« February 2012 | Main | April 2012 »

03/30/2012

鵜が見守っている

Rimg0010


 ポートサイド地区のビオトープエリアの先に貨物鉄道の橋が架かっている。架線の支柱の上で、鵜が1羽ずっと止まっていた。Rimg0031
 この貨物鉄道の少し川崎寄り中央市場の裏手に当たるところに東高島駅がある。かつての神奈川台場のすぐ脇で、貨物専用の駅なので、あまりなじみのない人が多いと思う。力強い機関車がいつでも見られる、そんな場所でもある。Rimg0047


 東高島駅の海寄りが旧浅野ドック跡。結構きれいに整備されて、大桟橋やマリンタワー、それにベイブリッジが見渡せる気持ちのよい公園になっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/29/2012

コガモの波紋

Rimg0017


 平戸永谷川の環2平戸立体付近にはコガモが多い。遊水地に沿ってゆったりとした流れのこのあたりで、餌を摂るコガモたちの作る波紋が長閑だ。コガモの鳴き声はクリックリッという細い声で、ほかのカモたちのグェッグェッという声よりもずっと可愛らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/27/2012

桜が咲き始めた

Rimg0005
Rimg0003


 東戸塚駅の横浜より陸橋を越えたところの桜は、例年他所よりも早く咲くのだが、やっと2、3日前から咲き出したようだ。今は4分咲きといったところだろうか。晴れていても、まだ空気が冷たい感じだが、知っている人は見に来ているようだ。宅配のバイクが花の下を走り抜けていく姿は、いかにも春の景色に思える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/25/2012

春の海

Rimg0043


 春の海はどことなく厳しさを秘めながらも、きらきらとした明るさに満ちている。砂浜には、海藻が打ち上げられていて、ちょっと乱雑な感じがするが、それも海からの贈り物の一つだ。寄せてくる波に挑戦したくなる気持ちもよく分かる。とても大きな優しさの一つなのだろう。(由比ヶ浜で)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/24/2012

雨が上がって

Rimg0020


Rimg0021


 昨日、今日と雨が続いた。何とか春らしい夕日が富士山と丹沢に輝いていた。巨大な山並みの裾には霞が棚引いていた。黄金の春といっては言いすぎか。彼岸を過ぎたとは言っても、来週半ばまではまだ寒い日が続くようだ。政治の混沌を無視して、自然は次々と季節ごとの変貌を見せてくれている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/22/2012

お彼岸の梅林

Rimg0026


Rimg0034


 お彼岸に入って、ようやく児童遊園地の梅林も見頃になってきた。こんな天気の日に、梅林で抹茶がいただけたら最高だと思うのだが、今年は時期が遅すぎて、そんな支度はまるでないようだ。ほかのエリアでは、本格的な春へ向けての造園作業が進んでいる。今年は、緑化センターの風景もだいぶ変わるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/20/2012

久しぶりの境木町公園

Rimg0020


Rimg0026


Rimg0025
 境木町公園は、環状2号道路の脇、境木町住宅地の一番の高みにある、ちょっと人里から離れた雰囲気のところだ。でも、公園の斜面を少し下ると梅がよい感じに咲いており、どこからともなくひばりのさえずりが聞こえる。本当に、すがすがしい春の彼岸を迎えている感じだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/19/2012

旧東海道芝生の追分

Rimg0028


Rimg0025_2
 午前中は晴れたが、昼前からすっきりしない曇り空になってしまった。旧東海道を横浜市西区浅間下から興福寺にかけて歩いてみた。まもなく松原商店街というところにあるのが、芝生の追分。旧東海道と絹の道・八王子道の分かれ道だ。安政6年(1859年)横浜開港以来、八王子から横浜の開港場へ絹を運んできた八王子道は産業史的には重要な場所だと思うが、今は、民家の角にぽつんと道標風の説明板が建っているだけだ。
 

 

| | Comments (9) | TrackBack (0)

03/18/2012

ローン・テニスの詩

Rimg0022


 3月12日横浜山手テニス発祥記念館で資料調査をしました。書庫内に、山手公園でのローン・テニスを詠った詩のパネルがあったのでご紹介しておきます。大正浪漫主義を代表する横浜の詩人・柳沢 健氏が大正7年(1918年)詩集「海港」に発表したものだそうです。5月の山手公園でのテニスが、あまりに爽やかに、美しく描かれていて、目がくらむように感じました。
 今は、テニス発祥記念館奥のステンドグラスの斜め前あたりに展示してあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/17/2012

春雨?に煙る梅花

春雨?に煙る梅花
明け方はかなり強く降っていた。少し小降りになって、春雨らしい風情に感じられる。昼過ぎから南風に変わって、気温が上がるそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/16/2012

またハッカ鳥です

Rimg0003


 国道1号山谷交差点からちょっと戸塚より、坂下口の辺りで見かけました。今日は、かなりはっきりと特徴が捉えられたと思います。嘴の上に、ちょっと気取った風な飾り羽が、鶏冠のような感じで見えます。両翼の白丸も、たたんだ翼の上からはっきりと見えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/15/2012

荏柄天神

Rimg0001


 荏柄天神の石段はずいぶんきつい。その石段の脇に黄色い三椏の花が激しく咲いていた。和紙の元になる木だから、学問の神様には相応しいということなのだろう。Rimg0011
 階段を上り終えれば境内はとても美しい。梅の花も満開で、合格祈願と思われる絵馬やお神籤もたくさん奉納されている。この境内の一角には、漫画家清水崑縁の絵筆塚があり、それと対面するように熊野権現の矢倉があったりする。Rimg0013
 とても清々しい美しさに満ちた境内だ。社務所では500ミリリットルの御神酒が戴けるようになっていた。天神様はお酒の神様でもあったのかと思ったが、詳しいことは尋ねじまいだった。今度確認してみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/14/2012

保土ヶ谷公園の梅

Rimg0030


Rimg0015
 このところ晴れの日が続く。とはいえ、午後になるとかなり雲が広がってくる。冷たい空気が入っていて大気の状態は不安定なのかも知れない。保土ヶ谷公園の梅林では茶店が出ていた。抹茶にお菓子が付いて400円。赤い日傘に緋毛氈の腰掛けが、いかにもという雰囲気を漂わせている。Rimg0020


 肝心の梅の花はほぼ満開のものもあるのだが、半数ぐらいはまだつぼみが堅い感じだ。たぶんお彼岸過ぎまで、十分に梅林の美しさを楽しめるのではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/13/2012

蒔田公園で

Rimg0002


 蒔田公園の脇をかすめるように首都高花之木オフランプが走っている。橋脚がギリシャの神殿のように一面を区画しているようだ。昔から蒔田公園として親しまれていたところだが、どうも単純な公園ではないようだ。Rimg0009
 ふれあいアクアパークの辺りは県の横浜川崎治水事務所のかんりだという。船着場みたいなところではムクドリが無心に遊んでいるように見えた。Rimg0012
 すぐ脇に環境活動拠点というのがあるけれど、これは市民の活動を市が支援する施設らしい。中央付近は大型の遊具「どんぐりとりで」というのがある。いろいろなものが詰まった公園で、蒔田緑地という言い方もあるようだ。梅や桜の花もあれば、イチョウの黄葉もきれいなところで、市街地の中に大きな緑地空間が、大岡川、中村川、首都高速などに囲まれている。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/12/2012

山手公園愛護会

Rimg0027


Rimg0014


 今日は山手公園愛護会のアジサイの苗植栽イベントがありました。大人たちは早くから焼き芋の準備で大忙しでしたが、子どもたちのほうは、植栽のやり方からお勉強の段階。どうしたらよいのか結構戸惑いがちだったようにも見えました。ミミズの出現もちょっとした驚きだったようです。Rimg0038
 午前中は久しぶりのよい天気に恵まれて、土にまみれての植栽もなかなか楽しい思い出になったと思います。山手公園子どもの遊び場は、大きな木に囲まれて、木陰の多い場所ですが、アジサイの花がきれいな彩を加えてくれるだろうと思います。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

03/11/2012

ようやく晴れたね

Rimg0036


 先週後半からずっと雨に降り込められたような感じだったが、今日の昼頃から気持ちよく晴れて、春を感じさせてくれた。夕方にかけてまた雲が多くなったが、冷たいながらも、夕日を受けて微妙な色合いの変化を見せてくれた。東日本大震災・津波から1年、長かったが、何とか春はそこまで来ているよと告げてくれているのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/10/2012

沈丁花と黄色い花

Rimg0008


Rimg0009
 昨日からの雨はほとんど嵐のようだった。特に夜中の風雨が強かったようで、細い木で吹き折られたようなものも見かけた。いつも通っている近くの医院の沈丁花は赤い蕾がしっかりと閉じたまま、独特の匂いはまだ感じられない。Rimg0010
 医院からの帰り道、春に相応しくびっしりと咲いた黄色い花があった。黄梅のようだ。図鑑によると木犀科の花木だそうで、3月から春を告げる感じでよく咲くらしく、細い枝が枝垂れるよう咲くものもあるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/08/2012

梅もようやく華やかに

Rimg0011

Rimg0014

Rimg0013


 横浜市保土ヶ谷区にある児童遊園地の梅林。今年の寒さで、花は遅れに遅れた感じだったが、ようやく華やかな風景になってきた。でも、よく開いているのはまだ半分ぐらい。特に白梅はまだこれからというところ。中央の畑も菜の花が黄色に染まってきたところだが、まだ散策路を工事中だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/07/2012

旧東海道-平戸果樹の里

Rimg0008


Rimg0011


 品濃の一里塚を過ぎ、東戸塚駅への陸橋入り口を通り過ぎてしばらくいくと平戸果樹の里に入っていく。三椏の花がようやく黄色に色づいてきた。果樹の里にかかるあたりの生垣はいかにもという趣があり、紅白の梅が狭い道の両側に相対するように花をつけていた。のどかな街道風景というところか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

03/06/2012

東戸塚は突然の春

Rimg0029

Rimg0021


 昼過ぎから気温がどんどん上がっていった。たぶん16度くらいまでは行ったのだろう。東戸塚駅前白旗神社裏の公園入り口では紅白の梅が、どうやら満開だった。
 旧東海道品濃坂の碑も輝くようで、環状2号道路も春霞の中のようだった。Rimg0027

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/04/2012

児童遊園地の梅

Rimg0014_2

 ここ10年ほどの間では、遅くとも3月になれば見頃を迎えていたはずの児童遊園地の梅だが、今紅梅が数本7分咲きといったところ。白梅は2分咲き以下といった状況だ。昨日はちょっと暖かくなったのだが、また天気が崩れて、月曜、火曜と寒くなる予想だ。3月半ばになれば何とか見頃になるのだろうかと、心細くなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/01/2012

雪の後に

Rimg0022

Rimg0018

 ずいぶん積もった雪も、思いのほか解けるのは早かった。昨日雪かきにがんばった甲斐があったというところだ。猫はのんきに雪解けの道路を眺めていたが、冷たい雪はあまり好きではなさそうだ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »