« July 2015 | Main | September 2015 »

08/31/2015

滝の川にエイ?

Dscf1159

Dscf1163


Dscf1154 神奈川区の滝の川は、京浜第二国道の所から地表部に現れ、中央市場の脇を抜け、帷子川に合流しながら橫浜港へと流れていく。目にすることのできる部分の比較的短い川で、多分、目に見えるところはほぼ汽水域といって良いのだろう。ボラは普通に見られるが、昨日はエイとおぼしき魚を見かけた。最初は、ボラに比べてずいぶん大きな魚が泳いでいるなと思ったのだが、波のでき方が違うし、ずいぶん平べったい感じなので、エイだと思った。横浜市内の汽水域でエイが泳ぐ姿を見たのは初めてだ。さすがに手許のカメラではクリアに撮るのは難しかったが、ちょっとした感動を覚えた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2015

今朝も小雨で



交通情報では、濃い霧の出ている高速道路があると言っていた。もう完全に秋の雰囲気だ。夏の終わりに目を楽しませてくれたクレマチス二番花も僅かの蕾を残すのみとなっている。あちこち小さな女郎蜘蛛が巣を掛けているが、どうも写真には写り難い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2015

明月院に秋を求めて

20150827_151218

20150827_151858
 アジサイ寺で有名な明月院だが、名前から言えば仲秋の名月の時季、秋こそが一番のはずと、8月30日満月を前に、訪れてみた。方丈に至る前、平家物語沙羅双樹の語りだしの下にはいがぐりが添えてあった。花想い地蔵の膝の上には、小さな黄色の花が活けられている。秋を迎える風情は着々と広がっているようだ。
20150827_153036 庭園の小径の脇には、珍しい黄色の彼岸花が咲いていた。まだ、夏の名残の方が多いようにも見える。20150827_152033 8月の日差しはまだ暑く百日紅を照らしている。しかし、辺りを流れる風は、明らかに秋なのだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/26/2015

秋風が一入

20150825_155542

20150825_155406
 今週に入って、台風の影響もあるようだが、急に秋風が吹いて涼しくなった感じだ。9月と言うより、10月中旬ぐらいの感じもする。
 旧東海道品濃の一里塚を過ぎて、品濃坂にかかる辺りには生産農地があり、平戸果樹の里という。曇り空の下で、、ちょうどオレンジ色のカンナの花が咲き、畑には毬栗が大きく実っていた。もう収穫の時季が近づいているということだろう。20150825_155240 直売・浜ぶどうと書いたピンクの幟が出ている前を、20メートルほど行けばもう品濃坂にさしかかる。旧東海道の尾根道もそろそろ終わりだ。品濃坂の中段辺りからは富士山や丹沢の山々が一望にできる。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

08/23/2015

怪しい雲



住宅地の上空に、雲がどんどん盛り上がっている。時々、雷の様な音も聞こえる。まだ、雨雲と言うほどではないようだが、やたらと蒸し暑い。この辺りでは、降りそうでも、なかなか降らない。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

08/20/2015

旧宿場裏の今井川

20150818_160536
 旧保土ヶ谷宿は、宿場の周囲を全て丘で囲まれた、正に谷戸の底の宿場町だ。そして、宿場のほぼ中央部で「く」の時に折れ曲がっている。宿場の裏側に沿って今井川が流れ、江戸方のはずれ天王町で帷子川に合流する。
 上方見附のある保土ケ谷町二丁目方向から今井川下流を見ると、向こうの丘に吸い込まれていくような感じだが、当然、突き当たりから左、保土谷橋方向に直角に近く曲がっている。丘の上の建物や高圧線鉄塔が模型のような感じ見える。
20150818_160230 その旧東海道は国道1号線となり、鈴掛の並木が特徴だ。脇本陣消防署の脇にぽつんと立った鈴掛の木が、何とも床しげに、時の名残を伝えている感じがする。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2015

雲を纏う富士

20150818_165757
 8月半ばというのにもう秋雨前線がやって来た。一応晴れたものの、富士山は分厚い雲を纏って、うっすらと浮かぶ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

08/18/2015

涼しい朝



雲はまだ多いが、昨日の雨のお蔭で涼しい朝を迎えた。

強い雨に打たれて傷まなかったか、心配だった草花も元気に咲いていた。このまま秋になるとも思えないが、昨日の雨は秋雨前線がもたらしたそうだ。束の間の秋の気分かと思ったら、早速、蝉がうるさく鳴き出した。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08/16/2015

立秋を過ぎて、夏!

20150815_141127
 尖塔の後ろにわき上がる雲は、如何にも夏の雲。立秋を過ぎて1週間、さすがに日陰は伸びてきたようだが、まだまだ暑い日は続いている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

08/14/2015

月見橋-横浜駅東口

20150813_160845

20150813_161023
 首都高インターチェンジの下に埋もれるようにひっそりとして、月見橋がある。夭折の画家松本竣介が「Y市の橋」として描いた橋だ。ランタンを連ねたような形の橋柱だけが、昔の優雅な面影を伝えているように見える。昔も今も、横浜駅東口を使う通勤の人たちが多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2015

夏枯れに二番花-クレマチス

20150812_091401

20150813_090534
 暑い夏の盛り、草花はやや夏枯れ気味だが、クレマチスの二番花が、適当に組み合わさって咲いている。二番花は通常より小振りになることが多いが、それなりに数が多いと結構目を楽しませてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2015

白い百日紅

20150810_160529
 
環状2号道路東戸塚駅付近の歩道に、白花の百日紅が咲いていた。独特のつるつるした木肌に、白い房状の花が爽やかだ。暑い夏休みの昼下がり、通り過ぎる親子の後ろ姿も心地良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2015

久し振りの雨



早朝は晴れていたのに、8時半頃から雨が降ってきた。横浜では、梅雨明け以来、雨らしい雨が降っていない。雨には弱いペチュニアだが、久し振りの雨に息を吹き返したように見える。
とりあえず短時間で雨は上がったが、今日は、関東南部でも雨が降りやすいらしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/09/2015

ヒマラヤスギのマツボックリ

20150808_170949

20150808_171007
 1週間以上にわたって続いた猛暑日で、すっかり夏バテしてしまった。それでも昨日は立秋。植物は少しずつ次の季節への変化を見せ始めている.久しぶりに行った山手公園のヒマラヤスギは、マツボックリがもう薄茶色に色づいていた。ヒマラヤスギは松科の植物だが、杉という呼称がついて定着してしまった。晩秋に巨大なはねつきの種を周囲にまき散らすが、この種やマツボックリを見れば杉の仲間でないことは直ぐに分かる。
 それはともかく、杉の木陰で一息ついたら少し夏バテも薄らいだような気がした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2015

真夏の街角





猛暑日がもう5日も続いている。人は街角の僅かな日陰に一息ついて、やっと歩いている。紅い花が青空に映えて、夏を謳歌している。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08/03/2015

西日射す境木地蔵尊



猛暑日が続いている。明日も多分猛暑日で、5日連続は、記録的なものだそうだ。日中はほとんど何もする気にならない。夕方になってやっと出かけるが、静かな境木地蔵尊境内も、差し込む西日に暑さ一入の感じだ。

手水の小僧さんだけが、良い気分で夏を満喫しているらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2015

鎮魂の季節-英連邦軍墓地

20150801_155912

20150801_160110

20150801_162812 暑い8月がやって来た。英連邦軍墓地の芝生は強い日差しを浴びて、緑が目にしみる。墓標の脇には、バラを始めに様々な花が咲き、鎮魂の季節を告げている。今こそ平和をかみしめる季節だ、と。


| | Comments (140) | TrackBack (0)

08/01/2015

鵜-アンテナで寛ぐ

20150731_143551

20150731_143751
 耐えきれないような蒸し暑さが続いている。帷子川から新田間川が分かれる烏帽子田橋付近の電波塔に、沢山の鵜が、序列を守るかのように整然と止まっていた。眼下の護岸には、鵜の群れに交ざって1羽のアオサギもいる。水辺の鳥たちの涼しげな風情が羨ましい。

| | Comments (1042) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »