« December 2016 | Main | February 2017 »

01/31/2017

シラサギ-平戸永谷川

20170129_154232
 枯れ葦の上を、シラサギが歩いていた。中央の流れの方が小魚が多いのではないかと思うが、枯れ葦の淀みの中も捨てがたいのかも知れない。ゆっくりと静かに歩いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/30/2017

オオバン-平戸立体下

20170129_154931

20170129_155125

20170129_155152 平戸永谷川の環2脇遊水池近くに、カモや小ガモに混じって1羽のオオバンがいた。水浴びをしたり、石の上に上がったり、すっかり寛いだ雰囲気でいた。大寒過ぎたばかりだが、このところ気温が高めだ。もう水温む感じになっているのだろうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/29/2017

東戸塚天王山公園で





河津桜なのだろうけれど、天王山公園の角で桜が咲いていた。

根元には、水仙の花が見ごろだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/28/2017

戸部公園の梅ほころぶ

20170125_152759

20170125_152731
 西区役所の直ぐそばにある戸部公園で、紅梅が3分咲きぐらいになっていた。
20170125_152813 白梅はちらほらといったところ。根元の枯れ草が日を受けて暖かそうだ。紅梅の枝越しにランドマークタワーが見えていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/25/2017

西久保町の杉山神社



西日を浴びて白い鳥居が輝く。西久保町の杉山神社は、国道1号に面し、背後に切り立った崖がある。



社殿は鳥居よりもさらに一段上に、ややひっそりとした感じに建っている。背後から西日を浴びた狛犬が、何だか迫力に満ちていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2017

真冬の富士

20170124_114630
 暦の大寒を過ぎ、このところ寒い日が続く。放射冷却もあって、今日は特に寒い。旧東海道品濃坂の近くから見る富士山は、正に清冽そのもの。やや厳しい表情に感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2017

絵筆塚

20170119_152607


20170119_152326


20170119_152549 荏柄天神拝殿の左側に、かっぱの漫画で有名な清水崑のかっぱ筆塚と絵筆塚がある。背伸びしがちな子供のころから、清水崑のかっぱは、そこはかとなく色っぽくて好きだった。ひところ清酒黄桜のコマーシャルにも使われていたと思う。
 手前側にあるかっぱ筆塚は、1971年(昭和46年)建立で、川端康成揮毫の「かっぱ筆塚」の文字も刻まれている。絵筆塚の方は、1989年(平成元年)建立で、こちらは、清水崑の遺志を継いだ横山隆一らによって建立されたものだという。筆の形の碑に彫られた金色の「絵筆塚」の文字が、冬の午後の陽射しに美しく輝いていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「アーミッシュへの旅」菅原千代志

 アーミッシュは、キリスト教再洗礼派の流れを汲む信仰を保って生活をしている人たちで、アメリカ建国当初に現ペンシルバニア州に入植し、伝統的な生活、信条を守って暮らしているそうだ。新しいものを取り入れるのは、非常に慎重なようだが、全く受け入れを拒否しているわけでもなく、自分たちの生活、信条を破壊することがないように、しっかり見極めて、必要のないものは受け入れないし、受け入れた後に不適切だと考えれば、勇気を持って止めていく。そうして、安心して、心豊かな生活を打ち立てていると聞く。
 リタイア後、高齢者の領域に入りつつある自分にとって、とても参考になる。インターネットにどっぷり浸かった現状で、アーミッシュと同じ生活をしたいとは思わないし、できる可能性もないが、彼らの生き方は、今、とても素敵だと思う。著者、菅原千代志氏の取り組み方。取材方針もとても良い。副題は「私たちのなくした世界」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/20/2017

大寒、クリスマスローズが開き始め

Rimg0351
 今日は大寒。多分この冬一番の寒さになりそうだ。クリスマスローズ原種系リビダスは寒さに強くはないので、寒冷紗を被せておいたが、どうやら、蕾が開いてきた。
 
Rimg0354

Rimg0342 秋冬咲きクレマチスのシルホサもまだ元気だ。クリスマスローズエレガンスホワイトもだいぶ蕾が大きくなってきている。寒波の去った後が楽しみだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2017

荏柄天神で







受験シーズンということで、荏柄天神へ行った。今年は、あちこち梅の便りが早い。荏柄天神も、もう見頃と言って良い。
いつもながら、社殿の朱色が希望を感じさせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/18/2017

薄雲に包まれて

20170118_164225

20170118_164504
 強い寒波は一応過ぎたようだが、間もなく大寒だ。これからが本格的な寒さなのだろう。夕方の富士山は、うっすらと緩やかな雲に包まれて、どこかホンワリとした感じに見えた。そして、わずかの間に雲の布団を深々と引き上げて行った。まだ、冷たい朝が続くのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/17/2017

田中康夫展(京橋画廊)に行った

多摩美術大学退職展ということで、初めてオープニングパーティーに出席した。行ってよかったと思う。何とか現代美術の一端に触れられた感じがした。もともと抽象画の世界で独自の境地だと思っていたのだが、一種の競争の激しい部分で、彼の中では限界だと感じたのだそうだ。最近の作品は、身の回りの自然と、原初的な尊厳性の交雑したような、一種スピリチュアルな世界になっているような気がする。そんな世界と、現代の思想性が溶け合ったものが、時の中のグランドゼロだった。9.11のあった年、11月に現地を訪れたのだそうだ。この作品は彼の作品集の表紙にも置かれている。
 そのほか、身近な素材を使った様々な工夫、考え方について話をすることができた。コンセプトは再生であり、祈りであり、賛歌だ。久々に触発された。ささやかながら生命の火花が飛んだ。楽しかった。場所は京橋画廊。27日(金)まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/16/2017

寒いね、メジロ君!

Rimg0339


Rimg0337


Rimg0334 寒波ピークの今朝は、氷点下2度。放射冷却もあって、体感的に、とにかく寒かった。元気なメジロもしっかり膨らんで見える。
 正月用の鉢植えも、こうなるとちょっと寒げだな。せめて平年並みになってもらいたいな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/15/2017

寒波の夕方



今季一番の冷たい大気はさすがに凄い。夕焼けも冷気の底に沈んで、澄み切っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/13/2017

いよいよ寒気迫る





今季一番、数年に一度の強い寒気がいよいよやってくるそうだ。狩場町の送電線鉄塔も、肩を怒らせて、寒さに備えているようだ。雪など降らなければ良いのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/12/2017

児童遊園地の梅も





今年は、梅の便りが早い。児童遊園地の梅林は東向きだが、竹林などに囲まれた窪地にあり、他所より遅いのが普通だけど、チラホラながら、何本かの梅が咲いていた。

根元の水仙も咲いて、2月始めには梅の里の雰囲気になるかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/11/2017

柾の実がはじけた

20170107_110231
 旧保土ヶ谷宿裏手の昭和の新興住宅地に育ったので、生垣のマサキは幼馴染だ。濃い緑の葉はちょっと地味な感じだと思っていたが、実がはじけて、飛び出してくる種は朱色に輝いて、とてもきれいだ。よく見ると、葉の縁には駒かなギザギザがあり、結構凝った作りになっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2017

天神様の梅ほころぶ

20170109_160546

20170109_160511

20170109_155830
 成人の日、永谷天満宮は初詣の人たちで賑わっていた。境内各所の梅がほころび、背後の山の上では、紅梅が咲いていた。
20170109_160704 天神様のお使い、牛の背後にはサザンカが彩りを添えていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/09/2017

木瓜の花

20170107_141044
 
20170101_092201
 ご近所平戸の幼稚園土手に赤い木瓜の花が咲いている。ほぼ満開だ。旧東海道焼餅坂の土手には白と赤の混ざった木瓜の花が咲いていた。種類によるのかも知れないが、ふつうは3月ごろに咲く花だと思っていた。何だか早い、季節感が分からなくなって来た感じがする。そういえば、水仙もあちこちで盛りだ。人間が感じているより暖かい冬なのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2017

枯れ葦に包まれて

20170107_152945


20170107_152228 柏尾川の川原には枯れた葦に包まれたようで、冬の日差し浴びて心地よげな感じだ。冷たそうな川面のカモメたちも満足そうだ。(JR戸塚駅下流で)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2017

柏尾川のカモメ




JR戸塚駅近くまでカモメの群れがやって来ていた。鳩やカモ、カラスに混じって、人の撒くパンくずを争ったりしている。これから、いよいよ寒さの本番だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2017

あかね雲棚引く



まだ松の内だが、少し日が伸びてきた。朝寝色の雲がたなびく下に、富士山が作り物のように浮かぶ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/05/2017

品濃の道祖神



石の彫りが磨り減ってハッキリ分からないが、不動明王らしい。正月とあって、橙が供えられている。不動明王が柔和に見えて微笑ましい。

境木の焼餅坂に掛かる辺りでは、熊笹に囲まれて、まだツワブキの花が咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/03/2017

天王町駅前のカモメ

20161231_150425

20161231_150438

20161231_150604 天王町駅前公園前の信号機にカモメが2羽とまっていた。何でこんな所にと思ってしまうが、天王町駅の向こう側には帷子川があり、冬場はもっと上流までカモメがやって来る。
20161231_150914 天王町公園は昔の保土ヶ谷宿入り口の浮世絵を模した作りになっている。旧東海道は、この位置から松原商店街の方向に向かい、芝生を抜けて神奈川宿へと向かう。松原商店街の少し手前に江戸方見附があったそうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/02/2017

箱根駅伝、権太坂で

20170102_095122
 2日は恒例の箱根駅伝。権太坂の頂点付近では1位~5位が団子状態で、地元神奈川大学が先頭に立つところだった。2区は神奈川大学が区間賞で先頭通過だったが3区で青山学院に抜かれてしまった。でも今年はちょっと楽しめそうな感じだ。
20170102_095438

 権太坂では、10分ぐらいの内に全チームが駆け抜けていった。自分の時計を見ると9時55分だった。今年も、一段とスピードアップしてきている感じがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2017

境木地蔵尊へ初詣




初詣は地元の境木地蔵尊へ行った。混雑する早朝は避けたので、静かなお詣りができた。周辺の旧東海道筋には熊笹のかげから水仙の花が顔を出していた。

帰りに、重忠最中の栗山によって、花びら餅を買った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »