« July 2012 | Main | September 2012 »

08/31/2012

相変わらずの夏空

20120830_152452
 もう8月も終わりだが、相変わらずの快晴が続いている。夏雲は大きなヒマラヤスギに覆い被さるような感じでぐんぐん盛り上がっている。日陰で一息付きながらテニスをやらないと、とても保たない感じだった。まだ当分晴天が続きそうだが、夜も毎日熱帯夜だし、家にいてどうやって一息ついたものやらと、考えてしまう。年々夏の暑さにこらえ性がなくなってくるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2012

ドラマティックな夕焼け

20120829_183945
 熱帯夜がもう20日も続いている。まだ秋の虫の声はそれ程聞こえてこない。日本の夏は気温よりも湿度の高さが耐えがたいものだ。このままでは、夜寝ていても熱中症になりかねない気がする。とは言え、大気の状態は少しずつ変わってきているようだ。昨日の夕焼けはかなり不思議な光景を呈していた。日没の光を何が遮っているのだろう?右側に大きな夕焼けが広がっている一方、左方向斜めに日没の光芒が走っている。何か新たなドラマの到来を予感させているようにも見える。上空には秋の大気が控えているのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2012

名瀬川月見橋の近くで

20120828_1710451

20120828_171933


20120828_170947
 名瀬川も親水ゾーンが整備されていて、昔の小川の雰囲気が楽しめる。今のところ、月見橋付近では新しい道路の整備が進んでいて、今のところちょっと置き忘れられたようになっている。とにかく、静かな流れにハグロトンボがよく似合うようだ。ひらひらと黒い羽を衣のように翻しながら飛ぶ姿は優雅だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2012

上品濃公園の空

20120828_163936
 連日体温とほぼ同じくらいの気温になっている。でも、空を見上げると、雲はどことなく秋の兆しを見せている。子どもたちは元気だし、公園は本当に広々として良い。

20120828_164759
 もう一度見上げた空の雲は、何となく愛嬌がある。暑さの中に、ちょっと一服しているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/27/2012

熱波のため息?

20120826_184944
 だいぶ日没が早くなったが,相変わらず晴天が続いて,雨が降らない。熱波の特徴は、長期間晴天が続くことだそうだ。おまけに、日中は毎日34~35℃でちょっとした体温並み。熱波は普通感想が激しいらしいが、日本は湿度が高くて、ことさらに耐えがたい。湿度だけが熱波との違いのような気がする。
 昨日の夕焼けも、日中の暑さを冷却しきれない感じで、べたっと秋色が広がっていた。ぽつぽつ浮かぶ雲が、熱波のため息のように感じられた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/26/2012

残暑厳しい夏の英連邦軍墓地

20120821_165051


20120821_165524
 8月は日本人にとって戦争と平和を考えるときでもある。厳しい残暑の日差しは,終戦の日あるいは原爆投下の日と密接な思いを甦らせる。国民全体が戦争の被害者であるのも事実だが、現在の平和な日本は、敵味方の枠を超えた大勢の犠牲の下にもたらされたものだと思う。
 英連邦軍墓地ではそんな厳粛な思いとともに、平和のありがたさを感じる。20120821_170006
 そんな思いと裏腹に、現実は,日本の戦後処理の終わっていないことを思い知らせる問題が火を噴いているようだ。きちんとした対応が必要だが、む。しろ昔通った細道をまた他そり直しているような不安に駆られて仕方がない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/25/2012

夏の終わりにピンク系の百合

20120824_093954

20120824_093940
 夏の終わりと言ってもまだまだ暑い。特に日中の日差しは耐えがたい強さで照りつける。そんな強烈な日差しの中で、清楚な感じのピンク系の百合が咲き出した。アブチロンの鉢の脇に置いて顔を出させるようにしたのだが、ほっと一息付けるような爽やかさがある。ゆく夏を送るにはちょうど良い雰囲気になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/24/2012

柏尾川の夕涼み

20120823_173039
 旧戸塚宿入り口の大橋付近。水量も結構あってゆったりと流れている。川辺の小岩の上に乗ったカワセミが涼しげな感じだ。少し下流でカワセミ2羽が逆方向に飛んでいくのを見た。小魚も豊富な時季だし、この辺りカワセミの個体数もかなり多いのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/23/2012

境木地蔵の手水

20120822_174821
 境木立場の脇には境木地蔵がある。夕方の散歩の途中に寄ったら、手水の給水の所は赤ん坊かお地蔵さんが、桶で行水している形になっていた。20120822_174842_13境木の巨木の名残や近隣の雑木林に囲まれた地蔵尊境内は、静かで、夏の夕涼みにも良いのかも知れない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/22/2012

変化朝顔の展示を見る

20120822_111614


20120822_111557


20120822_111923
 牡丹咲き、獅子咲き、撫子咲きとか花の形でいろいろな名前が付けられている。これに、変化の仕方に対応した名前の付け方があるようだ。花弁が細い糸で作った房なっていたり、花の形によってはちょっと写真に撮りにくいのもある。何日か通わないと分からないかなと思った。20120822_113123_2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

変化朝顔の展示

20120821_164426
 朝顔は江戸時代に好事家の手でとてもいろいろな種類が作り上げられていたそうだ。花が巨大なものや、花弁に切れ込みが入ったもの、バラの花かと思うようなものと様々だったらしい。そんな江戸時代の人気を伝えようと、保土ヶ谷区の子ども植物園で「江戸の贈り物 変化朝顔のふしぎな世界」という展示をやっている。夕方閉園後に散歩で通りかかったら、大きな幟も掲げてかなり力が入っているようだった。9月2日(日)までやっているので、今度は早い時間に行ってみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/21/2012

川辺のトンボ

20120820_170053_7


20120820_170419
 熱い日が続く。やはり水辺がほっとする感じだ。葦や岸辺の草むらいろいろなトンボがいる。数的には赤トンボヶ多くなっているようだが、じっとしていないのでなかなか写真に撮れない。シオカラトンボや、ハグロトンボが葦の茎などに止まっているのが辛うじて撮れた。20120820_170558_13
 浅瀬にはセキレイもやってきて、日中の暑さを凌ぎ、夕暮れの身支度をしているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/20/2012

山手公園の夏空

Rimg0007


Rimg0001
 日曜日の山手公園は快晴で、さすがにテニスをやっている人も少ないようだった。向かいの丘には学園の上には夏らしい雲が盛り上がり、小型機がゆっくりと輪を描いていた。Rimg0013
 ヒマラヤスギの梢には松ぼっくりが乗っていてのんびりした感じがする。その大きな木陰はゆっくりと散策するのに適しているし、車を駐めていても車内温度が上がりすぎることもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2012

秋風と真夏日の交錯

20120818_181015
 昨日は昼頃まで雷を伴う雨が降り、夕方場所によっては大きな虹も見られたようだ。東戸塚駅の上空は,ほぼ秋の空という感じになっていたと思う。
 今日は,また真夏に逆戻り。日差しの強さは,正に肌を刺す感じで、焼け付くような暑さと言って良いだろう。まだまだ9月までは熱い日が続く。それでも、時折秋が忍び込んでは来るのだろう。明け方の涼しさに、はっと目が覚めたりするのは、秋の鼻炎の前触れかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2012

今井川のカニ

20120818_162208
 「カニが行く」と言えば,その昔「橫浜」にかかる枕詞だったとか。今日は保土ヶ谷駅近くの今井川でカニを見つけた。
20120818_162554単独のもいるが、岸辺から水がしみ出しているような所にはかなり群れてもいる。3センチから5センチぐらいの大きさで、何という種類かは分からない。ネットで調べてみたが、この大きさだとベンケイガ二の仲間とかヒライソガ二の仲間とかいろいろいるようだが、遠くから観ただけではさっぱり分からない。
20120818_162904この辺りは、だいぶ内陸に入っているようだが、ボラなども多く遡上してきているし、汽水域にあたるのだと思う。多くのカニは海で産卵するので、汽水域には種類も数も、とても多いらしい。川にいると言っても,多分沢ガニではないのだと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/17/2012

結局全国的に猛暑日だった

 夏も後半に入り、だいぶ秋風の雰囲気が感じられると期待していたのだが、結局今日は全国的な猛暑日で、群馬県の館林では38℃だったそうだ。東京、橫浜も34℃くらいになったらしい。お盆休みが終わって、人が働き出すと暑さもぶり返してくるということなのだろうか?
 さすがに外に出る気にもならず、暑い夏は無理をしない方が良いと、家の周りで雲の写真を撮ったりしていたのが正解だったと思う。20120817_123739夕方頃はかなり黒い雲が広がり、一雨来るかと思ったのだが、未だに音沙汰がない。どうも北関東千葉方面では降ったらしいのだが、南関東は降らないようだ。それとも夜中ぐらいには、おこぼれがあるのだろうか?さっきは少し雷の音が聞こえていたようなのだが、午後10時になった今、それらしい音は聞こえない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏後半、住宅地の入道雲

20120817_123658
 お盆休みも終わり、夏も後半だが、秋風が吹き始めたように見えて、暑さは休み前以上のようだ。住宅地から見る入道雲はちょっと小振りで、その上空には鱗雲の崩れたような雲がある。20120817_123903蒸し暑さもひときわという感じだ。ネコもあきらめ顔で、涼しいところを探して歩いている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2012

権太坂の投げ込み塚

Rimg0003
 旧東海道の難所の一つ権太坂で行き倒れた人や荷役の牛馬を葬ったとされる投げ込み塚がある。国道1号線権太坂上あたりから環2境木へ抜ける道、境木中学校の少し手前右側に投げ込み塚跡の碑がある。
Rimg0004
 中央の碑の右側にある古びた石塔には、欠け落ちたりして良く読めないが「無縁法界三界萬霊 馬頭観世音菩薩」と書いてあるようだ。無縁法界は仏教用語で無差別平等の世界だという。また三界萬霊は、同じくこの世にありとあらゆる精霊を合祀した位牌ということらしい。多分この石塔が投げ込み塚の中心の石塔だったのだろう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

08/15/2012

境木の立場

Rimg0012


Rimg0015
 旧東海道保土ヶ谷宿から権太坂を上がりきって、境木中学校の所を右に折れると境木の立場跡に出る。尾根筋の嶮岨な山道が続く中唯一の休憩点だった。かつては,富士山が見え、振り返れば海まで見渡せたという。今は、こんもりと茂った木の根元に表示板がある。武蔵の国と相模の国の境に大きな木があって境木というだけに、このあたりは住宅地の割に大きな木が多い。

Rimg0009
 境木地蔵尊の並び、立場跡表示板の向かいに,かつて立場の代官だった家の門が厳めしい感じで残っている。現在では旧東海道の道幅のまま、環状2号線を越えて東戸塚駅向かう道になっている。門をゆっくり観察できる環境ではないが、昔の面影を偲ばせる貴重な佇まいだ。Rimg0010


立場跡の表示板には、昔の立場の様子に加えて名物焼き餅の絵も入っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2012

Pocket WiFi LTEに変えた

20120814_062805
 従来モバイル用にPocketWiFiを使っていたが、機種変更で新規格LTEに変えた。かなり長い動画が突っかかることなくスムーズに見られるようになった。さすがだなと思ったけれど、何より良いのはバッテリーが大容量になって、連続通信時間約9時間になったこと。外で1時間~2時間付けっぱなしで使っていてもあまり電池残量のマークが減らないので、精神的にすごく助かる感じがする。外出先の打ち合わせで、電池残量を気にしないで済むので、本当はこれで初めて実用性が出てきたということだろう。残量マークの減りが少ないのは、多分通信速度が速いこともあると思う。
 今はまだ、こまめに切る癖がついいて、付けっぱなしにする気にはなっていないが、小さなモバイル端末を使っているだけでは勿体ない気がするので、これからもっと機材の組み合わせを考え直してみようかと思っている。
 ノーマッドワーカーの端くれに入れるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2012

夕涼み

20120812_175015
 このところ日本は、南から暖かく湿った空気が入ってきており、大気が不安定だという。今日も、局地的に雷を伴う大雨や、河川の氾濫、竜巻に警戒が必要だそうだ。橫浜ではあまり雨が降らない日が続いているが、ものすごく蒸し暑い。夕方散歩に出て、少し歩くと汗びっしょりになってしまう。今井川の護岸ではカモたちが、並んで夕涼みをしているようだった。

20120812_175414
 少し上流、お仙人様そばの淀みでは、アオサギが葦の葉陰に佇んでいた。岸辺は国道1号線で、大型車両の交通が多く騒がしそうな気もするが、エアポケットのような自然の空間ができていて、水鳥たちにとっては落ち着ける場所なのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2012

夏休み真っ盛り-保土ヶ谷公園

20120809_150626


20120809_151016

 県立ほどがや公園はずっとプールとその周辺の改修工事を進めていたが、今年の夏からオープンされている。「森とせせらぎゾーン」は子どもたちに、ちょっと昔風の夏休みが楽しめる良いプレゼントになっているみたいだ。このあたり、かつてはザリガニ獲りもできたところだ。今はそんなわけにもいかないだろうが、昔の井戸給水ポンプみたいなのもあって懐かしい。
Img09401
 8月25日(土)に梅園周辺で「保土ヶ谷キャンドルナイト2012」イベントが予定されている。梅園横の広場には縁日も用意されるそうだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2012

妙本寺方丈門の百日紅

20120808_164453
 立秋の翌日、鎌倉妙本寺を訪れた。方丈門の脇に百日紅がよく咲いていて、秋の近さを感じさせる。妙本寺は、鎌倉時代幕府の有力御家人比企能員の屋敷跡だそうだ。比企能員は、将軍源頼家の乳母父として、かなりの権勢があったようだが、そのために、頼家後継の争いの中で謀殺されたそうだ(比企の乱)。

20120808_164802
 蛇苦止堂は、能員の娘で頼家の妻となった若狭の局が自害した井戸の脇にあり、若狭の局を祀っている。悲劇の跡がお寺のあちこちにひっそりとあるようだ。

20120808_165750
 妙本寺は、古くから日蓮宗の有力寺院の一つで、祖師堂前には豪壮でかつ華やかな赤い二天門がどっしりと建っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2012

近いうちに解散?

 これで内閣不信任案は否決されたようだ。税と社会保障一体改革の法案も成立するのだろう。でも、誠実さも、真剣さも、何も伝わってこない。多分年内に解散はあるのだろうけれど、自民と民主の間ではこれといった争点はないだろう。民主党がこの3年間の政権運営の実績で信任されない可能性は高いけれど、状況は、自民党も同じだろう。少なくとも原発政策は、自民党が長年積み重ねてきた問題点が、民主党政権になってから破裂しただけの話。民主党を責める同じ言葉で、自らも反省せざるを得ないだろう。
 解散して、どんな選挙戦をやるつもりかは知らないが、多分、どの政党も民意は得られないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2012

政治は秋風か?

 立秋も過ぎて,明日は長崎原爆の日。国会は、内閣不信任案や首相問責決議案が提案されて、消費税法案がどうなるか分からない状況になっているようだ。
 民主党ばかりでなく,野党の自民党、公明党も一緒に進めてきた消費税増税法案(本当は税と社会保障一体改革の法案とか言うらしい)、が採決直前で宙に浮きかかっているらしい。自民・公明以外の野党は消費税増税反対の立場からの戦術としてやむを得ないだろうが、自民党も参院で首相問責決議案を出すらしい。
 ロンドンオリンピックが佳境に入って盛り上がり、原爆の日や、脱原発のデモがあったりと、政治に目が向かなくなってしまっている間に、日本の政治は、また新たな迷走に入っていくのだろう。世界経済も信用不安でどうにもならないような状況で、本当に八方ふさがりの中、国会が解散されたところで、誰が選挙に行くのだろう?日本の政治は崩壊の方向へ進んでいくのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2012

今日は立秋だが

20120807_122312


20120807_122328
 暑さはまだまだこれからとも思うが、大気の状態がとても不安定なようで、今日も昼過ぎから戸塚はものすごい驟雨に見舞われた。20120807_131756平戸二丁目から西の方角にある東戸塚の高層住宅が、雨に煙ってはっきりと見えない。激しい雨は1時間ちょっとで、お陰様で気温はそんなに上がらず、植物はほっと一息という感じだったろう。今夜は、熱帯夜からは解放されそうだ。多分明朝の水やりも少し楽だと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/06/2012

テニスコートの掘り起こし

20120805_171909


20120805_171915
 山手公園のクレーコート(YITC) で改修作業が進んでいる。ハードコートでも一定期間でのコートリサフェイスが必要だが、クレーコートの場合は、コートを掘り起こして表土(荒木田土)を入れ替える。表土は上にまく砂が混ざりすぎると壁土のように固くなって弾力を失ってしまうし、底部の砂利などが表面に浮き上がってきてイレギュラーバウンドのもとになったりする。
20120805_171923
 真夏のクレーコート改修はかなりのハードワークだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2012

クレマチスの二番花

20120804_093651


20120804_093613
 熱い日が続く中、クレマチスは二番花の盛りを迎えている。最初の花よりもみんな小振りで、強烈な日差しの下では痛々しい感じもしてしまうのだが、まとまって咲いているのもあって、それは結構華やかだ。

20120804_093445


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/03/2012

烈日の余韻

20120803_173608


20120803_183638
 連日明るい空を眺めてため息をつくばかりだ。もう10日以上熱帯夜が続いている。今年の夏は殊の外暑いような気がする。秋霜烈日という言葉が昨年あたりもてはやされていたような気がする。司法検察の世界では、すっかり威信を落とすような結果となってしまったが、自然界の烈日は健在だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2012

猛暑の山々

20120802_122127


20120802_121301
 だんだん猛暑の報道が増えてきた。アメリカでは東海岸から西海岸までほとんどを覆うような熱波だというし、ロンドンはともかくとして、北半球は去年より相当暑いのではないだろうか。CO2削減の努力の甲斐も何もあったものではない。
 橫浜のあたりもだいぶ夏らしい雲が発達している。富士山は、雪のない頂上部がちょっと見えるだけで、雲にすっぽり覆われてしまっていた。大山、丹沢の山並みは、正に猛暑の夏の姿か、巨大な夏雲の下に青くくっきりと浮かびあがっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2012

夏のヒマラヤスギ

Rimg0006
 
Rimg0010


 今日も午前中はかなり雲が広がっていたのだが、結局午後から大変な猛暑になってきた。大きなヒマラヤスギの木陰は、一息つくには悪くない。山手公園の樹木に元街小学校の子どもたちが取り付けた樹木名板には「ヒマラヤスギは待つかの植物で、秋には大きな松ぼっくりがバラのように開く」と書いてある。その松ぼっくりは、今、高い枝の上で緑色のまま風に揺れている。Rimg0004
 その下のクレーコートは、掘り起こしの補修が始まっている。長年使っていると、日々の手入れだけでは土が固くなりすぎて、適当な弾力が失われてしまう。時には基礎から全部入れ替えるような改修が必要になることもある。クレーコートの維持はかなりの苦労が伴うものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »