« August 2017 | Main

09/21/2017

羽ばたく雲

20170921_173652
 日没が早くなったといっても、上空の色は青い。背後から日差しを受ける雲は、空に羽ばたくようにも見える。確かに秋の空は高く、勇壮だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/19/2017

木陰のゴイサギ



大岡川に突き出した桜の枝先に、ゴイサギがチョコンととまっている。夜行性のためか、あまり動こうとはしない。


周囲の川面では、しきりと小魚が跳ねる音がする。小さな波紋が、ゆっくりと大きく広がり、また、小さな波紋が重なっていく。川面はゆったりとした緑色で流れていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/12/2017

豪雨去って、夕焼け





全国的に大気が不安定だとか、午前中から物凄い雷雨に閉じ込められてしまった。
夕方、東戸塚の西の空は透明な青空が見えていたが、その上空の雲は厚く、何故か、富士山の辺りからは、まるで噴煙のような雲が立ち上がっていた。明日は晴れるらしいが、台風18号が大きくコースを変えて、本州にも近寄ってくるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒガンバナ





境木地蔵尊境内に、白いヒガンバナが咲いている。ちょっと幽玄な感じだ。花を囲んでいる葉はヒガンバナのものではない。葉は3.4月ごろに出て、花が咲かないから、花知らずとも呼ばれる。今の時季は、地面からにょっきりと花茎が伸びて、葉は出ない。だから、葉知らずという別名もあるそうだ。
階段脇の手水には、小僧が行水しているように拵えてある。軒にぶら下げた手拭いが、秋風に揺れてのんびりした風情だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/10/2017

ベニシジミ





朝から涼しげな秋の空気で、心地良い。クレマチスの支柱の上に、チョコンとベニシジミ蝶が乗っていた。小さいながら、端正な姿が良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/08/2017

日没、雲の懐へ

Dscf1468


Dscf1472


Dscf1477 日没にはまだ早い時間だが、太陽は雷雲の懐に潜り込もうとしている。今日の午後、雷は鳴っていたが、雨はさほど降らなかった。雲のパワーだけが、まだ残っているようだ。夕焼けは見られそうもないが、秋の空は高い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ススキ





季節の花、ススキが咲いていた。すっきりしない天気が続いて、まだ冴えない感じだが、もうお月見の時季だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/06/2017

秋の初めに

Dscf1441


Dscf1442


Dscf1448
 舞岡公演の田圃で、稲には覆いがかけてあったが、スズメが元気に飛び回っていた。小谷戸の里は秋の初めの雰囲気になっている。主屋の書初めは「ひがんばな」になっていた。

Dscf1445

Dscf1446
 縁側には、子どものおもちゃが出ていて、主屋の軒端にはトウモロコシが干してあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/05/2017

こどものたんぼ(舞岡公園)







実りの秋。8月から9月初めまで雨が多かったけど、稲はどうなのだろうと思った。舞岡公園瓜久保の「こどものたんぼ」は、もうカカシたちがしっかりと守っているようだった。
まだ強い陽射しに、稲穂が気持ちよさそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/04/2017

黄花コスモス







児童遊園地のお花畑には、今、黄花コスモスがいっぱいに広がっている。全体の眺めは、壮観な黄色の絨毯だが、アップで見ると、青緑色の空間に火花が散っているようで面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/03/2017

仙人草の花





こんもりと庭石を覆い尽くすように、仙人草の白い花が咲いていた。少し時期が早いような気もする。側のフェンスにも、通路の端にも、あちこち咲いているが、この那覇の塊は見事だった。(六ツ川の子ども植物園で)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2017 | Main