« カモメ飛ぶ長者橋 | Main | 12月の雨 »

12/10/2015

操作性の変化に苦しむ-新OS

Windows10と格闘中

サブのパソコンにWindows10を入れてかれこれ1週間。いろいろ苦戦しながら調整を進めて、ネット関係は少しずつちゃんと動くようになった。Windows 8以降操作性がいろいろ変わってきていいるようで、スタートボタンが復活したから7同様に使えるというものではない。

 ブラウザのエッジは、慣れてくれば速く動くなるような気がするが、wi-fi経由でインターネットにつなぐやり方自体が微妙に変わっているようで、結構手間がかかっている。特定のサイトでIEでないと動かないコンテンツがあった場合に、臨時にIEを起動して報じさせることは可能なようだが、シルバーライトの設定やバージョンなど細かな調整が不明なまま起動させてもうまくいかないようだ。たんした結果、今のところIEを必要とするコンテンツはまだ見られていない。サイト自体がエッジに対応してくれるのを待つ必要がるのだろう。サイトに直接書き込みができるようになったといううが、このことにどれほどの意味があるのか、まだよくわからない。

 アプリのFacebookを入れていたのだが、使うのには問題ないのだが、当面表示言語は英文のみだという中途半端な現象が現れている。おまけに、ツールバーからアプリを起動したら、インターネットエクスプローラーで起動して「エッジを使いませんか?」というバナーが現れた。インターネットエクスプローラーが使えることが分かったのは、特定のサイトに接続するうえで助かることがあるので良いことだと思う。しかし、第一印象はいったいどうなっているのか?という思いに尽きる。

 Web上で、あるいはCludでいろいろ作業ができる時代になって木いるので、その面で便利になってきているとは思う。しかし、8以降の操作性の変化、考え方の変化はかなり大きく、8を経験した人にはあまり問題ないかもしれないが、7から10に移行した人には、ややハードルがが高いような気もする。

|

« カモメ飛ぶ長者橋 | Main | 12月の雨 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84061/62843164

Listed below are links to weblogs that reference 操作性の変化に苦しむ-新OS:

« カモメ飛ぶ長者橋 | Main | 12月の雨 »