« August 2014 | Main | October 2014 »

09/30/2014

英連邦軍墓地で

20140929_161055

20140929_161306

20140929_162810 英連邦軍墓地にも秋の気配が広がっている。石の十字架の脇にも、記帳所のにも、キンモクセイの豊かな香りが漂っていた.。秋の日差しが、芝生の上に長い影を落として美しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/29/2014

休日、宝町踏切にて

20140928_154323
 宝町踏切越しに中央卸売市場が見える。この辺り、休日は正に閑散として、ゆったりとした時が流れているようだ。ランニングをする人、家族で自転車に乗っている人がたまに通る。

20140928_154900

20140928_155023
 休日には、どこか寂しげな雰囲気も漂うが、同時に、幸せに満ち足りた空気も流れている。静かな昼下がりは最高だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/28/2014

キンモクセイの香りが

20140927_134603

20140927_134612

20140927_135225 どことなくキンモクセイの香りが漂い出したと思ったら、山手ではもう満開と言って良い木があった。
 やまてこうえんでは、ドングリ、椎の実がビッシリと落ちて、花壇の縁取りの中に面白い模様を作っていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/26/2014

国道1号線の彼岸花

20140925_162942

20140925_162957
 国道1号線権太坂を戸塚方面に下って行く。雑草が刈り払われた所にぽつんと彼岸花が咲いていた。ちょっと傾いて、何事か語りかけているようにも見える。
 この辺り、普段の交通量は国道にしては少なめ。国道の左側には、平和台バス折り返し場がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/25/2014

テニスの木製ラケット

20140923_093046


20140923_093057 9月23日は「テニスの日」ということで、横浜山手テニス発祥記念館では、テニスの日山手公園イベントにちょっと懐かしい木製ラケットの展示を行いました。最近のラケットと比べて木製ラケットは手触り、肌触りが優しいのはもちろんですが、カスタマイズしやすかったり、思い思いの装飾が美しく施されていたりで、人気がありました。20140923_085853 中でも人気が高かったのが、ウィルソンの「クリス・エバート」サイン入りモデル。(右の写真)中には手にとって写真を撮りたいという人もいらっしゃいました。やはりきれいに作られた木製ラケットは良いですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/22/2014

立場跡の曼珠沙華

20140922_170240

20140922_170246
 旧東海道境木の立場跡。大きな木の下に数本の曼珠沙華が夕日を浴びて輝いていた。その昔、立場の茶屋の客引きを思わせる。でも、数々の自動車は、何も気にとめずに走りすぎて行くばかりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/21/2014

ススキ-桜道で

20140921_134543

20140921_101521
 季節はゆっくりと移っていく。坂の上ではススキの穂がはっきりと伸びてきた。桜大線の脇のススキも白く光っている。20140921_101254 坂道を登り切ったら、また新しい視界が開ける。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/19/2014

江の電終点、実りの秋





江の電鎌倉駅、終点のストッパーにはマスコットの蝦蟇がいる。もう柿の実を背負い、紅葉を踏んで、実りの秋の装いだった。
この季節、内外のツアー客も多く、電車は何時も混み合っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

09/18/2014

御霊神社面掛け行列









鎌倉権五郎景政を祭る御霊神社の面掛け行列に行ってきた。着いたのが遅く、ようやく妊婦のオカメに間に合った。源氏の白旗を捧げ、大きな太鼓をひく子どもたちが甲斐甲斐しく、華やかな行列だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

夏の終わりに

20140917_160132


20140917_160220
 夏が終わったというのも何かしっくりとこない、ひたすら曇り空の秋雨前線の季節といったら良いだろうか?でも、由比ヶ浜では、サーフィンをする人はもちろん、ウィンドサーフィンや手こぎのサーフィンと、様々なスタイルで、波を楽しんでいる人たちが居た。浜辺の人も、ちょっと荒い波に打ち上げられた貝などで、楽しみは多いようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/17/2014

雀-山下公園で

20140916_151520

20140916_151616

20140916_151719 最近、数が減ったとされている雀だが、山下公園では、噴水から流れ出る滝の一角で賑やかに水浴びをしていた。秋の広場には、何だか雀が似合うような気がする。収穫の響きとマッチするのだろうか?水流のもう一つ下には亀が頭を出していた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/16/2014

山下公園で



山下埠頭側駐車場上の神殿から流れ落ちてくる水は、カニやホタテ、怪魚や亀を通って、さながら、怪獣の滝だ。でも、平坦な山下公園の片隅で、重要なワンポイントになっている。日差しも秋めいて柔らかく、舞台装置が大分整ってきたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/15/2014

水路のシラサギ

20140915_164533

20140915_164826

20140915_164930
 国道1号線東戸塚駅入り口交差点で、旧東海道が国道1号線と交差する。ずっと旧東海道に沿って流れてきた川上川も、ここで国道の下をくぐり、蛇行してまた国道の下を抜けていく。そんな狭い水路に1羽のシラサギが居た。こんな小さな水路でも小魚が居るようで、かなり活発に動き回っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/14/2014

百日紅の道

20140909_154415

20140909_154442

20140909_154343 明月院本堂の前に一本の石畳の道があり、百日紅の下を抜けるようにして開山堂へとまっすぐに続く。開山堂と対面するように、花想い地蔵が禅定の姿で、季節の花を受けている。清浄世界と、自然界の結節点を見る思いがする。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

09/13/2014

夕日に輝く彼岸花

20140912_170349

20140912_170641

20140912_165307 さっきまでネコやカラスたちが遊んでいたベンチの向こう側に、白い小さな彼岸花が咲いていた。夕日を受けて輝いているように見えた。もう支援センター内のあちこちで彼岸花が咲いているが、今年は白い花が優勢のような気がする。どちらも、アップにすると装飾的で、自然てすごいなと思う。秋がどんどん深まっていくようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/12/2014

茶々橋の兎

20140909_152711

20140909_155215
 明月院総門脇、茶々橋の兎は亀と一緒だ。欄干に手をかけて川の流れを眺めている。今年の仲秋の名月は居肉の曇り空だった。20140909_152105 この川は流れて、横須賀線の下をくぐり、北鎌倉駅の方へ向かっているはずだが、その先はよく分からない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/11/2014

擁壁の百合が咲いた



このところ雨模様の日が続いたが、そのお陰かようやく擁壁の百合が咲いた。天気が良ければ、まだまだ相当暑かったはずだから、ダメになっていたかもしれない。よく咲いたなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/10/2014

天女の瓦と百日紅-明月院

20140909_153345

20140909_153326

20140909_153522 仲秋の名月、重陽の節句とあれば明月院かと思って、訪ねてみた。方丈脇の百日紅が美しく、方丈の屋根の上には天女が笛を吹き、舞をしている瓦があった。時季を問わず、名月と共にあるお寺なのだと感じた。
20140909_154901 天女の瓦は竹林の中にも据えてあり、間近に見ることが出来る。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/09/2014

一里塚公園、秋の日差し





品濃の一里塚公園の片隅に、ぽつんと道祖神が残されている。夏から秋へと変わっていく日差しに、ノンビリ一休みの風情か?隣の木がちょっぴり色づいて、ほんわりした雰囲気だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/08/2014

社宮司公園

20140903_154425

20140903_154836
 相鉄線西横浜駅近くにある社宮司公園は、遊具のある広場と、原っぱとに大きく2分されているように見える。遊具はなかなかユニークで、ちょっと得体の知れないアートっぽいものが多い。この白く輝いている崩れかけた壁のような塊は何なのだろう?平成19年度の再整備で「宇宙をテーマにした遊具を配置した」と書いてあったが...。
 これから秋になると銀杏などが色づき、社宮司公園はまた大きく表情を変えていく。また来てみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/07/2014

山手のネコ

20140906_171055


20140906_171106
 帰り道、地蔵坂公園の近くで、ガレージの屋根に乗ったネコが毛繕いをしていた。暑かった一日の夕方、ゆったりと寛いでいるネコの姿が、辺りの雰囲気に相応しく、あ、山手のネコだなと感じた。ネコがこちらを見る目つきも、ちょっと友好的に、「寄っていけば?」と言われているようだったが...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/06/2014

ナンバンギセル

20140904_161519

20140904_161507

20140904_161617 旧保土ヶ谷宿茶屋町橋付近のお宅で、ちょっと珍しい植物や昔はよく見かけた植物に説明を付けて展示しているお宅がある。ナンバンギセルはススキ、ミョウガ、サトウキビなどの根に寄生する草らしいが、確かに煙管を鉢に突き刺してあるように見える。脇の生け垣にはムベの実がなっていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/05/2014

茶屋町橋の淀みで

20140904_155444

20140904_155918
 最初は名主然とした顔をしているアオサギを撮っていたのだが、その足下辺りの草むらからゴイサギの幼鳥らしい顔が出ているのに気がついた。20140904_160115 しばらくして、川の下流方向に出てきた。まずゴイサギの幼鳥に間違いない。

20140904_161340
 やがてカモもやって来て、この後にはシラサギも飛んできたのだが、ともあれ、国道脇、旧宿場町はずれの川辺は、ちょっと平和な自然空間が出来ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/04/2014

源氏池のヌルデ-鶴岡八幡宮

20140902_161718
 部分的に紅葉が始まっているヌルデは、緑と紅が絡まって水面と空の青によく映える。遠くの白雲がコラボして、日本の秋の訪れをささやきかけている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/03/2014

キバナコスモスー今井川



旧保土ヶ谷宿入り口にあたる天王町駅付近。キバナコスモスの咲く遊歩道の少し先が帷子川との合流点だ。


宿場を少し保土ヶ谷駅方向に入ったあたりは、板塀越しに百日紅がゆかしい感じで咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋へ移りゆくー柏尾川で

20140831_163735


20140831_165632


20140831_165808 このところ秋雨前線停滞の影響もあって、水の流れもかなり激しいように見える。上空は秋を知らせる雲に覆われて、シラサギやカモも思い思いに秋の足取りを感じていることだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/02/2014

近代美術館の蓮池





久しぶりに晴れたので、鎌倉の近代美術館に行った。今開催しているのは「田淵安一 知られざる世界」。フランスでの爽やかな樹のシリーズ、激しい色調の激流や火山のシリーズで少し気持ちを休めることが出来た。
美術館脇の池の佇まいも、気品に満ちたハスの姿に、心休まるものがあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/01/2014

カワセミのホバリング

20140831_163909

20140831_163843 昨日午後、柏尾川の畔を歩いていたら、カワセミがホバリングをして、そこからダイビングする姿が何回か見られた。5~6メートルの高さから、ほぼ垂直に急降下して川面に小さな波紋を残して潜っていく。ダイビングをする姿は撮りようも無かったが、下の写真では、ホバリングしている姿を見ているような、もう1羽のカワセミが居た。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2014 | Main | October 2014 »