« July 2014 | Main | September 2014 »

08/31/2014

坂道の上で

20140831_173501
 日本列島上に長い前線が停滞して、すっきりしない日が続いていた。明日はまた暑くなるのだろうか?それとも、このまま秋か?
 坂道を上り詰めて、感じる風は心地よげだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2014

擁壁の百合



もう秋の長雨シーズンかと思うような天気が続いている。ふと、気がついたら、隣家の擁壁の隙間に、百合の蕾が大きくなっていた。擁壁の上に白百合が何本か咲いていたので、そのこぼれ種なのだろう。少し前までは、何かの雑草だと思っていたのだが、蕾が大きくなって、やっと白百合とわかった。
擁壁の隙間で、よく伸びてきたものだと思う。あまり丈は伸びそうにないが、しっかり咲いてくれたら嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2014

滑川・夷堂橋で

20140825_155025

20140825_154855

20140825_155006 鎌倉の川と言えば滑川。巨大な谷戸と言っても良い鎌倉市街地を縦断するように蛇行しながら流れている。そして、流域ごとに様々な呼び方があるようだ。鎌倉駅前に近い本覚寺山門には大きなえびす神の提灯が掲げられていた。この前が夷堂橋だ。橋のたもとに昭和7年の案内石碑があって、橋名の由来や、滑川の様々な呼称を説明している。読みやすいように句読点を入れたり、一部仮名遣いを変えたりしたが、次のような内容だ。
「夷堂橋
 鎌倉十橋の一にしてこの辺りは往昔夷堂ありしという。この川は、上流にて胡桃川と云い、浄妙寺前に至り滑川の名あり。文覚屋敷と伝えられる辺りは宝禅川と唱え、この辺りは夷堂川と呼び、延命寺の傍らより「すみうり川」と名づけ、閻魔堂址の辺りにては閻魔川という。 昭和7年3月建 鎌倉町青年団」20140825_155107 鎌倉の人たちが滑川や、様々な史跡と関わりながら、どんな風に暮らしてきたのか垣間見られるようで、面白い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/27/2014

比企ヶ谷・妙本寺で

20140825_160534

20140825_160826

20140825_161123 妙本寺は、日蓮宗最古の寺院・本山だが、鎌倉幕府二代将軍の後継を巡って北条氏に滅ぼされた比企一族を弔う寺院でもある。朱色の二天門くぐり祖師堂へ向かう右手に比企一族の墓所がある。その奥祖師堂の横には、林不忘のペンネームで丹下左膳を書いた長谷川海太郎の墓もある。20140825_155428 朱色の二天門にかかる緑の紅葉にも栄枯盛衰を感じさせられるが、黒い方丈門脇の百日紅の花にも心を揺さぶられる感じがする。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

08/26/2014

おんめさまの秋明菊

20140825_163806

20140825_164301

20140825_164410 「おんめさま」鎌倉駅前にある安産祈願のお寺で、大巧寺が正式名称だ。そして、本堂は駅とは反対側の小町大路側に向いている。若宮大路側には朱塗りの門があり、石畳の参道周囲に様々な草花があって奥ゆかしいが、こちらは裏門だ。今、秋明菊が境内のそちこちで花開いていて美しい。ふつうはもう少し遅いと思うのだが、ここは特別早く昨秋名義区なのだろうか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/25/2014

ムベまたはアケビの実

20140821_161458

20130410_152201
 ムベとアケビの違いはよく分からない。関東ではアケビという呼称の方が一般的だと思うが、図鑑などではムベという呼び方が正しいような気がする。それはとにかく、まだやっと夏の終わりという時期なのに、ご近所ではムベだかアケビだかの実がなっている。まだ青いままだが、あと1ヶ月もすれば熟して紫っぽい色になるのだろう。花の咲くのは4月頃(下の写真)で、熟すのに花から半年もかかるわけだ。
 ともあれ、長い夏もどうやら秋の気配が忍び寄ってきているらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/24/2014

辨天橋-大岡川

20140822_160451

20140822_160419

20140822_160613 大岡川河口にあたる新港埠頭脇の辨天橋。ここから下流北中橋にかけてデッキ風の設えられた遊歩道があり、かつての荷揚げ場などの遺構が保存されている。できの上から辨天橋の下をのぞき込むと、そこには港町13番地の面影がそこはかとなく漂っているようだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/23/2014

火焔のジャグラー





夏休みも大分終わりに近づいてきた。MM地区では、そんな夏の終わりをもっと楽しもうという人たちで賑わっていた。
ドックヤードガーデン脇では、火焔のジャグラーがパフォーマンスをしていた。もう思い切り熱い方が爽快な気分になれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/22/2014

大原隧道で

20140821_165840

20140821_170105
 朝晩少しは涼しくなったような気もするが、日中の蒸し暑さは耐えがたい。南区の南太田と保土ケ谷区の岩井町を結ぶ大原隧道は、全長254メートルの水道施設・人道トンネルで、中に入ると井戸の中に入ったように涼しい。

20140821_170952

20140821_170842
 大原隧道の上は清水ヶ丘公園で、真夏の夕方近く、野球場の芝生がまぶしく輝いていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/21/2014

暑さのピーク





西日本の豪雨をよそに、関東地方では日照りが続いている。体感的には、今が暑さのピークのように感じられる。湿度が高く、日中は息もつけないような暑さの感じがする。
それでも、さすがに空は高くなっている。地上の熱気の名残が白い雲となってたなびき、夕日は微かな残照を残して沈んでしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/20/2014

カモとシラサギ-今井川

20140818_165213

20140818_165316 茶屋町橋の淀みには、水鳥たちがいろいろ集まって共存している。楽園というのは大げさだろうし、国道1号線の真下という環境がそれ程良いはずもないと思う。それでもアオサギ、シラサギ、カモ、セキレイが居て、時には鵜も姿を見せる。この日、シラサギは3羽が一緒に居たのだが、親子ででもあるのだろうか?20140818_165907


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2014

茶屋町橋のアオサギ

20140818_165534

20140818_165509
 茶屋町橋は保土ヶ谷宿の上方の端にあたる。直ぐ脇に一里塚、上方見附も並んでいて、今井川縁の公園の中に跡が残されている。今井川もここから宿場の裏へと蛇行し、淀みには水鳥たちも集まってくるようだ。20140818_165013 1羽のアオサギが住み着いているようで、よく洲の草むらにヒッソリと佇んでいる姿が見られる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2014

地蔵坂上

20140817_180335

20140817_180322

20140817_180239 山手公園脇の桜道をずっと上がっていくと、地蔵坂上交差点に出る。交差点手前左側に地蔵坂公園がある。8月半ば、お盆休みの最後の頃、この辺りの夕暮れはとても静かに息をついている。見上げれば、夕闇の上に白い雲が光っている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/17/2014

夏の花







昨日までとは変わって、朝から霧がかかったような、どんよりした天気だ。昨日までは、夏の強烈な日差しに対抗するように咲いていた花も、ちょっと拍子抜けかと思う。気温はともかく、蒸し暑さはこれまで以上で、花の手入れも能率は上がらない。エルニーニョはもう始まったのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2014

月見橋-派新田間川

20140811_152630

20140811_152715

20140811_153654 金港橋の一つ上流、横浜駅の鉄道直ぐ脇にある橋が月見橋だ。金港ジャンクションの下に埋もれるようになってしまい、ここから月見が出来るような感じはしない。昔は、もっと風情があったのだろうと思う。西区のまとめた「西区の橋」月見橋の項では、架設年が1928年で「わが国の代表的な洋画家・松本竣介(1912-1948)が何作も描き続けた代表作「Y市の橋」のモデルの橋」と書かれていた。多分、松本竣介が描いたのとは変わってしまっているだろうが、そう思ってみるとちょっと楽しい。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

08/15/2014

流れ込む雲



夕方になって強い風が吹き、北西の雲が風に乗って流れ込んできた。

夕方の涼しさに、猫も心地良げだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弘明寺で

20140808_162058

20140808_162855
 弘明寺商店街といえば、昔からアーケードのある横浜市内でも大きな商店街で有名だった。肝心の弘明寺そのものもとても親しみがあって、よく知っているようで、案外知らない。久しぶりに訪れてみて、改めて大きなお寺で、しかも、庶民の信仰を集めているお寺だなと感じた。今も、門前で深々とお辞儀をして商店街に向かう人も多いし、それは若い人もいる。日常生活に根ざした観音堂上なのだろうと思う。
20140808_162713 山門の内側は直ぐに急傾斜の階段で、外部の喧噪を遮断している。山門の外側は、直ぐ弘明寺商店街だ。開創は元正天皇の養老5年(721年)、聖武天皇の天平9年(738年)行基菩薩が当山の霊域を感得し、草庵を開き、観音像を彫って安置したのだそうだ。江戸時代には坂東観音三十三カ所の第14番札所として信仰を集め、年に2回の市が立ち、大変賑わっていたそうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2014

浄智寺で

20140813_160214

20140813_160956

20140813_161536
 浄智寺の布袋尊は、鎌倉江ノ島七福神の一つで、杯を持った洒脱な立ち姿が良い。時々会いに行きたくなる感じだ。

20140813_155350
 鎌倉五山の第四位で、三問はなかなかの古刹の雰囲気を漂わせている。しかし、関東大震災で多くの堂塔が倒壊し、現在の伽藍配置はかなり小規模なものになっているようだ。むしろ、方丈、客殿を中心にして、外側に向けて仏殿がある、不思議な配置といった方が良いかも知れない。方丈越しに見る中庭は、禅宗の庭園として静かな美しさに満ちている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2014

金港橋で

20140811_153555

20140811_153509

20140811_154046 国道1号線金港橋の上空は、首都高速横羽線金港ジャンクションがかかる。下を流れるのは、派新田間川。欄干中央部には、帆船や船具をあしらったモニュメントがあり、金川(神奈川)の港の繁栄を祈っているようだ。小さな橋とも見えるが、鉄道、国道、高速道路という重層的な構造の一端を担い、正に交通の要衝と言える橋でもある。派新田間川のさらに下流が神奈川区金港町で、横浜ベイクォーターがある。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2014

ピカチュウ・シーバスが行く

20140811_154601

20140811_154817

20140811_154938 横浜ベイクォーターのシーバス乗り場に、ピカチュウ大量発生中のラッピング・シーバスが止まっていた。みなとみらいのランドマークタワーで、『ピカチュウわくわく夏休みチュウ!in Landmark』を開催中だそうだ。横浜駅東口でも、ピカチュウのサンバイザーを付けた子どもたちを見かけた。ブルーに黄色ピカチュウのラッピングは、なかなか新鮮で良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2014

平沼のガスタンク





帷子川沿いにある平沼のガスタンク、正しくはガスホルダーというそうだ。横浜市全域への都市ガス供給基地といった位置付けらしい。昔は、都市のランドマークでもあったはずだが、今は、集合住宅やビルに囲まれて、ちょっと埋もれた感じもある。
かつて高嶋嘉右衛門が私財を投じて、我が国初のガス会社を作り、ガス灯の普及に貢献した、そんな由緒を引継いでいる場所だという。
帷子川にはガス専用橋もかかり、こちら側から見る姿は、なかなか威容に満ちている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2014

大岡川で

20140808_163739

20140808_164020

20140808_164541 弘明寺から蒔田にかけて、大岡川の両岸に桜並木が続いている。桜の葉陰を進んでくるカモの作る水切りの波が気持ちよい感じだ。
 弘岡橋近くの桜の枝にはアオサギが住み着いて、夕方5時過ぎには水上に張りだした桜の奥から川面を眺めていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2014

護岸の鵜-帷子川

20140806_160419

20140806_160505

20140806_155731 帷子川は尾張屋橋を過ぎて、石崎川が別れ、そしてこの辺りで新田間川が別れる。この一帯、江戸時代前半は海だった。川幅も広くなり、高い護岸が築かれている。20140806_160233 その護岸の裾に鵜が7羽勢揃いし、風に吹かれて川面を眺めていた。川面では、かなり大きなボラがしきりと跳ねていたが、鵜達は動き出す気配もない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2014

ヒマワリと秋の空



環境活動支援センター畑の縁に並ぶヒマワリは夏の風物だが、その上の空には秋めいた白い雲が流れる。


坂の上を見上げると、西日をいっぱいに浴びた自動車が影絵となって浮かぶ。その上の雲は、やはり鰯雲のようだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

立秋の夕焼け富士

20140807_184249
 連日記録を更新するような暑さだが、朝晩の涼風はちょっと悪くない。東戸塚からも、富士山が大分すっきりと見えるようになった。上空では、確実に季節が移っているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2014

藤江橋~夏~

20140806_160744
 緑の川面に赤い欄干がワンポイントとなって目に飛び込んでくる。藤江橋は帷子川から別れた新田間川2本目の橋。元々この辺りは旧東海道芝生脇の浅い海を埋め立てたところだそうだ。橋の名前は、天明6年(1786年)に周辺を埋め立てた藤江茂右衛門に由来しているという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/06/2014

ハゼランとネコジャラシ



連日今年最高の暑さを更新している。草花には厳しい季節だ。ハゼランがネコジャラシの穂を取り囲むように咲きだした。我が家の夏の彩り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2014

ハグロトンボの季節-平戸永谷川

20140803_173128

20140803_173225
 川面を黒っぽいものがチロチロと動いている。ハグロトンボがいると思って動きを追いかけた。よく見ると、合わせて10匹弱ぐらいの数が確認できた。
 東戸塚を流れる川では、ハグロトンボをよく見かける。20140803_173405 夏の夕方、川面で飛び交うハグロトンボはちょっと涼しげで良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2014

水路の白鷺

20140803_172342

20140803_172543

20140803_172546 国道1号方面から平戸永谷川に流れ込む水路に、2羽の白鷺が居た。こんな至近距離で2羽が寛いでいるのは珍しいと思う。やがて1羽が飛び立つと、直ぐ後を追うようにもう1羽も飛んでいった。
20140803_171914 夏の夕暮れの静かな一時だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/03/2014

キセキレイ-今井川

20140726_164120

20140726_164133
 梅雨明けの今井川で、キセキレイを見かけた。セキレイは何時でも見られるのだが、キセキレイは若干珍しい。この日のキセキレイは、かなりゆっくり川中の石に止まっていたので、ラッキーだった。強い夏の日差しで、顔の辺りは色が飛んでしまっているが、翼の模様は何とか撮れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2014

みなとみらい大橋から

20140729_135358

20140729_135251
 帷子川と帷子川分水路が合流するところに、みなとみらい大橋が架かっている。夏真っ盛りのみなとみらい大橋は、スポーツが似合いそうな感じだ。自転車で行く人の背中がみるみる小さくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2014

マリノスタウンが見える

20140729_135417

20140729_140432
 横浜駅東口からそごうのビルを海側に抜けると、ほぼ正面に、みなとみらい大橋越しにマリノスタウンが見える。そのみなとみらい大橋を、マリノスの広告カーがゆっくりと走っていく。真夏の昼下がり。別に幻想でもなく、動画のコマーシャルのような風景が流れている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »