« July 2010 | Main | September 2010 »

08/31/2010

八月末−残照

Rimg0006
 6月頃には冷夏かと言われていたはずだが、結局今年は記録に残る猛暑となった。後2週間ぐらいこうした状態が続くようだ。暑くて、日中ほとんど外へ出る気にもなれない。ようやく外へ出た夕方も、残照が容赦なく照りつけている。
 横浜では、雨がほとんど降っていない。夕立さえもない。日没近くまで強い陽射しが照りつけ、空の雲は淡々と何となく秋めいた感じはする。建物の向こう側の太陽は、引き続きの日照りを予告しているのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2010

アケビの実が

アケビの実が
夏はいつ終わるとも知れない感じだが、もうアケビの実がなっている。熟すのはまだ先だが、秋の味覚が近づいている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2010

夏の終わりのクレマチス

Img_1371


 大阪では14日連続の猛暑日とか報道されている。横浜は雲が多く少し過ごしやすい感じだが、もう20日ぐらい雨が降っていないので、草花は大変だ。毎朝晩水やりを心がけてはいるが、間に合わないで枯れかけてしまうものもある。しかし、クレマチスの二番花は小ぶりだが、結構元気に数多く咲いている。9月に入れば、秋の準備とか、夏に疲れた草花の養生とか、また忙しくなるだろう。長雨は嫌なのだが、たまには降ってくれないと困る。やはり、人がやる水やりと、天然の雨とでは、植物の息の付き方がずいぶん違うのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/27/2010

顔が覗いている

Rimg0013
 夏休みも間もなく終わる。まだこんなに暑いのに、もう夏休みはおしまいか、まだ学校には行きたくない、と思っている子どもも多いのではないだろうか。神奈川区青木町の交差点脇に、そんな感じの顔が覗いていた。本当は、子どもの思いではなく、今の日本の経済情勢を見ている責任者の顔なのかもしれない。夏休みの終わりに向けて、急激な円高が続く。しかし、打つ手は何もない。ずっと宿題に手を付けようとしなかった、夏休みの終わりを目の前にして、立ちすくんで様子を見ているより仕方がないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/26/2010

生け垣の黄色い花

Sh3c0128


 朝晩やや涼しい風が吹くようになったようだ。今朝方は、ちょっと風の冷たさを感じたような夢を見た。でも日中は相変わらずの暑さだ。東戸塚駅へ行く途中で生け垣に、キュウリの花だろうか、黄色い花がいかにも暑さに対抗するような感じで咲いていた。
 夜にはいって、ちょっと涼しげな風があるような気がするが、まだ蒸し暑い。それでも、ようやくコオロギの声が聞こえるようになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/24/2010

処暑だそうだが

Rimg0004
 23日は二十四節季の一つ「処暑」だそうで、夏の暑さが峠を越す時期だそうだ。とはいえ、昨日はこの夏三番目の猛暑日だった。その前一週間よりは確実に暑い一日だった。確かに今日の朝方は、だいぶ風が涼しくなってきた感じがするが、日中は目の回りそうな暑さが続いている。
 保土ヶ谷駅前の公園では、子どもたちの影も見えず、引き込み線脇の猫じゃらしも、暑さと陽射しの強さとで、枯れかかったように白茶けている。横浜はこのところ夕立もなく、ほとんど旱魃状態だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/22/2010

夏の地域祭

夏の地域祭
21,22日は地域の祭が多いようだ。我が町内は、町内会20周年で力が入っている。小学生のバトン演技、中学生のブラスバンド演奏と、多彩なアトラクションがあり、手作り屋台も賑やかだ。夜は盆踊りが予定されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/20/2010

鶯橋の小さな滝

Img_1357


Img_1362


 旧東海道保土ヶ谷宿の外れ、鶯橋のちょっと裏側に、河川改修の関係かも知れないが、小さな滝が出来ている。高さ1メートルにも満たないが、それなりに風格を感じさせる。ただし、周囲はゴミもあってあまりきれいとは言い難い。すぐそばまで、川縁に遊歩道が出来ているのだから、ちょっと残念なところだ。
 この川は今井川という。さらに、保土ヶ谷宿の法へ下っていくと、上方見附後が小さな遊歩道を兼ねた公園に整備されている。国道1号のすぐ脇で、交通量も多いところだが、こんな所に鴨が5羽結構元気に暮らしているようだ。川を挟んで国道の反対側には、昔は霊験あらたかで参詣者も多かったというお仙人様の社がある。今度の土日あたりがお祭りのようで、地元の人たちが寄り集まっていろいろ相談している姿が見られた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/19/2010

世田谷パブリックシアター

世田谷パブリックシアターにロックンロールを見に来た。ここは、小さいけど、鉄の手摺りや装置を活かして、重厚な感じに出来ている。なかなか雰囲気がいい。区役所の窓口機能と連携した施設で、使い勝手も良さそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/18/2010

お盆の墓参り

Rimg0003


 暑さと強い日差しを避けて、今日の夕方墓参りに行ってきた。何しろひどい暑さのこと、年配の人は自分同様夕方に墓参をする人も結構いるようだ。我が家のお墓へ行く途中で、まだお線香の煙が棚引いているお墓があった。旧家のお墓では、居着いた猫たちが、墓石の上で、思い思いに眠りこけている姿が見られた。彼らも、暑い日差しを避けて、夕涼みがてらの昼寝を楽しんでいるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑・酷暑・熱帯夜

 昨日、東京練馬区で38.2度を記録したそうだ。都内では内陸部だが、東京湾という海がすぐそばにあるのに、これだけの温度になるのは大変なことだという気がする。正に地球温暖化の影響という感じだが、6月までの涼しさから考えると、原因はCO2ではないのではないかと思う。この間お盆の帰省時期でもあり、東京ではCO2排出量は減っていて不思議ではない時期だからだ。
 原因はともあれ、暑く長い一日の後に、寝苦しく長い夜が続いていいる。午前6時頃になってようやくちょっと涼しい風を感じるような気がするのだが、あたりはすっかり明るくなっている。起きてしまえば、以外に元気ななのにびっくりするくらいだが、まだこの暑さが続くのかと思うだけで気持ちが萎えてしまうようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2010

盂蘭盆の日

Dscn0182


 暑くて長い一日が終わった。夜11時になっても額の汗がひかない。今日は盂蘭盆会の日だが、この暑さでは、とにかく家から出る気になれない。元々ちょっと日をずらして墓参の予定にしていたのだが、それも少し先にしないと、墓参りで熱中症になったりしないとも限らない。お盆の墓参りで、お寺の池に突っ込んでしまったという事故報道もあるので、年齢を考えて、無理をしないのが一番だろう。こういう日は、猫の意見に従うのが得策だと思う。
 日本の4月~6月のGDPが中国を下回ったとかで、今年中に中国に抜かれて、3位に落ちるのは確実だと報道されている。これを受けて、「首相が現状分析を指示した」とも報道されていた。今の政府は首相が指示しないと、現状分析もしないのだろうか?暑い中で、また一つ疑問が増えてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/15/2010

真夏の昼下がり

Img_1336


Img_1328

 今日は65回目の終戦記念日。朝は曇りがちだったが、昼前にはすっかり晴れて、暑さも一入の、正に真夏。クレマチスの花は元気に咲いているが、猫は寒冷紗をハンモックにひたすら伸びている。
 65年前もちょうどこんな暑さだったのだろうか。戦争が終わった事による解放・虚脱感を感じた人も多かったことだろう。この暑さの前には、これといったことは考えられもしなかったと思う。今は平和だが、やはり、猫と同じく、難しいことは考えられもしない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2010

テニス発祥記念館

100420_034


 横浜山手公園の一角に、横浜山手テニス発祥記念館がある。日本で初めて、ちゃんとしたテニスコートでテニスがプレイされたことに因んだものだ。12年前に開館されている。今日午後、ここで2時間ほど資料の整理をしてきた。台風が日本海に抜けた影響で天気が悪く、おかげで、館内は静かで資料整理は捗った。結構悪天候なのに、2時間弱の間に4組も来館者があり、「こんな木のラケットでは速いボールは打てないだろう」とか、「こんな衣装でやっていたんだから、速いボールなんか打つ必要がなかったのでは」とか、楽しげに話しながら熱心に隅々まで見ていく人もいて、それなりに人気があるのだと感心もした。
 10年以上ほとんど展示内容が変わっていないので、もっと面白い見せ方を工夫したいものだと思っているが、細々と資料整理を始めたばかりなので、新しいことにはまだ手が出せない。当面は展示品の説明をどう面白くするかということぐらいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

曇りから雨へ

曇りから雨へ
お盆休みを台風が直撃した。東北に上陸するようだ。関東は天気下り坂で、静かに空いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/11/2010

アメンボウ

Rimg0009


Rimg0004
 台風4号が北九州の方にきている。関東地方もその影響で、小さな雲が次々流れ、風が強まったりしている。近所の子どもたちは、みんな他所へ出かけてしまっているのだろう、児童遊園地は割合に静かだった。入り口からずっと坂を下っていくあたりでは、たくさんの蜩がカナカナと、雨が降るように交代で鳴きあっている。
 池の水面はアメンボウがすいすいと動き回っていた。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2010

雨で一息

雨で一息
昨夜からかなりの雨が降った。夏バテで瀕死状態の花も、これで一息つけるだろうか?同じような環境でも、まいっているのと、元気なのがあって、対応に頭が痛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2010

天気は下り坂のようだが

100808_184502


 今日は午後からほぼ曇り空。何とか一息の感じだが、鉢植えの草花はもう完全に夏ばてのものもある。手当てはしてみたがどうなることか。空は雲が多く、落日が豪壮な感じの緞帳のような夕焼けを作っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目覚まし蝉

 このところ毎朝2階の窓際でミンミンとうるさく鳴く蝉がいる。今朝も7時15分頃に鳴きだしたので、見に行ったら、網戸の真ん中に張り付いてミ~ンミンと声を張り上げていた。写真を撮ろうと思って、カメラを取りに行っている間にいなくなってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/07/2010

立秋

 今日は立秋だ。一番暑い盛りだが、今日以降残暑お見舞いの時季となる。Rimg0023
 日中の暑さも、心なしか峠を過ぎたような気がする。でも朝から蝉の鳴き声はものすごい音響で鳴り響いていた。夜に入って、どことなく涼しい風が吹いているような気はするのだが、額からは汗が次々と噴き出してくる感じだ。今夜も結局は熱帯夜なのだろうか?秋の虫の声は、当然まだ聞こえない。
 写真の雀は、一昨日の昼に、汽車道で撮ったのだが、彼らも木陰の涼を求めて、人間の存在など気にも止めていないようだった。全国的には、今日また猛暑日になったところが多かったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/06/2010

ハグロトンボ

Rimg0018


Rimg0005
 平戸永谷川は結構いろいろな生物が住んでいる。中川橋付近では、ハグロトンボがいるし、川魚も多い。汚れきった支流を埋めたり、環境整備を進めているようだが、こうした生物がずっと暮らしていけるように見守っていきたいものだ。Rimg0023


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2010

クラゲの季節

Rimg0010


Rimg0012
 桜木町駅前では、爽快な夏空を切り裂くように飛行機雲が白線を描いていた。汽車道から見える海水面にはもうクラゲがいっぱい浮かんでいる。その中にちょっと色の違うクラゲが浮かんでいた。カツオの烏帽子とかいう、強毒のクラゲだろうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/04/2010

夏の予算委員会

 国会は今予算院会をやっている。夏のこの時期に何のためとも思うのだが、野党側としては、参院選の結果を受けて、菅内閣を追い詰め、解散・総選挙をやりたいという狙いがあるようだ。だが、報道されている内容では、首相は何かよくわからないことで簡単にお詫びとか、謝罪をしていて、野党側は単純に揚げ足取りしかしていないような感じだ。もう何年も、国会ではまともな政策議論が行われず、与野党ばかりか与党内でも足の引っ張り合いしかしてこなかったからだろう。それで、民意を問うとか調子の良いかけ声で、国会内の「数合わせゲーム」を、お金をかけてやろうとする。どちらを選んでも、総花的な政策パッケージで、全項目賛成なんてとても無理なマニフェストをつくって、総選挙の数だけで結論を出し、基本的な議論とか、個別の国民の声とかを聞こうとはしない。
 参院選の結果は結果として、それを頭に置きながら、冷静に、きちんと政策を議論してもらいたいものだ。その上で、政府が一切国会の議論を受け付けないというのなら、その時に総選挙をやるべきだ。形式的なつばぜり合いだけで、いちいち総選挙をやられて、迷惑しているのは選挙民なのだが、政治家はそうした選挙民の思いがまるで解っていない人たちばかりなのだろうという気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/03/2010

ヒート・マウンテン?

Rimg0002


Rimg0003
 夏雲が遠く高層ビル群の上に輝いている。ポートサイド前の運河が、コンクリートの峡谷からの水を流し込んできているような錯覚に陥る。MM地区のビル群は、夏の日を反射して、ヒートアイランドというよりも、ヒートマウンテンというところか?本当にくらくらしそうな、夏の昼下がりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/02/2010

ジョロウグモ

Rimg0031


 今年は早くからジョロウグモが巣を作っている。普通は夏過ぎてからと思っていたのだが、形は小さいがあちこちに網を張っている。網ごと写真を撮りたかったのだが、蜘蛛の糸はあまり写真に写らないようだ。ことによると、ほかの虫たちに見えるのと同じ見え方になっているのかも知れない。Rimg0041
 カマキリの子どもも、姿を現し始めた。正面から写真を撮ろうとしたら、ミョウガの葉の裏に逃げ込んでこちらを見ていた。今日は、蝉の抜け殻も3個見つかっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/01/2010

また暑い夏

 また暑い夏が戻ってきた。日が落ちて、夜の10時を過ぎてまだ暑い。風もあまりなく、蒸し暑い紛れもなく日本の夏が戻ってきた。今朝は、我が家の庭にも蝉の抜け殻が落ちていた。日中の蝉の声も勢いがよく、流石に外に出る気にもならなかった。熱中症で搬送される人の数も相変わらず多いようだ。
 家の周りのあちこちで、小さなジョロウグモが網を張っている。今の時期、蜘蛛も本当に小さくて見えにくいので、すぐに蜘蛛の巣に頭を突っ込んでしまう。普通に人が通るような所に堂々と網を張っているのだから敵わない。今年はどうもジョロウグモの当たり年ではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »