« September 2013 | Main | November 2013 »

10/31/2013

住宅地のハロウィン

20131031_165140
 南区六ツ川の住宅地でも、子どもたちがハロウィンの衣装で走り回っていた。夕方、その辺りのカフェレストランで、子どもたちに「ハロウィンの用意がしてあるよ」と看板が出ていた。着実に楽しい行事になりつつあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホウジャクが飛んでいた

20131030_124914

20131030_124951
 ホウジャクはスズメガ科の蛾で昼行性。アメジストセージの蜜を吸いにきていた。姿が蜂に似ているので「蜂雀」というらしい。雀の字が付いているのは蜂鳥のからの連想だろうか?別に日本風の優雅な名前があったと思うけれど、忘れてしまった。例年晩秋にやって来て、ホバリングして蜜を吸う姿で楽しませてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/30/2013

渋柿

20131029_130647
 台風の後、ようやく2日晴れたと思ったら、また雨の一日になってしまった。静かに雨の降る中、葉がほとんど落ちてしまった柿の木の枝に大きな実がなっている。渋柿だから、まだ鳥も食べに来ない。この木は、鳥たちにとって真冬の食糧倉庫のようなものだ。例年、1月まで実が残っていて、ヒヨドリ、椋鳥、メジロ、スズメ、シジュウカラにカラスも加わって賑やかに争奪戦をやっている。それぞれの鳥の時間帯がそれなりにずれていて、ある程度順番待ちをしているようにも見えて、ちょっと面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/29/2013

東戸塚駅夕景

20131028_165627
 日がずいぶん短くなってきた。夕景といっても、まだ5時前だ。西口駅前広場方向からオーロラモール、高層住宅を眺めると、アルミの筐体に入ったパソコンが並んでいるような錯覚に襲われる。手前のショッピングセンターの灯火が、少し人の世界を感じさせるが、この時間ではちょっと賑わいのざわめきにはならないようだ。20131028_160426 オーロラモール屋上広場の常緑樹も、斜めの日差しを受けて、冬の近いことを感じさせる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/28/2013

秋晴れ

20131028_113217

20131028_112615
 昨日、今日と秋晴れの本当に良い天気に恵まれている。アメジストセージに蜂がやって来ていた。一方で、我が家のネコはご近所の日だまりをお借りして日光浴を楽しんでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/27/2013

小さな秋二つ

20131023_134540

20131025_095915
 ムベの実がきれいに色づいていた。側溝脇の石の間には、小さな草がF字を描くようにしてしがみついていた。もう、秋を通り過ぎて冬の準備が始まっている。それにしても、10月はずいぶん沢山の台風がやって来た。27号が抜けて、後は秋晴れと思っていたが、その前、夜中にまた激しく雨が降っていた。10月の降水量はどれ程いっただろうか?また記録的になるのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/26/2013

地震と台風と

20131025_112118

20131025_112227
 かすかな横揺れがしばらく続いた後、かなり強い横揺れが始まった。2時11分宮城県、福島県沖が震源で最大震度4、津波注意報も出ていた。神奈川県東部も震度3だったようだ。東北沖巨大地震の余震だという。日本の南海上には台風27号、28号が並ぶようにして北東へ進んでいるし、天気図では北海道の北に低気圧が二つも並んでいた。日本列島は災害にすっぽりと包まれている感じがする。こんな状況で夜中に避難指示が出ても助からないなと思う。
 秋は深まってきている。広域避難場所案内表示に絡まったツタが色づき始めていて、柿紅葉がきれいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/25/2013

キノコ

20131024_112608
 秋の長雨と言った方が良いのか、鬱陶しい雨模様の天気が続いている。明日は、台風27号が近づいてくるようだ。ご近所の擁壁の上に、小さなキノコが沢山生えていた。ヒトヨタケの仲間だろうか?秋はキノコのシーズンだとは思うが、むしろこのところ天気にぴったりな、侘しげな感じがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/24/2013

大岡川桜川橋で

20131023_150400

20131023_150414
 橋の上から上流日ノ出町方面を見ると、なんだか晩秋かと思うような寒そうな感じがした。かつて大岡川と交差する形で桜川が流れていたそうだ。平沼の方から桜木町辺りにかけての桜川新道は、その川を埋め立てて造られた。大岡川の上には桜川橋が架けられて、その名残を留めている。20131023_150517 桜川橋の吉田町側に小さな赤い建物があって、曇り空の下辺りの雰囲気に彩りを添えていた。号採関係の施設らしい。建物の前に防災自動販売機があった。
 桜モミジの向こう側にボートが静かに係留されていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/23/2013

曇り日山手で

20131022_162749

20131022_162707
 今週はほぼ雲につきまとわれた1週間のようだ。山手の丘の通りは静かに時間が流れて、秋の気配に包まれ始めている。20131022_123835 今度の日曜日にはハロウィンウォークがある。台風27号も関東沖合を通り抜けて、当日はお日様が戻ってきそうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/22/2013

秋色ほのかに

20131022_095503
 このところ台風がやたらと発生して、毎週のようにやってくる。それでも擁壁にかかる山椒は大分色づいてきた。

20131022_112353
 環状2号道路品濃辺りは並木の中に、ポツリポツリと色づいた木が見える。昨日も今日も、いつ雨が降るか分からないような曇り空だ。20131022_113211 坂道を縁取るケヤキの並木は、かつての街道のイメージを伝えるが、もう、ちょっと枯れ葉色になっている。ゆっくり散歩を楽しめるのは、後ほんの少しなのだろう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/21/2013

東戸塚明け方の月

20131021_055035
 昨日は一日雨に降り込められてしまった。どうやら雨は上がったのだが、西北の空にはまた雲が広がり始めている。ほぼ満月の月にまた雲がかかり、風情は最高だが、今日は一日天気が持つのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/20/2013

行き交うシーバス

20131018_154246
 横浜駅東口ポートサイド地区では、狭い航路をシーバスが譲り合って抜けていく光景が見られる。運河の両サイドにビオトープや水際線公園が造られていて、貨物が走る鉄橋もあり、見飽きない風景が構成されていて楽しい。
 ビオトープの上に突きだしたデッキは何のイメージなのかと、ふと思った。運河やビオトープを見るためというのは、昨日として当然だが、船のデッキから眺めるということなのか、桟橋のイメージなのか?まあ、どちらでも良いことだけれど、内側の土手や、波形の石などと併せて、何か物語があるともっと楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/18/2013

名残のコスモス

20131017_113817

20131017_113905
 つい先週まで真夏日があったのだから、名残というにはまだ早いのかも知れない。でもルリタテハがしっかりととまっている様子を見ると、ご近所のコスモスはもうそろそろ終わりなのだろうと思う。日差しのあるときはかなり暖かいが、もう風はかなり冷たい。今年の秋は短いのだそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/17/2013

保土ヶ谷宿場まつり

20131014_155614

20131014_155436

20131014_160036 保土ヶ谷宿場まつりでは、保土ヶ谷宿の模型を中心において昔の写真展コーナーがあったり、NPOのアジアの子ども支援の出店があったりして楽しかった。
 自分自身小さい頃から成人するまで保土ヶ谷宿の西北側丘の上で育ち、小学校1年から3年までは帷子町にあった保土ヶ谷小学校に通ったので、昔の写真展は特に懐かしいものだった。保土ヶ谷駅周辺は、もちろん自分の子どもの頃とはずいぶん変わっているのだが、それでもどこか昭和で時が止まっているような感じがしていた。現実に、自分の父親が若い頃よく立ち寄っていた居酒屋が、昔のまま駅前で健在だったりしている。20131014_160527 そんな街で、商店街の人たちや、NPOや近隣の一体が集まって、いろいろまつりを盛り立てて居たのは嬉しかった。人が集まるパワーってやっぱりすごいのだと思わざるを得ない。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

10/16/2013

西空は晴れたようだが

20131016_164206

20131016_164314
 環境活動支援センターから見た西の空は、黒灰色の雲と丹沢の山並みの間に冷たげな青空が広がり、冬の寒さを予感させるようだった。今年の秋は短いのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風26号

 10年に1度という大規模な台風が、ちょうど9年前に関東に上陸したのと近いコースをたどっている。夜中からずっと雨が激しかったが、午前6時現在風がかなり強くなっている。新島の南南東約60㎞を北上中らしい。今の気温は17℃と、台風が来ているとは思えないくらいに低い。速度は時速60㎞とかなり速くなっているので、このまま上陸はしないで通り抜けていきそうだ。あと、2、3時間の辛抱かな。予報通り通勤、通学時間帯は大変そうだが、首都圏はちゃんと災害回避ができるだろうか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

10/15/2013

仙人草の花

20131014_141632

20131014_141705
 権太坂旧道にある農場のフェンスに仙人草が咲いていた。別名「馬食わず」。有毒で、馬が倒れることから付けられたとか。昔の街道筋にきれいに咲いているのが可笑しい。
20131014_144338 旧保土ヶ谷宿元町の塀に覆い被さっているのもあった。白い花は遠くからもよく目立つ。 
 扁桃炎の薬にもなるそうだ。果実に白いひげ様のものが付いているのを、仙人のひげに見立てて「仙人草」というのだそうだ。クレマチスの仲間のつる性植物。

| | Comments (712) | TrackBack (0)

10/14/2013

遊水池のグランドで

20131013_153605

20131013_153937
 今日は体育の日。このところ快晴で、気温も高めに推移している。昨日、平戸立体下遊水池では、グランドの整備がされていた。芝生が、グリーンの波紋のようにきれいに均されていて美しい。
20131013_154505 となりの草原には、白鷺もやって来ている。ゆっくりした連休の中日だが、直ぐ脇の国道1号線下り方向はかなりの渋滞だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2013

煉瓦の下地にキンモクセイ

20131012_153854_2
 開港場橫浜の洋風建築物は煉瓦を使うのが当たり前だったのだろう、コンクリートに見える擁壁の割れ目から煉瓦がむき出しになっていた。キンモクセイの甘い香りが下地に絡んで昔の思い出を蘇らせくれるようだ。(10月12日橫浜山手で)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/12/2013

案山子の季節-舞岡公園

20131011_152507

20131011_152616
 もう半分ぐらいの田圃は稲が刈り取られて稲架が立っていた。今はもう案山子が主役の季節になっている。
20131011_154944 昔ながらの人間をかたどった案山子も無くはないが、此処ではアニメの主人公やら、妖怪やら、いろいろな案山子が並んでいて、今、案山子まつり人気投票が行われている。投票は10月27日までで、11月23日の収穫祭では、その表彰式が行われるそうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/11/2013

秋の陽を浴びて-アメジストセージ

20131008_112754
 時ならぬ真夏日に、人間は、特にやや年配になってきていると、体調管理に苦しむ状況だ。でも、季節は秋。日差しはそれなりに優しい。アメジストセージが一段と優美な色彩で微笑んでいるようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/10/2013

台風24号が去った後

20131009_172212
 台風24号は9日日本海を北上して温帯低気圧になり、通り過ぎていったようだ。関東地方も、時折強い風が吹き荒れていたが、それよりも暑さが大変だった。新潟では、10月で初めて猛暑日を記録したところもあったようだ。
 そんな日の夕方、夕焼けもどことなく凄さを感じさせるようだった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/09/2013

清水ヶ丘公園

20131008_155134

20131008_161731
 横浜市南区と保土ケ谷区にまたがる丘陵地にある公園は見晴らしが良い。根岸の競馬場から磯子の海まで一望にできる。起伏に富んだ、広大なスポーツ公園でもある。20131008_163633 野球場では、DeNAベイスターズのベスボールスクールが行われていた。優秀なスポーツマンが、小さな子どもたちに、それぞれのスポーツに適した良い手ほどきをしている姿を見るのは楽しい。


| | Comments (15) | TrackBack (0)

10/08/2013

山手の小径で

20131006_155246

 山手は古くからの景観を維持した美しい街並みで知られている。そして、所々にどこへ続いているのか、分からないような小径がある。よくデザインされた板塀の裾にツタが蔓を伸ばし、先端はもう秋色になり始めていた。そしてツタの根元には、いつ捨てられたのか分からない小さな自転車が立てかけられて、ツタに埋もれていた。20131006_154126 別の小径では、訳知り顔のネコが道に出ていた。多分道案内は無理だろうが、何だか辺りの雰囲気にはしっくりと溶け込んでいた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/07/2013

山手公園で

20131006_095148

20131006_095302
 雨上がりの山手公園で、巨木の根っこの大きさに改めて驚かされた。土手をガッシリとつかんで、年月の力を感じさせる。脇の階段を上る人は、別世界の境界に居ることに気がついているだろうか。常緑の木々に囲まれた山手公園では、秋の足取りはやや遅いようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/06/2013

山手のススキ

20131006_154516

20131006_154541
 山手公園麦田側入り口脇の桜道を上って行った先に地蔵坂公園がある。その直ぐ脇で、ススキが夕日に照り映えていた。地蔵の姿があるわけではないが、子どもの横断に注意の道路標識がどこか優しい感じに見えた。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

10/05/2013

雨に降り込められて

 大した雨ではなかったが、1日中降っていた。最近では、どうもこんな天気に弱い。得てして何にもする気が無くなってしまうのだが、今日は前衛芸術家篠原有司男氏のドキュメンタリーを見たりして過ごした。彼は今81歳だそうだが、前衛芸術に意欲を燃やしている人は元気だなと、改めて感心した。
 芸術家というのは、よく周囲の人を巻き込んで、大変な人生を送りがちなものだと思うが、彼の場合は、乃り子夫人とのコンビで乗り越えてきているようだった。成功とか、幸せとかは何処かに忘れて、ただ悪魔に引っ張られてきただけという、彼の心意気にも感動した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/04/2013

秋の色、ハロウィン

20131003_172206


20131003_155717
 ハロウィンは10月31日だが、街中ではもうハロウィンの飾りであふれかえっているような気がする。年々賑やかになってくるようだ。秋は実りの季節だけれど、都市部ではそうした季節感を肌で感じるのは難しい。ハロウィンのセールで感じるしかないのだろう。
 一方、身近なところでキンモクセイがようやく甘い香りを漂わせ始めた。この花の色も、黄色と明るいオレンジの中間みたいな色だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/03/2013

曼珠沙華、雨に打たれて

20131002_110408
 昨日、午前中に台風22号は関東南岸をかすめるようにして北上していった。台風の影響を受けた雨に打たれた曼珠沙華が一段と印象的に、美しく見えた。秋はこれからが本番、彩り豊かな季節の開幕を告げる妖精のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/02/2013

秋のアレルギー終わるか?

 このところ、アレルギーの影響であまり熟睡できないよるが多かった。今朝も目を覚まして直ぐにくしゃみが出たが、その後は割にすっきりしている。血圧を測ってみたら134-75で、少し落ち着いてきた感じだ。先週は上が140を超す日が何回かあった。気温が安定してくればいつも収まるので、あまり心配はしていなかったが、アレルギーにつきまとわれていると、気持ちが落ち込んでしまってどうしようも無い。
 今日、台風22号は関東南岸をかすめるようにして北上していくようだ。台風一過とともに、完全な秋の気候になれば、アレルギーも治まりそうな気がしているが、どうだろうか?20130922_151449 秋に咲く花、夏から咲いている花が混在している。今は、意外と花が賑やかな時季だ。散歩をしていると、もう赤や黄色に色づき始めた木々が目に付くようになった。だんだん楽しみな季節になる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/01/2013

10月に入った

20130930_160610 今日は雨が降ったり止んだりの予報だ。本来秋の長雨のシーズンだからやむを得ないだろう。明け方頃に何回か雨の音がしていた。
 ご近所で、この春生まれただろうネコが、かなり大人っぽくなってきた。でも、まだ好奇心旺盛のようだ。後ろの、親らしいネコに気を遣いながら、一生懸命こちらを見ていた。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »