« October 2015 | Main | December 2015 »

11/30/2015

西の山々夕景

20151128_164453


20151128_164609


20151128_164509 今年の11月は、三日と晴れが続いたことがなかった気がする。戸塚区平戸から見た西の山々、富士山、箱根山、大山・丹沢山の28日の夕景は貴重だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/29/2015

ようやく紅葉が

20151128_143703

20151128_143748
 県立保土谷公園で、程よく色づいた紅葉を見つけた。此処は、銀杏の黄葉が中心だが、所々ワンポイント的にある紅葉は風情がある。
20151128_143905 プールの脇にあるハゼノキも綺麗な色模様を浮かび上がらせていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/28/2015

ケヤキ並木に包まれて





県立保土ヶ谷公園は、今、イチョウも素晴らしいがコンサートホール傍のケヤキ並木がいい。心がのびのびするし、樹木の力強さに満たされる感じがする。

サッカー場の隣にあるカフェでは、テラス席の中央にストーブがある。今日は快晴で暖かいせいで焚かれてはいなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/27/2015

やっと晴れた

Rimg0459
 冷たい雨や厚い雲がようやく吹き払われて、今日はすっきりと下富士が現れた。一気に雪化粧が広がり、もう真冬の装いのようだ。これからしばらく乾燥した冬の天気が続くという。
Rimg0464 庭の草花もずいぶん花数が減った。冬支度を急がなければ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/26/2015

黄色いもみじ





平地のもみじは遅めということだったが、保土ヶ谷の環境活動支援センターでは、黄色いもみじがあった。遠目ではもみじとわからないが、そばに寄って見ると、確かにもみじの葉だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/25/2015

秋深まる富士の夕暮れ

20151115_163746
 11月に入っても、今年は雨が多い、やはり温暖化なのだろうか。木枯らしに吹き払われていそうな空も、何だかぼうっと濁った感じのことが多い。夕方の富士山もなかなかすっきりとは見えない。10日ほど前にちょっと見えた富士山も手前に雲がまとわりついたような景色だった。それでも、この日は秋の深まりを感じられた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)


今日は一段と冷たい雨が降っている。確かにもう冬のようだ。近所の塀越しに濡れた紅葉を見つけた。平地では遅くなると言われていたが、流石に晩秋だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/24/2015

平戸立体の夕景

20151120_161043
 環状2号線平戸立体は、東戸塚駅入り口から国道1号線を越えて港南区下永町に至る巨大な陸橋だ。東戸塚駅付近では、何故方面からの道とも立体交差している。秋の西日を受けて、一層壮大な感じがする。
20151120_161305 直ぐ脇を通る歩行者道は旧東海道ともほぼ並行している道だが、並木が何となく街道のイメージを甦らせてくれている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/23/2015

圓福寺のイチョウとヒムロ





舞岡町の片隅、山裾の住宅地を抜けて行くと、一際大きなイチョウが綺麗に色づいていた。圓福寺というお寺の入り口傍に大きなイチョウとヒムロが並んで聳えている。ヒムロは横浜市の名木古木に選定されている。

圓福寺本堂に当たる秋の日差しは柔らかで、静かな時が流れていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/22/2015

舞岡川

20151121_143921

20151121_145500

20151121_145946 舞岡の谷戸から、舞岡の里、舞岡町を流れる舞岡川。国道1号線旧道に架かる五太夫橋を抜けて直ぐに柏尾川へと合流する。住宅地を抜ける小さな川で、流れを調整する工夫や、水に親しむ工夫が随所に施されている。カモたちも、そんな人間の工夫と付き合いながら元気に暮らしているようだ。
20151121_151144 五太夫橋。戦国時代末期、小田原北条氏の家臣石巻五太夫康敬が小田原落城の後江戸に帰る家康を、この辺りで出迎えたことから命名されたとか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/21/2015

皇帝ダリアの川辺で

20151120_162627

20151120_162427

20151120_162737 皇帝ダリアの咲く時季は割と遅く、晩秋だ。夕暮れにも、華麗に存在感を主張している。川面には、シラサギが1羽佇んでいた。(平戸永谷川、平戸立体下辺りで。)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2015

灯りの季節に

20151119_154803

20151119_170435
 日が短くなって、午後4時半からもう暗い。5時なれば完全に夜だ。街中ではクリスマスの飾り付けが増えてきた。住宅地でも、盛大なイルミネーションが輝くようになってきた。勤労感謝の日や、感謝祭の休日が過ぎれば、直ぐ年末商戦が騒がしくなってくる。本当に秋の季節は短いなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/19/2015

黄色の綾織




黄葉の季節。やや大きめの葉が、黄色から黄緑、焦げ茶と色の変化を織り込んでいる。


東戸塚駅前の秋はなかなかにシックで落ち着いた感じになってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2015

黄葉の世界へ-児童遊園地

20151115_161748
 児童遊園地でも一番大きいだろうと思われる銀杏が、大分色づいてきた。他の銀杏はまだ緑の方が強いようだが、そんな彩りが混ざり合って、むしろ柔らかな不思議な空間を作っているように見える。
20151115_161359 付近には緑の林の中に大きな葉の黄葉が、装飾のように架かっている。紅葉にはまだ早く、今、児童遊園地は黄葉の世界だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/17/2015

北天院の銀杏

20151116_160314
 
20151116_160348
 東戸塚の禅刹北天院の銀杏は西日を浴びてすっくと立っていた。足下の、傾斜の緩い参道には既に落ち葉が散り敷いて、閑雅な雰囲気に満ちていた。
20151116_160614 山門脇の塀にからむツタの葉も秋の気配でいっぱいだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2015

燃える黄葉ー子ども植物園





大きな樹の一かたまりが黄色く輝いている。全てが黄色ではなく、かなり赤みを帯びた葉もある。ハゼの木だろうか?ハゼの木よりもちょっと葉が細いような気がする。でも、全体に良いたたずまいだ。


もう一つ上の段で、太い幹にすがった小さなツタが紅葉していた。こちらは、何とも可愛らしい秋の知らせだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/15/2015

冬の友達やって来た-滝の川

20151114_144926

20151114_145331
 滝の川に、冬の友達-キンクロハジロやホシハジロといったカモたちが集まり始めている。まだ数は少ないようだが、彼らは冬の間、この近くの汽水域河川で過ごす。近隣の人たちとも顔なじみで、あまり人を恐れることもしない。平気で水に潜ったり、仲間同士でお喋りを楽しんでいるような雰囲気だ。
20151114_145036 岸辺の遊歩道には、今、サザンカの花が咲いている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/14/2015

池にはカモも-野毛山公園

20151111_151752

20151111_151816
 野毛山公園庭園部分は何層かに分かれた回遊式庭園になっていて、中心部には池もある。小さい池だが、背後が丘のようになっていて山水画の湖のように設えられている。そして、数羽のカモが我が家のような顔で寛いでいた。20151111_151314 上の段には渓谷のような流れも作られていて、多分、この池に流れ込むような仕掛けになっているのだろう。この池の右手上の方へ行くと、横浜を代表する俳人中村汀女の句碑もある。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツワブキの花ー野毛山公園





11月というのに、今年はどんよりとした日が続いている。野毛山公園日本庭園もこの天気では冴えないが、ツワブキの花が凛として咲いていた。かつては開港時期の豪商たちの邸宅があったそうだが、今は、佐久間象山顕彰碑がひっそりと建っている。

Continue reading "ツワブキの花ー野毛山公園"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/12/2015

ミュージックライト









東戸塚駅西口でイルミネーションと音楽を組み合わせた、ミュージックライトという催しが始まっていた。光の海の斜面から、セカオワやきゃりーパミュパミュの歌が流れていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2015

色づきの季節



柿の葉も美しい晩秋の装いになり、実も輝いている。

山芋の葉も、金色になった。身の回りのものが、みんなキレイになると、もう直に落ち葉の季節だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2015

弘明寺で

20151109_155152

20151109_160157
 弘明寺は横浜最古のお寺だそうだ。創建は1300年も前になるという。現在、弘明寺商店街の突き当たりにあって、街中のお寺という印象で、買い物の行き帰りに参詣する人も多いようだし、年寄りばかりでなく、若い人も結構訪れている。
 本堂はなかなか豪壮な造りで、しかも華やかな幔幕が掛けられている。如何にも貴賤を問わず、多くの人びとの信仰を集めているという感じが伝わってくる。20151109_155107 何故か、本堂脇にある手水にはフクロウとゾウが向かい合って水を噴いていた。久しぶりだったので、内陣の観音様や文化財などを拝観させてもらった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2015

十月桜-六ツ川三丁目公園

20151109_151218


20151109_151421


20151109_151549 公園を囲む銀杏が彩りを深める一方、南側の端では十月桜がほぼ満開だった。普通の桜よりは一回りか二回り小さい花なので、染井吉野のような華やかさはない。それでも一本独立していっぱいに花を付けているとなかなか良い。小さいなりに、はっきりとした主張のある花だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2015

茶屋町橋から



茶屋町橋の下を流れる小さな川は、JR線の下から流れてくるが、水源は何処なのかわからない。鉄道の向こう側に小川らしきものはない。ともあれ、この辺り、生い茂ったツタが紅葉して、小さいながら、渓谷の雰囲気を醸し出している。



川に隣接するお宅では、南蛮ぎせるやアケビなどが丁寧に育てられて、道行く人々の目を楽しませてくれている。

ツワブキの花も彩りを添えて、旧東海道宿場町の秋を演出しているようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

11/06/2015

ススキにカワセミ

20151105_163510

20151105_163609

20151105_163347 時間は午後4時30分ぐらいだったが、平戸永谷川はもう夕方の景色だった。川原の枯れススキに上流から飛んできたカワセミが止まった。カワセミの体重で、ススキは大きく揺れたりしていたが、何とか体制を整えて暫く止まっていた。夕刻の川原のちょっとしたハプニングだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/05/2015

妙法寺の山上から

20151104_151322

20151104_151228
 名越えの切り通しから少し入ったところにある妙法寺は、日蓮大聖人の松葉が谷草庵後と共に、護良親王墓所がある。墓所は、山頂の見晴らしの良いところで、由比ヶ浜から更に右手の山の向こうに富士山が美しいシルエットを見せて浮かび上がっているのが見える。護良親王に相応しい壮大な気分になれるところでもある。
20151104_152846 帰りがけに三門裏の秋明菊が優しく見送ってくれているようだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/04/2015

東戸塚駅前の秋



環状2号線道路から東戸塚駅へと下って行く道は、大分秋らしく色づいてきた。

周辺住宅地の植え込みには、椿の花やツワブキの花が秋の装いを強調しているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/03/2015

シルホサ-ランプのよう

20151103_134414

20151103_134835 秋から冬にかけて咲くクレマチスのシルホサは、葉っぱの影にひっそりと下がっていて、見つけるのも容易ではない。それだけに、木漏れ日を背景にすると、ちょうどバーの小粋なランプのような感じにも見える。花が終わると、種が房状のボンボンのようになるが、それもちょっと妖精のように見えて美しい。春先まで楽しめるクレマチスだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/01/2015

秋の環境活動支援センター



ハナミズキの実が赤くなった。




様々な黄葉が、斜面に秋のリズムを奏でているような気がする。紅葉はまだこれからだ。

花壇のコリウスやセージも華やかに彩りを添えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2015 | Main | December 2015 »