« April 2015 | Main | June 2015 »

05/31/2015

上方見附付近のアジサイ道

20150528_153822

20150528_153901
 保土ケ谷町二丁目バス停付近はガクアジサイが多い。クローズアップすると、宝石で作ったブローチのようにも見えて美しい。遊歩道をゆっくり歩くのも、風情がある。

20150528_154117

20150528_154037
 上方見附址モニュメント付近は水色のアジサイが並んでいた。見事な柏葉アジサイも植え込まれている。街灯の柱には海抜8.0メートルの標示があった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/30/2015

水浴びする鳥たち-今井川

20150528_160448

20150528_160353

20150528_160218 五月は暑い日が続いて、もうほとんど夏になっている。鳥たちも、水浴びで涼をとりたくなるのが当然のようだ。濡れた雀もなかなか可愛い。
20150528_160523 セキレイも丁寧に身繕いをしていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/29/2015

ヒナはお昼寝-今井川

20150528_154605

20150528_155152
 間もなく五月も終わり、カモの子育てはどうなっているだろうと、旧保土ヶ谷宿脇の今井川に行ってみた。
 もうヒナたちはかなり大きくなっている。この母鳥のヒナは全部で10羽。みんなすくすくと育っているようだ。この時季、カラスやアオダイショウといった害敵も多く、母親もなかなか気が抜けないだろうが、子どもたちが固まって寝ている脇で、ちょっと毛繕いをしたりと、優雅な一面も見せてくれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/28/2015

花壇の雀

20150527_145353

20150527_145322

20150527_145427 横浜市役所脇の歩行者道路に花壇が設えられている。ポールにはベイスターズのバナーが掲げられていて、今年の躍進に合わせるように、見事な花盛りとなっていた。一羽の雀がトレリスの上に止まって、誇らしげなポーズをとっていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/27/2015

クレマチス賑やかに

20150524_182351

20150526_083023
 道路際にクレマチスの鉢をいくつか並べておいたのだが、蔓が適当に伸びて、今年は結構賑やかな感じに咲いてくれた。鉢の並びにも特に考えがあったわけではなく、全くクレマチスの勝手にさせておいたのが良かったみたいだ。花色も適当にバランスがとれているような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2015

亀の橋-中村川

20150524_142118

20150524_142135
 横浜市中区山手の関内側の裾を流れる中村川は、静かに流れていた。地蔵坂を下りてきた所に架かる亀の橋の欄干は、亀甲模様を浮かべている。灯台を思わせるような橋柱もなかなか良い。
20150524_142009 地蔵坂の由来である「濡れ地蔵」は、今、この亀の橋の袂にある。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2015

平沼の鵜-帷子川

20150522_155100

20150522_155408
 平沼の沼野橋から帷子川上流を眺めると、星川方面からゆっくり流れてきて、新田間川と別れる烏帽子田橋辺りでやや湾曲しているのが分かる。ちょっと突き出すような形になった護岸には、日光を浴びて羽を乾かす鵜の姿を見かけることが多い。
 この辺り川幅は広く、護岸も高くて、のんびり日光浴ができる。鯉はもちろん、ボラやその他の小魚類も多いようだ。良い環境だなと、鵜は思っているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2015

平岡橋から

20150522_153928

20150522_154212
 平岡橋は中央に橋脚があり、そこから両岸に二つの橋が架かっているように見える。橋脚の所がとても角張っている印象だ。また、橋の中央には相鉄線を越えて野毛方面へとつながる陸橋「平沼一之橋」があって、複雑な構造でもある。この辺り、昔は汽水域で釣りの名所だったそうだ、周辺には釣り宿があり、釣り船を出していたという。20150522_154131 上流には、平沼のガスタンクが見え、下流側の橋の袂には紫陽花が咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2015

生垣の紫陽花





生垣の紫陽花がもう色づきはじめた。大輪ではないが、かなり賑やかに咲いている。他所ではまだ小さな蕾がある程度だと思っていた。奄美、沖縄が梅雨入りしたばかり。南の方では遅れていた梅雨も、本州では、案外早いのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2015

巣立ちの季節かー神奈川公園





梅雨の晴れ間のような蒸し暑い日だった。公園の通路に1羽のスズメが下りてきたが、何処と無く雛のような仕草に見える。

大きな木立に囲まれた神奈川公園。もう小鳥たちの巣立ちの季節が始まっているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2015

壁面に白いバラ





赤色の壁の家に白いバラが良く映える。いつの間にか、バラの季節になってきた。大輪のバラの花はさすがに豪華だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2015

テニスボックス

20150518_153847

20150518_152459
 ローンテニスが形成された1870年頃、手軽にローンテニスを楽しめるようにと、ネットやラケット、ボールなどのテニス用具一式を詰め込んだテニスボックスがありました。横浜山手テニス発祥記念館に展示されていますが、昨日、劣化防止のための点検、補修作業をしてきました。組み立て式のポールを楔で固定し、ネットを張ればテニスを楽しめるというものですが、広げてみると結構細々とした部材が沢山あるものです。なんとか手近な所で直ぐにテニスを楽しみたいという、先人の汗と工夫の結晶と言うべきものかも知れませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/17/2015

もう雨の季節に



石垣に張り付いたシダ類の緑が生き生きとしている。まだ五月なのに、遠くの台風の影響で雨が降る。今年の梅雨入りは早いのだろうか?

五月の雨と言えば五月雨。こんな風に雨が降ったり、止んだりする時節なのは当たり前なのかも知れない。雨に濡れた階段は静かだ。

| | Comments (72) | TrackBack (0)

05/15/2015

皐月の花

20150515_115849

20150515_115742
 近くの家の庭先に皐月の花が咲いていた。ツツジの仲間は一目瞭然だが、花ごとに面白い斑が入ったり、変化の楽しい花木だ。普通のツツジよりは遅く咲く花で、旧暦5月頃に咲くからサツキと呼ぶようになったとも言われているらしい。山間部の渓流脇によく自生している、渓流種の花木でもあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2015

半僧坊へ

20150513_152750

20150513_152229
 およそ40数年ぶりに鎌倉の建長寺を訪れ、半僧坊まで登ってきた。天狗や烏天狗の像に囲まれた、建長寺の鎮守であり、豪快な修行の場所という空気に満ちている場所だ。半僧坊大権現からは相模湾を望むことができ、天狗の背に乗って一っ飛びに飛んでいきたくなるような景色が広がっている。

20150513_153441

20150513_153358 厳しさばかりが漂っているわけではない。幾重にも重なる階段の脇には、白や赤のシャクナゲが咲き、心を癒やしてくれているようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2015

白い芍薬の花が

20150512_093606
 「立てば芍薬」と言うが、スッと伸びた上に白い花が咲いている芍薬の姿は確かに美しい。ご近所の庭で、どっしりと大きな庭石の脇に咲いている芍薬は、正に和風の庭を象徴していると思える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/2015

五月の富士山

20150511_090257
 早くも台風6号が今週半ばに関東にも接近するという。箱根大涌谷は火山性地震が活発になっている。何となく騒がしい気もするが、五月の富士山は残雪も程よく、落ち着いた姿で、静かに浮かんで見える。(横浜市東戸塚から)

| | Comments (504) | TrackBack (0)

05/11/2015

鶴巻橋の欄干-初夏

20150501_154138

20150501_154213

20150501_154943 鶴巻橋の周囲には、桜の他に常緑の高木が多い。此処の欄干もよく見るとなかなかしゃれた感じに作られている。高木の木陰と組合わされた陰影が美しい。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

05/10/2015

クレマチスの季節に

20150502_091332

20150506_120700

20150506_120717 5月はいろいろな花が入れ替わって咲いてくるので、結構手入れに忙しい。遅ればせながら、ようやくクレマチスが咲き始めた。今のところ、白系の花が多い。もう少し、間を開けて咲いてくれたらと思うのもあるのだが、誘引の手違いもあったか、やたらと重なってしまったのもある。狭い場所に無理矢理並べているので、仕方ないか...。これから、他のが咲き出せば、またバランスがとれてくるだろう。そう言えば、ダリアもそろそろ植え付けなければいけない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2015

カモメの浮かぶ一之橋

20150506_154525

20150506_154539

20150506_154332 帷子川から別れた新田間川は、横浜駅西口近くで、幸川に合流する形で終わる。いずれは、また帷子川と合流して港に注ぐわけだが、取りあえず新田間川としての最下流に架かる橋が一之橋だ。架設年は1956年だそうだから結構古い。欄干に白くカモメの羽ばたく姿が浮き上がっているが、最初からこんなしゃれた感じの欄干だったのだろうか?煉瓦造りの親柱に「一之橋」と書いた銅板が嵌め込んであって、結構凝った造りなのだが、今まで細かいところはあまり気がつかなかった。西口方面から逆光を遠目で見て、初めて欄干にカモメの羽ばたく姿が浮き上がって見えるのに気がついた。何年もこの辺りを歩き回っていたのに、迂闊な話だと思う。この辺りを歩くのは、夜が多かったせいだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2015

新天地カフェー協同組合のお宮

20150506_162629

20150506_162713
 国道1号線浜松町交差点から洪福寺へとわたる尾張屋橋の脇に妙な感じのお宮がある。境内への入り口はお宮の正面ではなく、左右から入るものらしい。一方の入り口門柱に、「奉納 新天地カフェー協同組合」と書いてあった。この辺り一帯は、昭和20年の横浜大空襲で壊滅的な被害を受けた所だが、戦後カフェーを中心とした繁華街として大変興隆した所だそうだ。お宮は、その繁栄の面影をわずかに残しているものらしい。今周辺は静かな住宅街だ。お宮の横に、赤い鳥居に負けじと、真っ赤なツツジが咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2015

帷子川の鵜

20150506_161640

20150506_161555

20150506_161725 帷子川は、星川付近で今井川と合流し、水道橋を抜け、尾張屋橋を潜ると平沼の沼野橋へとながれていく。尾張屋橋を過ぎた所で石崎川と分かれ、さらに帷子川と平行する烏帽子田橋で新田間川と別れる。烏帽子田橋、沼野橋辺りではよく鵜の姿を見かける。護岸に上がって、のんびりしている大きな鳥の姿はなかなか迫力がある。この辺りは汽水域で、時折、大きなボラが跳ねたりする。まさか、そんな大きな魚は獲らないのだろうが、エサになる魚の量は豊富なのだろうと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2015

与七橋から

20150501_163536

20150501_163620

20150501_163434 鎌倉街道弘明寺から上大岡の中間点で大岡川にかかるのが与七橋だ。橋名も流麗な漢字で書かれている。欄干もシンプルだが、優雅な模様を刻んでいる。由緒ある橋だと思うのだが、橋名の由来は分からなかった。ここから下流、南太田辺りまでの桜のプロムナードは、南区内の桜の名所としても有名だ。橋の直ぐ下流は急カーブで蛇行し、弘明寺へと流れて行く。中州の黄色いアヤメが目を惹いた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2015

みなとみらい大橋

20150430_161712

20150430_162230
 横浜駅東口から高島水際線公園に行くには、日産本社前からみなとみらい大橋の下を抜けていく道もある。日産本社前からは、みなとみらい大橋越しにポートサイド地区の高層住宅などが見え、大都会に架かる巨大な橋というイメージになる。そして、橋の下にはロープにつながれたブイのようなものが浮かび、ちょっと怪しげな雰囲気も漂う。

20150430_163416
 橋の下を抜け、高島水際線公園のビオトープ越しに見る大橋の姿は、またちょっと優しい。大橋を潜って、別の空間に出て行く気分もまた良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2015

紅羊歯-切り株と唐草模様

20150502_165937

20150502_170000 山手公園西側斜面には、危険になった老木の切り株がある。正に節くれ立った切り株はなかなか凄みのあるモニュメントとも言えそうだ。紅羊歯は林の木の根元などによくある羊歯植物だが、ガッシリとした切り株を取り巻いている様は、モニュメントを装飾する唐草模様のようにも見える。20150502_170014 公園内を巡る石の階段が、一層その装飾性を強調しているようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2015

初夏のアオサギ

20150501_162118

20150501_162200

20150501_162500 5月に入って一気に暑くなったような感じだが、川面は涼しげだ。弘明寺付近の大岡川は、親水スペースが整備されていて直ぐそばで子どもたちが遊んでいたりするのだが、アオサギは正に涼しい顔で佇んでいた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2015

葉桜の大岡川で

20150501_160136

20150501_155610

20150501_155721 桜の名所大岡川岸辺も今はすっかり葉桜に覆われ、水面の色も緑にゆったりと流れている。水鳥は繁殖期のせいか、あまり見かけないが、数羽のカモが葉陰に見えた。
 強い初夏の日差しに、大井橋の欄干が白く輝き、歩道に落とす影が不思議な模様を描いて面白い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/01/2015

街灯に碇

20150430_160839

20150430_160904

20150430_161055 国道1号線高島町から横浜駅にかけて、街灯に碇のモニュメントが付けられている。昔は高島桟橋というのがあって、木更津行きのフェリーが出ていた。昭和40年代半ばまではあったはずだ。MM地区ができて、昔の面影はどこにもないが、街灯の上に港町の象徴が乗っているのは嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »