« June 2012 | Main | August 2012 »

07/31/2012

雲そしてカワセミ

Rimg0001

Rimg0003
 昨日は風があって、だいぶ過ごしやすかった。その所為かどうかは分からないが、入道雲はそれ程発達しなかったようだ。とは言え雲の変化は面白い。夕方5時前にちょっと盛り上がりそうな感じだった雲が、10分ほどの間にどんどん形を変えてシロクマの横顔みたいになってきた。

Rimg0028

Rimg0046
 もう日が短くなり始めているが、夕方6時過ぎはまだ明るい。平戸立体近くの平戸永谷川では、カワセミが食事時だったようだ。遊水池わきの用水路で何回もダイビングする姿を見た。小さなコンデジでは留まっている姿をとるのが精一杯で、ダイビングの様子は記憶に留めておくしかない。幸い、ほかには人影がなく、ユックリ撮影ができたのでよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/30/2012

19回国際エイズ会議

 先週金曜日までワシントンで第19回国際エイズ会議が開かれていた。金曜日閉会のセッションでは、クリントン元米国大統領がスピーチをして世界のエイズ対策に、より一層の効果的な取り組みを進めるべきだとする決意を表明したという。ほぼ30年に及ぶ国際会議が初めて米国で開かれ、そこで、元大統領が新たね取り組みの展開を決意表明するという、なかなか印象的な閉幕になったようだ。先週月曜日には、クリントン現国務長官も出席してスピーチをしている。Aids2012_2
 日本でも、若い世代の中で、今も感染の拡大が続いているようだが、こうした動きに対応して、しっかりした対策を立てていく必要があるだろう。特に、今回の会議では母子感染の防止にも力が注がれていたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/29/2012

間もなく残暑

Rimg0060

 
Rimg0046
 真夏日が3日も続いて、やたらと蒸し暑い。来週からもう8月に入る。日没もだいぶ早くなった。雲が多目の空には、見ようによっては不死鳥が飛んでいるようにも見える夕焼け雲が広がっていた。まだ蒸し暑い日々が続くのだろうが、季節はもう残暑というべき時期になっている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/28/2012

蒸し暑いね!

20120728_173449

20120728_173846
 例年梅雨明け直後の7月は暑いものだが、今年のべたっと体にまとわりつくような蒸し暑さは格別のような気がする。去年も今頃は真夏日が続いていたはずだが、平戸からの富士山は強い日差しの中でくっきりと写真に撮れていた。ことしは、雲がなくてもなんだか膨大な水蒸気の向こうにしか見えない。
 屋内にいても熱中症になりそうな毎日だが、夕方になって大岡川に行ってみた。弘岡橋近くの桜の木にはいつも鷺が身を潜めている。そのつもりで探さなければちょっと見つけようがないのだが、今日はアオサギが川面に付きだした枝に隠れるようにして止まっていた。川面ではカモが元気に動き回っていたが、アオサギはやはり蒸し暑くて大儀だなと言っているように見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/27/2012

メモリアル・キルト

Aids
 アメリカの首都ワシントンで、今、第19回国際エイズ会議が開かれている。いろいろな参加の形があるが、エイズの犠牲者への思いを込めたメモリアルキルトは、いつもこの会議のエイズに取り組む決意を表明する役割を果たしている。ワシントンでのメモリアルキルトの展示も、取り組みの広がりを示して、とても壮大だ。(Chris Maddaloni氏の写真)
 かつて、エイズを発症するとほぼ10年で死に至るといわれていたが、今は、エイズとともに老境に入ってきている人も多いようだ。必ず10年で死ぬということはないようだが、50代、60代の人では、やはりエイズでない人よりも、老化のスピードが早いのではないかと言った報告もされているようだ。取り組みの決意は引き続き重要だが、エイズの問題点は少しずつ変わってきているらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/26/2012

蝉が落ちていた

蝉が落ちていた
朝、道路を掃除していて、蝉の死骸を見つけた。まだ、それ程鳴き声を聞いていないのに、季節はちゃんと巡っている。コンクリートの模様が綺麗だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/25/2012

AIDS 2012国際会議が開かれている

Aids_conference_2012_in_washinton
 今、ワシントンでThe interenational AIDS 2012 conferenceが開かれている。写真はワシントンポスト紙に掲載されていたロイターのKevin Lamarque氏のもの。もう18年も前に、橫浜で第10回国際エイズ会議が開かれたのだが、会議の熱気や、エイズの状況は、今もほとんど変わっていないようだ。日本でも、感染が引き続き拡大しているようなのだが、アメリカで開かれているエイズ会議の方法すらほとんど報道されていないのはなぜだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/24/2012

ヒグラシが鳴いていた

Rimg0018


Rimg0022
 昨日夕方、久しぶりに児童遊園地に行った。雑木林の道を歩いていると、蝉の声がもう蝉時雨という感じだったのだが、ひときわ大きなヒグラシの声も混ざっていた。時季が早すぎるような気もするのだが、どこか他所でもヒグラシが鳴いていたという報道があったと思う。
 雑木林の下の広場では、向日葵とコスモスが混植されていた。強烈な向日葵一色ではないというのが、なんだか今年の夏にぴったりだと感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/23/2012

もどり梅雨

20120723_151010

20120723_151341
 もどり梅雨というほどでもないのかも知れない。日中はそれ程降らないのだが、朝晩の雨でテニスのクレーコートが使えなくなるくらいなのだから、やはりもどり梅雨というべきなのだろう。
 それはともかく、クレマチスの二番花が結構良く咲き始めた。赤いのがルーテル、薄いブルーグレイがプリンスチャールズという品種。二番花は概して花が小振りになるので、まとまって咲いていないと目立ちにくい。梅雨明けになって急速に蔓が伸びていて、花芽が付いているのもあるので、これからまだ楽しめると思う。とは言え、今度は暑さ対策が大変だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クローズド

20120722_134129
 梅雨明け後3日ぐらい真夏日や、冨手も熱い日が続いた。一転してここ3日は涼しすぎる感じで、夜間の降雨量も多い。昨日日曜日は、YITCのクレーコートがついにクローズドになってしまった。割と水はけの良いコートで、早朝まで雨が降っても、半日たてば大概使えるようになることが多いのだが、昨日は昼を過ぎても、コートはたっぷり水を含んでいるのが一見して分かる状態だった。
 雨が降ったら使えないのは、クレーコートの宿命。止んだからと言って、無理に整備して使えば、コートそのものが傷んでしまうこともある。降っていなくても終日クロ-ズドということもたまにはある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/21/2012

ジュニアトーナメント延期

20120721_123259
 昨日午後から朝までの雨は、クレーコートにとっては大変多量の雨だった。朝早くには上がっていたのだが、YITCで今日予定されていたジュニアトーナメントは25日に延期することになった。朝会場に到着していた選手向けに、急遽練習会、練習マッチが企画され、その様子をちょっと見させてもらったのだが、中学生はもちろん、小学生もとてもレベルが高く、強いストロークの応酬があるのにびっくりしてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/20/2012

バス停の時計草

20120720_135554

20120720_135606

 時計草はクレマチスの仲間だが、放って置いても結構丈夫に育つ。ご近所のバス停脇の生け垣がほぼ時計草に覆われていて、夏の初めに賑やかに咲いている。別に運行時間が正確になるわけでもないわけだが、時刻表の周辺に時計草の花が沢山並んでいるのは、どことなく楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/18/2012

横浜山手、夏

20120717_134950
 バスを降りて直ぐ目の前にあるカトリック教会の尖塔が、あまりにも鮮やかに青空に突きだしていた。気分はカリフォルニアのよう。山手の夏は始まった。

20120717_135353
 テニス発祥記念館の前、ヒマラヤスギの木陰にはスケッチをしている人がいた。夏の山手は、ことさらに、異国情緒が漂っているようだ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/17/2012

雲が昨日までと違う

雲が昨日までと違う
気象庁も全国的に梅雨明けと見られると発表した。確かに、昨日までと違う、夏の雲が盛り上がっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2012

熱い一日の夕焼け

20120716_191411

 もう暑さを通り越している。館林では37.6℃の真夏日だったそうだ。この夕焼けでは、明日が思いやられる。火炎山でも見ているようだ。暫くは、暑い日、いや熱い日が続くのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

階段-YITC

20120714_142256
 山手公園は横浜開港当時外国人居留地脇の丘の上に作られた。港に迫る小高い丘の上というのは、欧米居留民にとても好まれたものだそうだ。結果的に、周辺に坂や階段が多いのは仕方がないこと。
20120714_142318
 階段を美しく設えることにとても気を配っていたようだ。YITC入り口の直ぐ内側はバリアフリーとは言えないが、続く階段は半ばスロープとなって緩やかにコートサイドを下っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2012

豪雨の日の夕方

20120714_184237
 昨日の豪雨は、午前6時ぐらいにはほぼ上がったが、一日曇りがちで耐えがたいような湿度の一日だった。夕方、買い物のついでに見上げた住宅地の高圧線は、そんな重苦しい雲の流れを背景に頼もしく屹立していた。この直ぐ右手の方に変電所があり、去年の計画停電騒ぎで、ずいぶんと心配したことを思い出した。脱原発で電力会社の将来は不透明だが、巨大でありながら案外目立たない高圧送電線が住宅都市の正に生命線であることに変わりはない。
 一度ブラックアウトが起こったら、都市住民は何の要求にも応えない小さな箱の中で、くらやみの原始生活に耐えられないだろうと心配する人もいる。数時間たてば復旧すると分かっている計画停電でも、どの程度耐えられるか分からない。どう備えたら良いのだろう?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

07/14/2012

体験したことのない豪雨

 九州や、西日本の豪雨が「体験したことのない豪雨」と報道されていたが、今朝の橫浜で降っている雨もまさにそんな感じだ。午前2時頃から市内河川の増水注意報が続々出ていて、午前4時9分に大雨警報が出他と思うと、5時10分には境川や、平戸永谷川のいくつかの地点で避難判断水位を超えたという災害情報メールが出始めた。5時15分には洪水警報が発表されている。
 その後、次々と水防団準備水位を超えたという情報が続いている。家にたたきつけてくる雨音は、雷の音もかき消すような感じで、確かに、これだけの豪雨は、台風でもあまり経験したことがないと思う。5時40分の今は、ようやくちょっと小降りで、時々雷も聞こえている。もうこの3時間ぐらいで、7月予定の降雨量全部使い尽くしたぐらいではないのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2012

平和観音-龍隠庵

20120711_160540
 円覚寺選仏場と居士林の間を入って、崖際の石段を上がった中腹に龍隠庵がある。かなり風雪に傷んだ感じで復興の取り組みをしているようだが、庵のある中段には石灯籠や羅漢の像をおいた庭があり、静かな信仰の道場という佇まいになっている。
20120711_161400
 庵の奥にはさらに石段が上へと続いて、上がりきった所に小さな菜園があり、その左手に崖に彫り込まれた厨子に安置された平和観音がある。1941年12月8日開戦の太平洋戦争の犠牲者を悼み、爾後の平和を願って建立されたものだそうだ。仏師は八柳直樹氏、すぐ手前の銘板には「2011年4月 平和祈念 啓光」と記されていた。
20120711_160753 平和観音の眼差しは、直ぐ下の円覚寺境内を超えて、遥か5000キロ彼方にある太平洋上の激戦地まで見つめているということのようだ。円覚寺を訪れただけで龍隠庵塔頭に至るのも難しく、案内もなしにそのさらに上にある平和観音を拝観するのも容易ではないと感じるが、平和への祈りをしっかりと積み上げていく大事な場所なのだと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/12/2012

寛ぎの石仏-龍隠庵

20120711_155953_2
 アジサイの花の下でユックリと微睡んでいるような石仏がある。顔立ちもおっとりした雰囲気で、こんな暮らしもありかなと思わせられる。
20120711_160312
 龍隠庵はこんな感じの石仏も多い。羅漢の像なのだと思うが、肩に力の入っていない存在感が、とてもありがたい感じがする。崖際に建てられた塔頭であり、崖を彫り込んだ矢倉風の中に置かれた石仏も多い。本体の建物は小さな庵の感じで好もしいものだが、現在、修復、復興の計画を進めているところのようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/11/2012

円覚寺から見た白雲

20120711_161931
 東戸塚駅から北鎌倉まで電車で15分弱。夏の円覚寺はだるくなった気持ちを立て直すにはとても良い。
20120711_155510取っつきの階段は険しいようだが、緑に包まれた木漏れ日が優しい感じですんなりと誘い込まれてしまう。境内に入れば、即禅の気に包まれてしまう。今日初めて龍隠庵を訪れたのだが、境内に置かれた席でほうじ茶をいただきながら、ふと山門の上あたりの白雲に気がついた。世俗を離れた静かな一時は、まさに禅の心なのだろうか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

舞岡の水田

20120710_160252_2

20120710_161522
 梅雨の中休みで真夏日となった10日、舞岡ふるさと村に涼みに行った。水田は青々として気持ちが良い。いつもカワセミ撮影で人気スポットになっている池は、まむしが出るとかで近寄れないようにしてあった。
20120710_165911古民家・旧金子家の座敷には床の間に「たなばた」の習字がかけてあり、暑い午後にも関わらず、吹き抜ける風に揺れて涼しげだった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/10/2012

水まきにガマガエル

水まきにガマガエル
梅雨の晴れ間の日差しは強烈だ。うっかりすると、鉢植えはすぐカラカラになる。朝必死の水まきに、ガマガエルが慌てて鉢によじ登って来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/09/2012

鍛治ヶ久保橋

Rimg0037
 東戸塚駅西口から横浜新道を越えて川上町へと渡る陸橋が鍛治ヶ久保橋。東戸塚駅側のすぐ脇に、東戸塚開発に関わる観音堂がある。梅雨の中休みの夕方、犬を散歩させる人や、帰宅を急ぐ人たちがちょっと一息入れられるような、凝った橋だ。Rimg0043
 それにしても、さすが梅雨の中休みの夕空は、東口オーロラモール側のバス停から見上げると、どことなくしょぼしょぼとした感じの空だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/08/2012

梅雨の晴れ間カワウに出会う

Rimg0023

Rimg0098
 昨夜来の雨は予報ほどではなく、今日は一日曇りかと思っていた。3時過ぎにはすっかり晴れて、柏尾川の大橋から戸塚駅にかけてのあたりで、カワウが勢いよく魚を追う姿が見られた。川面の顔を出して、いたなと思うとすぐに水中に潜って10メートル、20メートル先にまた浮かび上がる。時には魚をくわえているときもある。川岸近くの浅い所だと激しい勢いで波が立ち、泳いでいる方向を予測できることもあるが、川の中心近くではさすがにどこへ浮かび上がるか見当を付けるのは難しい。デジカメでは画面も暗いし動く鳥を追っかけるのは大変だ。連写機能を使っても、水に潜られてしまっては役に立たない。
Rimg0003 とは言え、ちょっと儲けもののような梅雨の晴れ間。ご近所の里山もどこか爽やかで、良い日曜日だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/07/2012

小さな青い花

 梅雨の曇り空の一日だったが、夕方散歩に出た。ご近所の道端にきれいにアメリカンブルースターの花が咲いていた。20120706_170054小さな青い花なので、アジサイのような華やかさはないが、梅雨の曇り空とマッチしたきれいな花だ。坂道の途中で、ほっと一息付ける良い場所に咲いていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/06/2012

アケビの実

20120706_170307

20120706_170319
 明けそうで明けない梅雨。蒸し暑い日が続いている。今日の昼間も、あまりの湿度の高さにたえかねて、雨粒が降ってきたという感じだった。雲が高くて、結構明るいのに、確かに雨は降っているという感じなのだ。
 3、4月に花を付けていたアケビにもう実がなっている。アケビは秋のものだという印象なのだが、実ができるのは結構早い。まだ本当に緑色だが、秋になればちゃんと色づいて、紫色の種が見られるように割れてくるのだろう。季節の変化を着実に捉えているのに、人間が気がつかないだけか。確かに今年ももう半分が過ぎてしまったわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2012

間もなく梅雨明けか

20120704_152147

20120704_152652

 梅雨が明けそうで明けない、蒸し暑い日が続いている。たまの晴れ間の日差しは強くて、水辺のカモがうらやましい感じだ。今年、今井川のこの辺りで生まれたカモの中には成鳥見間違えるように大きくなっているのもいるが、まだ親が引き連れている小さいのもいる。20120704_151122
 みんな思い思いに梅雨の晴れ間を楽しんでいるように見える。本格的な夏ももうすぐだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/04/2012

気分は夏休み

20120704_160843

20120704_160128
 保土ヶ谷駅西口の不二家では、いつもペコちゃんが季節の衣装でお客様を待っている。梅雨は中休みかも知れないが、気分はもう夏休みみたいだ。すぐ近く、以前保土ヶ谷小学校があった所は、緑の草原が見事な公園になっている。こちらに遊びに来ている子どもたちも、夏の自然探検の姿だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/02/2012

カレッタ汐留

Rimg0016

Rimg0008
 朝のうちはまだ梅雨空が残っている感じだったが、昼を過ぎてだんだん夏っぽい感じになってきた。カレッタ汐留の亀の噴水は、お天気の関係からか、今日はお休み。子どもたちの格好の遊び場となっていた。半地下通路の向こう側にある休憩スペースでは、大人が暑そうにノマドワークをしているようだった。
Rimg0025
 こんな巨大な人口都市空間では季節感はピンとこないが、照りつける陽射しの強さは、さすがに夏の趣になっている。休憩スペースの人影もだいぶ疎らになってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2012

文字ずり草

文字ずり草
このところクレマチスの鉢に文字ずり草が伸びてきている。鳥が運んで来たのか、風に飛ばされて来たのかは分からない。風情があるので、そのままにしている。ネジバナ、ネジリ草というのが普通の呼び方のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »