« October 2010 | Main | December 2010 »

11/30/2010

師走の賑わい

師走の賑わい
午後3時前だが、洪福寺松原商店街は師走の賑わいが始まっているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/29/2010

もうすぐ師走か

Sh3c0150


 師走を目前に控えて、紅葉も豊かな感じだし、実りも良いようだ。木枯らし1号は早かったようだが、本格的な木枯らしはまだこれからのような気がする。毎朝落ち葉を掃き集めなければならない季節だが、今のところそれほどではない。このまま気持ちの良い小春日和が続いてくれると良いのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/28/2010

柿が実った

柿が実った
李下に冠を正さずというけれど、猫は実った柿木の下で身繕いをする。今日は良い小春日和だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/27/2010

燃える秋、公園の水飲み

Rimg0030


 旧東海道、境木の立て場を過ぎて境木地蔵尊の前を下っていく坂道がある。昔この辺りで焼き餅を食べさせる茶店があったとかで、焼き餅坂という。その脇の小さな公園の植え込みが見事な紅葉をしていた。ぽつんと水飲みが立っているのが、何となく印象に残る、静かな公園だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/26/2010

東戸塚駅で

Rimg0003

 このところ夜中にかなりの雨が降り、日中は穏やかに晴れる日が続いている。そんなうちにも、着々と冬、師走の雰囲気が忍び寄っている。今はまだ、黄や紅の葉に包まれて、そこはかとない暖かさにくるまっているようだが、世の中の慌ただしさや、閉塞感は一向に変わらない。政治が悪いとか言う以前の問題が立ちこめているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/25/2010

緑化センターのハゼの木

Rimg0015


Rimg0006


 今は環境活動支援センターというのだが、緑化センターの方が自分にはなじみがいい。現在閉鎖中の大温室の前に大きなハゼの木がある。例年真っ赤に燃え上がるような紅葉になってすばらしい木なのだが、今年はちょっと行くのが遅れて、かなり散り始めてしまっていた。幹には、つる性の植物がまとわりついていて、冬に備えてセーターでも着込んでいるようにも見える。老木なりの姿かなと余計な感慨をもっしまうが、センターの中心としてまだまだ元気なようで安心だ。
 入り口付近も、秋の日差しを静かに浴びて、静寂な雰囲気が漂っている。北朝鮮の砲撃事件など、日本の周囲も緊張感が高まっているが(日本を除いて?)、自然は静かに季節の移り変わりを教えてくれている。国破れて山河ありではないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/24/2010

保土ヶ谷駅近くの水鳥

Rimg0037
 保土ヶ谷駅から下流100mほどの所だが、鷺の仲間が3種類も見ることができた。アオサギ、白鷺、それにゴイサギの幼鳥。ゴイサギは3羽も居たので、近くにコロニーがあるのかも知れない。親鳥は昼間はあまり活動しないそうだから、夜になってこの近くにやって来るのだろうか?

Rimg0045


| | Comments (0) | TrackBack (0)

滝の川にカモ

Photo


Photo_2


 神奈川区の滝の川にカモのキンクロハジロが戻り始めている。夏の間はどこかへ行っていたのだが、冬が近づくにつれて、滝の川や、ポートサイドの汽水域に集まってくる。ポートサイドの方はまだ姿を見かけないのだが、ここ滝の川には、もうかなり集まってきているようだ。冷たい水に、波を蹴立てるようにして動き回る姿は、むしろ心地よさそうに見える。(11月23日撮影、)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/23/2010

雨上がりの山並み

雨上がりの山並み
朝方まで激しい雨が続いたが、ようやく上がってきた。遠く丹沢の山並みの上から、晴れ間が覗いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/22/2010

ツタ紅葉

Img_1392


Img_1397


Img_1401


 昨日、港南図書館で武蔵野周辺の林の話を懐かしく聞いたばかりで、自宅の擁壁を見てみたら、こちらは、ツタが朱の漆のように紅葉していた。植物は、寒くなると樹皮の下にデンプンを蓄えるために、紅葉し、落葉するものがある。昔の人びとはそうした植物の特性を巧みに利用していたようだ。今の人達も、そうした自然の情景に懐かしさを感じるのかも知れない。
 一方で、クレマチスもまた新しい二番花が咲き始めた。冬咲きのものを別として、多分今年最後の花だろう。どんどん寒くなってきているので、蕾は大きくなってきていたが、本当に花開くのかと心配していた。薄いクリーム色っぽい上品な花で、今の季節にぴったりなようにも感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/21/2010

港南図書館の雑木林探検

Rimg0005


Rimg0015


 港南図書館で緑化推進事業の一環として雑木林探検イベントをやるというので、様子を見に行ってきた。事前説明のところは飛ばして、図書館裏庭の調査を見ていたのだが、子どもたちだけでなく大人の参加者にも楽しめるように、樹木の株立ちの姿から、この辺りが炭焼きようの薪炭林だったことなど、今では忘れられてしまった地域の様子を説明してくれたり、なかなか楽しめるものになっていた。身の回りの実際の物事から、図書館を使っていろいろ調べ物をするそんな利用法を身につけてくれるととても良いと思う。Rimg0020


 帰りがけに、港南土木事務所裏の桜もみじを撮った。この辺りは、馬洗い川と、永谷川の合流点で、今日あたりは流れも静かだし、川面に散り敷いた落ち葉と、その上にかかる桜もみじが良い雰囲気を生み出していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2010

冬の訪れ

Rimg0003


 平戸周辺には富士山のよく見える場所が多い。けれども、写真を撮れるのは晩秋から冬に限定されるようだ。もちろん、コンパクトデジカメの手持ちでやる場合の話だけれど。富士山の冠雪もずいぶん下まで広がり、はっきりと冬の訪れを告げているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/19/2010

平戸の秋2010

Photo


 清冽な空気感の中で桜紅葉がすがすがしい。平戸の秋というのはおおげさかもしれない、桜は今上天皇陛下ご成婚記念をお祝いしたものだと記してある。元牧場だった駐車場には、皇帝ダリアが咲いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2010

日比谷駐車場で

日比谷駐車場で
電気自動車用充電スポットの表示が出ていた。時代だね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/17/2010

桜もみじと一気の冬

Rimg0019


Rimg0032


 今日は朝の8度前後から気温は下がる一方のよう。本格的な冬の到来を思わせる。ラニーニャの影響で今年の冬は寒いだろうという予想が大方だが、11月半ばでもう相当な防寒をしていないと外が歩けない感じだ。柏尾川では相変わらず大小のサギが餌を採ったりしていたが、心なしか寒そうにしている。土手にはまだたくさんの葉を残した桜もみじが見られるが、周囲は真冬の雰囲気だ。
 平戸も同様の桜もみじが見られる。早く草花の冬越しの準備を始めなければならないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2010

黄葉と赤い扉

Rimg0018


 玄関先に見事な黄葉が輝いていた。赤い扉もコンクリート打ちっ放しの壁にワンポイントで上手くはまっている。東戸塚の秋は、自然と住居が様々に交差している。ちょっと先には、まだ里山風の農家の裏山もある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/15/2010

晩秋そのもの

晩秋そのもの
午後から急速に冷えてきた。空はどんよりと暗く、今にも雨が降り出しそう。雪が降ってもおかしくない。冬咲きクレマチス・シルホサが盛んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/14/2010

静かな教会の庭で

Photo


 APECも今日まで。オバマ大統領も鎌倉で、秋の日本を堪能したことだろう。曇りがちで静かな一日だった。教会の庭の桜紅葉がきれいに色づき、うっすらと靄がかかったような静けさの中に白いマリア像が浮かび上がっていた。秋も本番に入ってきている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/13/2010

秋色鮮やかに

Rimg0033


Rimg0029


 11月も10日になって、急速に紅葉が進んだ感じがする。沢渡の朝鮮学園の校門脇に大きなイチョウが、午後の日をいっぱいに浴びて輝いていた。脇の塀の上から覗く紅や黄色の木々も鮮やかだった。今年の秋は、特段に空気が澄んでいるのだろうか?それとも、APECの警備で町中のホコリが静まっているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/12/2010

夕空晴れて秋風

Photo


 歌の一節にあったと思うけど「夕空晴れて秋風吹く、…」。故郷を思う歌のはずだが、今は横浜に環太平洋各国の首脳が集まるAPECが開かれている。13日、14日は最後の詰め、首脳会議が開かれる。巷では、議長国日本の指導力がどうのという議論が盛んなようだが、問題は太平洋の豊かな恵みを受けている国々が、どう力を合わせていけるかであり、どこかの国の覇権とか、指導力とかいうものではないと思う。横浜駅の上空はちまちまとした問題を眼下に、ゆったりとした大きな雲が夕陽を浴びていた。(11月10日夕方の雲)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2010

街はクリスマスに

街はクリスマスに
APECで警戒厳重な横浜だが、元町はすっかりクリスマスだ。サンタも車でスタンバイしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2010

小春日和に一休み

Rimg0045
 横浜駅西口の高島台を歩いてみた。県私学会館近くの大きな公園で、ルリタテハ蝶が日光を全身で受けるように羽を広げていた。もう羽の一部が欠けているような感じだが、秋の陽射しのあまりの心地よさに、残りの命をゆっくりと広げようとしているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日は強風だったが

Img_1384


 昨日の強風はすごかった。それでも関東は風速20数メートル程度だったようだが、東北地方では30メートルを超える強風になったらしい。北西からの風だったので、大気が入れ替わって寒くなるかと思ったのだが、今日はそれほどでもないようだ。好天に恵まれて、気温もそれなりに上がってきているし、風もない。この先寒くなるようなら、草花の冬支度を急がなければならない。
 家の前の階段では、ようやく苔をが取れてきたところへ、ヒメツルソバがどんどん勢力を拡張してきている。今はかわいい花をつけているのでまあいいのだが、この調子ではびこってくると、今度は足の踏み場が無くなってしまうかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2010

東戸塚駅の夕焼け

Rimg0026
Rimg0025


 いろいろな土地で八景の一項目に夕照がある。東戸塚駅周辺は高層マンション・ビルが多い。そんな高層マンション越しの夕景は、将来、東戸塚八景の一つになるかも知れない。角度によっては富士山も見える。高層マンションの上階から見れば文句なしの一景だろうが、特に見晴らし階があるわけではないから、マンション高層階住民の特権になるのだろう。(撮影は11月5日、オーロラモール入り口から)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2010

ハッカ鳥はスズメ目ムクドリ科

Rimg0076


 オンライン鳥類図鑑で見たところ、ハッカ鳥はスズメ目ムクドリ科に属するということがわかった。昨日撮った時も、すぐ脇にスズメが居たけれど、それは結構近い種だからなのかと思った。電柱の横木から出る電線のところに映っている影がハッカ鳥です。コンパクトなデジカメではなかなか上手く撮れない鳥なのだが、結構好きな人がいて、大きく、シャープに撮っている写真がたくさんあった。何か特別な取り方をしているのだろうか?ちょっとうらやましいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋空にハッカ鳥

Rimg0079


 元々は台湾など暖かいところに多く生息している、椋鳥より一回り大きいぐらいのハッカ鳥だが、最近少なくとも横浜市南部ではかなり数が増えてきているようだ。全体に黒っぽい羽毛で、くちばしの上に鶏冠のような羽毛の固まりがあって、何となく愛嬌がある。両翼に大きな白丸があり、羽ばたく時はひらひらと白丸が揺らめいて華やかな感じもする。電柱の天辺で、秋空を背景に気分良くさえずっているところを、何とか撮影できた。(保土ヶ谷区権太坂。11月7日撮影)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/07/2010

右翼もみなとみらいへ

Rimg0073


 静かに始まったかのように見えるAPECだったが、昼過ぎには右翼の街宣車も入ってきた。尖閣諸島問題、北方領土問題で、中国、ロシアに対する非難を、ボリュームいっぱいにして走り抜けていく。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

今日からAPEC

Rimg0050
 APEC JAPANが横浜パシフィコで始まった。周辺の街路樹も色づき、みなとみらい一帯は、いい秋の雰囲気に包まれ始めている。今のところ警備の物々しさばかりが伝わる感じだが、地元の展示や、日本の技術をアピールする展示は昨日から始まっており、だんだん市民の人気も高まっていくのではないだろうか。14日まで、国際会議場周辺の交通は厳しくチェックされそうで、気楽に遊びにいくという訳にも行かないかも知れない。でも町中で警備に当たっている警官は、道行く人たちに結構愛想良く挨拶してくれる。自分が車を運転していないと、出動する白バイ隊はなかなか格好良く見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/05/2010

権太坂下の渓谷

Rimg0052


 JR東海道線保土ヶ谷-東戸塚間の線路の下の川は、今井川の上流になる。川幅はごく小さいが、ちょっとした渓谷並みに大きな岩が並んでいる。Rimg0053
この辺りは流れも白波が立って、結構、渓流の面影を持っている。かつての東海道の難所・権太坂の下でもある。脇の白いコンクリートは横横道路の橋脚だ。往年の難所、現在の交通の主要道路、鉄道幹線の重なる脇で、結構昔ながらの川が流れている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

11/04/2010

小春日和に

Rimg0002


Rimg0001
 寒かった10月が過ぎ、11月に入ってどうやら小春日和の晴天が続くようになってきた。3日は晴れの特異日として定着しているが、本当にきれいな晴天になった。各地で、スポーツやら観光やら、様々な催しが繰り広げられたようだ。東京六大学野球の優勝決定戦は結局早稲田の優勝だった。Jリーグのジュビロ磐田の勝利もあったようだし、野球の日本シリーズもあるので、喧噪に満ちた一日とも言えるかも知れない。
 一方で、秋が深まり空気はかなり冷たさを増しているようだが、日中は20度近い感じで暖かかった。4時半過ぎに山手の階段を下りていくと、谷戸の家々は夕暮れの静けさの中に沈み、学校の教会風の尖塔が秋の深まりを告げているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/01/2010

雨のち曇りで暖かめに

Rimg0011


 朝出勤時間頃には雨もあがった。なかなかすっきりと快晴にはならないようだが、昼頃には何とか少し青空も見えてきている。玄関先の山茶花がぽつりぽつり咲き始めている。我が家の山茶花は、多少早めなのだが、それでもちょっと早いような気がする。先週あたり真冬の寒さを経験したからだろうか?今日は22度ぐらいまでは上がりそうだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

激しい雷雨の夜明け

ものすごい雨音でうっすら目を明けた。すぐに、大音響の雷で叩き起こされた。一昨日の台風より激しい雨だ。横浜には、2時半頃大雨警報が出ているようだ。市の河川水位情報が、引っ切り無しに携帯に入っている。11月は、また嵐の幕開けか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »