« June 2014 | Main | August 2014 »

07/31/2014

筋雲の夕焼け



朝晩は気持ちの良い風が吹く。暑かった日の夕方吹く風は生き返るような気がする。筋雲は秋の雲ではなかったか?落日を軸に、渦を巻くような雲が面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東慶寺で(2)

20140729_151923
 墓園から本堂の方を振り返ってみると、かなりの深山に踏み込んだような気がする。夏木立に響く蝉の声にはもうヒグラシの声が聞こえた。

20140729_145154


20140729_145244
 本堂門前の四賀光子歌碑、柳の下の石塔が夏の日差しを浴びながらも、涼しげに見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/30/2014

夕空やや涼しげに



日中の暑さはともかく、朝夕は風もあって、何処と無く涼しげだ。夕焼けも、筋のような雲が流れて、薄ぼんやりしている。


東の空を振り返ると、まだ青い空に、ちょっと秋めいた雲が漂っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東慶寺で

20140729_145418

20140729_145206
 久しぶりに東慶寺宝蔵を訪ねた。撮影禁止で写真は撮れないのだが、関東大震災頃の住職禅忠師の僧坊の生活を描いた水墨画の展示が良かった。
20140729_152433 花は、桔梗がもう盛りを過ぎたようで、撫子が一目に付いた。帰りがけ、門を出た脇に小さな水色の紫陽花に気がついたが、名残の紫陽花とでもいうべきか、心惹かれる風情だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/29/2014

水神様-果樹の里

20140728_165612


20140728_165648
 旧東海道品濃坂手前から平戸果樹の里の坂をずっと下ってくると、右手に祠があり、その後ろに屋根の形をした井戸がある。井戸の中には錦鯉がゆったりと泳いでいた。
20140728_165712 手前の祠は道祖神のようにも見えるが、井戸を守る水神様のようでもある。それとも、井戸そのものが水神様か?特に説明書きはないが、ヒッソリとした、里の守り神の一つには違いないだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/28/2014

白鷺舞う

20140726_164924

20140726_165115

20140726_165125 保土ヶ谷橋近くの今井川は、水量はそれ程多くないように見えるが、小魚は豊富なようだ。1羽の白鷺が、活発に動いて餌採りをしていた。狩猟のダンスとでもいうのだろうか?真夏の空を写した川面に、華やかな白が目にしみる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/27/2014

雷雲がやってきた




3時半、東戸塚上空に黒雲が垂れ込め、4時、突然激しい雨が降ってきた。雷も鳴っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の親子ガモ-今井川

20140726_164955

20140726_165522

20140726_165308 旧保土ヶ谷宿脇本陣の裏、八幡橋近くに、まだ子育て中のカモがいた。雛は1羽だけ。かなり大きくはなっているが、無心に藻をつついたり、緩い流れに流されたりと、如何にも子どもという感じだった。近くには白鷺も居て、カモの親子に関心がないのかあるのか、じっと佇んでいた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/26/2014

商店街の縁日で





昔、境木の立場があって賑わっていた。今、月の最終金曜日夕方は、商店街の縁日があって賑わう。特に夏休みの子どもたちには楽しい。


商店街のお店も特設の屋台を出して、トウモロコシを焼いたり、出来たて惣菜を売ったりしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/25/2014

黒門と花

20140720_172510

20140720_172519
 旧東海道品濃坂から国道1号線へと向かう途中にガッシリとした門構えの家がある。造園関係あるいは花作りの仕事をしているのか、黒門の前にきれいな鉢花を並べている。今は、自動車一方通行でバスがやっと通っているような狭い道だが、ここも旧東海道。昔なら、権太坂から品濃坂に至る山道を抜けて、道行く旅人がほっと一息付ける場所だ。今も、黒門を背景に飾り付けられた花を見て足を止める人は多いだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/24/2014

トケイソウ-夏のクレマチス

20140716_154353

20140723_163738

20140723_163435 梅雨明けと共に寝苦しい熱帯夜が続いている。何だか朝からかったるい。それはともかく、今の時季に元気に咲いているクレマチスといえばトケイソウだろう。ご近所では、ちょっと薄い色合いのトケイソウが咲いていた。我が家ではクレマチスの二番花が結構元気に咲いている。朝の水やりでほっと一息付ける感じだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/23/2014

高速道路の上に

20140718_170426

20140718_170342
 高速道路横羽線生麦ランプの上に新しい高速道路の一部が立ち上がっていた。右手にも巨大な工場のような橋脚が建っている。第3京浜港北インターから生麦に至る環状北線の出口だという。第3京浜から東名高速道路に至る横浜環状北西線につながる。港から東名に出て行く正に大動脈が出来ることになりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/22/2014

ノカンゾウの咲く小径

20140720_170912

20140720_170604
 平戸永谷川の畔で、ノカンゾウが群れて咲いていた。ゆり科の花で別名ワスレグサ。漢字は野萱草。葉の形から萱という字が入っているようだ。
20140720_170925 百合らしい形の花もあれば、ちょっと丸っこく咲いている花もある。庶民的ともいえるだろうか、親しみやすい感じの花だ。小径の傍らにまとまって咲いていると、どことなく懐かしい気分になる。関東地方もどうやら梅雨が明けたらしい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/21/2014

子ども植物園で

20140720_154926

20140720_155524
 梅雨から夏へ移っていく中で、真っ盛りとは言えないが、バラ園がきれいだ。


20140720_160314


20140720_161013
 百合やアジサイ、桔梗、その他の花もあちこちで咲いていて、散策しながら、ちょっとした発見の喜びを味わえる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

07/19/2014

生麦神明社縁台の猫



6月第一日曜日には横浜市指定無形民俗文化財「蛇も蚊も」の行事が行われる生麦神明社。社殿は簡素で、梅雨っぽい曇り空の下では、猫にとって気持ちの良いくつろぎ場所のようだ。




鳥居の右手には、ちょっと立派な石塔群がある。中央は阿弥陀仏なのだろうか?足下には3ザルが彫られていて普通は不動明王ではないかと思うのだが、ちょっと不思議な感じのする石塔群だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/18/2014

路上の絵



今井川畔の道を歩いていたら、路上にチョークで描いたような絵があった。最近の子どもも、道路にこんな絵を描いて遊んでいるのかと思ったが、子どもの絵ではなさそうだ。人の形が描かれている手の下には水掻きらしい絵が添えてある。どうやら河童のようだ。なかなかよくできているなと感心した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/17/2014

梅雨は明けたよね-柏尾川のアオサギ

20140716_164624

20140716_164712

20140716_165130 九州の梅雨明けが発表された。関東地方も明けているだろうと、誰もが思っている。この季節、柏尾川の水量も豊で、アオサギも一段と優雅な感じだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2014

クレマチスの二番花

20140715_112535

20140715_112655

20140715_112502

20140715_112635 二番花は一回り小さく、花数も少ないことが多い。一輪だけ、普通と同じくらいの大きさに開いたのが嬉しかった。開き初めから少しずつ、おずおずと大きくなっていくような気がした。暑い日が続くので、今は沢山咲くことは期待できないが、また、秋が楽しみだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2014

梅雨の夕焼け



梅雨の夕焼けは、複雑に雲が重なり合い、さらにちぎれた流れ雲があったり、時として、とても壮観になる。13日夕方は、そんな空だった。かなり黒雲も厚く、流れ雲も多かったのだが、翌日はやはり晴れて暑かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/14/2014

ゆりの花

20140712_173518

20140712_174715
 保土ケ谷区の環境活動支援センターでは、あちこち、ヤマユリや、その他のゆりが数多く咲いている。種類によってはもう終わってしまったものもあるだろうが、鬱陶しい空模様が続く時、白百合のすがすがしさには癒やされる気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2014

タイワンリス-児童遊園地

20140712_172336

20140712_172232

20140712_171558 児童遊園地の梅林脇で、頭上からリスの声が雨の降るように聞こえてくる。ずいぶん数が増えてきているようだ。結構地上にも降りてくる。人に慣れているというほどではないようだが、あまり恐れる気配は感じられない。天敵がいるわけでもないし、どちらかというと、自分の天下とでも思っているのだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/12/2014

シーバス-横浜駅東口

20140708_160144

20140708_160501
 横浜駅東口からそごうデパートを抜けると、帷子川と帷子川分水路の合流点になる。分水路側に横浜ベイクォーターがあり、シーバス乗り場がある。合流点で、桟橋に向けて大きく回転するシーバスの姿は結構迫力がある。合流点上をポートサイド地区とみなとみらいを結ぶ「みなとみらい大橋」がかかり、その向こうにマリノスタウンや中央卸売市場、大黒ふ頭の風力発電施設などが重なって見える。夏らしい雰囲気になってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/11/2014

ようやくの台風一過

20140711_102323

20140711_092213
 東戸塚から見る富士山は雲の中という感じだが、向日葵の上には青空が広がり、まずまずの台風一過になった。午後は、また不安定な天候になりそうな予報だが、取りあえず一安心だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風8号は去った?

20140711_062510
 動きも、勢力もはっきりしない台風8号は、午前5時過ぎに千葉県富津に再上陸したそうだ。今頃はまた茨城沖の海上に出ているのだろうか?東戸塚辺りは、うっすらと霧に包まれたような感じで、風もない。小鳥の声で目を覚ましたが、どうも台風一過という気分でもなさそうだ。事前には、50年ぶりという超大型台風という触れ込みだったと思うが、狐につままれたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/10/2014

浜松町交差点で

20140708_170417
 国道1号線と16号線が交差する浜松町交差点。この16号線、かつては開港場と相模原、八王子方面を直結する大動脈でもあった。交通の要衝として、今も、人による交通整理の台がモニュメントのように残されている。夏草も生え、環境は厳しい。しかし、3年前には、計画停電で主要道路でも信号が点かなくなることもあった。やはり、いざという時に備えておくことは重要だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/09/2014

石崎川で

20140708_165855

20140708_165905
 石崎川は、相鉄線西横浜駅の辺りで帷子川から別れ、平沼、戸部といったかつての繁華街の間を抜けて、また、帷子川に合流していく。一頃は、船を使って荷物・資材を運んでくることが多かったのか、護岸には、船を係留する設備などの跡が多い。要橋の近くでは、夕日が係留設備にスポットをあてて浮かび上がらせていた。錆びついた鉄のフックは雑草を飾りにして、かつての栄光を懐かしんでいるように見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/08/2014

MM帷子川沿いで



横浜三井ビルディング公開空地の林には、船のシルエット形状のモニュメントがある。よく見ると、裾の方が、小さなベンチにもなっているようだ。

帷子川河口に沿って遊歩道ができている。ずっと先まで行けば、高島水際線公園になる。洒落た感じの紫陽花越しに、ポートサイドのビル群が見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/07/2014

花壇の彩り

20140707_172153

20140707_172247

20140707_172143
 夕方、環境活動支援センターまで散歩に行った。七夕とか言っても、梅雨のまっただ中では星の見えるわけもなく、鬱陶しさを払うには花壇でも見学する方が良い。ちょうど、いろいろな形に色分けした花壇が作られていて楽しい。背景となる生け垣も、赤紫の部分や黄緑、濃い緑と色分けされて、歌舞伎の舞台のような感じもする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/06/2014

久々、快晴の朝



梅雨空がようやく一区切りか、今朝は快晴。鉢植えの花も気持ち良さそうだ。




クレマチスの二番花も、小さいながら、ポツポツ咲いている。

今日は暑くなりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2014

神奈川宿宗興寺

20140628_140951

20140628_140753 石の門柱越しに見ると、禅宗のお寺とは思えないような建物が並んでいる。神奈川宿には、開港時の諸外国公館があちこちにある。この宗興寺は、アメリカ人宣教師ヘボン博士が開港時に療養所を開いていたところだそうだ。
 右手脇に回ると、徳川将軍にお茶の水を供したという「神奈川の大井戸」が残されている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/04/2014

ヘクソカズラ

20140704_103349


20140704_103413
 梅雨の曇り空のもとで、ヘクソカズラの花が咲いていた。漢字では「屁糞蔓」だそうで、茎や葉をもむと悪臭がするからだそうだ。悪臭がするので馬が食わない「馬食わず」とか、花の内側の茶色がお灸の痕野帳に見えることから「灸(やいと)花」といった別名がある。白っぽい、単純な筒状の花だが、梅雨空に垂れ下がって咲いている姿は、案外可愛らしい。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

07/03/2014

手水の小僧がうらやましい-境木地蔵尊

20140702_164956

20140702_164726

20140702_164552 蒸し暑い日が続いている。昨日は午後から晴れて、堪えようのない真夏日になった。境木地蔵尊境内の手水には小僧が湯浴みしている像がある。よく見ると、ワンカップのコップが涼しげに添えられていた。20140702_164742_2 本堂脇のアジサイもまだまだ盛りで、門前にはゆりの花が咲いている。暑い日に訪れれば、それだけで延命地蔵の御利益にあずかれた気がする。20140702_164444


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/02/2014

ツバメがカラスを攻撃

20140701_162811

20140701_162806

20140701_162443 今井川のほとりを歩いていたとき、激しく鳴き交わす小鳥の声が聞こえた。見上げると、緑の屋根の上で1羽のカラスが身を伏せるような仕種をしている。2羽のツバメが執拗にカラスの頭辺りを狙って攻撃を繰り返していた。巣を壊されたり、雛を狙われたりすることの多いカラスを何とか追い払おうとしていたのだと思う。見た目に、10倍ぐらいの大きさの的に果敢に向かっていく親鳥の健気さに驚かされた。
 梅雨のすっきりしない空模様だが、遠くには入道雲が盛り上がって見えた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2014

保土ヶ谷公園で

20140629_151712

20140629_151623

20140629_151735 空梅雨なのか、このまますっきりしない梅雨空が続くのか分からないが、銀杏並木下のアジサイは濃い紫色で良い。木陰のスロープは、自転車で下っていくのには快適だろう。ゆっくり上って行けば、年配者にも適度な運動になる散歩道だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2014 | Main | August 2014 »