« July 2011 | Main | September 2011 »

08/31/2011

気象観測所

Rimg0001


Rimg0006
 台風12号がやって来そうだ。金曜日か土曜日あたりに東日本・西日本に接近してくるらしい。
 平戸には気象観測所があった。上空はちょうど秋の終わりと台風の予兆を同時に思わせる雲が流れている。気象観測所というのは、気象台と連携して、アメダスのデータを測定する拠点なのだそうだ。入り口の看板に「横浜地方気象台届出済み」と書いてあった。民間独自の気象観測所ということなのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2011

気配は実りの秋

Rimg0005
 ご近所で、スチロールの箱に稲を育てている。もう黄色く色づいた穂が垂れ下がり始めている。朝晩めっきり涼しくなった感じがするし、虫の声はまだだが、実りの秋の気配がしてきた。
 民主党はテレビのワイドショー特集みたいな代表選をやったけれど、上手く秋の実りに結びつけられるのだろうか?野田さんの代表決定第一声は「もうノーサイドにしましょう」だった。気持ちはわかる気がするけれど、とても内向きな発言だと思う。基本的に、マニフェストを反故にしておいて、なおかつ自党から首相を出そうというのは、理解ができない。総選挙をしないなら、数の論理に縛られることなく、政権を他党に譲るべきではないのか。連立で、多数派の党が少数派の首相を担いだ例は過去にもある。代表選に勝ったから、首相だというのでは、この先どうなるのか、今までと変わらないのではないかと思う。実りのない、秋の気配だけにならないと良いと思うが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/28/2011

国道1号バス停脇に

Rimg0002


 国道1号権太坂脇の土手にいろいろな植物が茂っている。蔓草が多いのだが、茅Rimg0003
みたいな雑草の中に埋もれて、黄色い花が一輪咲いていた。すぐそばの葛の葉の上には、蝉の抜け殻が行儀良く乗っている。狭くて、厳しい環境の土手にも、いろいろな生物が生活していてい、ちょっとずつ季節の移り変わりを伝えてくれる。もう少したてば、この近くで仙人草が白い花を付けるはずだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/26/2011

鳥山川で

Rimg0019


Rimg0016
 久しぶりに新横浜へ行った。
鶴見川の支流、鳥山川は葦や夏草に覆われて、川岸からはほとんど水面が見えない。新横浜へとはいって来る道路は、いろいろな角度で鶴見川上流の橋を渡る。このところの不安的な天候で、橋の上の雲は、相変わらず雷雨の予感に満ちている。ふと橋脚の一つを見ると、竜の頭かと思わせる絵が浮き出ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/25/2011

不穏な空

Rimg0012


Rimg0019
 このところぐずついた天気が続いている。晴れていたかと思うと突然の雨に驚かされたりもする。雨上がりの滝の川は静かで、上げ潮の時間だったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/22/2011

テニス記念館イベント

Rimg0033


Rimg0018
 21日、テニス発祥記念館として、多分、初の子ども向けイベントがありました。影絵・ネズミの婿取りを楽しんだ後、子どもたちが自分でくるくるレインボー作りに挑戦するワークショップがあり、雨の日曜日でしたが、ちょっと変わった夏休みの思い出になったかも知れません。Rimg0029
 ワークショップの制作中、学生らしき来館者が、展示してあるラケットやテニスの浮世絵ステンドグラスを携帯で写したり、記念館を楽しんでいる姿もありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/21/2011

梅雨寒む?

Rimg0002


 一昨日の昼から雨が降り出して、それまでの猛暑が嘘のように気温が下がってきた。110821
Webサイトの天気図を見たら、梅雨前線のような強力な寒冷前線が、中国から日本列島の南部を横切ってオホーツク海方面までつながって描かれている。横浜は静かな雨だが、とても夏とは思えない寒さだ。週の後半からはまた暑さが戻ってくるらしいが、それまでぐずついた天気になりそうだ。
 ところで、今年はまだ秋の虫の声があまり聞こえない。確か、立秋過ぎれば暑くても鳴き出すものだと思っていた。急な寒さで返って戸惑ってしまったのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2011

山手西洋館と絵本

Rimg0008


Rimg0016


 山手テニス発祥記念館で小さな絵本展をやっている。今日から8月21日(日)まで。タイトルは西洋館絵本フェスティバル。「宇宙のアルバム」「海辺のずかん」「世界のくにぐにと国旗がわかる絵本」など、小学生の夏休み向けの感じの絵本が並んでいる。21日午後2時~3時には「影絵とくるくるレインボーのワークショップ」もある。(ちょっとPRを兼ねて)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/17/2011

楓の種子

Rimg0003


 楓の種子が朝日を浴びていた。この楓は、春の芽が出る頃から赤緑色をしている。種子はきれいなピンクに見える。4、5月頃には花が咲くらしいのだが、まだ楓の花を見たことはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2011

ホバリング

110815_092501


Rimg0006
 高温多湿で夏ばてど真ん中のような日々が続く。我が家の前で赤とんぼが涼しげにホバリングしていたので、とりあえず携帯で撮ってみた。電線にぶら下がっているようにも見えるが、電線はかなり上の方で、中空でほとんど止まっている。
 このところトンボ付いているので、平戸永谷川のハグロトンボも写しに行ってきた。ちょっと風が強いので、なかなか上手く止められないが、何とかそれらしく撮れたようだ。この辺りは、川魚も結構豊富で、水はかなり綺麗なようだ。(般若寺橋近く)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/15/2011

運河に聳える

Rimg0014


Rimg0018


 横浜駅東口の風景が少しづつ変わっていく。MM地区側に新しいオフィスビルが建ち上がってきている。運河脇プロムナードの仮設の塀が取り払われれば、また違った眺めになるだろう。白い塀に浮き上がるイラストの木も捨てがたいものがあるけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/14/2011

トンボも一息

ヤンマも一息
七沢では赤とんぼを見た。今日自宅にはシオカラトンボが来ていた。やはり夏だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2011

厚木七沢にて

Rimg0006


Rimg0007


Rimg0013
 今日も多分猛暑日の横浜を逃れて、七沢にやってきた。ここまで来ても暑いのに変わりはない状況だが、感じとして都市部より3度くらいは低い感じだ。カフェジャルダンの庭では赤とんぼ(ミヤマアカネ)や、小さな緑のアマガエルに出会えた。とりあえず避暑地の雰囲気を堪能できた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2011

葉山にて

Rimg0005


 連日の大変な蒸し暑さを逃れようと、神奈川県立近代美術館葉山に行った。とりあえずレストランに入って、木陰越しに一色海水浴場を眺めた。レストランから見ている分には気持ちよさそうで、気分もゆったりするが、屋外に出たら暑くてたまらない。
 葉山館では、この時期に当初予定していたのは「ジョルジョ・モランディ展 モランディとの対話-デ・キリコからフォンターナへ」だったが、福島原子力発電所事故による諸問題が今もって解決しないため、結局中止になったそうだ。代わりに、10月2日(日)まで「開館60周年 現代美術の展開-ザ・ベスト・コレクション」をやっている。戦後から20世紀末までのなじみの展示に改めて時代のモダンさを感じたり、現代の作家の作品の発想に魅せられたり、なかなか楽しい。夏休みで、若い人や、子どもたちもやって来ていて結構賑やかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2011

平戸永谷川、夏の夕暮れ

Rimg0029


Rimg0034


Rimg0035
 立秋を過ぎて残暑の時季に入った。また、7月半ばの暑さが戻ってきたが、蒸し暑さが7月よりも一段と厳しい感じだ。日中外に出るのもおっくうだが、夕方の散歩も一向に汗がひかない。平戸永谷川上空の雲は、如何にも水蒸気を一杯にため込んだように重苦しく広がろうとしていた。ムクドリも伝染の上に集まって、ようよう息をついているようだ。
 自宅に戻れば、西の空に、太陽光が雲をかすめて残照を放射していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2011

暑さこらえて

Rimg0003


Rimg0005


 このところの蒸し暑さに、流石に出かけるのに躊躇してしまう。ネコはいつでもそれなりに過ごしやすいところを見つけ出すものだ。昨日は、階段の上の方で番ネコを買って出ていた。元気な子どもが通ったりすればすぐ逃げ出してしまうのだが、優しそうな人が通ればお愛想を言おうという魂胆だ。
 ネコのダイキチが階段から見上げていた空は、右の写真の通りで、雨が降るぞ、雷が鳴るぞというかけ声ばかりで、一向に降ってこない。空気は本当に蒸し暑いままだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2011

子ども手当廃止

 12年度から子ども手当が廃止されることが決まったそうだ。与野党協議の結果、特例公債法案成立と菅首相退陣の環境整備のためだそうだが、何とも情けない話だと思う。
 元々子ども手当と児童手当の違いも十分に議論されていたわけではないので、児童手当を拡充するのならそれでよいではないかと思ってしまうが、それならなおのこと廃止する理由にはならないと思う。似たような制度だが、本当は基本的な考え方が全く違うのではないか?子ども手当は、単なる子育ての経費不足を補うだけでなく、バーシックインカムとして子どもの生存権を補償しようというものではなかったか?満額支給されれば、仮に一人親であっても、子育てに必要以上に負担を感じることなく、自分たちの生活を維持、立て直しをしていくことができたのではないかと思う。単に子育てだけでなく、非正規雇用や派遣労働をはじめとする雇用問題にも関連していくものではなかったかと思う。この段階で、不信任案を大差で否決したした首相を退陣させるためという理由で廃止が決まってしまうというのは、本当に、国会の見識や国会議員の資質、政治感覚を疑ってしまう。
 多分民主党の議員も、多くは子ども手当の意義についてそれほど考えてはいなかったのだろう。選挙に勝つための、マニフェストの目玉程度の考えしかなかったのだろう。マニフェストの罪も大きい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/04/2011

断続的に雨

Rimg0009


Rimg0010


Rimg0005
 昨日から天候がとても不安定だ。台風9号の余波というにはちょっと早いような気もする。時折、熱帯型のスコールのような感じの雨というのはやや大げさだが、今まで晴れていたと思っていたのに、突然降り出す。30分も降り続くことはないようだ。外に出てみると、東戸塚の駅の上で天気が分かれているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/03/2011

武相国境の木

Rimg0006


 蒸し暑い一日だった。夏日と梅雨が同居している。日中大雨警報が出、雷が鳴った後一段と暑くなった。武蔵国と相模国の境に、大きな木があったそうだが、今は円形の台座に木柱の表示が立っているのみ。境木地蔵前のバス停では、ビールの広告が帰宅する人を出迎えている。
 相模国戸塚宿までは一里七町。ここから戸塚宿へ向けて焼き餅坂を過ぎれば品濃の一里塚がある。保土ヶ谷宿へ向けては、権太坂の難所方面へ、カーブの多い狭い道を小型バスと普通車がぎりぎりにすれ違う。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

08/02/2011

テニス発祥記念館資料から

100420_004


 初期のテニス技術指導書には、ガラスケースの中で展示していて手にとって読むことができないものもあります。貴重書の扱いなので仕方がない面もありますが、ちょっとでも中味を見てもらえたら面白いのではないかと、今月下旬に点検調査をする予定です。昔のプレイの様子を描いた絵皿もあります。個々の資料をアップした写真で、何か工夫ができないかと考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2011

道ばたのオシロイバナ

Rimg0012


Rimg0010


 今日から8月、夏本番とも、夏休み本番とも言えるのだが、梅雨っぽい空がまだすっきり夏だとは言えない感じだ。このところ、道ばたにオシロイバナをよく見かける。色も様々で、綺麗だが、中には色づけを間違えたのかと思うようなのもある。夕化粧という名前もあるそうだ。夕方から翌朝まで咲いているからということらしいが、秋頃からは昼間も咲いているのだそうだ。Rimg0011
 名前の由来は、実を割ると中の胚乳が昔のおしろいの粉ようだからということだそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »