« March 2012 | Main | May 2012 »

04/30/2012

今年のチューリップ

Rimg0014


Rimg0002


 今年はチューリップが割りとうまく咲いてくれた。4月下旬には結構明るくにぎやかだったが、月末に残っているのは送れて咲いた、黒っぽいのだけ。そろそろクレマチスも咲き始めたので、季節が徐々に移っていくわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/29/2012

コートサイドの花

Rimg0020


 YITCでは、今アゼリアの赤い花が盛りだが、その脇に割にひっそりとガクアジサイに似た白い花が咲いている。葉の形が細くて、少し違うような気もするが、山紫陽花の仲間ではないかと思う。Rimg0018_2
 花の形はほぼガクアジサイだけれど、中心部が普通のガクアジサイに比べてばらばらという感じもあるので、ネットで調べてみたのだが、良くわからなかった。アゼリアと一緒に、初夏の夕方の落ち着いた雰囲気を演出しているので、あまりこだわらないことにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/28/2012

牡丹に雨

Rimg0008


Rimg0011


 このところたまに晴れる日があるものの、なんだか梅雨みたいに雨が続いている。せっかく咲いた牡丹が雨に打たれてしまうと、花が大きいだけに見栄えが悪くなってしまう。何とか雨に打たれる前の、ご近所jの牡丹を写真に収めておいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/26/2012

アケビの花

Rimg0023


 ご近所で見つけたアケビの花。今が盛りのようだ。秋の実りに比べて、花がずいぶん早いので、どうもイメージが一致しなかったけれど、ようやく写真に取ることができた。花弁の内側が、なんとなく熟した実のイメージと重なるのが何だかいじらしいようにも思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/25/2012

階段の公園

Rimg0078


Rimg0085


 保土ヶ谷橋の交差点を井土ヶ谷方面へ向かい、すぐ左折した坂の中程に岩井町第三公園がある。緑の草原だけの小さな公園と言った印象なのだが、奥の斜面をジグザグに上る階段があり、頂上付近の広場まで三段階ぐらいの踊り場風小公園を付けたユニークな公園といってよい。各踊り場公園に花木があって、頂上部の広場では八重桜が盛りだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/24/2012

保土ヶ谷橋交差点

Rimg0091


Rimg0093


 一気に5月を通り越すような感じの中、岩井町の丘の上を歩いた。眼下に保土ヶ谷橋の交差点が見える。旧宿場町の中心に国道1号が合流していく所だ。今は、大きく右カーブする国道を曲がらずに直進すれば昔の鎌倉街道にすぐつながるのだが、昔は、岩井町の丘の上の道をたどっていくのが近道だった。旧宿場の脇を流れる今井川が白く光って、昔ながらの面影を主張しているようにも見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/22/2012

テニス発祥記念館

Rimg0020


 橫浜インターナショナルテニスコミュニティ構内の敷石道からテニス発祥記念館を見た。昔ながらの敷石とコートサイドの椿の花やヒマラヤスギの枝影などに囲まれて、その昔の山手公園の面影を偲ばせるような気がする。Rimg0017
 記念館入り口脇にあるツツジの植え込みに包まれるように銅製の銘板もあるのだが、小さく、ひっそりと建っているのがいじらしく思える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/18/2012

モミジの花

Rimg0005


 朝、窓越しに見たモミジが鮮烈だったので、写真に撮っておいた。もう花芽が着いている。芽吹きの時が赤いので、たぶんイロハモミジの仲間なのだろうが、図鑑を見てもはっきりとは分からない。正直な話、羽の付いた実はよく見るが、花に気がついたのは、生まれて初めてだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/17/2012

夕暮れ平戸永谷川

Rimg0010


Rimg0013
 最近は夕方近くに散歩に出ることが多い。写真を撮るには不向きな時間だが仕方がない。環状2号平戸立体下の平戸永谷川は、白鷺のほかに、カモ、特にコガモが多い。第一パンの工場裏手あたりは、桜もなかなか見事なのだが、さすがに終わり始めている感じだった。このあたりは小さな川が合流して、急に広くなったところでもあり、夕方にはゆったりした流れに、カモたちがゆっくりくつろいでいる感じに見える。桜の花びらがちらほらと浮いていて、それなりに雰囲気が良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/15/2012

葉ボタン踊る

Rimg0001


Rimg0034
 まだ寒い日もあるが、葉ボタンも花芽が伸び、パンジーやビオラも色とりどりに賑やかな季節になってきた。一雨ごとに、クレマチスの芽が伸びてくる。明後日の方向に行かないよう、折れないように方向付けをするのが大変だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/14/2012

また土曜日の雨

また土曜日の雨
遅い桜もさすがにこの土日で見納めかと思っていたら、今日は冷たい雨が降っている。ご近所蒔田野桜も雨に煙っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/13/2012

一里塚の桜

Rimg0010

 今年は花の季節がすっかりずれて、4月半ばに桜が楽しめる。旧東海道品濃の一里塚は、街道の両側に塚が残り、それぞれが公園として整備されている。西側の塚は常緑樹に覆われて昔風の雰囲気だが、東側のは頂上部に数本の桜が植えてあり、子どもの遊具も多いので、とても明るい雰囲気だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2012

桜とシラサギ

Rimg0017


Rimg0036
 川面を桜の花びらが流れる。シラサギの後ろ髪のような羽毛が風に吹き流れてひょうきんな感じがする。大橋上流の柏尾川堤の桜のトンネルが今盛りだ。Rimg0048


 花見客も多いが、セキレイもやってきている。ゆったりと静かな川の流れが心地よい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/08/2012

爽快に晴れて

Rimg0021


 子ども植物園にはいろいろな種類の桜がある。今年ソメイヨシノは特段に遅いようだが、微妙に色合いの違う桜が春の賑やかさを感じさせる。メタセコイアの樹形が青空にくっきりと浮かび、日差しはもう5月のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2012

保土ヶ谷公園の桜

Rimg0033

Rimg0043

 ずっと改修中だったふれあいの森から遊水散策路までがまもなくオープンするようだ。桜はもう一息といった感じの保土ヶ谷公園だが、もうちょっとの辛抱で、ステキな公園に生まれ変わりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/05/2012

山手公園の桜

Rimg0003

Rimg0014

 4月も5日目に入って、山手公園の桜もようやくほころびてきた。木によってはまだ2~3分咲きもあるのだが、YITCの庭から見上げる68番館脇の桜はほぼ満開といってよい。公園駐車場の桜も、ガス灯風の該当を包み込んで、強い風に揺られていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2012

嵐が過ぎて

Rimg0073


Rimg0025
 小さいころ鎌倉の名越に親戚があって、夏の海水浴は、材木座だった。今日は、名越から材木座に向かう裏道をたどって材木座まで歩いてみた。季節はずれの爆弾低気圧が通り過ぎた後の材木座海岸は、ウィンドサーフィンに絶好だったのではないか。Rimg0051
 通りがかりの傍観者には、海岸に抜ける地下道から吹き付けてくる砂粒の嵐さえ閉口だった。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/03/2012

メダカの学校?

Rimg0025


Rimg0027
 日々変化の激しいのが春の陽気。今日の夕方からは予報どおりの嵐だったが、どうやら少し落ち着いてきたようだ。昨日、お茶の水に寄ったのだが、ここは神田上水の遺構が残っている本郷給水所公苑がある。公園中央部の池では、メダカが春を謳歌しているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2012

山手68番館

Rimg0007


Rimg0012

 3月31日ヒマラヤスギ共和国ガーデンコンサートは、ほとんど春の嵐の中、68番館の屋内で開催された。港中マーチングバンドの演奏は、嵐に負けない楽しいものだったが、何しろ狭い屋内だったのはとても残念だった。
 一夜明けた4月1日も、桜はほんの数輪咲いているだけ。でも前日の嵐はウソのよう。Rimg0016
 山手公園はもう春の優雅さに満ちていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »