賑やかな街が広がっている。違う世界へ向かうには、開けた坂より、やはりトンネルの方が良いのかも知れない。

03/05/2018

蟻の巣穴が





明日は啓蟄だそうだが、石垣の隙間には、もう蟻が巣穴を開けていた。周囲をよく見ると、何匹かの蟻が活動していた。気温はもう4月中旬並みとか言っていたから無理もない。自然は、結構暦どおりに動いているらしい。

ヤマツバキ

Dscf4616

Dscf4618
 境木地蔵尊の背後は小高い里山になっており、境木ふれあい樹林として散策路も作られている。散策路の入り口付近には小ぶりの花を付けたツバキが鬱蒼とした感じで茂っている。花はサザンカより少し大きいかなと思うぐらいで、気の大きさに比べて小さい感じがする。多分ヤマツバキとかヤブツバキとか言われる種類だと思う。普通のツバキよりも、どこか野生の凄みが感じられて、地蔵尊の裏山には相応しい気がする。

Dscf4613 裏山の山頂部広場には、祠があって、赤い鳥居が生々しい。境木ふれあい樹林では、ちょっと昔の里山に迷い込んだような面白い感覚に浸れる気がする。


03/04/2018

梅林で

1520139564561.jpg
 シダレウメは木の姿そのものが艶かしい。如何にも春らしい華やいだ感じだ。

1520139570594.jpg
 青空に白い雲が浮かんで、紅梅が咲き誇っている。1本1本の木や枝が春をことほいで暖かい。(保土ヶ谷公園の梅林で)

03/03/2018

JR桜木町駅前で

1520058227130.jpg
 久しぶりに桜木町駅前からMM地区を見た。ランドマークタワーは相変わらず存在感がある。けれども駅前の雰囲気はずいぶん変わってきている。
1520058231323.jpg

1520058233442.jpg
 その昔、桜木町駅は鉄道の終点だった。私が勤め始めた、今から50年ほど前もまだ終点だった。現在の駅舎に、その頃の面影はない。ほぼ完全に高層ビルの谷間に埋もれたような気がする。野毛側の脇に、昔もあった立ち食いそばの店が、今も駅に寄り添うようにある。懐かしいな。

03/02/2018

水温む-大岡川で

Dscf4573

Dscf4580

Dscf4584 大岡川にボートが出てくると、やはり水温むという感じになる。桜の蕾はまだほんの枝の一部に過ぎないが、カモたちも温かさを楽しんでいるように見える。橋の欄干に射す陽光はとても眩しい。


03/01/2018

嵐の日、夕焼け

Dscf4515

Dscf4523
 朝方まで激しい雨が降り、雷も鳴った。日中は晴れたが、午後には激しい風も吹いた。夕暮れ時、富士山には雲がが這い上がるように被さっていた。風もまだ衰えない。吹きさらされた夕空は、ちょっと見には静かに見える。春になるまで、何度かこんな天気が繰り返されるのだろう。取りあえず、今日は暖かくなった。

春呼ぶフェニックス

1519871519191.jpg

1519871525626.jpg
 横浜元町商店街の海側。シンボルのフェニックスが、青空に向かって春を呼び寄せているようだ。商店街を通る人たちはまだ冬の装い。この冬は、殊更に寒かった。本当に春が待ち遠しい。

« February 2018 | Main | April 2018 »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。