« November 2013 | Main | January 2014 »

12/31/2013

いつの間にか大晦日

20131230_133928
 歳末、寒さは厳しいものの穏やかな日が続いている。昨日は午後から薄雲が出て、東戸塚から見る富士山もややぼんやりと霞んでしまった。でも、このままのんびりと新年を迎えられれば幸せだなと思う。ロシアでは、オリンピック開催反対のテロが激しさを増しているようで心配だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/30/2013

神奈川公園、歳末の静けさ

20131228_140405

20131228_140435

20131228_140619 国道1号線から中央卸売市場へ入っていく角にある神奈川公園。市場もそろそろ終わの休日、歳末にしては静かな気配が漂っている。国道1号線も反って閑散とした光に満ちている。
 この頃の歳末は、一頃ほどの喧噪はないようだ。得てして、エアポケットのような静寂があちこちに出来るものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/29/2013

フェニックス-元街で

20131228_131852

20131228_131911

20131228_131817 元街商店街の入り口ゲートにはフェニックスが羽ばたいている。昔の市電通りにはまだ銀杏が黄金色に輝いていた。クリスマスも過ぎ、新年まで後わずか。肌を刺す寒気の中で、むしろ、辺りの輝きが増しているようだ。フェニックスも、寒空を切って悠々と飛び立っていこうとしているように見える。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/28/2013

カモメ-万代橋

20131228_135418_2

20131228_135510
 万代橋は中央卸売市場に渡る橋だ。川は滝の川。すっかり冷え込んだ歳末の日、欄干にカモメが一羽人を恐れるでもなく、陽を浴びてとまっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/27/2013

気象観測所

20131223_164541
 東戸塚の住宅地の中に、民間企業の気象観測所がある。歳末の夕方、強風が吹き荒れることもなく、寒さは寒いがどことなく静かな空気感が好きだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/26/2013

柿にメジロ

20131225_131745
 渋柿も食べ頃になったようだ。椋鳥、ヒヨドリ、メジロ、雀、シジュウカラがやって来るが、それぞれ時間帯がちょっとずつずれているようでもある。今は、メジロたちの時間か、20131225_153331椋鳥はちょっと遠慮して席を外しているようだった。
 これから正月にかけて、この柿は鳥たちの冬のレストランの役割を果たす。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/25/2013

唐辛子の赤

20131224_135836
 今は空き地の庭の片隅に、見事な唐辛子がなっていた。もう茎は枯れていて、スペイン料理店なんかに飾られているのと同じように、ちょっと縮れて下がっている。冬の日差しに、赤というより朱色が見事だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/24/2013

環状2号線の灯

20131223_174719

20131223_174736
 環状2号線東戸塚から磯子へ向けて、平戸立体を過ぎて緩くカーブしながら下永谷へと下っていく。列をなす車両のライトがイルミネーションのように、盛り上がって見える。横浜の主要な動脈として、夢のある道路になっているのが分かる光だ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/23/2013

輝く丹沢の山並み

20131222_083050
 冬至の日、寒さは一段と厳しいがよく晴れた。ご近所の坂の上から西を見ると、丹沢の山並みが雪化粧美しく輝いているようだ。東戸塚というより、どこか遠くの山国に行ったような気がする。(iPod touchで撮った写真を、少し調整してアップしました。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/22/2013

墨絵の空

20131221_164817


20131221_170441
 師走も半ばを過ぎ、この時季夕刻の空気感はとても静寂だ。東戸塚の空には、墨をただ何となく流したような雲が漂っていた。ようやく5時を過ぎて、日没後の空を背景にイルミネーションが浮かび上がるのも、どことなく五十三次の浮世絵っぽい感じで面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/21/2013

はしご乗りのサンタ

20131220_101637

20131220_111109
 住宅地でも冬のイルミネーションは盛んだ。そのため庭にツリーを植えて飾り付けをしている人もいる。最近のはやりは、縄ばしごをよじ登るサンタらしい。サンタはトナカイの橇で空からやって来るはずだったが、屋内に入るべき暖炉の煙突がないから仕方がないということか?プレゼントを枕元の靴下に入れるのは、やはり親の仕事になるのはやむを得ない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

12/20/2013

雨の滝の橋

20131219_154743

20131219_154846

20131219_154528 このところ雨が降り続いている。師走の冷たい雨だ。旧神奈川宿本陣があった滝の橋あたりは、川辺に遊歩道が作られている。静かに降る雨に親子の傘は楽しげだ。カモたちは、遊歩道を歩く人の姿を追ってくる。水鳥も雨の日はちょっと物憂げだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/19/2013

江ノ電鎌倉駅

20131211_153450

20131211_153521

20131211_141152 江ノ電鎌倉駅では、終点のストッパーにもクリスマスの飾り付けがしてあった。トナカイは小太りのようで、ちょっと雰囲気が違うような気もするが、何かの置物を有効活用しているようだ。
 売店や江ノ電グッズ売り場が改修されたこともあるが、全体に綺麗になったように感じる。一方で、古代米の「江の田」も踏切の遮断ポールを活用した稲架や案山子が観光客の人気を集めていた。楽しい工夫があちこちに見られる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/18/2013

昭和日本のテニスラケット

20131216_151808
 横浜山手テニス発祥記念館で、新しい展示コーナーを企画中です。先日、展示用のパーテーションを設置して、取りあえず昭和年代の木製ラケットを架けてみました。1月に入ったら、表題のような内容の展示にするつもりです。軟式テニスラケットがあるのも、日本のラケットの大きな特色ですね。コーナーのスペースは大きくありませんが、昔の人がとても大事にしていたラケットへの思いを、少しでも伝えられればと考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/17/2013

東戸塚の夕焼け富士

20131215_163233
 このところ晴天が続いていたが、明日辺りから天気が崩れてくるようだ。空気もかなり冷えてきて、いつ雪が降ってもおかしくない感じがする。その分、夕焼け空が美しい。一昨日、旧東海道品濃坂から東戸塚の夕焼け空をパノラマで撮ってみた。(iPod touch) 江戸時代の面影は微塵もないが、晩秋の夕空の凄さは変わらないだろう。
20131215_162859 同じiPod touchで、同じ場所から普通に撮った富士山。ここから戸塚宿まで、急ぎ足でも1時間半ぐらいか?夕方この富士を見たら、後は脇目も振らずに急がなければと思うに違いない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/16/2013

境木ふれあい樹林で

20131215_160018

20131215_160004
 境木地蔵尊の裏山一帯は境木ふれあい樹林として公園になっている。中央部分には小さな祠があって、狐の代わりに、ネコがお使いのような顔をして座っていた。20131215_160214 静かな雑木林の雰囲気で、時折犬を連れて散歩に来ている人とすれ違ったりする。適当なアップダウンがあって、軽い運動には好適と言えるだろう。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

12/15/2013

大岡川「光のぷろむなぁど」

20131214_165823

20131214_165802

20131214_170222

20131214_170943
 蒔田公園で「大岡川光のぷろむなぁど」をやっているというので、夕方立ち寄ってみた。中学生のブラスバンド演奏は「あまちゃん」のテーマソングで始まり、大岡川上を走る高速道路を背景に、なかなかの盛り上がりだった。今日15日もあるそうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/14/2013

御霊神社で

20131211_151547

20131211_151702
 御霊神社の前を江ノ電が通っている。よく写真に撮られる場所だが、今、小振りのハゼノキが彩りを添えている。20131211_151611 社殿は大きな銀杏軒の下で、静かに、厳粛な感じだった。9月の奇祭、面掛け行列で有名だが、かつては演芸の守護神でもあったのだろう。この時季はただ静かな境内に心安まる思いがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/13/2013

丘の上の家に月

Rimg0001

Rimg0010
 橫浜は山坂の多い町だ。まだ、午後4時前ふと見上げると、丘の上の家が澄んだ青空に映えていた。そして、上空には半月がくっきりとかかっていた。
 30分もたたないうちに裕也かゾラが広がり、冷たい風に吹きあおられた富士山には雲が被さり、明日の寒さを告知しているようだ。

| | Comments (187) | TrackBack (0)

キツツキ

20131212_130614

20131212_130556
 山手公園の一角で、木をたたく音が続いているのに気がついて見上げてみたらコゲラがいた。ずっと移動しないで木をつつき続けている。もうかなり彫り込んでいるようだった。時々首を突っ込んでいるのは、内装を確認してるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/12/2013

由比ヶ浜風強く

20131211_144136

20131211_150549

20131211_143846
 通り過ぎた低気圧の吹き返しだろうか?由比ヶ浜はほぼ吹き荒れた感じだった。20131211_142519 沖合にはうっすらと大島や伊豆半島が見える。かなり寒かったけれど、サーファーには絶好の日和なのかも知れない。見ている者には十分厳しいのだが、彼らにはもう少し大きな波が必要なのだろう。波に乗る人よりも、待っている人の方が多いような気もした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/11/2013

寿福寺で

昨日低気圧が抜けて、今日はもう少し良い天気になるかと思ったが、そうでもなかった。

今日は風が強くて、強い寒気が入って来ているようだ。寿福寺では参道の紅葉がまだ残っていた。谷戸に包まれているので、風当たりが少し和らぐのだろう。(この投稿はiPod touchから、試しにやってみました。写真もiPod taouchで撮っています。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/10/2013

気象変化のフィナーレ

Rimg0009
 朝6時頃から雨が降り始め、昼前には雷も鳴っていた。昼過ぎに良い天気になったと思ったら、3時頃にはまた曇り、その上に、激しい雹まで降ってきた。4時半頃の西の空は、夕日の残照と、様々な雲が織りなす、フィナーレの緞帳が下りたようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いっとき避難場所

20131210_083933
 今日は朝から久しぶりの雨だ。時折雷も鳴っている。このところ乾燥が激しいので、草花にとっては良いお湿りかも知れない。
 朝ゴミ出しのの時に気がついたのだが、町内に新しい「いっとき避難場所」の看板が出ていた。町内美化の草花プランターの交換と一緒に立てたものらしい。ここは、以前牧場をやっていて、今は広い駐車場スペースになっている。少し咲には蒔田野桜があって、季節折々の花と一緒に、よく写真を撮らせてもらっている。災害はいつ起こるか分からないが、一時避難場所にも豊かに花が有るのはいいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/09/2013

昔市電が通っていた

20131208_155550

20131208_155608
 麦田町から山手隧道を抜けて元町、石川町方面へ歩いた。広い通りは昔市電が通っていたいたところだが、こんなに大きな銀杏の木が並んでいるのには気がつかなかった。見上げると、街灯から「リセンヌ小路」というバナーが下がっていた。この角から左に曲がった小さな道がリセンヌ小道で、女学生がおおぜい通う道ということから命名されたそうだ。バナーから感じるよりもずっと昔風な小路だ。20131208_155742 昔市電が通っていた頃は元町も、石川町もこの辺りが正面玄関の雰囲気だったのだろう。そんな意気込みが、今も色濃く残っているような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/08/2013

山手隧道・秋色

20131208_154745
 崖上の黄葉がトンネル内のオレンジ色の照明とマッチして綺麗に見える。灰色の石積みが、古寂びた年代の重さを感じさせる。一皮むけば、生き生きとした動脈の鼓動が溢れだしてくるようだ。速度制限の50の文字が、ちょっと寂しげに浮かび上がっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/07/2013

師走の狂騒は知らないが

20131206_105543 アリッサムの上にツタの葉が1枚落ちていた。如何にも冬が来たという彩りだ。
 昨日の朝はネルソン・マンデラ氏逝去のニュースが流れ、深夜には特定秘密保護法が参院本会議で可決成立したそうだ。日本の政治に期待感を失って久しいが、この師走は、時の変遷を感じざるを得ないようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/06/2013

街灯上の亀

20131202_162005
 師走始めの夕日を浴びて高速道路がほのかに浮かび上がる。その上空に透かし彫りの亀が泳いでいた。国道1号線を始め、旧神奈川宿周辺では波のパターンと亀のマークが至る所にある。神奈川宿直ぐ裏には浦島伝説の慶雲寺があり、この辺り一帯が浦島伝説所縁の地とされている。ちょっと俗を離れて楽しい感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/05/2013

富士のイルミネーション

20131203_170257

20131203_170341
 東戸塚オーロラモール屋上のイルミネーションには、富士山が登場していた。東戸塚環2品濃辺りからは富士山がよく見える。いままでもあったのだろうか?それとも世界遺産登録を記念してなのか?正確には分からないが、結構人気になっていて、子どもたちも楽しんでいるようだった。クリスマスツリーだけだと12月でおしまいかも知れないが、富士山があれば、正月まで大丈夫だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/04/2013

クヌギ林

20131203_135345

20131203_134922
 戸塚区平戸の三王山公園に連なるクヌギ林。師走の日差しをいっぱいに浴びて、ゴージャスに輝いている。ちらほらと紅葉もあって、ほんの直ぐそばまで住宅があるのに、すっかり山奥に入り込んだような気にさせてくれる。
 風もないのに、さらさらと枯れ葉が降ってくる。クヌギ林のささやきに陶然として立ち尽くすのも、心地よい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/03/2013

お帰り、滝の川のカモ

20131202_161531

20131202_161512

20131202_161732 滝の川に、キンクロハジロやホシハジロが集まるシーズンになってきた。もう師走だ。ご近所の人が呼ぶ声に、カモたちも寄ってくる。人とカモとの良い関係ができているようで楽しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/02/2013

イルミネーションの季節

20131201_191449
 あちこちでイルミネーションが輝く季節になってきた。保土ヶ谷の横浜ビジネスパークでは、施設中央のベリーニの丘で、大がかりなクリスマスイルミネーションが設えられていた。池の中には大きなクリスマスツリーのイルミネーションもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/01/2013

洲崎神社で-神奈川宿

20131125_114018
 横浜駅から歩いて15分ぐらい、旧神奈川宿に二つ並んだ本陣を上方方向に少し行った所にある洲崎神社。街中と言っても良い場所なのだが、今でも、昼なお暗き森閑とした境内という趣を留めている。散り敷いた銀杏の葉が金色に輝いて神社の御稜威を物語っているように思える。20131125_114321 参道両側に端座する狛犬の他に、親子で岩山に遊ぶ狛犬家族の像がある。謂われはよく分からないが、何となく微笑ましい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »