« July 2016 | Main | September 2016 »

08/31/2016

また台風が通り過ぎて





昨日、遅れてやって来た台風10号が通り過ぎて行った。台風が去った後の夕方は、それぞれ違った空の雲が出て面白い。西の方には、ぽっかりと穏やかな雲が浮かんでいた。夕日は、まだなお分厚い雲の峰を切り裂くようにして沈んで行った。
この嵐の後で、大気は急速に秋の様相へ変わってきているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2016

夏の終わり山手公園

20160829_132748


20160829_132756


20160829_151637
 嵐の近づくという日の山手公園は、案外に穏やかな感じだった。子どもたちが掛けた木銘板もすっかり風雨にさらされて貫禄が付いてきている。泉水風花壇の裾には、ヤブランの花が咲いていた。20160829_151556


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2016

強い陽射しにも秋の趣き







まだ紅葉が始まったわけではない。色とりどりの花壇の花は夏の花だ。でも、どことなく秋の気配が漂う。


残照を照り返す、濃い緑の向こうに、赤い研修棟の屋根が、秋の近いことを告げているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/23/2016

白いクレマチスの女王

20160823_171844
 今、いろいろなクレマチスの二番花が咲いている。我が家では、白くて厚みのある花が一番花よりは小ぶりながら輝くように咲いている。遠目に見てもかなり目立つ感じだ。夏の終わりに、こんな風に咲いてくれると、とても嬉しい。我が家では初めての経験だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/20/2016

大気不安定

20160819_180028

20160819_175909
 8月も終わりの時季に入り、台風の影響もあってか気象は荒れ模様のようだ。昨夕、東戸塚西の空には、如何にも不安をもたらしそうな黒雲が太陽を遮っていた。箱根の山も押し寄せる波のような雲の下に沈み、うっすらと見えているのみ。
 二百十日も近い。いろいろな風景も、もう秋に移ろうとしているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2016

羽根干すアオサギ

20160818_091501

20160818_091624
 柏尾川の対岸に、おかしな恰好をしたアオサギを見つけた。遠目には、壊れた傘が置いてあるのかと思ったくらいだが、近くに寄ってみたら、アオサギが羽根の裏側を天日に干しているようだった。気取っているのか、何だか分からなかったが、こんなポーズを見たのは初めてだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/17/2016

台風一過、戸塚駅



台風7号は房総をかすめて北上したようだ。JR線の運行に支障はないようだ。

戸塚駅下の柏尾川には、何時ものようにアオサギが佇んでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/15/2016

虫の音



昨日あたりから夜には虫の音が聞こえる。リ、リ、リ、リ、と聞こえるのは何とい虫だったか。昼間は蝉の声が盛んだが、着実に秋がやってくる。明日、明後日には関東地方にも台風が来そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2016

平戸永谷川遊歩道の花壇

20160811_163448

20160811_163634

20160811_163728 平戸立体下から下郷橋にかけての遊歩道には、細かな区画でいろいろな花壇が作られている。区画毎に管理している人が違うようで、様々な花が楽しめる。
20160811_163348 川辺を吹き抜ける風にコスモスが揺れて、白いフェンスが心地良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2016

東慶寺で



蝉時雨に包まれた東慶寺本堂。仄かに浮かび上がるご本尊が床しい。

いつもどおり、崖の小さな石仏にも小花が手向けられ、隅々まで修行の場の気がみなぎっている。

片隅の赤い鬼灯が、ぽつんと輝いているようだった。

東慶寺役所跡の黒い桟に伸びた、白い花がが涼を添えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2016

平戸立体下のカワセミ

20160811_162511

20160811_164257

20160811_164819 平戸永谷川で、久しぶりにカワセミに会った。去年の秋、枯れススキにとまっているのを撮影して以来だろうか。夏の強い日差しに、背中の瑠璃色が映えていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2016

クレマチス二番花

20160811_093051

20160810_094708

20160810_094719 世の中はオリンピックと甲子園、夏休みで忙しいようだが、我が家ではクレマチスの二番花が咲き始めている。一番花より少し小ぶりだが、まだ蕾も多いので、これからが楽しみだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2016

句碑「塗り箸の...」-見光寺

20160806_170312
 保土ケ谷区岩間町の見光寺を訪れた。境内桜の木の下に、コラムニスト青木雨彦氏の句碑「塗り箸の 剝げて小芋の 煮ころがし」がある。さりげなく、秋の夕べの一杯を楽しむような風情が好きだ。青木雨彦氏は「1932年横浜市保土ケ谷区に生まれる 都会的辛口の文章で独特の境地を拓く  1991年3月没 当寺に眠る」と句碑銘板にあった。
20160806_170251 境内一隅には、もう秋明菊が咲いていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/06/2016

象の鼻公園から

20160805_121625
 大桟橋の手前中央に見える台形が、右から伸びてきた象の鼻先端部だ。その向こう、ベイブリッジ越しに夏雲が立ち上がり、夏真っ盛り。
20160805_114827 左手、赤レンガ倉庫の朱色が、空と海の青色に映えていた。直ぐ脇の仮設スタンドの方からバンド演奏が響いてくる。夏の催しがあるようだ。
20160805_121616 公園斜面には、クローバーの鼻が広がり、木陰では昼寝を楽しんでいる人もいた。強い日差しの下でも、海辺の木陰を吹き抜ける風は心地良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2016

学校橋-帷子川

20160804_101637


20160804_101658


20160804_111933 学校橋という橋の名前は、近くに小学校や中学校があるかららしい。裸の男の子のブロンズ像が橋柱に付いていて、如何にも夏の川を満喫している風情だ。直ぐ川岸に山が迫り、この辺り結構渓流の趣がある。少し下流では、本当に夏休みの子どもたちが川で遊んでいた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2016

百合の花ー三王山公園







長引く梅雨に閉じ込められて、ちょっと気がつかなかったが、まだ百合のシーズンが続いていた。東戸塚の三王山公園では、赤や白の鹿の子百合が賑やかに咲いていた。



近くの団地では、テッポウユリも盛りだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2016

ミンミンゼミか

Rimg0276_8

Rimg0275_5
 家の側壁に、セミが止まっていた。透明な羽に、背中はところどころ緑色の斑点が見える。多分、ミンミンゼミだと思う。羽化して間がない状態跡思ったのだが、周辺に抜け殻は見当たらなかった。子どものころ、採るのが難しいセミだった。 じっとして動かないと思て知多のだが、カメラの位置をちょっと調整している間に飛んで行ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2016

夏雲躍動する夕景

20160731_185653

20160731_190024
 梅雨が明けたというものの、日中雲が多く、時折、驟雨があって気象はとても不安定なようだ。台風の影響も、まだほとんど無いようだが、夕方、盛り上がる雲の姿は勇壮で楽しい。雷雨の心配もあったが、昨夜は降らなかった。今のところ最高気温もそれ程上がらないようだが、今年は、予想どおり猛暑の夏になるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »