« January 2015 | Main | March 2015 »

02/28/2015

2月も終わりの夕景

20150228_173318

20150228_173739
 2月の最終日は、かなり気持ちよく晴れてくれたが、寒さはまだ身にしみる感じだった。明日から3月、西空の彼方から春は近づいてくるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるし雛飾り

20150227_150642

20150227_151219

20150227_150727 東戸塚にある平戸果樹の里で、つるし雛飾り祭りをやっているというので、観に行ってきた。地域の愛好家の人たちが、着物の端布で作った手作りの作品だそうだ。
20150227_150737 青竹を割った小窓に入った、お地蔵さん風の雛もあった。つるし雛いずれも、一つ一つが精緻に作られていて、見事なものだった。今年で5回目だそうで、3月1日日曜日までやっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/27/2015

雨上がりのクリスマスローズ





三寒四温というべきか?このところ天候不順が続いている。今朝はようやく雨もあがって、クリスマスローズもだいぶ咲きそろってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/26/2015

枯れ葦とハッカ鳥-平戸永谷川

20150224_141536

20150224_141459
 川岸の白いフェンスにハッカ鳥が止まっていた。枯れ葦に向かって、祈りを捧げているような風情だ。直ぐそばの河津桜は、はながほころび始めている。間もなく3月。ゆっくりと春が近づいてくる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/25/2015

青龍山宝生寺の庭で

20150223_163731

20150223_163749

20150223_163919 宝生寺は南区堀之内の鬱蒼とした小山の中腹にあるといったら良いだろうか、急な階段を上った境内の背後は貴重な樹林地として保護されている。本堂は、延宝八年(1680年)の造営で、横浜市指定有形文化財(建造物)になっている。元は茅葺きだったそうだが、現在は方形桟瓦葺きでとても美しい形状をしている。
 本堂前に小ぶりの梅の木が咲いていて、印象的だった。コンパクトな中に、いろいろなサプライズが秘められているような、美しい庭だ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/24/2015

児童遊園地の梅林で

20150223_150132
 今年もようやく梅林の佇まいが整ってきたようだ。梅林全体が梅の花で包まれたような感じになるのは、多分3月になってからだろう。ただこれくらい時の方が、足下の水仙と合わせて春の到来を楽しめるような気もする。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

02/23/2015

ミツマタの植込み





和紙の原料になるミツマタ(三椏)は、今頃が花時。地味だが、先端が黄色く色づいた可愛い花が咲く。公園の植込みに使われるのは珍しいと思うが、どことなくほのぼのとした感じがする。

ここは境木第二公園。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/22/2015

梅は3分か-境木ふれあい樹林

20150219_152309

20150219_152333

20150219_152826 境木地蔵尊の裏手に広がる境木ふれあい樹林には、広場に5、6本の白梅がある。それぞれ老木の趣があって好いのだが、まだ、一番開いているのでも3分咲き程度のようだ。花としては、後方の椿の方が目を惹く感じだ。
 住宅地側道路沿いの池脇にも1本の紅梅があって、ややか細い感じながらよく咲いていた。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

02/21/2015

コゲラ-三王山公園で

20150219_145401

20150219_145425


20150219_144849 声はすれども姿は見えずが普通のコゲラだが、なんとか姿を捉えることが出来た。この時はコトコトと木を突く音も大きく聞こえていたのが良かった。
 三王山公園周辺のお宅では梅の花が咲き、春先の里山の雰囲気が心地よい。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

02/20/2015

垣根の椿ー境木地蔵尊



境木地蔵尊の境内は静かだった。垣根の椿が上品に、ゆかしい感じで咲いている。



旧東海道境木の立場、武相国境の地に鎮座した地蔵尊は、ひっそりとしているが、土地の信仰の場だ。境内の石碑、石仏に一つ一つ参詣して、祈りを捧げている人がいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/19/2015

寒気の夕暮れに

20150215_164109

20150215_164441 環境活動支援センターの一番の高みに管理棟がある。そして、日没の残照を受けて大きな木々がすっくと立っている。昔ながらの土地の自然を守る風情だ。脇の土手には、クリスマスローズの白い花が一輪咲いていた。まだ厳しい寒さが続く。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2015

赤い屋根とマンサクの花

20150215_164736

20150215_164938
 環境活動支援センター実習展示場の赤い屋根にマンサクの花が映えている。春に先駆けて咲くマンサクは、とても不思議な形だ。花びらはくねくね曲がりくねった紐状で、あまり花という感じはしないが、固まって咲いているとそれなりに華やかだ。語源もあまりはっきりしていないようで、春にまず咲くから、まずさく「まんさく」だというが本当だろうか?
 よく見ると、星形の飾り物みたいで、なかなか楽しい花でもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/17/2015

国道向こうの空に

20150216_150344
 国道1号線に平行してJR、京浜急行が走る。直ぐ向こうにあある幸ヶ谷公園は急斜面を改修中だ。その先二はポートサイド地区の高層ビルが立ち並ぶ。背景に薄く広がる雲は春の予兆か、ちょっと心ときめく感じがする。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2月のネコ

20150210_140232

20150215_161110
 寒い日が続くが、もうお日様は戻ってきて陽だまりは殊に気持ちが良い。屋根の上でお穂様を独り占めに出来るのはネコの特権だ。20150212_111016 「猫の恋」は2月の季語だと思っていたが、多分旧暦の話だろう。今は、存分に陽を浴びて体力をつけなければいけないのかも知れない。我が家のネコ(13歳、雌)はご近所の枯れ草に埋もれて満足そうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/16/2015

布袋尊の椿-浄智寺

20150214_151258

20150214_151925
 浄智寺の拝観順路では、七福神の布袋尊は境内中央に聳える崖の隧道をくぐった奥に佇んでいる。お猪口を手にしたまま来客を迎えるような姿が嬉しい。直ぐそばの椿の花が、かんざしのように色を添えていた。お腹をなでると元気がもらえますと看板が出ていて、腹だけが丸く黒びかりしているのも、いかにも近所の飲んべえのおじさんみたいで可笑しい。しかし、本当は弥勒菩薩の化身でもあるらしい。仏陀に次ぐありがたい菩薩様なのだ。
 浄智寺境内は、冬の寒さの中、凜として静かだ。梅の花にもまだ早いようだった。いろいろな花が咲きだすまで、もう少しの辛抱だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/15/2015

宝所は近きに在り-浄智寺で

20150214_145932

20150214_150031
 三門前の石橋は危険なため竹で柵がしてある。その後ろ三門の学には「寶所在近」の文字が浮かび上がるように書かれている。童話の青い鳥と同様に、人間は迷ってからでなければ本当の宝が直ぐそばに在ることが分からない。この門をくぐれば、少しそのことが分かってくるのかも知れない。さらに後方に在る楼門が、緑の木立に囲まれながら手招きをしているようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/14/2015

冬寒の柏尾川川原で

20150211_154843

20150211_154953 もう日の傾き掛かる頃、逆光を構わず撮ったので分かり難いけれど、写真の中央にカワセミが写っています。水面がずいぶん冷たそうな感じですが、カワセミはこのあとすぐダイビングをしていました。20150211_155424 この日は、シラサギ、鵜、ヒワ、セキレイ、ホオジロなどをこの周辺で見ることが出来ました。
20150211_155304


| | Comments (5) | TrackBack (0)

02/12/2015

電線のハッカ鳥

20150211_150708

20150211_150715
 停留所でバスを待っていた時に、ふと見上げると、ハッカ鳥がいた。あわててカメラを取り出して写真を撮った。やっと2枚撮れただけだが、割とハッカ鳥の特徴がよく分かる写真になったと思う。(横浜市戸塚区山谷交差点付近)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

02/11/2015

カモと紅い花-石崎橋から

20150210_153636

20150210_153722
 紅い花はアロエだと思う、川面の色に映えて人目を惹いていた。カモはキンクロハジロの一家だ。静かで、平和な冬の一時が流れていく。街中を流れていく小さな石崎川は、周囲のビル影を落として揺らめいていた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

02/10/2015

西平沼橋





寒さの中でも、日差しは少しずつ力強さを増している。石崎川の緑の川面を背景に、西平沼橋の橋柱が美しく、誇らしげに見える。かつて、平沼は横浜のエネルギーセンターであり、今も、大きなガスタンクがある。がっしりした橋の姿に、繁栄の面影が浮かんで見える。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/09/2015

水の守護神



今日は今季一番の寒気に包まれた1日だった。昼過ぎからようやく晴れてはくれたが気温は上がらない。そんな日だが、山下公園の水の守護神は勢いの良い噴水に囲まれて、どっしりと立っていた。

周囲の花壇は既に花がいっぱいで、冬の寒さをものともしていない。

噴水の一番高い時は、守護神像を完全に包んでしまい、正に壮観だ。小さな子どもたちが、ビックリして手を拍っていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/08/2015

児童遊園地のアオサギ

20150207_164755


20150207_165023 児童遊園地中央部にある池に、夕方アオサギ、シラサギ、カモが集っていた。日中、ここでアオサギを見たことはない。来園者がほとんど帰ってしまった夕方、一夜の寛ぎの場所を求めて来たのだろう。しばらくして、他の鳥と離れて池の奥に居場所を代えていた。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

02/07/2015

児童遊園地の梅林

20150207_163515

20150207_163627

20150207_163659 今日はちょっとすっきりしない天気で、なんとなく一日引きこもってしまった。夕方近くなって、とにかく近くの児童遊園地梅林の様子を見てみようという気になった。ここは東向きの斜面だが、すり鉢状の盆地のようになっていて、1本の紅梅がようやく2分咲きというところだった。この先の気温変化にもよるけれど、きれいに咲きそろうのは3月に名手しまうかも知れない。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/06/2015

高速道路下の吉野橋

20150204_151839
 蒔田公園をお三の宮側に出てきて、右を見たらきれいな小アーチを二つ伴った吉野橋が見えた。上を首都高速道路が走り、埋もれたような感じだが、「かながわの橋100選」の一つにも選ばれている。
 以下にかながわの橋100選の説明を引用しておこう。
 「大正15年に震災復興事業として建設された橋で、大岡川と中村川の分岐点近くの鎌倉街道筋に架かっている。 復興式と称される鉄筋コンクリートアーチ形アバットを持つ鋼鈑桁橋である。地蟹沈下の影響で、アーチ形アバットの不等沈下が見られる。」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/05/2015

蒔田橋で

20150204_145742

20150204_145957 立春の大岡川はコバルト色に水が澄んで、蒔田橋がひときわ美しく見える。川面につきだした木々の枝を拠点に、椋鳥や、ヒヨドリが賑やかだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/04/2015

いわな坂





旧保土ヶ谷宿金沢横丁から線路を渡って、かなざわ・かまくら道を上がって行くと、左手に地蔵堂や庚申塔が並んでいる石段がある。登り口にある石仏の光背には元禄の文字が見えた。
この坂はいわな坂というそうだ。地蔵堂には御所台地蔵尊と記した幡が掛かっていたが、御台所の井戸と関係があるのだろうか?石仏群にはこれといった由緒は表示されていなかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/03/2015

反町公園冬の午後





反町公園脇に昔からあったスケートリンクは、今、再建工事が始まっている。神奈川スケートリンクの建物がないと、ちょっと寂しげな景色だが、保育士に連れられた子どもたちが元気に遊んでいた。
噴水が見られるように、小高い位置に据えられたベンチが、冬の日差しを反射して静かだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/02/2015

平戸の剣豪碑





江戸時代、平戸に旗本杉浦氏の代官萩原家の屋敷があった。幕末から明治にかけての当主太郎行篤は嘉永4年(1851)直心影流の免許皆伝を得、ここに道場を開いたという。屋敷の手前をちよっと脇に入った所に剣道師範萩原君碑がある。
一見、竹藪の入り口のような感じだが、その奥にひっそりとだが、風雪に耐え、厳しい風格の石碑が建てられている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/01/2015

一里塚の狭間で



日曜日には旧東海道を歩いてみようという人も多い。一つ手前、保土ヶ谷宿の一里塚を見て歩いてきた人が、品濃の一里塚を見て、その大きさに驚いていた。

さらに戸塚宿方向に歩くと、道脇の梅にポチっと花が開いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2015 | Main | March 2015 »