« June 2011 | Main | August 2011 »

07/31/2011

トリップ・ミラー?

Rimg0015


 JR東海道線脇の階段にミラーが取り付けてある。鉄道の下をくぐる地下道を映し出していて、異次元空間へのトリップに誘っているようだ。(東戸塚清水谷戸地下道)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/30/2011

今年の蝉

Rimg0018


Rimg0012


 クレマチスの二番花やアブチロンが咲いている後ろで、ツタの葉に蝉がひっそりと止まっていた。鳴かないから雌なのかなと思ったが、ツタの葉の裏側に抜け殻があるようで、尻尾の一部が見えていた。羽化した後に、じっと体力、気力を高めていただけなのかも知れない。今年は7月下旬になってようやく蝉が鳴き出したような気がする。まだ、蝉時雨などという賑やかさは、この辺りでは聞かれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/29/2011

もどり梅雨?

Rimg0028


Rimg0030


 昨日の早朝あたりからよく雨が降るようになった。風がなく、さーっと降ってくるので、よいお湿りだと喜んでいるのだが、今日は、予定外に日中まで雨が降ってきた。静かで、もどり梅雨の感じがする。でも、フィリピン近くで台風9号が発生して、来週は日本に接近しそうだという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/27/2011

東戸塚の北天院

Rimg0034


Rimg0032


 あまりに蒸し暑い、いつ夕立があってもおかしくない雲行きの日だった。東戸塚の北天院はJR東海道線と横須賀線に挟まれた所にある。しかも、両線とも北天院のすぐ裏側のあたりでトンネルに入る。北天院の奥は清水谷戸トンネルの保安林に続いているのだと思う。円覚寺系列の臨済宗のお寺で、そのたたずまいはなかなかの古刹の風貌だ。Rimg0035
百八段のお数珠坂の上に山門がある。山門を入ってすぐの敷石には、龍の画像が彫り込まれている。清浄な世界に、世俗のものが濫りに立ち入ってはいけないということなのだろうか?円覚寺と開山を同じくするという格式の高さを感じさせられる。Rimg0022


 正に世俗の鉄道は、裏山のトンネルをひっそりと抜けていかなければならない。車両の響きも、古刹にはとうてい届かないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/26/2011

丘の中腹に風車

Rimg0008


 保土ヶ谷橋交差点の上、丘というより崖の中腹かも知れない。確かに風当たりは強そうな場所に、普通の民家にしては大きな風車が出現していた。風力発電なのだろうか?これから日本の風景が変わっていくのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/25/2011

ペコちゃんの夏

Rimg0010


 JR保土ヶ谷駅の近くは、昔とあまり変わっていない感じがする。懐かしいペコちゃんが、元気に夏をアピールしているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/24/2011

蝉の抜け殻

Rimg0004


Rimg0003


 朝、蝉の抜け殻を見つけた。今年は、最近になってちょっと一声ぐらい聞こえたかなという程度で、あまり蝉の声を聞いた記憶がない。でも、ちゃんと育って、外へ出てきているんだなと思った。手に取ってみると、小型だが精巧な機械のようにも感じる。ひっくり返してみると前足が鍵のようになって、ちゃんと羽の位置もちょっと色が変わって見えている。やはり、自然はおもしろい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/22/2011

台風6号去って

110721_180402


 台風6号が伊豆諸島からさらに南東へ抜けたおかげで、関東地方には北風が入り、結構寒い。ネコのダイキチは、秋風が立ったような夕陽を浴びて、涼しいのか、寒いからかやたらと甘えたがる。
 今日国会では、菅首相がマニフェストの財源見通しが甘く国民に迷惑をかけたと陳謝したそうだ。陳謝して何か改善するのかどうかはわからないが、そういえば国会の会期を8月末まで延期したのだっけと、改めて「国会審議をやっているのだ」と思った。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

椿に実がついている

椿に実がついている
今朝プラゴミ出しの帰り道、ふと気がついたら、椿に鈴でも付けたような大きな実がなっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/21/2011

クレマチス二番花

Rimg0008


Rimg0004


Rimg0006


 台風6号は四国、紀伊半島をかすめるようにして、伊豆諸島八丈島の方に進み、さらに南東に抜けていっているようだ。おかげで、関東は北東の風が吹いて4、5月の気温になっているようだ。
Rimg0011
 梅雨明けの猛暑が続いている間に、クレマチスの二番花が咲き出している。小さい花が多いが、いろいろ個性が違って面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/20/2011

またバイカウツギ

またバイカウツギ
この間までバイカウツギの二番花が咲いていた。そのすぐ脇の花芽が大きくなって、もうじき咲きそうだ。三番花とでも言うのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/19/2011

夏曇りの英連邦軍墓地

Rimg0001


Rimg0015


 梅雨明けから長く続いた猛暑も一区切り付いた。台風が近づいて曇りがちの英連邦軍墓地へ行ってみた。緑の芝生が広がる中に整然と並んだ墓標。平和の礎となって異国に眠る兵士たちの思いが込められ、どっしりと据えられた墓標の間に季節の花が咲いている。Rimg0004


 この墓地にはユーカリの木も多い。連邦軍にはオーストラリア、インド、カナダなどが加わっており、それぞれの所属部隊ごとに墓地が構成されているようだ。そんな部隊ごとの墓標を見守るようにそびえ立っているユーカリもある。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

07/18/2011

夕焼け富士

Rimg0003


Rimg0007


 今朝から曇りがちの空だが、横浜は6月28日から3週間ほぼ毎日の晴天が続き、昨日が一応ピークだったらしい。夕焼けの富士山は正に炎暑の象徴のように夕陽の底に沈んでいた。右側に連なる丹沢の山並みも炎天の美しいグラデーションを見せていた。
 今朝ちょっと蝉の声が聞こえたような気がしたが、もう聞こえない。蝉も暑すぎては出てこられないのだろうか?なでしこジャパンの歓声も、今は収まったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/17/2011

朝の一息

朝の一息
暑さひとしおの毎日。朝方、アベリアの花にヒメアカタテハがやって来ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2011

テニス発祥記念館資料から

Rimg0180


Rimg0178


 今年は、山手テニス発祥記念館で公開していない資料の調査を始めています。ここで保管されているラケットには、使っていた人の思い出がこもったものが多数寄贈されています。MITSUKOSHIのマークが付いたこのラケットは、日本の著名なプレイヤーが使っていた国産のラケットです。Rimg0179
 布製袋型のラケットカバーにもキチッとマークが付けられていて、使った人、作った人それぞれの思いがこもった、綺麗なラケットです。早く調査を進めて、展示の工夫をしていきたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2011

そういえば土用

そういえば土用
ご近所で梅を干していた。来週には土用の丑の日もある。季節だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2011

明日も炎暑か

Rimg0001


Rimg0008


 連日の暑さで、流石に外へ出られない。夕立ぐらいあっても良さそうなものだと思って遠くの雲を眺めたりするのだが、どうも連日それほど勢いのある雲にはお目にかかれない。夕方は、ベタに夕陽が照りつける感じで、暑さが持ち越されそうな様子だ。
 見上げれば、高い空にぱらぱらと浮かぶ雲は、やや涼しげな空気に安住しているようにも見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/12/2011

梅雨明けて夏

Rimg0014


Rimg0019


 梅雨が明けていきなりの炎暑が続いている。でも、夏雲自体はあまり勢いが感じられない。厳しい日差しに、固く身を閉ざすようにして、家々が並んでいる。旧東海道筋にある平戸果樹の里は、民家の瓦屋根の門だけが、昔を伝えているようだ。Rimg0021_2


 道脇に植えられたカンナの花が、燃える夏を象徴している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/11/2011

炎暑のため息

炎暑のため息
分別収集のペットボトルを出した帰り道、坂の上の屋根の向こうには、炎暑のため息のように、ぽかりと雲が浮かんでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/09/2011

真夏の陽射し

Rimg0005
 横浜は今日32〜33度になったらしい。完全に真夏の陽射しだった。夕方、高速道路の隙間から照りつける日光はますます厳しい。昼間、十分に休養をとった犬が元気に散歩に出ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/07/2011

何となく不思議

Rimg0019


 急な坂道の脇に無理矢理残されたような稲荷の祠が、結構鮮やかに塗装されている。上空は高圧線が通り、背後はコンクリートの巨大な壁。造成地の鎮守は、効率重視でコンパクトながら、大きな安全願望に応えようとしていると見える。Rimg0028


 一方、谷間にあたる今井川では、コンクリートの護岸の上で、鴨が夕陽を浴びて何か敬虔な祈りを捧げているようだった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

07/06/2011

住宅地の森

Rimg0029


Rimg0004


 暑い日が続くので、水辺の次は木陰を探してみた。下永谷市民の森は住宅地に囲まれていて、入り口もちょっとわかりにくい。住宅のすぐ脇を、雑木のトンネルがうねうねと続いていたりする。栗畑や、植木、ビニールハウスの生産緑地も入り組んでいるが、要所要所に広場や見晴台があり、かなり深い里山の雰囲気がある。Rimg0036


 見晴台・五山見亭は住宅地のすぐ脇なのだが、冬には正面に雄大な富士山が浮かび上がる眺めの良いところだ。森の中の散策路はアップダウンに富み、夏場の運動不足解消にはお勧めだと思うが、年配者は熱中症対策をちゃんとしておく必要があるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2011

早くも暑い日が続く

Rimg0054


 連日の熱い日差しに、こんな時は水辺が良いと柏尾川に行ってみた。夕方近く、アオサギが棒杭の上に立って、やはり暑くてやる気にならないという風情だった。Rimg0043


 柏尾川には大きな鯉も多いが、今の時期、中型、小型の川魚もいっぱい群れている。アオサギには満足な一日だったのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/04/2011

輪番で休業

輪番で休業
暑さがじりじり本番を迎えている。この夏、バチンコ店では、涼めないかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/03/2011

ヒマラヤスギに囲まれて

Rimg0018


Rimg0015


Rimg0006


 山手テニス発祥記念館はヒマラヤスギに囲まれている。すぐ脇駐車場のヒマラヤスギは横浜市の名木古木に指定されている。子どもたちが作った樹木銘板には「松科の植物で、大きなマツボックリが秋にはバラのように開く」と書かれていた。今は、高さ10㎝ぐらいの緑色の固そうなマツボックリが、枝の上に頭だけを出した哲人のように見下ろしている。
 7月2日、山手公園内の西洋館68番館には七夕飾りが立てられた。夕涼みに、子どもたちの声が響いてきそうな季節になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/02/2011

梅雨明け近し?

Rimg0008


 まだ梅雨明けとは言えないようだが、今年は梅雨入り宣言が早かった分早く明けそうな気がする。6月30日の雷雨は短時間にものすごく降った。ちょうど梅雨明けの雷というところだろう。ここ3~4日はぐずついた感じのようだが、多分、7月上旬に少なくとも1回は梅雨明けするのでは?「戻り梅雨」という言葉もあるのだから、気象関係者もそんなに神経質になることはないと思う。30日の雷雨が上がって、北西の空は如何にも不安定な感じだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バイカウツギ二番花

Rimg0002


Rimg0007


 梅雨も明けそうな今の時期になって、バイカウツギの二番花が咲いている。よく見ると、ちょっと左側、花後の剪定をしたすぐ脇にもう一つ小さな花芽がついている。蒸し暑い中、ブルースターも咲いていて、少し涼しげな風を感じさせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »