« December 2011 | Main | February 2012 »

01/31/2012

駅伝の下水フタ

Rimg0033


Rimg0034
 寒い寒いと言い続けた1月。最高気温10度を超えたのはほんの数日だったようだ。ここ何年かで際立って寒い1月だったのは間違いないようだ。
 この寒さで閉じこもりがちだったが、ようやく外の様子を見に行く気になった。保土ヶ谷二丁目でふと気がついたのが、浮世絵の宿場風景と駅伝を組み合わせた画像。保土ヶ谷二丁目上りバス停近くの足下にあった。この付近では一つだけのようだが、最近の箱根駅伝の速いイメージが良く出ている。今年の駅伝が通り過ぎてから、もう1ヵ月経ったのだなと、改めて感じた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/30/2012

冬らしい冬

Rimg0018


 大寒が過ぎて、今週末は立春だが、寒さは一入で、2月半ばからはさらに寒くなることもあるようだ。このところ関東では比較的暖冬が続いていたせいか、この寒さはこたえるし、電気料金普段の年よりはだいぶ増えている。遠くに見える丹沢の山並みも綺麗に冠雪していて、今年は例年以上に神々しく見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/28/2012

菜の花

Rimg0022


Rimg0024


 児童遊園地では、中央の花畑に菜の花を植えている。このところの寒さで、菜の花も縮こまっているように見えるが、もう小さな黄色い花が開いてきている。2月も厳しい寒さが続きそうだが、一足早い春を一生懸命引っ張ってくれているような感じだ。梅林も今年は花が遅くなるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/27/2012

冬空のはぐれ雲

Rimg0058


 昨日も今日も冷蔵庫の中にいるような感じがする。冬はこんなに寒かったのかという思いだ。環境活動支援センターから見る冬空は、冷たいが故に美しい。雪を運んでくるかと思える黒雲の上に、ひとひらのはぐれ雲が真っ白に輝いていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/26/2012

寒中のメジロ

Rimg0006


 雪の後一際寒い毎日が続いている。空は真っ青に澄んで、冷たい。メジロの黄緑色がぴちぴちと撥ねる。電話線やCATVケーブルの束が力強い。厳しい寒さを跳ね返すようにメジロのおしゃべりが響いている。
 ようやく家にやってくるメジロの写真が撮れた。この次はもう少ししっかりと姿をとらえてみたいものだと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/25/2012

クジラ雲?

Rimg0002


 環状2号を品濃から上永谷へと向かう途中、前方の空にぽかりと浮かんだ雲をクジラ雲かと思った。どんどん形が変わってしまうので、写真ではもうフグかカワハギみたいな感じになってしまった。もう一つ左の雲も金魚のように思える。冷たく澄み切った空だが、雲はいろいろな形を作ってほっと一息つかせてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2012

川上川せせらぎの小道

Rimg0032_4


Rimg0035


 グループホームの運営推進会議の帰り道、蝋梅の綺麗に咲いている姿に惹かれて、道路脇の道に入っていった。小川の両側にしっかりとした石積みで堤が築かれていて、なかなか風情がある。昨日の雪の名残もあって、冷たい風が吹き抜けているが、大きな木の下に休憩用のベンチも用意されている。春になったら気持ちが良いだろうなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/22/2012

雨上がりの丘

Rimg0006


 昨日は雪を降らせた雲も、今日は雨に変わり、夕方ようやく上がった。冷たい雨に洗い流されたような住宅が積み重なって、丘を形成している.西の空にかかる雲はまだまだ冷たい空気のカーテンとなって、夕陽を包んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2012

大寒の日-石川町

Rimg0004


Rimg0005
 石川町駅前と言っていいと思うが、運河に係留された船には日の丸が翻っていた。今日は大寒。暦どおりとかは言いたくないが、とても寒い日だ。街中では何とか雪にならずに良かったと思う。
 中華街方面から元街へ抜ける橋は、どことなく異次元への入り口のようにも思える。川面から橋に吹き抜けていく風は、とてつもなく冷たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/20/2012

どうやら乾燥解除

Rimg0001


 夜中から雨だったようだが、明け方から雪で昼過ぎまでまだ降り続いている。30日間の乾燥もどうやら解除されたようだ。鉢植えの花もかわいそうのような感じだが、霜に当たるよりはましかも知れない。それほど積もるわけでもなそうなので、後は適当な湿度で息を吹き返すのではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2012

久しぶりの三渓園

Rimg0002


Rimg0034
 正月もウィークデー真ん中の木曜日はさすがに人が少ない。それでも観光バスが1台入っていた。中国からのツアー客のようだった。久しぶりに来て、はっとする思いだったのが聴秋閣だった。侘び寂の世界のようだがまさに秋の景色の中に際立った美しさを見せていた。Rimg0015
 旧原家の母屋だった鶴翔閣は圧倒的な迫力を感じさせる。手前の池には、キンクロハジロが多い。池越しに見える三渓園記念館のたたずまいも優雅だ。
Rimg0060
 見送りネコだか、客引きだかわからないが、出口(入り口)脇の車いす貸し出しの看板の下でキジネコがかしこまって座っていた。単なるひなたぼっこなのかも知れないが、きまじめに仕事とわきまえているような風情が可笑しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/18/2012

ホシハジロの水上行進

Rimg0015


 大岡川、弘岡橋の近くでホシハジロの一群が水上を進んでくる。なんだか行進の訓練でもしているようだ。このあたりには、いつもアオサギがいて通る人々の人気もあるようだ。Rimg0048
 いかにも寒そうな感じがするのだが、うっすらとした陽光を浴びながらのんびりとしている。周りをカモがえさをつつきながらぐるぐる回っていても、まるで知らん顔をしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/16/2012

花後のシルホサ

Rimg0012


 秋冬咲クレマチスのシルホサ。今は花が終わって、もう次のつぼみが出始めてはいるのだが、冬の冷たい空気の中で、花殻が雪を思わせるような不思議な美しさを見せていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/13/2012

風吹きさらして夕焼け富士

Rimg0021


Rimg0019
 正月になって寒い日が続いている。空気はかなり乾燥していて、風景も風に吹きさらされたような感じがする。夕方、家路に向けたバスを遠くの富士山が見送っているようだ。こんな寒さの夕方では、富士を振り返ってみるよりも、家の明かりの方がほっと出来るだろう。でもこんな夕景は、何度も繰り返された街道の風景とあまり変わりはないのだと思う。そう、旅路はまだまだ続いていくのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/12/2012

帷子川のオナガガモ

Rimg0004


Rimg0014


 昨日保土ヶ谷図書館に行った。図書館の前の帷子川は水辺に降りていくことができるようになっている。岸辺から川の中程まで杭状の石が並んでいるが、その上に行儀良くカモが並んでいた。下流の旧保土ヶ谷宿あたりで合流する今井川のカモとはちょっと種類が違うようで、調べたら、オナガガモという種類だそうだ。雄は首筋が白く、なかなかダンディな姿をしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/11/2012

鶴岡八幡宮への段葛

120110_140001


 昨日、久しぶりに段葛を歩いてみた。正月は提灯も綺麗に並び、さすがに華やかで、気分が改まる感じがする。松が明けて鏡開きの日になり、八幡宮では正月の仮設受付所などの撤去作業が始まっていた。とはいえ、門前の町並みはますます正月気分が盛り上がっているようにも感じられた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2012

ぼたん庭園

Rimg0021
 正月は段葛も賑々しい感じがする。鶴岡八幡宮では源平池の脇にある斎館の神苑で牡丹が見頃だ。冬の見頃は元日から2月下旬だそうだ。今の季節は藁囲いがしてあったり、傘がさしてあったりと一段と風情のある感じになっている。Rimg0020
 同じ場所で、4月から5月下旬もまた見頃になる。もちろん春が本来の季節で、今の時期に見られるのはあまりないと、案内にも書いてあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2012

送電線鉄塔に月

Rimg0011


 保土ヶ谷区権太坂(町としてはたぶん狩場町)には変電所がある。去年3.11の後は計画停電がどうなるかずいぶん心配したものだが、結局この地域では停電はなかった。エリア内に大きな病院が複数あるので、停電しなかったのかも知れない。今は、何事もなかったように月がかかって、ガッシリとそびえる鉄塔が頼もしく見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2012

冬らしい寒さが続く

Rimg0001


 今朝は植木鉢周りのこぼれ水が凍っていた。自宅前から見える富士山は、やや雲がかかりながらも、新春らしい姿を見せている。久しぶりに冬らしい寒さに、Rimg0007
ネコも寒そうな顔をしながら後をついてくる。
 地球温暖化の理屈はよく分からないが、冷たい風も、かえって心地よい。1月に入ると、乾燥の影響だろうが、庭の土の色も白っぽく、真冬独特の感じになってくるのが、何か不思議に思える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2012

駐車場のハッカ鳥

Rimg0043

 町内会資源回収に段ボールを出したときに、ハッカ鳥を見かけた。ゆっくり近づきながら写真を撮ろうとするのだが、全身ほぼ黒なので、細かいところがうまく出ない。
Rimg0045
 一昨日も電柱の上にいるのを撮ったのだが、それよりはましかなと思った。高いところからピッコロのような声で鳴いていることが多いので、見つけるのはたやすいが、背景が空だと輪郭のようにしか写らない。嘴の上に鶏冠状の羽毛があるので、輪郭だけでも特色がわかるともいえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/05/2012

水上の都市

Rimg0014


Rimg0009
 久しぶりに横浜駅まで行った。MM地区をちょっと覗いて、ポートサイドの水鳥を写したりした。横浜駅東口とMMを結ぶ通路は、空中を渡るというよりも、水族館の水槽の中を通っているような気がする。Rimg0035
ポートサイド前の水面には相変わらず水鳥が集まっている。カモメの群れや、キンクロハジロの一群がエリアを分けて休んでいる。ところでMMの一角には巨大な本社ビルが立ち並びだしているが、空き地もまだ多い。本当に発展していくのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/04/2012

平戸果樹の里

Rimg0022


Rimg0020
 正月3が日を過ぎて、また寒気が押し寄せてくるようだ。平戸果樹の里も、静かに次のシーズンへ向けての準備始まっているらしい。果樹の根元にかすかに枯れ草を焼く煙がたなびいている。
 あたりを見渡せる「平戸みはらし公園」の頂上部では、葉を落とした大きな木が出迎えてくれている。今日は富士山は雲の彼方に隠れている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/02/2012

ご近所の雑木林

Rimg0026


Rimg0023
 自宅から歩いて5分ぐらいの所にある三王山公園の裏手に、かなりの広さで雑木林が広がっている。ちょっとした里山公園で、斜面には散策用の階段も整備されている。その一角からは、東戸塚の高層住宅も見通せるが、その方角は、戸建て住宅の山になっている。静かな新年に相応しい懐かしさのあふれる風景は、この地域の子どもたちにも古里の情景として残るだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2012

ご近所初詣

Rimg0009


Rimg0014_2
 東戸塚平戸近辺の初詣としては、やはり旧東海道境木の立場にあたる境木地蔵が一番賑やかなような気がする。年越しから、元日の午前中まで結構行列ができていて、焼きそば、おでんの屋台も出ている。確か時間によっては甘酒の振る舞いもあるはずだ。大きな所と違って、静かでのんびりした雰囲気が良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »