« December 2014 | Main | February 2015 »

01/31/2015

雪の翌朝

20150131_084624

20150131_084601

20150131_084800 予報どおり昨日は雪が降ったが、今朝は割と気温も高いようで、道路は凍結もしていなかった。雪の翌朝は空気が澄んでいて、富士山や丹沢がよく見える。富士山の前面にちぎれたくもが流れていて、不格好な陰を作っているのがちょっと残念だ。
20150131_084826 箱根の一角も見えていたが、近所の里山の竹林が雪の積もった屋根越しに、何か晴れ晴れとした感じだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/30/2015

雪が降ってきた

20150130_074804
 予報どおり、今朝は雪が降っている。朝早くから、子どもたちのはしゃぐ声が聞こえていた。窓の外を見ると、枯れ枝に雪がついて、冬らしい、絵本のような世界ができはじめていた。
 降り始めはちょっと遅かったようで、4時半ごろにはまだ積もってはいなかった。昼頃には、雨になりそうな予報だが、取りあえず、出勤や通学はたいへんだろう。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

01/29/2015

東戸塚駅前、冬の夕暮れ

20150128_170237

20150128_170422
 東戸塚駅西口前を川上町方面に抜ける道の向こうに、大山の姿が見える。ねぐらに向かうカラスが飛んでいたりして、家路を急ぐ人たちの足も速まりそうな風景だ。振り返って駅前広場を見れば、落葉松が尖った姿を並べている。人工的な都市の佇まいと、武蔵野風の木々が重なり合って、新しい街の夕暮れを紡ぎ出しているようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/28/2015

メジロ-今井川で

20150126_161644
 川原にメジロが居るのは珍しいと思った。普段、今頃なら花木の蜜を吸いに来ているのが普通だと思う。たまたま川面の石に止まっている姿を捉えることが出来たが、カワセミかセキレイのように、川面でホバリングするような姿も見られた。空中で翼を打ち合わせるような、踊りとも見える仕種もあったが、繁殖期が近づいている為でもあるのだろうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/26/2015

菜の花





大寒が過ぎて、今頃が一番春の待ち遠しい時季だろう。梅の花もまだ少し早い。子ども植物園ブドウ棚の下に菜の花が咲いていた。自信に満ちて、春を告げているようだ。何かやり切れないような問題を抱えた日本だが、春はまたやって来る。自信を持とう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

01/25/2015

不透明の空に

20150125_163649
 西の空は間もなく日没。天空にはうっすらとした雲が広がり、太陽もおぼろだ。煙のようなアクセントを付けているのは、飛行機雲の名残だろうか?明日は晴れるのか、天気は下り坂なのか?日本の行く末はどうなるのか?そんな雲に包まれたような夕方だ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/24/2015

橫浜港駅

20150123_151600

20150123_150833

20150123_151611 新港埠頭は橫浜港のほぼ中央にあって、関東大震災の被害を受けるまでの橫浜港発展のシンボルでもあった。橫浜港駅は横浜駅と埠頭を直接鉄道で結ぼうという、当時画期的なアイデアであり、今でいえば、羽田、成田の空港に直接鉄道が乗り入れているのと同じ意味があり、港繁栄の象徴でもあったのだと思う。今、モニュメントとして橫浜港駅のプラットフォームとレールが復元されている。赤レンガ倉庫と比べて、サッパリし過ぎているようなのがちょっと残念だ。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/23/2015

クリスマスローズの季節に





2月からいよいよクリスマスローズの季節になる。ぼちぼち花が開いてきたので、早速外に出したみた。今のところ2鉢だけだが、初物だけに一際綺麗に思える。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/22/2015

成就院から

20150120_151436
 成就院は、東の結界、西の結界という二つの門があり、それぞれからの階段を上がりきった所に山門がある。山門前から由比ヶ浜方面を眺めると、正に絶景という感じがする。東の結界からの階段脇には262株の紫陽花が植えられていて、6月ごろには一段と眺めが良いそうだ。

20150120_151631

20150120_151643 建立は1219年北条泰時の発願によるもので、本尊は縁結び不動明王だそうだ。1333年鎌倉攻めで消失したが、元禄年中に復興されたものという。東結界からの参道階段脇の紫陽花は262株で、般若心経の文字数と同じ。元弘の役供養のためだそうだが、来年には参道の大改修工事があってしばらく花が見られなくなるようだ。(以上は略縁起の記述による。参道改修工事は平成27年~29年の予定という。)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2015

由比ヶ浜の海鵜

20150120_153511

20150120_153757_2
 由比ヶ浜沖合の消波ブロックに海鵜たちが集まっていた。一見静かそうな海も、冬の波風は厳しい。そんな中で、何か楽しげに身繕いしている海鵜は、やはり強いのだと思う。集団の中に、何故かセグロカモメが1羽混ざっていた。風にあおられて、羽毛が巻き上げられたりしている。ウエットスーツを着込んだ水夫のような海鵜と比べると、すこし哀れな感じがする。
20150120_153720 突きだした消波ブロックの先には材木座の浜が見える。静かな冬の海だが、身の引き締まる厳しさも感じられる。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

01/20/2015

白旗山公園の紅梅

20150120_140551

20150120_140722
 東戸塚駅前オーロラモール脇の交差点に白旗山公園の入り口がある。急な階段の両脇に紅白の梅があって、紅梅の方はもう5分咲きといった感じだ。紅い花の塊がふわっと広がって、柔らかな暖かみを感じさせる。階段を上って公園の頂きに出れば、そこから富士山が見える。丘の南側斜面には品濃の白旗神社がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2015

バン-滝の川で

20150118_142627

20150118_142701

 滝の川の最下流、万代橋で、またバンに出会った。額の白い冠が特徴の黒い鳥だ。水面に映るビル群の陰と、浮き桟橋の赤色の織りなす抽象画面の中で、1羽ゆらゆらと動いていた。バンは小さいが、鶴の仲間の鳥だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/18/2015

木漏れ日に包まれて

20150118_141856

20150118_141918
 日曜日の昼下がり、葉を落とした木々がジグソーパズルのような陰を落としている。そのずっと向こうでは、ボール遊びを楽しんでいる家族がいる。神奈川公園は、塔のようなマンション、オフィスビルに囲まれた、それでいて神秘の森、憩いの空間を見せてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/17/2015

北風吹き荒れて

20150117_172244
 このところ、幾つもの低気圧が通り過ぎて、天気の移り変わりが激しい。今日も昼頃はかなり雲が広がっていた。その後北風が強まり、気温もぐっと下がってきた。近くの里山の向こうには、箱根の山が小さく見える。里山の竹林が北風にあおられて、厳しい寒気を感じさせる。もう間もなく大寒だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/16/2015

光のフェニックス





横浜元街のウィンターイルミネーション。入り口上のフェニックスが、正に光となって飛び立とうとしているようだ。

前田橋の欄干にも光が溢れ、川沿いの小道が煌めいている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/15/2015

めでたい植物

20150112_160101

20150112_160030
 正月も半ばを過ぎてしまった。先日まで子ども植物園で「めでたい植物展」をやっていたが、万年青の鉢が一際目立っていた。他に、ヤブコウジ、南天が種類豊富で目を惹く感じだ。万年青の赤い実、ヤブコウジ類の赤や黄色の実が、財宝に連想されめでたいのかも知れない。万年青もヤブコウジも、斑入りがあったり、変種も多く、江戸時代には好事家の間で高値で取引されることもあったらしい。
20150112_160151 南天は難を転ずるという読みに通じることからめでたいとされていたようだ。今の季節、赤く染まった葉色が格調高いようにも感じられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/14/2015

東横フラワー緑道の新春



鶴屋町の東横フラワー緑道入り口にある裸木に、正月とか、未年とかの文字が掛かっている。クリスマスに比べて、ずいぶん寂しいような気もするけど、一陽来復の気分は十分だ。



緑道名を刻んだ石やレールのモニュメントも、春の兆しを見せてくれている。さあ、ゆっくりと歩いて行こう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

01/13/2015

コゲラ-子ども植物園で

20150112_161127


20150112_160427
 子ども植物園の秋を彩っていた木々もすっかり葉を落とし、鋭い枝先を青空に突き刺しているようだった。ジージーという声に上空に目を凝らすと、コゲラが1羽、裸の枝をぐるぐる回りながら突っついていた。
20150112_161418 傍らの蝋梅がちらほら咲いて、青空に映えていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/12/2015

おんめさまの椿

20150109_155232

20150109_155309

20150109_155124 JR鎌倉駅を出て若宮大路を渡った所に、おんめさまの赤い門がある。昔、源頼朝がこの寺で合戦の評定をして勝利を収めたことから大巧寺とされたという。今は安産祈願のお寺で、おんめさまの通称の方が親しまれている。そのためもあって、境内は四季折々の花を大切にしていて、今の季節は椿の花が目を惹いている。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/11/2015

蜜柑の争い

20150110_160212

20150110_160259
 蜜柑の木の天辺で鋭い声を上げているのはヒヨドリだ。メジロも別の灌木の頂上でにらみを利かせている。争いというのは大げさだが、数本の蜜柑の木に、ヒヨドリ、椋鳥、メジロ、その他の鳥たちがやって来て賑やかだ。それぞれ5、6羽が飛び交って、電線に退いたり、蜜柑の茂みに飛び込んだり、まるで陣取り合戦のようにも見える。よく晴れた1月の昼下がりは、割に暖かく、楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2015

荏柄天神の梅が咲いていた

20150109_151347

20150109_151420
 間もなく成人式の日だ。受験シーズンでもあるこの時季は、荏柄天神の朱色の社殿を見たくなる。若い人たちが真剣に勉強や試験に取り組む雰囲気がひしひしと伝わってくるような気がする。
 そしてこの天神様の梅は鎌倉一早く咲くと書かれていた。まだ数は多くないがしっかりと社殿の前で紅梅が開いていた。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

01/09/2015

境木立場跡で





立場跡の大きな木の根元に水仙が咲いていた。新春の日差しは辺りをほのぼのと包んでいる。松が取れて、次は鏡開き。そして成人の日へ続いていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2015

寒風の下で



一昨日が小寒で、本格的な寒さの時季になった。昨日からの冷え込みは本当に厳しい。東戸塚駅の西の空には、如何にも寒そうな雲が棚引き、高圧線の鉄塔が、夕焼け空の底に沈んでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2015

源氏池のオナガガモ

20150105_152428

20150105_152407

20150105_152714 神苑ぼたん園は、源氏池に沿って太鼓橋の脇から斎館へと続いている。その源氏池にはオナガガモが多い。蓮の葉が茂っていない冬の源氏池は、オナガガモの天下のようだ。オナガガモも、正月ボタン(天衣)もいっぱいの日差しを浴びて輝いていた。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/06/2015

正月ぼたん





鶴岡八幡宮神苑ぼたん庭園に正月ぼたんを観に行った。元旦から2月下旬まで公開されている。藁囲いに包まれたぼたんは、如何にも可憐で、厳寒を忍ぶ姿が美しさを増すようだ。




胡石の庭では、白や黄色のぼたんが見事だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/05/2015

街角イルミネーション



紐状のLEDライトを上手に使って、賀正の文字が浮かび上がっている。年始用のイルミネーションは、初めて見た。中空には満月がかかり、新年の慶びを寿いでいるようだ。

Continue reading "街角イルミネーション"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/04/2015

大祓の茅の輪-白旗神社

20150103_160047

20150103_160417
 正月3日も初詣に訪れる人は多い。国道1号線に面した平戸の白旗神社では、鳥井の奥に大きな茅の輪が設えられていた。茅の輪は、罪、穢れを祓い、無病息災を祈るもので、各家の門口に飾る懸け茅の輪というのもある。神社では、6月30日に夏越しの大祓、12月31日に大祓が行われる。参詣者は茅の輪を8の字を書くようにくぐり、1年の穢れを祓って健康を祈る。ここ白旗神社では、茅の輪をくぐった後、急な階段を上って拝殿に至る。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

01/03/2015

平戸立体下のアオサギ

20150103_154700

20150103_154648

20150103_155239 3が日の夕刻はとても静かだ。平戸立体下の護岸にはアオサギが1羽佇んでいた。下の水面にはカモの群れが陸橋の反射光を浴びて寛いでいる。昼には直ぐ傍の国道1号線を箱根駅伝の復路レースが通り過ぎていったが、そんな応援の響きも、今は夢の彼方のようだ。遊歩道を歩く人もまだ少ない。
 よく見るとアオサギは一本足で立っている。静かな夕暮れの遊歩道を見つめる賢者の趣だ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/02/2015

箱根へ走る-権太坂

Dscf1654

Dscf1661

Dscf1675 箱根駅伝が始まった。2区の難所権太坂チェックポイント付近へ見に行ったが、、相変わらずハイスピードで、選手達は10分少々の間に21人が駆け抜けて行ってしまった。トップは東洋大学と駒澤大学が並んで走っていた。箱根周辺では昨日の雪が残っているようで、条件は厳しい。その分富士山は綺麗に見えるが、レースの結果はどうなるか?駒澤大学、青山学院、明治大学、東洋大学の順で箱根の山登りにかかったようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2015

駅伝の走る商店街

20141231_151059

20141231_150856

20141231_151225 正月といえば箱根駅伝だが、国道1号線に面した保土ヶ谷駅東口商店街は、正月2日、3日に目の前を駅伝が走る。大晦日、駅伝歓迎の準備も整い、何故かランニングをしている人も見かける。自分自身小学生の頃、父に連れられてこの辺りで駅伝を見た。もう60年ぐらい昔の話で、当時は父の母校中央大学の全盛期だったように記憶している。その頃と左程変わらない商店街の軒先(アーケード?)が懐かしい。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2014 | Main | February 2015 »