« January 2013 | Main | March 2013 »

02/28/2013

「いらっしゃいませ」のネコ

Rimg0052
 JR保土ヶ谷駅近くのとある焼き鳥屋さんの店先。ネコが1匹かしこまっていると思ったら、箱の中に同じような顔のネコが2匹まだ詰まっていた。招き猫の訓練中なのか、開店を待ちかねているだけなのか...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/27/2013

ペコちゃんの雛祭り

Rimg0050
 保土ヶ谷駅西口の広場を出て旧東海道の通りへ出たところに、不二家のペコちゃんがお出迎えをしている。ここではいつも、季節や行事に合わせてペコちゃんの衣装を換えて いるが、雛祭りの飾り付けを背景に、今は着物姿になっている。Rimg0048帯もしっかりと結ばれていて、きちんと着付けされているのに感心せざるを得ない。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/26/2013

日差しは春-山手の梅

20130225_132458

20130225_132513
 石川町駅から山手カトリック教会の方へ上っていく道の途中、白梅が見事に咲いているお宅があった。写真を撮っているうちに、数羽のメジロもやって来て春を満喫している風情だった。20130225_132809 石垣に張り付いたシダの仲間のような草も、明るい日を受けて緑の輝きを増していた。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

02/25/2013

尖塔と満月

20130224_172645
 マイナス45℃の寒波に覆われた日、満月が白々と輝いていた。芽吹きを待つ梢が如何にも寒く、尖塔も凍り付いたように感じられる。20130224_172415山手公園からサンモールスクール方面を見る夕景はとても神々しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/24/2013

見張りのカモメ

20130223_165239

20130223_164900

20130223_165810
 夕暮れ、港の周辺ではカモメが思い思いの場所で羽を休めている。中央市場そばの滝野川万台橋近くのビル屋上にもぽつんと1羽とまっていた。直ぐしたの貨物線をタンクローリーの列車がゆっくりと東高島駅方向に進んでいた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

02/23/2013

子ども植物園で

20130222_160957

20130222_161132
 金曜日の午後4時近くに保土ケ谷区の子ども植物園に行った。夕方近くの日差しがここと良かったが、このところ上空の寒気の影響か、午後になって雲が広がって寒くなることが多いようだ。そんな寒さを避けるように冬牡丹の展示もされていた。菰の小屋がけスタイルで3点だけだったが、見事な牡丹だった。20130222_161710 展示資料室ではボタニカルアート展をやっていた。植物の研究者たちが生み出したアートの分野だそうだが、独特な雰囲気と色調で楽しませてくれる。3月10日まで開催中とのこと。20130222_161626


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/22/2013

谷間にかかるマンサクの花-瑞泉寺

20130220_151742

20130220_152801
 瑞泉寺は、梅も水仙もまだこれからという感じだった。マンサク、蝋梅、福寿草が盛りで、特に黄色のマンサクが見事で、ちょうど休憩場所の正面にあるのも良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/21/2013

旧華頂宮邸を訪ねた

20130220_142758

20130220_143345
 竹の寺として有名な鎌倉報国寺の脇を通って谷戸の奥の方へ歩いて行くと、旧華頂宮邸がある。昭和4年(1929)に華頂博信侯爵邸として建てられたもので、県内にある戦前の洋風住宅建築としては鎌倉文学館とともに最大規模の建築物だそうだ。20130220_143459建築物の内部は、玄関ホールの小ヴォールドと呼ばれる珍しい天井、洋室のマントルピースなどが魅力的な空間を演出しているそうだが、建物の公開は日が限られていて、普段は見られない。フランス式庭園では、バラやアジサイなど四季折々の花や緑を楽しむことが出来るそうだが、真冬の今は花がなく、ちょっと残念だった。鎌倉市景観重要建築物等に指定され、国登録有形文化財でもある。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/20/2013

日差しが少し戻ってきた

20130220_101159

20130220_094938

20130220_095625
昨日の雪はまだ少し消え残っている。鉢に残った雪からチューリップの芽が伸びていたり、クリスマスローズの花が咲いていたりするのはいじらしい感じがする。一方で、ネコは早速ひなたぼっこで膨らんでいた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/19/2013

雛祭りが近いから

Rimg0027

Rimg0031

Rimg0028 雨水以降はあまり雪にならないとされているらしいが、今日は雪になってしまった。1月の大雪以来、雨が降っても案外雪にはならなかったのに、雨水が過ぎたら久しぶりにうっすらと積もった。このところ、この冬一番の寒さと感じられるのだから仕方がない。
 でも、もう雛祭りまで2週間もない。保土ヶ谷駅改札に接続しているアーバンビルの広場には、ガラスケースのギャラリーに、沢山のお雛様がディスプレイされていた。小さいが、精巧に作られたおひな様はとても魅力的だ。代わり日な風のもあるし、昔の風俗、雰囲気を正確に伝えているものもある。Rimg0033なかなか見飽きないね。昔の人は、こんな風にして、丹精込めた準備をして春を待っていたのだなと、心ゆかしく感じられた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

また雪だ

Photo
 昨日は一日雨で降り込められたが、今朝は9時頃から雪になった。午前中いっぱいぐらいであがる予報だが、ご近所の梅も震えて居るみたいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2013

今日は雨水とか

Rimg0005

Rimg0015
 今日は雨水といって、この後はあまり雪にならないということのようだ。2月半ばになって、このところはこの冬一番の寒さのような気がしているのだが、そういう訳からが、今日は朝から冷たい雨だった。ようやく咲き始めたクリスマスローズだが、大体下向きに花が咲くので、小さい子どもが傘をさして冷たい雨に打たれているようにも見える。
Rimg0017 隣の庭の沈丁花もまだまだ蕾が堅そうだ。天気が悪いと、何の花だか気がつく人も居ないだろう。今週末まで、まだ寒い日が続きそうだ。本当に雪にならなければ良いと思うが、冷たい雨でもほとんど一日引きこもってしまった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/17/2013

 緑の川面に鵜が泳ぐ

Rimg0051

Rimg0043
 西区戸部付近を流れる帷子川で鵜を見かけた。この冬一番かと思うような寒い日だったが、潜水して非常なスピードで移動し、ずいぶん先の方で頭を出す。しばらく周囲を見渡したかと思うと、直ぐ潜って移動してしまう。日差しはかなり強くなってきていて、緑に輝くような川は、見る限りでは気持ち良さそうだ。自然の中では、暦どおり春が近づいてきているようだ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

02/16/2013

街角の梅ー瀬戸ヶ谷町

Rimg0012

Rimg0017
 瀬戸ヶ谷町は旧保土ヶ谷宿本陣から江戸方へかけての1本裏道にあたる。Rimg0020昔からの家が、庭木の手入れもきちんとしているのだろう、もう梅の花は大概のところで満開だった。近所のネコも、それなりの身ごなしが出来ているようだ。玄関のガラス戸を背景にした佇まいが良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/15/2013

つるし雛

20130212_161923
 バレンタインデーが過ぎて、次は桃の節句。デパートのディスプレイは豪華なひな祭りが演出されている。つるし雛というのはあまり知らなかったが、とても華やかなものだ。日本も今年は少し明るくなりそうな気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/14/2013

帷子川中流(星川)

20130213_161652

20130213_162003
 保土ヶ谷区の星川辺りを流れる帷子川は、平坦な中で、集合住宅にす混まれていくような感じがする。今は、水辺整備が進んで親水公園になっている部分もあるが、かつては氾濫することも多かった。今は、静かに流れていて、水面のさざ波とキンクロハジロたちが織りなす水面のきらめきが、時を忘れさせてくれる感じで面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/13/2013

白鷺-永谷川

20130212_133403

20130212_133458
 枯れた葦の間にいる白鷺は、なんとも侘びしげだ。水の冷たさをいやがっているようにも見える。今の時期だとエサになる小魚も少ないのではないかと思う。
20130212_134824 一方、葦の茎にとまって小魚を狙うカワセミは元気そうだ。美しいエメラルド色の背中や紅い腹部というカラフルな装いが、枯れた芦原に映えるようだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/12/2013

雀と椋鳥-今井川のほとりで

20130211_163110

20130211_163207
 凍り付きそうな寒い夕方だったが、鳥たちは元気だ。賑やかに夕餉の会食を楽しんでいるようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/11/2013

児童遊園地前の街灯

Rimg0048

 寒い日が続いている。澄んで冷たい空気の中で、ガス灯をかたどった街灯がクールに輝いていた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

梅ほころぶ

Rimg0036

Rimg0023
 環境活動支援センターの梅がほころび始めた。寒い冬、大雪も降った1月だったが、早春の花々の生育は順調のような気がする。蝋梅は、あちこちでほぼ満開だし、梅も、日当たりのよいところでは見頃になっているのもある。

Rimg0010

Rimg0030
 児童遊園地の梅林は谷戸になっていることもあって、まだちらほらというところだが、いくつかの株は優美な姿を見せ始めているし、つぼみもかなり膨らんできている。訪れる人たちも、わずかに咲いている花を見つけて「あ、咲いているね」と笑顔をほころばせていた。本当に春が待ち遠しいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/10/2013

亀岡八幡宮(逗子)

20130207_135226

20130207_134851_2
 鎌倉の鶴岡八幡宮のような華やかさと打って変わった亀岡八幡宮が逗子にある。ケヤキの大木に囲まれた、如何にも関東武士の趣を湛えた小振りの社だ。20130207_135251 面白いことに、軒の主要な部分の浮き彫りは鶴が主役のように見える。正面瓦屋根の下にある浮き彫りは3羽の鶴で、左右に、亀が中心の鶴を見守るような形になっている。当然鎌倉の鶴岡を意識して造営されたものなのだろうが、鶴も亀もともに長寿を言祝ぐ象徴のはずで、こうした浮き彫りの位置関係の背後にも何かおもしろドラマがあるのかも知れない。いずれそんな物語を紐解いてみたいものだが...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/09/2013

真冬の寒気戻る

20130208_170146
 春一番を思わせる強風の後、昨日はすっかり冬の寒さに沈んだ一日だった。夕方、富士山も冷たい空気の中で、薄紅色に染まっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/08/2013

春一番の海で

20130207_141421

20130207_141452
 2月7日、昼から強風の吹きすさぶ逗子の海岸へ行った。北陸地方では春一番だったそうだ。ウィンドサーフィンは凄いスピードで海上を行き交っていた。カヌーでこぎ出していく人もいたが、激しい風波にかなり苦労しているように見えた。20130207_150621厳しい急坂伝いに披露山公園、大崎公園を巡って歩いたが、大崎公園から見た逗子マリーナ沖の波は、本当に自然の強大な力を感じさせるものだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/07/2013

荏柄天神-鎌倉

20130205_145244

20130205_144932
 1月の始めに訪れたとき、ほんの2、3輪が咲いていた程度の感じだった寒紅梅がだいぶ開いていた。天神様は受験の神様でもあって、社殿両脇の絵馬は大変な分量で盛り上がるように見えていた。20130205_144840でも、この日(5日)は落ち着いて梅の風情を楽しむ人がちらほら訪れていた程度、落ち着いた雰囲気の境内だった。
20130205_145446
 社殿左奥に、漫画作家清水崑氏の「かっぱ筆塚」や「絵筆塚」がある。かっぱ筆塚の大きな石には、清水崑氏のかっぱが絵筆を担いでいる画がレリーフになっているのだが、目を凝らしてみないと見えない。絵筆塚は、清水崑氏の友人がその遺志を称えようと建立したそうだ。現代鎌倉文化の香り豊かな境内だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/06/2013

ウソ(鷽)の幼鳥?

20130205_151828
 昨日、覚園寺には午後3時30分頃に付いた。どんより曇って、翌日は雪かも知れないと言われていた日で、時間も遅いので、人はいなくてひっそりとしていた。境内の庭園入り口辺りを歩いていたら、ずんぐりとした鳥が溝の方に逃げていった。椋鳥より少し小さいぐらいか。尾羽が短くて、妙にずんぐりして見える。後で調べたら、ウソの幼鳥のようだったが、正確なところは分からない。図鑑で見る限りでは、それが一番近そうだ。飛び方も、何だか頼りなく、それ程さっさと逃げもしない。まさか人に飼われている鳥でもないだろうから、ウソの幼鳥だろうと考えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

覚園寺門前の白梅

20130205_152313

20130205_152104
20130205_151957
 1月がとても寒かったので、今年は梅の花も遅れるのかと思っていたが、鎌倉覚園寺山門脇の白梅は、遠目にもしっかりと咲いていた。近くによると、香りもかなり高い種類のようだ。門柱の竹の花生けにも紅梅が投げ込まれていた。こちらは境内の石塔脇の紅梅から手折ったものだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/05/2013

春の蕾

20130203_154920
 このところ天気は悪くても暖かい日が続いている。正に立春という感じだ。今朝も風が強いようだが、それ程寒さを感じない。辛夷の蕾がもうしっかりと膨らみ始めている。1月が寒かっただけに、春が待ち遠しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/04/2013

鵜とカワセミ-平戸永谷川

20130203_163510

20130203_164219
 久しぶりに環2平戸立体下の平戸永谷川に行った。直ぐ、川岸の鉄柱頂部に銅像のように止まっている鵜に気がついた。川鵜か海鵜なのかよく分からないが、顔の周囲が白っぽく、嘴も大きいなかなか立派な風情だった。ちょうど通りがかった人とも話したが、その人は前にもこの辺りで鵜を見たことがあるということだった。暫くして、川面にとんで行ってしまい、後を追ってみたのだが、直ぐに分からなくなってしまった。
 カワセミもちょうど川面を滑るように飛んでいくのを見て後を追った。擁壁の途中から付きだした枯れ枝に止まってくれたのだが、もう少し寄ろうとしている打ちに、脇の水路の方に飛んでいって見失ってしまった。
 わずかの間だったが、1度にいろいろな水辺の鳥と巡り会えたことで、満足すべき夕方だった。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

02/03/2013

2月の空

Rimg0035
 薄い雲が筋状に吹き流されて、不思議な模様を織りなしているように見える。「雲をつかむよう」という言葉があるが、普段、空に見える雲はもっとしっかりした形がある。何でこんな頼りなげな雲が形成されるのだろう?2月にしては暖かい、20℃まで気温が上がった2月2日も上空は寒いのだろうか?
 変化に富んだ2月の空は面白そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/02/2013

山手公園は水仙の季節に

20130201_144217

20130201_144514
 立春まであとわずか、突然暖かくなる日もあって、それだけに寒さが身にしみるような気もする。東屋のある山手公園広場の周囲は、今、水仙がいっぱいに咲き始めている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浅野ドック跡から

20130201_152215

20130201_152412
 みなとみらい地区から市場交差点を抜けて、コットンハーバーに行った。かつての浅野ドック跡だ。午後からすっかり曇って、冬の港の色合いとなってしまい、他に人の姿はほとんど見かけない。20130201_152510居合わせたのは、ネコとカラスぐらいのものだったが、浅野ドック跡の銘板が、かつての栄光を物語っていた。こんな天気でも、何か心に沁みるような港の風景がある。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/01/2013

星川のオナガガモ

20130130_151819

20130130_151940

20130130_151638
 帷子川の上流、星川辺り。白いぼんぼりのようなものが並んでいると思ったのは、オナガガモが胸を張って休んでいる姿だった。カモの仲間でも一番偉そうな感じがするのがオナガガモかも知れない。
 この辺りでも結構カモメが一緒に居ることが多い。キンクロハジロやホシハジロ、マガモの仲間も多いも多い。ドバトも多数たむろしていて名瀬だろうと思っていたら、後で餌をまいている人が居るのに気がついた。この辺りの鳥や、ネコたちに食べ物を与えるのを楽しみにしている人も居るようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »