« November 2012 | Main | January 2013 »

12/31/2012

2012年大晦日の富士・大山

20121231_152207
 昨夜はかなりの豪雨になったが、ようやく晴れた。この後正月三が日過ぎるまでは、良い天気が続きそうだ。富士山を覆うような雲は、今年の厳しい波乱の状況を残しているようにも見えるが、富士の後背から丹沢・大山にかけてかすかに輝く日差しが期待感を漂わせて爽やかな感じがする。明日からに期待しよう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/30/2012

冬の雨に

Rimg0006

Rimg0012
 今年の12月はよく雨が降る。例年より寒いので雪になるのではないかと思うが、今日は割と暖かいのでその心配はなさそうだ。その結果、枯れ枝や、常緑樹の葉先に付いた滴が花のように綺麗だ。このところ雨が降るとほぼ引きこもり状態になってしまうが、師走の喧噪を離れて、静かに時間を過ごせるのは良い。心和む感じがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国道1号線権太坂-日没

20121229_162818


 どんな山の中かと思うかも知れない。右下にかすかに見えるのが国道1号線、箱根駅伝2区、9区の難所権太坂頂点の辺りだ。日没のこの風景では、箱根の山の中と変わらないような気もする。3日後にはもう来年の走者が駆け抜けていくのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/29/2012

松飾り

20121228_131846

20121228_131858
 正月まで、今日を入れてあと三日。東戸塚駅周辺でも、クリスマスツリーに代わって門松が立てられている。高層住宅入り口には葉ボタンや、ビオラなどの花物を組合わせたきれいな門松もでていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横浜も初雪?

 目が覚めて窓を開けてみたら隣家の屋根がうっすらと白くなっていた。夜中過ぎに雪になっていたのだろう。家の前の道路には積もっていないようだが、まだ冷たい風の音がしているので、早朝は凍りつくのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/28/2012

冬の夕暮れ-今井川

20121227_161006

20121227_161233
 師走も押し詰まって、例年になく冷え込んでいる。夕暮れと言っても、午後4時ちょっと過ぎた程度の川面はほぼ墨絵の世界のように見える。コガモやカモが川面に浮かび、セキレイが飛び交ったりしているのだが、影絵のように、はっきりした姿は確認できない。このまま正月も寒いのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/27/2012

モズが来ている庭

20121226_144050

20121226_144111
 このところ頻繁にモズを見かける。この近辺で縄張りを設定したのだろう、賑やかに囀りを繰り返していた。この時季十分な食料があるのかと心配な気もする。住宅地の方がやや暖かくて、食料になる小動物や虫が多いのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/26/2012

今朝の富士山-東戸塚から

20121226_073006

20121225_164649
 このところ特に寒い日が続いている。今朝のお天気解説では、これも温暖化の一部なのだそうだ。北極の氷がいつもより溶けていて、その分偏西風が蛇行し、極地以外が寒くなっているとかいうことらしい。それでも温暖化かという気もするが、よくわからない。少なくとも、今年の富士山は雪が深そうに見える。
 東戸塚では、高圧線の下で開発が進んでいる。鉄塔の中頃に十六夜ぐらいの月がかかっているのが、一段と寒さを感じさせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/25/2012

冬の陽を浴びて

20121225_105154

20121225_105335
 早咲きのクリスマスローズが花を開き始めた。路地においクリスマスローズは、普通クリスマス頃には花が咲かない。最初にイギリスに持ち込まれたときに誤った命名されてしまったらしい。でも、花の少ない冬場に豪華な感じの花が咲くことに変わりはない。我が家では、チロリアンランプ型のアブチロンも、冬の陽を浴びてきれいな赤色を浮かび上がらせている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/24/2012

メジロの訪問

Rimg0035

Rimg0045
 冬になると平戸二丁目にもメジロたちがやって来る。ご近所に柿やミカンがなっているので、それを目当てに来るらしい。我が家にサザンカが咲いていたころは、その蜜を吸いに来たりもしていた。サザンカの木は枯れてしまったが、その近くは相変わらず休憩地に使っているのか、今日は家族でやって来たようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/23/2012

品濃の一里塚冬の夕暮れ

20121223_162527
 一里塚に植え付けられた桜も、裸の梢だけが茜色の空に突き刺さっている。街中の喧噪を離れて、ここだけ師走の澄んだ空気に包まれている。東戸塚の高層マンションが、何だか可愛らしく感じられるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/22/2012

ぽっかりと雲

Rimg0006
 東戸塚平戸町一帯は坂道や階段が多い。傾斜地の中段の道を歩いていると、冷たい寒気の漂う空に雲がぽっかりと浮かんでいた。師走の喧噪とは無縁な感じで心地よい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/21/2012

東戸塚駅西口の夕景

Rimg0033

Rimg0047
 この12月に、東戸塚駅西口に新しい時計塔が出来たというので見に行った。Rimg0035_2エリア内の建設業の会社からの寄付によるものだそうだ。東戸塚駅は、市内でも有数なターミナルになってきているし、毎年メジャーなゴルフ大会の行われるゴルフ場の下車駅でもある。結構しゃれた感じの時計モニュメントで、雰囲気は悪くない。冬の黄昏時の夕焼け空を背景に、近未来デジタル感覚のアナログ時計と言えばよいだろうか?駅前広場をでて少し歩くと、駐車場の向こうに富士山が見える。晩秋、師走の禅画のような風景が見られる。新旧入り交じった東戸塚の面白いところかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/20/2012

師走のごちそう

Rimg0005

Rimg0003
 また強い寒波がきている。きりっと冷たい師走の空気の中で、真っ赤に熟した柿は鳥たちにとって大変なご馳走だ。小さなスズメがとりあえず優先のようだが、椋鳥たちもしっかりと順番待ちをしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/19/2012

雀押し合う冬の日

20121217_101430
 日本各地で数が少なくなっていると言われている雀だが、ここ平戸二丁目近辺では結構勢力を回復しているような気がする。昔は民家の瓦の下などに巣を作ることが多かったはずだが、今の住宅地ではそれが可能な家はほとんどない。多分、別の巣作りの仕方が出来ているのではないかと思う。この辺り結構竹林やら雑木林とか多いのが良いのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/18/2012

霧の朝

Rimg0005

Rimg0003

 夜から今日の明け方にかけてかなり雨が降っていたようだ。今朝はすっぽりと霧に覆われて、ご近所の様子がすっかり変わって見えた。このところ寒い真冬日と、暖かい小春日和のような日が交互にやってくるようだ。今朝は気温がかなり上がったのだろう。霧に包まれてモノクロのようになった風景は、昭和の前半にタイムスリップしたような気分にさせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/17/2012

幼稚園の裏山

20121216_150743
 平戸二丁目から東戸塚駅へ向かう途中の谷戸から栗林の丘を登ってみた。平戸幼稚園の裏山周辺が里山の雰囲気を残していて、半ば公園のようになっている。
20121216_151617
 栗林の直ぐそばには住宅地が広がっているのだが、林の中に入ると、少しの風で天辺の枝先からサーッ、ハラハラッと葉が降り注いでくる。何とも言えない不思議な世界に引き込まれていくようだ。師走の総選挙とか、煩わしい俗世間の喧噪を避けるにはもってこいの感じだった。
20121216_151124
 木々の根元にはこぶがあったり、ウロが出来ていたりしていて、これも結構面白い。

20121216_152303


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/16/2012

モズ

20121216_130609
 昨日までとは打って変わって、今日は春めいた快晴だ。このところ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリがご近所のミカンや柿の木にやってくるが、たまにはモズも来ている。モズは肉食系なので、特にミカンが目当てでもないのだろうが、赤みのかかった黄色の衣装が青空によく映える。縄張りを主張する叫び声を上げるでもなく、のんびりした姿を見せていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/15/2012

鎌倉教会

20121211_145329
 先日、由比ヶ浜に行く途中でやや南国風な感じの建物が目に入った。カリフォルニアのホテルかと思ったのだが、門柱に鎌倉教会と書いてあった。信仰心のないものは仕方が無い。言われてみれば、如何にも由緒ありげなカトリックの教会なのだろうと思った。鎌倉の地にあって、教育にも力を入れているように感じたが、詳細は分からない。今度、細かく調べてみたいなと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/14/2012

ヒマラヤスギのマツボックリ

20121212_145610
 ヒマラヤスギの種が落ちてくる季節になった。ヒマラヤスギは「杉」という語が入っているけれど松科の植物なので、種はマツボックリがはじけて落ちてくる。山手公園のヒマラヤスギを見上げると、確かに松毬が開いているようだ。
20121212_145532 枝によっては、次の雄花がびっしりと付いているものもある。開花期は10月~11月だそうだ。種が落ち始めるのと開花の時期がほぼ同じということになるのだろうか。何だか不思議だ。高い枝の上に付いている松毬はハンモックの上で陽光を浴びてみたいに気持ちが良さそうに見える。
20121212_145404


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/13/2012

大岡川船だまり夕景

20121212_160420
 昔とは周辺の風景がずいぶん変わってきている。けれども、ここの雰囲気は懐かしい。港町13番地の面影がある。師走の夕方、静かな時間が流れていく感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/12/2012

冬の由比ヶ浜へ

20121211_150814
 衆院選は期日前投票を済ませた。争点はいろいろ言われているが、実際は何も無いと言って良いだろう。あまり盛り上がらないのも仕方が無い。
 気分転換に海が見たくなって鎌倉へ行った。寒気が厳しいものの、よく晴れて、遠くうっすらと大島が見える海ではウィンドサーフィンの帆が行き交っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/11/2012

今朝7時の富士山

20121211_070112
 日差しがまだちょっと弱くて眠そうな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この冬一番の寒さ

20121210_170747
 今朝の気温は3℃まで下がった。昨日からこの冬一番の寒さだが、実際真冬並みということだ。昨日の夕空も如何にも寒そうな感じがする。耐寒性の低いサザランディなどの鉢植えは室内に取り込んでいるのだが、それでも足りなさそうなので、外のと同様に不織布の寒冷紗を被せた。秋まで気温が結構高かったので、このところの急な寒さに対策が遅れ気味だ。何とか冬越しが出来るかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/09/2012

夕日を浴びて-山手公園

20121208_160700

20121208_161210

20121208_161331
 山手公園は日本テニス発祥の地であり、日本最初の洋式庭園の地でもある。今は復元された東屋が頂上部西側の広場にあるが、当初はもっと中央部にあったようだ。昔の東屋の前では、薩摩軍楽隊の演奏も行われたという。宿舎、練習所であった妙香寺が日本吹奏楽の発祥の地とされている。
 師走に入って、風の強い日が多いが、そんな日の夕方、ケヤキやクヌギ類の黄葉が夕日に照らされて燃えるようだった。日本庭球発祥之地の碑も夕日を受けて誇らしげだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/08/2012

紅葉の中で-児童遊園地

Rimg0045

Rimg0038
 保土ヶ谷の児童遊園地中央の広場周辺にある紅葉は、静かな雰囲気を湛えていて落ち着ける。イチョウも見事に黄色く輝いている。

Rimg0060


Rimg0048


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/07/2012

富士-低気圧が通り抜けた日

Rimg0037
 昨日、関東地方は晴れたが、日本海を発達中の低気圧が走り抜け、かなりの強風が吹いていた。夕方、富士山の西側には、雪煙が立っているように見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/06/2012

カワセミ-保土ヶ谷二丁目今井川

Rimg0074

Rimg0085
 直ぐ脇を国道一号が通り、かなり落ち着かなそうな感じがするのだが、この辺りの淀みは、水鳥たちの絶好の餌場でもあるらしい。枯れた葦の茎の先やら、葉の先から飛び立ってホバリングをしてダイビングをしたり、直接飛び込んだりもしている。小さなカメラではほとんど追うことが出来ないが、エメラルドの背中で何とか識別できる程度に撮れた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

12/05/2012

朝日を浴びて

Photo
今年は短い秋ながら、それだけに、紅葉が特別きれいなようだ。隣家の狭間から差し込む朝の陽光にモミジが煌めいている。
 普通、関東地方の冬は晴天の続くことが多いのだが、ここ半月ばかり、どちらかというと曇ったり雨が降っていることが多い。先週末ぐらいからは、曇りで時々日が差す程度だった。今日も夜に入って天気が少し崩れるそうだが、その後暫くは晴天続きのようだ。少しは期待できるかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/04/2012

クリスマスのシーズン

20121203_121404
 クリスマスイブまであと20日。ご近所でも、きれいなイルミネーションで楽しませてくれるお宅が多い。こちらでは、きれいに形を整えたツリーに飾り付けがしてあって、とても力が入っている感じだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

12/03/2012

川面は冬

20121203_100703

20121203_100819
 紅葉の季節は足早に去って、平戸永谷川にはアオサギ、シラサギが集まってきている。彼らの縄張り感覚も、結構厳しいものがあるように見える。多勢に無勢なのか、シラサギが小うるさいのか、暫くしているうちに、アオサギだけが飛び去ってしまった。 
20121203_100906シラサギ同士しょっちゅう内輪もめをしているようで、別に結束しているわけではない。枯れた葦や、倒れた蒲の上を冷たい風が吹いている。川面は、冬の古戦場を思わせる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/02/2012

山手公園の晩秋

20121201_142107

20121201_142128
 今年は全般的に紅葉が遅かったようだ。秋まで小音の日が長く続いたことによるものだという。お蔭で、遅くまできれいな紅葉が楽しめる。山手公園の桜もきれいに紅葉して、公園の碑周辺に落ち葉が散り敷いている。落ち葉を踏みしめて歩くネコも、感慨深げだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/01/2012

今日から師走だ

20121130_153711
 東戸塚駅西口のビルもどうやらクリスマスイルミネーションがともりだしている。やや控えめな感じだが、FM放送局とか、書店とかが入って、文化的な感じで行こうとしているのだから、これも良いのかも知れない。
 この12月は総選挙もあって、例年より忙しい感じになるだろうが、今の日本の停滞を脱するためには、政治家に任せるという姿勢ではなくて、一人一人がしっかりしなければ行けないのだと思う。どんなリーダーが出てこようと、国民が自分で何とかしようと思わなければ、停滞を打破することは出来ないだろう。そんな点から、今年はいよいよ正念場の師走だと言えるのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »