« June 2015 | Main | August 2015 »

07/31/2015

真夏の坂道



これ程暑い夏は、あまり経験したことがない。夕方の日射しは、渾身の力で暑さを定着させようとしている。

| | Comments (1654) | TrackBack (0)

07/30/2015

滝の川橋から

20150729_161106
 滝の川橋は、旧神奈川宿のほぼ中央部にあたり、滝の川を挟んで二つの本陣宿が並んでいたそうだ。今は国道1号線が走り、この周辺に宿場町の面影はない。ただ、滝の橋下流の佇まいに、何となく宿場と漁師町の趣が漂っているような気がする。
20150729_161129 夏の盛りの一日、石積みの岸を花が覆い、滝の川は黙々と中央市場方向へ流れていく。

| | Comments (1603) | TrackBack (0)

07/29/2015

黒蝶-ダリア

20150726_091657

20150726_091715
 5月に球根を植えたダリアがしっかりと育ってきて、黒みの強い花を付け始めた。写真では光の加減もあって、赤く写るが、肉眼ではどっしりした黒い大輪のダリアに見える。そんな色合いから黒蝶と名づけられたようだ。本来、高原の植物なので、蒸し暑い夏は苦手で、どう夏越しをさせるかがちょっと悩み。鉢周りをシェードで覆ったり、水やりを頻繁にしたりと大変だが、何とか秋口から沢山の花を咲かせたい。

| | Comments (303) | TrackBack (0)

07/28/2015

向日葵咲く夏の公園

20150728_113112
 東戸塚の上品濃公園は、入り口付近に向日葵が咲いていて、ちょっと高原を訪れたような感じがする。
20150728_112816 向日葵は暑い夏の象徴だが、もうケイトウやキバナコスモスも咲いていて、グランドでの練習の厳しさを和らげてくれている。

| | Comments (103) | TrackBack (0)

07/27/2015

夕焼け続きだが

20150726_190552

20150726_191006
 このところの真夏日モードで、日中はどうしようも無い感じだ。何とか夕方になって外に出るので、夕焼けの写真しか撮りようが無い。昨夕は、うっすらとピンクがかった雲の向こうに半月が見えた。蒸し暑さの続くサインだろうか?
 今朝は少し涼しげな気がしたが、相変わらず快晴で、これから気温は上がるだろう。

| | Comments (2387) | TrackBack (0)

07/26/2015

ラケット変遷の壁飾り

20150724_143301
 テニス愛好家向けに作られたテニスラケットの変遷を描いた壁飾りだそうです。上部両端にウィンブルドン選手権のカップや、マークがあしらわれていて、中央部に選手権が始まった頃から1950年代までの代表的なラケットを並べた構図です。グリップエンドのフィッシュテールもちゃんと作られていたり、仔細に見ると興味深いものがあります。グランドストロークやサービスの写真も添えられていて、なかなか凝ったものです。制作は1970年代でしょうか?(横浜山手テニス発祥記念館展示資料の一つです。)

| | Comments (312) | TrackBack (0)

07/23/2015

雲の流れに

20150723_181221

20150723_181118
 梅雨は明けたというものの、前後五日間ぐらいは経過期間があるそうだ。深夜からの雨量も相当なもので、今日は一日雲がとれなかった。その分夕刻の西空は面白く。壮大な物語が展開されているような雰囲気だった。
20150721_193503 一昨日の夕方は、三日月や一番星が輝いていた。日々の変化の激しさは驚くばかりだ。明日、西日本にはまた台風が接近する。そんな予兆も混ざっているのかも知れない。


| | Comments (111) | TrackBack (0)

07/22/2015

一気の夏、一里塚

20150720_134701
 梅雨明けの直後、耐えがたい暑さが続いている。品濃の一里塚公園平戸側は、塚の上に桜が植えられていて、ぎらつく太陽を防いでくれている。桜の根元には夏草が生い茂っていて、蝉の声だけが聞こえる。

20150720_134925

20150720_134953
 一里塚から品濃坂へかけての旧東海道脇に、大きな鉢で蓮を育てている家がある。大きな蓮の白い蕾が力強く、印象的だ。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

07/21/2015

セキレイ-今井川

20150719_161602

20150719_161652 全体が黒地で両翼の裾が白いセキレイは、水面や川辺を優雅に舞っていることが多い。飛んでいる姿をコンデジで捉えるのはちょっと難しい。保土谷橋の少し上流で、全体が黄緑がかったキセキレイも見かけた。いずれも浅いところの食べ物を摂っているようで、尾羽を上下に振って歩き回っていた。こういうタイミングでないと、なかなか写真が撮れない。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

07/20/2015

錦鯉とカモ

20150719_155618

20150719_155737
 バス停保土ケ谷町二丁目付近の今井川には錦鯉が多い。真鯉は黒く、川底の色と似通っていて分かり難いこともあるが、明るい色の錦鯉が並んで泳いでいるのは、見栄えがする。川岸でカモが並んで行儀良く見物しているようで可笑しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/19/2015

まだ小さなヒナがいた-今井川

20150719_160948

20150719_161112

20150719_161330 関東地方も梅雨が明けたそうだ。高気圧の勢いが強いので暑くなりそうだという予報だったが、午後からは雲が広がり、いつ雨になるか分からないような感じだった。今時分は、カモのヒナもすっかり大きくなって親と変わらなくなっているはずだった。ところが、旧保土ヶ谷宿上方見附付近の今井川に、生まれてまだ間もないヒナを3羽連れた母カモがいた。
 梅雨が明けたと入っても、川の水量は多めで、流れも意外と速い。この大きさのヒナは、ちょっと目を離すと、くるくる回りながら流されて入ってしまう。橋の下、水草の茂みの辺りでようやく止まって、母ガモも安心できた様子だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/18/2015

五の日稲荷大明神



京急鶴見駅から鶴見銀座商店街を生麦方向に歩き、ふと左に曲がったら、民家に並んで綺麗な赤い鳥居が見えた。五の日稲荷大明神という、変わった名前の稲荷社だ。昔、五の日に市が開かれたという由来でもあったのだろうか?
商店街の案内に「商店街には「家内安全」・「商売繁盛」・「子宝成就」にご利益のある五の日稲荷がございます。
毎月5日 9時半~11時までご参拝された方に記念品をご用意してお待ちしております。」と書いてあったが、詳しいことは分からない。商店街の守り神として大切に維持されているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/17/2015

旧権太坂から東戸塚への空

20150715_170144

20150715_170856
 梅雨の晴れ間の15日、台風が近づきつつある東戸塚の空はいろいろ面白い雲ノン評定が見られた。権太坂から境木の立場を抜け、品濃坂へ抜ける旧東海道の山道は、あまり視界を遮るものがなく、空が高く感じられる。天空の下の方にぽつぽつと白い雲の塊が浮かんでいるのは、台風の余波を知らせるものだろう。
 旧東海道権太坂のあたりは、かつての山深さを今に伝えるかのように、高圧線の鉄塔が聳えている。この辺りのランドマークとなっているかのようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2015

梅雨の残照

20150715_190853
 このところ毎日のように凄まじいばかりの夕焼けが見られる。夕焼けというにはあまりに雲が多く、凄みがあって翌日の晴れを占うわけにはいかない。予報どおりに、今朝はもの凄いばかりの豪雨で明けた。昨日夕方の東戸塚西空の雲は、そんな自然のエネルギーの偉大さを感じさせるものだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2015

シオカラトンボ

20150714_092307
 シオカラトンボがクレマチスの支柱に止まっていた。家の前でシオカラトンボを見かけるのは久しぶりだ。8月に入ると赤トンボはよく見かけるのだが、シオカラトンボとか、金ヤンマとかは最近あまり見かけない。久しぶりのシオカラトンボは、梅雨の晴れ間を目一杯楽しもうというのか、恰好長い時間のんびりと止まっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/14/2015

鉄橋の上の鵜

20150713_161357

20150713_161426
 横浜駅東口ポートサイド地区の帷子川河口を、貨物線鉄橋が横切っている。帷子川はこの鉄橋を抜けると、滝の川と合流して橫浜港へと流れていくのだ。
 鉄橋の架線支柱の上に、いつも1羽の鵜が居て、見張りを務めているみたいだ。この日は台風の余波のような強風を受けて落ち着かない風情だった。強風に負けずに任務を果たすぞとでも叫んでいたのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2015

火の星へ?

20150713_191954

20150713_192058
 新潟ではフェーン現象で38度を記録したとか。暑い一日に相応しく、もの凄いような夕焼けに、一瞬、火の星にでも来たかという錯覚に襲われる。強い風に吹き晒された雲が真っ赤に広がり、裾の方には、更に黒雲が迫ってくるようだ。まだ梅雨は明けない、台風もやって来る、そんな自然の威力を見せつけようというのだろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

夕日のハーブガーデン

20150712_172050

 梅雨の晴れ間の夕方、ハーブアーデンは割と静かな風が吹いている感じだった。縁に勝手に生えた猫じゃらしが、逆光に浮かび上がって楽しい。
20150712_171746 ハーブは渋めの花が多い気がするが、よく見ると小さくて綺麗な花が集まっている。どこか鈴繁なのが良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/12/2015

一気に夏の桜道

20150711_141752

20150711_141906
 山手公園の木々が長い影を落とす桜道は、夏の日差しを照り返して白っぽく光っている。

20150711_141628
 少し上がった桜道橋の欄干越しに麦田町方面を見ると、昔、下を通っていた市電に乗って三渓園に行った、夏のイメージが甦る。子どもの頃は、三渓園の奥の浜で潮干狩りができたのだ。もう、遠い昔の想い出だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/11/2015

梅雨の晴れ間に二番花

Rimg0114
 
Rimg0121
 今年の梅雨は長い。草花の種類によっては、長雨にで傷んでしまったものも多い。そんな中でつる性植物は結構元気だ。つる性のクレマチスはバイオレットチャームの二番花が咲き、ミクラ二番花もおずおずと咲き始めた。
Rimg0122 みどりに埋もれた擁壁際に明るい彩りが加わってくれて、ちょっと嬉しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/09/2015

梅雨寒の朝

今朝も弱い雨が降っている。横浜には大雨警報が出ているようだ。7月に入って、日照はまだ12分しかないそうだ。こんな梅雨は久しぶりという気もするが、果たして経験したことがあったか分からない。
物皆傷むという状況で、草花もダメになってしまう物がある。根腐れでダメになった地上部がカビだらけになってしまったものもある。

ベゴニアは家の中に入れて、なんとか静かに咲いている。もう少し日照があれば、もっと元気に咲いていたと思うが、明るい花色があるだけでホッとする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/08/2015

七夕飾りはあったけど



昨日は、暦の上で小暑、七夕。この辺りの季節感は梅雨どっぷり、どうも意気が上がらない。とは言え、短冊に書かれた願いは子どもたちへの期待に満ちている。



子ども植物園内の池にはミソハギの花が咲き、温室脇のアジサイも風情良く咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/07/2015

雨のバラ園で

20150707_150609

20150707_150644

20150707_150701
 梅雨空に押し込まれたような日が続いて、ふと気がつけば七夕の日になっていた。ひとまず鬱陶しさを逃れたいと子ども植物園に行ってみたが、ちょうど突いたとたんに、また雨が降ってきた。
 この時季つる性の植物はぐんぐん伸びるものが多いが、一般の植物にとってはあまり良い季節とも言えない。それでもバラ園は、結構元気に花が咲いていた。
20150707_150526 霧雨に包まれたような中だったが、その分、風情が増しているような気もした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/06/2015

浄智寺鐘楼門とアジサイ

20150624_151313

20150624_154241
 浄智寺三門から鐘楼門へ至る参道両脇にはアジサイが連なって咲いている。奥に見える楼門は明るく、優しい感じで人を惹きつける感じがする。帰路、振り返ってみる鐘楼門の脇に反逆光を受けて、青いアジサイが浮かび上がる。厳かな佇まいに、また訪れようと心に決めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2015

投込塚のアジサイ

20150625_171209

20150625_171129

20150625_171233
 梅雨の最中、投込塚の石仏や萬霊塔を飾るアジサイは少し憂いを湛えた感じで優しい。旧東海道、江戸から上方へ向けての最初の難所権太坂は、さぞかし、深い山中の苦しい道だっただろう。アジサイに囲まれた石仏、石塔は投げ込まれた萬霊も此処で安らぎを得られたことを物語っているかのようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

07/04/2015

紫紅色の百合の花

20150702_162106
 梅雨の長雨に降り込められたような1週間だった。花苗も傷みやすい季節で、寂しい気もする。そんな中で、ご近所の庭にゴージャスな感じの百合の花が咲いていた。梅雨の鬱陶ししさを少し和らげてくれているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/03/2015

カモの親子とアオサギ-平戸永谷川

20150702_165137

20150702_165152

20150702_165346
 カモの親子が岸に上がろうとしていた。7月に入ってカモの子どもたちはすっかり大きくなり、母カモとの見分けが付かないほどだ。子どもたちに気を配っている様子から、初めてどれが母カモかが分かる。カモたちの行く先に、まだ若いらしいアオサギが居た。子どもを引率する母カモとしては、大きなアオサギがそれなりに気になるようだ。
20150702_165553 気配を察したように、アオサギはカモの親子に道を譲っていたが、やがて飛び去ってしまった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/02/2015

薄墨色の空

20150701_181148
 朝からの雨は夕方上がった。弱い雨雲に覆われた空は案外すっきりとして、薄墨を流したようで面白い。梅雨の鬱陶しさも、一時的にぬぐわれたような気がする。

20150701_183328
 西北の雲の切れ目から残照がこぼれだしていた。電波塔がロケットとなって大空に飛び出していくのかという光景にも見える。夕焼けとは言えず、まだ、梅雨空が続くのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2015

地蔵さんの縁日

20150630_163714

20150630_163646

20150630_163330 境木地蔵尊手水の脇に縁日の看板が立てかけてある。手水には小僧さんが行水をしているような像があるので、楽しげな感じがする。地蔵堂から石段の外まで、縁日用の提灯が張り渡されていて雰囲気を盛り上げているが、縁日は境木商店街で、5月から8月の最終金曜日に行われるものだ。
 地蔵堂の脇には大きなアジサイがある。どことなく幽玄な感じで、地蔵堂の赤い屋根とよく調和しているようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »