« August 2013 | Main | October 2013 »

09/30/2013

一里塚公園の夕暮れ

20130929_174909

20130929_180938
 ここ何年も暑い9月が続いていた。9月中に秋の深まりを感じることはあまりなかったような気がする。夕暮れ時の木々のシルエットがきれいに浮かんで、秋の気配が濃くなってきた。30分ほど後には、東戸塚の空に一番星がきらめいていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/29/2013

仁王門に差す秋の日

20130927_151111
 鎌倉名越の四つ角から東北の方へ歩いて行った奥まった位置に妙法寺がある。日蓮大聖人が鎌倉へ出てきて初めて開かれた法華経弘通の道場松葉が谷の草庵があった所とされている。後醍醐天皇第三皇子護良親王の遺子日叡上人が堂塔伽藍を復興して、楞厳山妙法寺と称するようになったそうだ。20130927_151904 背後の山頂には大塔宮護良親王の墓所があり、そこから材木座、由比ヶ浜が一望にできる。下ってきた所にある仁王門は、何故か本堂より後ろにある。彼岸過ぎの秋の日差しに、たき火の煙がかかり、如何にも秋を感じさせてくれた。20130927_150446 本堂の鬼瓦の上に鳶が1羽休んでいた。如何にも深遠な霊跡に相応しいというべきか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/28/2013

鎌倉滑川で

20130927_155653

20130927_155556
 金沢街道沿いに流れ、鶴岡八幡宮近くから大きく向きを変えて市街地、大鳥居の道に平行するように流れてくる滑川。横須賀線の下をくぐる直前から、川幅もかなり広がってくる。秋の青空を写す水面を白鷺が飛んでいった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/27/2013

彼岸花

20130927_103716

20130927_134903
 お彼岸の後半はあまり天気に恵まれなかった。彼岸が過ぎた今日になって、ようやく爽快な秋晴れだ。青空の下、赤い彼岸花が輝いている。白い彼岸花も、なかなか重厚だ。
20130927_134921
 畑の土手の上に咲く一群れは、緑に映えて実り豊かな秋を感じさせる。20130927_135454


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/26/2013

夕日浴びる亀-今井川

20130924_165258
 保土ヶ谷宿一里塚、上方見附辺りを流れる今井川の河床は岩が多い。ここでは、水面のカモ、水中の鯉や錦鯉と並んで亀も多い。夕日を浴びて甲羅干しをする亀に、カモたちが寄ってきたりするが、亀は首をちょっと持ち上げたまま、瞑想にふけっているかのように動かない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/25/2013

茶屋町橋のアオサギ

20130924_170031
 今井川は旧保土ヶ谷宿上方見附近くの茶屋町橋付近で蛇行し、大きな淀みができている。20130924_170830 この辺りに住み着いているのだろう、1羽のアオサギが蔓草の天辺にちょこんと乗っていた。時々首を羽の中に埋めて眠っているように見えた。周囲から直ぐ見つかるようなところだと思うのだが、このまま夜を過ごすのだろうか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/24/2013

天高く夕焼け雲

20130924_172716
 9月前半に秋雨前線が停滞していたのだが、台風18号が引っ張っていってしまったようで、その後は秋晴れが続いていた。今日辺りを境にまた雨模様が続きそうな予報だが、取りあえず今日平戸近辺の空は高く、夕焼け雲がたなびいていた。彼岸の中日を過ぎて、これからどんどん秋めいていくのだろうが、今年は秋が早いのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ススキ

20130920_165533
 秋の始まり、9月は行事も多くて何か気ぜわしい。お彼岸が過ぎればちょっと一息付けるだろうか?夕日を浴びて光るススキの穂に心安まる思いがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/23/2013

山手公園テニスの日

20130923_100247

20130923_092803

20130923_100122 1876年(明治9年)6月山手公園内のコートで居留地外国人によってテニスがプレーされたことが、ジャパン・ウィークリーメールという居留地の新聞によって伝えられている。この報道が日本で一番古いテニスプレーの記録であることから、山手公園が日本テニス発祥之地とされている。今日ここで初めてテニスの日イベントが開催された。
 山手公園らしい「テニスの日」イベントにしようと、テニス発祥記念館所蔵の明治時代から昭和の時代に至る木製ラケットを展示した。参加した子どもたちはもちろん、若い頃にテニスをしたことがあるという大人にも、古い時代の木製ラケットは物珍しく、木製ラケットを手に記念撮影する人も居て、結構人気があるようだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/22/2013

滝の川せせらぎ緑道

20130919_164153

20130919_164322

20130919_164710 滝の川の反町公園辺りから上流は暗渠になっている。東神奈川駅近くに下水処理場で浄化された水の噴水(噴き出し口)があり、そこから神奈川区役所近くまで「滝の川せせらぎ緑道」が整備されている。区役所側の端には、大きな亀の姿が描かれている。近くの慶雲寺に伝わる浦島伝説に因んだものだ。20130919_165014 慶雲寺門前には、亀を台座にした「竜宮伝来 浦島観世音浦島寺」の古びた碑と、フランス領事館跡の碑が並んでいる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/21/2013

小さな池で-保土ヶ谷公園

20130918_161836

20130918_161702
 保土ヶ谷公園森とせせらぎゾーンの小さな池には、睡蓮や小さな水草がビッシリと覆っていた。小島に見立てた岩の上では亀が陽を浴びて寛ぎ、岸辺や池の上には赤トンボが群れていた。20130918_162147 既に金魚が放たれていて、だんだんビオトープが形成されていくようだ。夕日は長い影を落として、夏の終わりを告げている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/20/2013

メジロの事件

20130919_111200

20130919_111216 気がつかなかったが、自宅付近にメジロの巣があったようだ。昨日の午前中、飛べるようになったばかりのヒナがお隣のベランダに落ちてしまった。親鳥らしいメジロが山椒の枝であわてていたようで、ヒナの近くを行き交ったりしていたが、直ぐに助けに行くという風でもなかった。巣立ちの準備中のよくある事件の一つというだけなのだろうか。写真を拡大してみると、まだ如何にも子どもという顔つきのような気がする。果たしてその後どうなったのかは分からない。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/19/2013

保土ヶ谷公園で

20130918_163322
 今年は例年より秋が早い感じがする。直接には台風18号が上陸し、列島を縦断するようなコースをとったので、その後に、北の空気が引き込まれてきたということかも知れない。
 ともあれ、昨日はほぼ秋晴れ一日だった。保土ヶ谷公園のタブノキ広場で子どもたちがサッカーの練習をしているのを見ていると、スポーツに絶好の秋が近づいているなと感じる。20130918_163945 銀杏もちょっと色づき始めている。キバナコスモスも輝いていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/18/2013

赤とんぼ

赤とんぼ
台風18号が去って、予想外に早く秋めいてきた。車のアンテナには、赤とんぼが止まっている。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

09/17/2013

台風一過の夕焼け

20130916_173530

20130916_181334
 台風18号は昼頃に愛知県豊橋に上陸して、そのまま北上、関東地方を通り抜けて夕方三陸沖に出たようだ。関東地方上陸は5年ぶりとか。東戸塚からは夕方早速台風一過の夕焼け富士が見え、丹沢方向の夕焼けはもう秋の深まりを感じさせるようだった。今朝の空気も一気に涼しくなっている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/16/2013

樹上の白鷺、水面のカモ

20130914_170505

20130914_170213
 環状2号線平戸立体近くの平戸永谷川。夕方、白鷺はこの枝で眠るつもりなのだろうか?下の川面では、2羽のカモが行進してきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/15/2013

ドングリ-品濃の一里塚

20130913_143646

20130913_143718 東側の品濃の一里塚公園入り口で、ドングリがいっぱいなっているのを見つけた。ドングリはブナ科の木になる実の総称だという。この木はマテバシイらしい。まだ地面に落ちた実はないようだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

激しい雨音で目を覚ました

午前4時に目を覚ましたら、激しい雨だった。40分ぐらいして、少し和らいできた。台風の影響が出始めているのはわかっているが、それにしても激しい。市の河川水位情報が頻繁に入ってくる。急な増水が心配だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/14/2013

保土ヶ谷宿の秋

20130913_151648

20130913_152435

20130913_151448 保土ヶ谷宿江戸方の入り口は帷子橋。相鉄線天王町駅前の公園にモニュメントが作られている。少し保土ヶ谷駅方向に歩いた浄土宗見光寺の門前は、夏から秋への変化を静かに漂わせていた。
20130913_151739 境内の六地蔵は時の流れを見つめて久しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/13/2013

土蔵のある家

20130911_165628
 神奈川宿の上方のはずれから浅間下の手前まで軽井沢という。その南軽井沢辺りで土蔵のある家を見かけた。ここから芝生、松原商店街にかけての旧東海道には土蔵のある家が多いのだが、この土蔵は作りが一味違う感じだった。形は昔からの土蔵そのものだが、壁面が面白い。ブロックを積み重ねたようなデザインで、色もベージュっぽくてどこかモダンな感じがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/12/2013

社宮司公園

20130910_160358

20130910_160432_2
 相鉄線西横浜駅から水道橋を渡って、星川方面へ少し行くと社宮司公園がある。昔は洪福寺の守り神・社宮寺大
権現があったことから、この辺り一帯が社宮司という地名だったそうだ。水道道側に公園名を誌した入り口がある。手前原っぱの奥、大きな木立の間には、宇宙をテーマにした遊具が見える。
 此処は横浜水道津久井郡三井用水取り入れ所から42㎞、あと2㎞で野毛山浄水場に至る地点だそうだ。20130910_160451 入り口のそばに、「この水道みちは、津久井郡三井村(現相模原市津久井町)から横浜村の野毛山浄水場まで約44㎞を、1887年(明治20年)我が国初の近代水道として創設されました。 運搬手段のなかった当時、鉄管や資機材の運搬用としてレールを敷き、トロッコを使用し水道管を敷設しました。(略)」という説明板が設置してあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/11/2013

すいどうばし

20130910_160041

20130910_155457
 相鉄線西横浜駅から星川方向へ水道道を歩くと、帷子川に「すいどうばし」がかかっている。欄干の柱が獅子頭水道栓の形になっていた。まだ比較的最近の改修でこのデザインになったのだと思うが、歩道部分の端から見るとガッシリとした感じで、水道を守る人たちの意気込みが伝えられているように感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/10/2013

稲穂

20130909_162100

20130909_162125
 去年の今頃に比べてずいぶん涼しい日が続いている。秋雨前線が南に下がり、北の高気圧が日本上空に入ってきているようだ。また暑さが戻ってくるかも知れないが、田圃は確実に実りの季節に入っている。今時の案山子の姿も満足げだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/09/2013

初秋の彩り-子ども植物園のスモモ

Rimg0012_2

Rimg0014
 もっと暑さが続くかと思っていたが、今日はもうすっかり秋の涼しさになって、散歩をしていてもそれ程汗ばむこともなかった。子ども植物園では、スモモの葉が紅葉の彩りで迎えてくれた。隣のメンデルのブドウも実りの時季を迎えている。着々と秋の足取りが速まってきているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/08/2013

山手公園のヒマラヤスギ

20130907_133457


20130908_113858
 山手公園といえば、日本で初めてヒマラヤスギが植えられた場所だという。1879年(明治12年)英国人ブルックが山手一帯に植えたのが、日本全国に広まっていった。今、山手公園ではヒマラヤスギが大きくなり、沢山あるので、きれいな形で写真を撮るのが難しい。
 角度を変えたり、時間を選び直してみたり大変だが、近くに住んでいるわけではないので、なかなかうまくいかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/07/2013

コートサイドの曼珠沙華

20130907_155529
 このところの天候不順で、秋の足取りも大分速まってきているようだ。山手公園YITCのテニスコートでは、紅白の曼珠沙華が心得顔で咲いている。そう言えば、お彼岸までもう2週間ほどなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/06/2013

秋のアレルギー

 元台風の温帯低気圧が通り過ぎて、台風一過にはならなかったけれど、確実に秋が引き寄せられてきた感じだ。今日の最高気温は30℃を割ったようだ。朝晩の冷たい空気に体が付いていけなくなったようだ。鼻がむずむずして、時々くしゃみが止まらなくなる。秋のアレルギーが始まってしまったようだ。
 秋のアレルギーはブタクサなどの花粉症がよく知られているけれど、自分の場合は、寒冷アレルギーが発端で、どちらかというと冷房病の類いではないかと思っている。その証拠というほどではないけれど、仕事を止めたここ数年、症状が軽快しているし、始まりも遅くなっている。以前は8月の初め頃から始まって、夏風邪と区別が付かなくて悩まされていた。風邪かアレルギーか、どちらの薬を飲んだら効果が得られるのか、その時その時で全く分からない。
 もう一つ分かり難いのは、ネコを飼っているのに、ネコアレルギーがあるらしいからだ。この時季毛が抜けるので、ブラッシングをしてやると、ネコは喜ぶが、飛んだ毛が肌に触れると、どうもむずむずする。20130906_115751 クレマチスの3番花が咲き始めている。秋の花々もそろそろ本番になる。アレルギーの本番はごめんだが、今年はどうなるのだろう?


| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/05/2013

低気圧通り過ぎて

130905
 今朝方の豪雨は、元台風17号崩れの温帯低気圧とか。温帯低気圧といっても、雷はただならない感じだったし、通勤電車も止まったり、あちこち被害が大きかったようだ。昼過ぎまで降ったり止んだりが続き、蒸し暑いばかりで、なかなか台風一過とは行かなかった。
 夕方、ようやく晴れて、携帯で撮った西の空は、申し訳の夕焼けめいて面白かった。雲も夕焼けもちんまりとして、どことなく秋の風情を漂わせている。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/04/2013

とちの木通り-みなとみらい

20130903_161458

20130903_152649
 横浜駅東口から、日産ギャラリーを抜けて、みなとみらいに入る最初の通りが「とちの木通り」。何かアメリカ西海岸的な雰囲気が広がる。この道を行った左側にマリノスタウンがある。緑の芝生で練習を楽しむキッズたち。最高の環境でスポーツを楽しむ経験は、とても重要だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/03/2013

魚はねる

Photo
 横浜駅東口から高島水際線公園に行った。夏雲の広がる下で、魚がはねていた。魚にも暑い夏なのだろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

戸塚駅東口広場の照明

20130902_181120

20130902_181126

20130902_181237 昨日、埼玉、千葉で大きな竜巻があった。その夕方の戸塚駅東口。広場を照らす照明が見守る中、モニュメントの頂部にはねぐらを求める鳥がいっぱいだった。
 西の方の空には、細々とした雲がたなびき、秋の近づきを感じさせている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/02/2013

今朝は涼しいが

20130831_152856 昨日までの炎暑がウソのような涼しい朝を迎えた。とは言え気温はもう26℃ぐらいのようだ。秋の七草のススキは、日中の激しい日差しを受けながら、もう穂を輝かせている。季節が移っていくのは確かだが、暑さが続いている限りは、なかなか人間は次の準備ができない。もう植物の手入れに忙しい時期に入るのだが、気が遠くなりそうだ。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

09/01/2013

品濃の一里塚-西側

20130831_154829

20130831_155300
 江戸から9番目の一里塚、品濃の一里塚は、街道の左右ともに原形が残されていて、県の史跡文化財にもなっている。だが、左右でずいぶん形が違っていて、東側は桜が植えられて明るい感じに整備されているが、西側はケヤキやタブノキが生い茂って鬱蒼としている。
 公園も両方に整備されているが、西側は遊具も少なく、馬の形の遊具やベンチがぽつんぽつんと雑草の中に置かれている。ただその分如何にも夏の終わりを感じさせる風景になっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »