« April 2017 | Main | June 2017 »

05/30/2017

松にツツジ



ツツジの海に松が浮かんでいると言うべきか、ツツジの船に松が乗っていると見たらよいのか?何とも壮大なツツジの赤が目に沁みる。

少し下がった所の花壇には細い棒の先にボンボンを付けたような花が、洋風な景色を生み出している。ツツジに松という和風と対照的な面白さだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/29/2017

ワイルド・ストロベリー





環境活動支援センターハーブ園で、ワイルド・ストロベリーが小さな赤い実をいっぱい付けていた。豆粒のような小さな実だが、しっかりイチゴだ。


ユキノシタも白い花が盛りだ。

尾根筋のアジサイは、花の形を整えて出番を待っている。もう直ぐ6月、梅雨が近い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/27/2017

平戸永谷川の畔で





雨の翌日、夏の日差しが戻ってきた。この辺りの川べりはタチアオイの花が主役のようだ。夏の散歩はこんな川岸が最高かも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/26/2017

今日は雨だ



もう梅雨の始まりだろうか?朝からかなりの雨が降っている。風はない。
バイカウツギの白い花が、雨に打たれながらも輝いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2017

石崎川の畔で





川端の柳は当たり前の気もするが、何か、レトロな感じがする。花壇に植え込まれたゼラニウムも風情がある。



川面に突き出したランタナの下を石崎川は、静かに流れている。向こうに見える橋は、扇田橋とその上を通る平沼ニノ橋跨線橋だ。手前、柳の木そばの橋は要橋という。もう梅雨が近いようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2017

法亀山願成寺で







西区藤棚商店街の少し裏手に、願成寺がある。旧保土ヶ谷宿から横浜開港場へと抜ける「保土ヶ谷道」の道筋にも当たる。横浜開港時の刑場近くでもあり、処刑された人たちの逸話もいろいろあるようだ。
一方で、平沼新田を作った平沼九兵衛の墓所、横浜市長も務めた平沼亮三氏の墓もある。
境内には、もうアジサイが色づき始めていた。

白い石楠花の花が印象に残った。様々な珍しい花が植栽されており、コブシやタイサンボクなどの巨木もある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2017

カモの親子

Dscf0036

Dscf0053
 今年になって初めてカモの親子と出会った。ヒナはもう結構大きくなっていたが、いろいろな食べ物の採り方を教わっている様子は正にかわいい。やがて、みんな並んで葦の葉かげに入っていった。(平戸永谷川で)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

錦鯉涼しげに





夏の日差しに爽やかな風。晴れた日の川辺は心地良い。この辺り、鯉は多いが、やはり錦鯉がいると涼しげに感じる。真鯉もいるけれど、川底の藻に紛れてわかり難い。足の葉陰に陽光が反射して眩しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2017

お仙人様前で

20170520_160213_2
 お仙人様参道脇には、名木古木にも指定された大きなケヤキがある。もうほぼ夏の日差しをしっかりと受け止めて、辺りに涼しげな風を通してくれている。

20170520_160101

20170520_160524
 今井川を挟んで、国道側には旧保土ヶ谷宿の上方見附址、一里塚址がある。もう夏草の芽が伸びて、国道1号線は如何にも暑い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2017

柏葉アジサイ





梅雨っぽい空が晴れたと思えば、突然夏の日差しだ。お仙人様の前、今井川遊歩道では柏葉アジサイが咲いていた。もうじき本当の梅雨がやってくる。
例年、この辺りで、カモの親子が見られる時期なのだが、今年はまだのようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2017

ボートが行く



大岡川と中村川が分かれるあたり、高速道路の下をボートが行く。水の季節は近い。

蒔田公園のスズメも元気そうだった。



花の季節、緑の季節。大勢の人たちが、思い思いに公園を楽しんでいた。散歩の犬も気分が良いだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/17/2017

梅雨っぽい空の下で







横浜駅東口ポートサイド地区の鉄橋を機関車が走って行く。柔らかな新緑の木の下でシャボン玉で遊ぶ子供達がいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2017

自宅のクレマチス







大分賑やかになってきました。蔓がドンドン伸びているので、これから上の方がずっと賑やかになると思います。でも、雑草の伸びはさらにものすごく、全く手が回らない感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/15/2017

静かな川で

Dscf9809
 平戸立体下あたりの平戸永谷川にも鯉は多い。梅雨っぽい空模様が続き足がなぎ倒されている所もあるが、川面は静かだ。黄色の鯉が,葦の近くをゆったりと泳いでいた。

Dscf9813


Dscf9814
 少し上流のプロムナードには、バラが植栽されていて、黄色の花が殊のほか見事だった。この辺りも静かだ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2017

上永谷ふれあいの水辺





環状2号道路、永谷天満宮辺りから日限地蔵入り口手前まで、わずかな距離だが、平戸永谷川は道路の中央分離帯のようになって流れている。そして、天満宮、貞昌院の前から永野幼稚園辺りまで上永谷ふれあいの水辺が蛇行している。黄色のアヤメがびっしりと生い茂っていたり、なかなか見応えのある水路だ。最下流には渦巻様の排水溝が作られていて、そこから暗渠で平戸永谷川に流れ込んでいるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2017

静かな平戸永谷川で

Dscf9757

Dscf9762

Dscf9764 カモたちは、まだ抱卵の時期なのか川面は静かに流れているだけだ。もうそろそろひなたちを引き連れた親ガモの見られるころだと思ったが、ポツンと1羽のカモが浮かんでいるだけだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/2017

ツバメがやってきた

Dscf9753


Dscf9754
 ツバメはもう巣作りに忙しいようだ。2羽のツバメが、川縁の土をとって運ぼうとしている。巣は川からちょっと離れたビルの軒先にあるようだ。ここは、保土ヶ谷橋のやや上流、今井川が旧保土谷宿に沿って「く」の字に曲がっている所だ。この近所では、粘り気のある川床の土が巣作りに一番適しているのだろう。2羽のツバメは、結構ひっきりなしに飛び交っていた。(コンデジのズームで撮っています。ツバメの姿は小石に紛れて見にくいかもしれません。悪しからず。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2017

芍薬





ご近所で、真っ白な芍薬が咲き始めた。最近は牡丹と変わらない迫力のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2017

サックス吹く男





場所は、東戸塚駅の西側、横浜新道川上ランプの上にある新戸塚観音堂境内。観音様とサックス吹く男の関係はよくわからない。この観音堂は東戸塚一体の開発とも関係があるようだ。銅像は、この東戸塚辺りでの生活がこんな気分になれば良いということかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2017

花の境木地蔵









境木地蔵尊境内はちょうど花盛り。花壇はもちろん、道脇の石仏に供えられている花も新鮮だ。「花が腐りやすいので、水は少なめに入れてください」と書いてあった。千羽鶴と一緒に下げられた草鞋に保土ヶ谷宿立場の面影が宿る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2017

ハッカ鳥

20170430_141709


20170430_141732
 ハッカ鳥は、椋鳥より少し大きい鳥で、前身はほぼ黒く、両翼に白丸が有って、ひらひらと飛ぶ姿が優雅だ。クチバシと脚は黄色で、クチバシの上両目の間に鶏冠のような黒い羽毛がある。もともと南方系の鳥で、最近横浜市南部ではよく見かける。このところ、他の鳥が子育てで忙しい時期だからか、近所では、このハッカ鳥の声ぐらいしか聞こえなかった。鳴き声はピッコロのような良い声で、明るく朗らかな感じだ。ただし、時々、あまりに大きな声でうるさいと思うこともある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2017

GW終わりの夕焼け

Dscf9681


Dscf9686


Dscf9690 季節の変わり目は、いろいろ風変わりな夕焼けになるようだ。上空の波打つような茜雲はシルクロードの夕焼けを思わせる。そう言えば、黄砂もやってきているのだっけ。穏やかなような、恐ろしげなような、風変わりな夕焼けだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2017

生垣の花ー平戸2丁目街角で





きっちりキレイに彩られた生垣が目に入った。何か特別にデザインしたみたいだが、ツツジの自然な彩りだ。



一方、真っ赤なカタバミが盛り上がるように咲いているフェンスもあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2017

円覚寺へ





円覚寺山門手前の踏み切り前の池は、ちょっと切り離された感じですシンとした空間を作っている。池の間の参道は、本来なら俗との境界として重要な位置だったのではないかと思う。水面はあくまでも静かで、ポツリと赤いツツジが咲いているのが良い。見つめていると、心が澄んでくるような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2017

深緑の一里塚で





品濃一里塚平戸村側は、すっかり葉桜が茂り、夏の装いとなっている。ポツンと残された庚申塔の向こうに見える柔らかな新緑は品濃村側の一里塚だ。
一里塚公園のベンチには、木陰の爽やかな風を受けて一休みする人もいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2017

投込塚、ツツジに囲まれて





旧東海道権太坂の難所脇の投込塚は、今、ツツジに囲まれて華やいでいる。権太坂から東戸塚品濃坂にかけては、境木の立場でひと息つけるものの、厳しい山中の道だった。行き倒れた旅人などがここに葬られた。とは言え、萬霊塔が建てられたのみで、旅人の無念がはらされる術はない。


石仏の背後には紫陽花が植えられている。ツツジの次の出番を待っているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/01/2017

アオサギ、鶴巻橋で





GW最初の日曜日。陽射しはもう夏の雰囲気で、大岡川は水量も少なく、川床の置き石が見えていた。そんな中、アオサギが爽やかな姿を見せていた。水量は少なくとも、餌の小魚は豊富なようだ。

食事の後は、鶴巻橋の影で寛ぐらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2017 | Main | June 2017 »