« March 2017 | Main | May 2017 »

04/30/2017

仏足石



遍照寺本堂脇に仏足石が建てられていた。原始仏教では仏像が無かったので、釈迦の足跡と言われる、仏足石が信仰の対象になっていたそうだ。

最初は、大きな足形に日輪が彫られているものが多かったらしい。しかし、遍照寺の仏足石は魚などいろいろなものが彫られ、足指それぞれにも装飾が施され、たいへん凝った感じのものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

保土ヶ谷の遍照寺で



保土ヶ谷駅から、月見台方向に上って行く道がある。この辺りは、旧東海道保土ヶ谷宿の一つの中心でもある。この道に面した石柱の門から本堂に向けて、一直線に石畳の参道が続いている。



本堂や庫裡の佇まいはなかなかのもので、由緒を感じさせる。

参道を振り返ると、牡丹や椿、ツツジの花が咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/29/2017

林に沈む陽

20170429_181808


20170429_181819
 午後は少し不安定な空模様もあったが、まずまずの爽やかな一日だった。今日の夕日は、旧東海道境木の立場の方に沈んでいった。紅い塊となって沈む夕日に浮かび上がる林は、多分、焼き餅坂辺りだろう。権太坂から境木、品濃の一里塚にかけては、江戸からの旅人にとっては、最初の難所だ。こんな夕日を見ながら、のんびり歩いて行くわけにはいかなかっただろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/28/2017

サツキの花も



ご近所のサツキも咲き始めた。背景の木の間の空がもう五月の雰囲気で心地よい。

サツキの花は、花ごとに色が違ったり、一つの花にいろいろな色が混じったりするが、この木は割とシンプルに同系の色でまとまっている。

国道まで歩いて行ったら、道路脇の植栽のツツジが咲き誇っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/27/2017

ツツジの道







斜面に配置されタ坂道から、いろいろの角度でツツジを楽しめる。

丸く刈り込まれた白いツツジが、何か話しかけてくるような気がする。ゆっくりと、花の間を歩くのは気分が良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/26/2017

戸塚駅に藤棚





戸塚駅東口広場上段のステージに藤の花が咲いていた。東口のラピス1・2・3がもう30周年だそうだ。土日には、そのイベントもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/25/2017

葦原にコガモ







陽射しは強いのに、川面を渡る風は案外冷たい。もう抱卵の時期か、カルガモの姿は少ない。コガモの群れが、葦原の陰で流れに乗って賑やかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/24/2017

カメリアー英連邦軍墓地







英連邦軍墓地にはカメリアが似合う。十字架の背後、左右、その他の場所にカメリアが幽玄な表情で咲いている。メモリアルを、グッと奥に秘めた感じで、静かに咲いている。

ツツジの彩りも、ちょっと奥ゆかしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/23/2017

ヒスイカズラ





フィリピンルソン島が原産地だというヒスイカズラ。南洋の海そのもののような青色で、神秘の花とも呼ばれるそうだ。子ども植物園熱帯温室の女王といったところか。小さな勾玉女王との花が沢山集まって、正に首飾りのよう。
熱帯の熱い陽射しだけでなく、高い湿度も必要で、育つ場所が限られてしまい、絶滅危惧種でもあるらしい。

この温室では、ブーゲンビリアも咲き始めている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/22/2017

街角六地蔵

20170421_155244

20170421_155440
 鶴岡八幡宮大鳥居のある道から江ノ電踏切を越えて長谷方面へ少し歩いたところに、六地蔵がある。街中にひょっこりと六地蔵があるのは、ちょっと不思議な光景という感じもするが、ここは、鎌倉時代の刑場跡なのだそうだ。そういう点ではちょっと恐ろしげな感じもするが、この六地蔵は顔立ちも端正で、装束も格式高い感じに彫り込まれている。
20170421_155356 背後に稲荷の祠と鳥居があるのが、また可笑しいところだが、それだけ庶民の信仰を集めていたということなのだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/21/2017

鯉のぼり、お仙人様前で





保土ヶ谷町二丁目付近の今井川、仙人橋の上、下流に鯉のぼりが架けられている。もうすっかり風物詩のようになっている。川端に名木古木に指定されたケヤキがあり、ちょっと見にはケヤキに釣り上げられているようにも見える。

ここは旧保土ヶ谷宿のはずれ、すぐ脇の国道1号は大型トラックが忙しく行き交う。でも風の無い日の鯉のぼりはのんびりしたものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/20/2017

新緑の三王山公園





三王山公園は新緑に包まれ始めた。東屋脇の紅葉の新芽は赤く、強いアクセントになっている。
足元にはクローバーの白い花があった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/19/2017

保土ヶ谷駅西口の今井川で





今井川岸辺の草も柔らかそうな緑色をしている。川の水量は豊かで、カモたちもゆったりとした波紋を立てていた。

保土ヶ谷駅西口広場の下で、今井川は暗渠になっている。暗渠を出口には、白鷺が佇んでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/18/2017

円福寺のツツジ







円福寺は、保土ヶ谷駅東口に出て、少し横浜駅方向に歩いた国道沿いにある。季節の花もいろいろあるが石垣上の斜面に広がるツツジは圧巻だ。今年も賑やかに土手を彩っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/17/2017

牡丹







この季節、花の移り変わりは早い。桜が遅かったので、今年は桜の下に牡丹が咲くのが見られた。桜吹雪に唐獅子牡丹だったらスゴイね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/16/2017

石楠花の道







石楠花の季節だ。濃い緑の中に、分厚い赤が迫ってくる。どちらかと言えば油絵の世界に踏み込んだような気がする。一つ一つの花はそれ程大きくないのだが、五つ、六つの花がかたまって、大きな花に見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/14/2017

ウラシマソウの花





ウラシマソウはサトイモ科の植物だそうだ。花の形が面白い。白っぽい筒状の線端が黒っぽくクエスチョンマークのように曲がっている。昔の人はこの花の形を見て、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿を連想したのだそうだ。花は葉っぱの下にひっそりと咲いていて、うっかりすると見過ごしてしまう。(子ども植物園で)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/13/2017

横浜臨港パークで



午前中久しぶりの晴天が見られたのに、午後、雲が広がり、梅雨っぽい景色になってしまった。しかし、錨のモニュメントの向こうにベイブリッジが白く浮かび上がって、むしろ落ち着いた雰囲気で良い。



臨港パークは、桜も見頃で、都市緑化フェアを彩るチューリップの花壇が華やかだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/12/2017

万代橋の枝垂れ桜





滝の川最下流に架かる万代橋は、中央卸売市場の入り口にあたる橋だ。手前側の橋のたもとにある枝垂れ桜はちょうど盛りだ。

馴れ馴れしいウミネコが、欄干に止まって、一緒に見物していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/11/2017

ビオラの季節に

20170410_103506


20170410_103547


20170410_103531 今日も雨が降って、また冬に逆戻りのようだ。3月後半からの天候不順で桜の満開も遅れていたが、我が家では、ようやくビオラが春らしい感じで咲き出した。今日を凌げば、明日はまた暖かくなるようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2017

蒔田野桜ようやく満開に





ここのところの梅雨っぽい雨に、すっかり遅くなった感じだが、ご近所の蒔田野桜がようやく満開になった。薄曇りの鈍い光の中で、パッとした華やかさはないが、そばに寄って見ると、ボリューム感がすごい。今週いっぱいは楽しめそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2017

春の息吹







柿の新芽が柔らかく伸びてきた。地上には、ハナダイコンやら、小さな青い花やら、春らしい息吹が満ちている。
地中海の米軍艦船がシリア空軍飛行場をミサイル攻撃した。空爆で化学兵器を使用したからということだそうだ。北朝鮮の核開発に対しても先制攻撃をかけると言っていたが、やたらと現実味を帯びてきた。勝手な行動をされては、周辺国の迷惑は計り知れない。
春だというのに、背筋が寒くなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/06/2017

ソメイヨシノ3分咲き-平戸永谷川

Dscf9133


Dscf9136


Dscf9121 午前中晴れて結構気温が上がったものの、ソメイヨシノのはパッとは開かなかった。それでも、くぁものかかる桜は存在感がある。遊歩道ではハッカ鳥が我が物顔に歩いていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/05/2017

ハナモモの家





東戸塚の平戸辺りでは、桜はまだ遅れ気味だ。代わりに赤、白のハナモモとか、黄色のエニシダとかが賑やかに咲いている。

黄色の花は、生垣を一段と明るく彩る。近くで、賑やかにおしゃべりするような小鳥の声が聞こえていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2017

ハボタン、花の季節に



冬の花のない時期に、葉の色や模様で目を楽しませてくれたハボタン。ぐっと薹が立ちあがってきた。もう直ぐ菜の花に似た花が咲く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/03/2017

蒔田野桜はチラホラ





ご近所の蒔田野桜は、今上陛下ご成婚記念で植樹されたそうだ。今年3月後半の寒さで、開花は随分遅くなった。今、まだ2分咲きにも満たないようだ。
とはいえ、ようやくの青空に蕾も大きく膨らんで、これから一気に開くのが楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2017

山手カトリック教会夜景



お花見会が終わって、バス停に向かった。カトリック教会がライトアップされて、優しげな感じに浮かび上がっていた。春の夕方、満月を見たような、懐かしい気がした。バスは間もなくやってきたので、急いで乗ってしまったが、もう少しゆっくり見ていたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/01/2017

神明社ー保土ヶ谷区神戸町



高い木立に包まれて、森閑とした神域を感じさせる。神明社は平安時代中頃、970年創建と伝えられている。横浜市内で最も由緒の深い神社の一つだそうだ。
現在地に遷ったのは鎌倉時代始めらしい。この辺りはかたびらの里と呼ばれ、文明12年(1480年)太田道灌の「平安紀行」に「日盛りは かたはだぬぎて 旅人の汗水になる かたびらの里」と歌われているそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main | May 2017 »