« June 2010 | Main | August 2010 »

07/31/2010

臨時国会が始まったが

 昨日から臨時国会が始まった。参議院改選組の議員は初登院の日ということになる。昨日から議員としての活動が始まったわけだ。初登院して即夏休みというわけにも行かないので、しばらく国会は開会中ということになる。
 問題は、改選されたわけでもない総理大臣が、何か浮き足立ってしまっているように見えることだろう。消費税増税論議を不用意に持ち出したのは悪かったといったかと思えば、年内に議員定数削減の議論をまとめたいという。消費税増税をするためには、議員自身が身を切らなければいけないという、訳のわからない理屈によるものらしい。議員定数削減が何故身を切ることになるのか?それで、議員に支払われる経費が節減できるということらしい。議員についての経費を節減するなら、報酬を引き下げれば良いだけで、定数削減とは関係がないし、報酬を下げるのでなければ、身を切ることにはならないだろう。定数削減はそれよりも、少数意見の切り捨ての方向に行く可能性の方が大きい。参院の議席は与党が減ってしまったが、全体の議席数を減らせば比率的には勝てると思っているのではないか。ご都合主義の典型で、まるで身を切ることになどならないだろう。
 消費税論議、議員定数削減といった一連の発言が、いずれも、表面的な人気取りになると考えているのではないかと心配だ。多くの国民は、首相の個人的能力とか、指導力とかに期待しているとは思えない。むしろ、いろいろ批判されても、けなされてもかまわないから、経済問題でも、財政再建でも、地道に、着実に行政運営をしていってもらいたいということではないか。任期いっぱい4年かけてじっくりとやってもらった方が、内外の信頼を確立できるだろう。首相が1年未満でころころ変わる最大の問題点は、人材がいないということよりも、方向性がころころ変わりすぎるということだ。そんなことで、民意を問われたところで、返答のしようがない。当面、石にかじりついて、愚直に出来ることだけをやっていってもらいたい。それで地ならしが出来たら、初めて、自分なりの政策を打ち出していくことが出来るのではないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/30/2010

夏はこれから

Rimg0008


Rimg0018
 曇り時々雨または集中豪雨の天候が二日にわたった。でも今日午後からは回復に向かっているようだ。ポートサイドのデッキ遊歩道では、小さな蟹が甲羅干しに出てきていた。人の気配を感じると結構素早くデッキの隙間を逃げ回る。ちょっと脇の水たまりでは、スズメたちが水浴びを楽しんでいた。暑くても、みんな夏が戻って来ることを期待しているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/29/2010

保土ヶ谷駅上空の雲

Rimg0029


 このところ暑い日が続いていたが、空の雲は何となくいつもの夏と違う。昨日の保土ヶ谷駅上空の雲も、夏空の雲としてはいつもと違う。空が高く感じられるのは、むしろ秋のはずなのだ。何だかよその国のような気もするが、UHFテレビのアンテナは、やはり明らかに日本の風景だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲリラ豪雨か

Rimg0003


 寝苦しい朝だったが、今朝5時過ぎに轟音と共にたたき起こされてしまった。バケツをひっくり返したと言っても追いつかないような雨だった。15分ぐらいで止んでしまったが、その後もぽつぽつ降ったり止んだりしている。今日は一日雨模様で、気温も久しぶりに30度を切るようだ。草花もどうにか一息つけるだろう。今日は水やりもしなくて済む。昨日まで、クレマチスの二番花が、暑い日差しを浴びて咲いていたが、これで休んで、また元気が出るかも知れない。Rimg0001


 7月にこんなに暑く、猛暑日が4日も続くのは記録的なようだが、このところ、夕方の雲の姿など、やはり通常の夏とはちょっと違っているような気もする。入道雲のような、力強く発達する雲はそれほど見かけない。一昨日ぐらいのものかと思う。関東地方では、梅雨もはっきりしないうちに明けてしまった。高気圧の配置が、ちょっと違うのかも知れないと思う。今年は梅雨が長引き、冷夏ではないかと予想されていたが、今のところ逆になっている。本当にどんな夏になるのだろう?そう言えば、蝉の鳴き声が遅れていたようだが、今日も暑苦しく鳴いている。雨はそれほどでもないのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

07/28/2010

街は夏休みモードに

Rimg0024


Rimg0022_2
 夏真っ盛り。海岸線に近い横浜駅東口ポートサイド地区は、さすがに風が気持ちよい。デパートも地下街も、町中は夏休みモードで、人があふれ、子どもたちが元気に歩いている。シーバスがいかにも快適そうに緑の海面を滑り出していく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/27/2010

猛暑日は一息?

Rimg0027
 昨日夜の雷雨で、猛暑日は一息ついたような気がする。相変わらず陽射しは強烈だが、何となく風が重っくるしくない。いかにも夏の感じがする。こちらもちょっと一息入れたくなって、鎌倉円覚寺に行った。禅僧修行の場に身を置いてみることは、夏を過ごすのに良い。暑くても、どことなく背筋が伸びて来る感じだ。池の脇の岩の上には、シオカラトンボが休んでいるのか、座禅をしているのか、こちらも、夏の暑さに負けていないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/26/2010

今日こそは雷雨か

Rimg0062


Rimg0057


 南関東・横浜では、梅雨明け以来、ほとんど雨が降っていない。真夏日が続き、猛暑日も4日続いたとかで、日中はほとんど外に出られるような感じではない。さすがに今日あたりは、少し雲が多く、気温も33度ぐらいと、やや過ごしやすくなった。とにかく、夕方になってやっと散歩に出られる状態。関東北部ではもう雨が降り出しているところもあるようだったが、横浜では雷雲発達中というところ。それでも流石に今日は入道雲が急速に暗く、大きくなってきているようだった。
 夕方の散歩では、結構夕涼みの猫たちに出会う。人なつこいのもいるが、人見知りするのもいる。今日は、人見知りする方。やっとこの葉隠れに様子見をしていたが、カメラを向けるとすぐに、そそくさと隠れてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/25/2010

猛暑日四日目

猛暑日四日目
連日35度を超す暑さに、何もする気にならない。草花も猛暑にまいっているのは同じはずだが、今、我が家ではクレマチスの二番花が、小さく元気に咲いている。猛暑日が四日も続いたのは、この130年で二回目とか。梅雨明けからずっとの暑さに、ほぼ夏バテそのものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/21/2010

猛暑早や三日

Rimg0029


Rimg0017
 午前中から35度を超してしまった。日に日に暑くなる感じだが、梅雨が明けたばかりでこんなに暑い日が続くものだったか?柏尾川では、アオサギが涼しげに流れに浸って立っている。アオサギの足下にいるのは大きな鯉ばかりのように見えるのだが、まさか鯉を狙っているとも思えない。もう夏休みの子どもたちも水辺にやってきて、川面をわたる風を楽しんでいるようだ。戸塚駅近くのこの辺りでは、ずっと以前からこんな風景があったのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/19/2010

猛暑の一日が終わった

Rimg0017


 昨日は、日中に七色の雲が出たと報道されていた。彩雲というのだそうだ。雲も空中に浮かぶ水粒の固まりだから、太陽の光の反射に仕方で、虹と同じ七色に輝くのもそう不思議なことではないようだ。でも、孫悟空の金斗雲みたいで、ちょっと見てみたいものだと思った。
 今日はほんとにピーピーカンカンで、日中、鉢土の天日干しをしたのだが、土を広げているだけで、腕がぴりぴりと焼けてくるような感じだった。さしもの猛暑もようやく夕方になったのだが、富士山の方角が、真っ赤に燃え上がっているようで、ちょうど火炎山の趣だった。明日もきっと暑いのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/18/2010

初の猛暑日

初の猛暑日
今年初の猛暑日。強烈な日差しがようやく落ちて、やっと一息つけるようになった空は、夏の入道雲ではなくて、スジの形に掃いたような雲が流れていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/17/2010

梅雨が明けた

Rimg0012


 関東地方は梅雨が明けたようだ。気象上の状況はよくわからない。関東地方ではあまり梅雨前線の影響を受けていなかったような気もするのだが、昨日あたりは、完全に真夏の雰囲気だった。
 東京碑文谷公園の昼下がりは、甲羅干しの亀と、合鴨が夏の真昼のまどろみを心地よく演出しているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/16/2010

丘の上の不思議な空間

Photo_2

 山手の丘から関内方面を見下ろせる位置に、不思議な公園がある。開港当時、ここには元町に降りる101段の急な階段があったということだ。今は危険なこともあり、階段はない。階段の上部につくられた元町百段公園というのが、この空間である。かつては、港へ出入りする船の様子がよく見えたそうだ。高層ビルや高速道路が入り組んでしまっている今も、ランドマークタワー越しに港の風景が見えないことはない。それにしても、円柱や、煉瓦タイルの円形劇場のミニチュア風の空間は、何とも不思議な感じがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2010

夏の階段

夏の階段
昼過ぎからすごく良い天気になって来た。完全に夏。山手の階段も、木陰があって助かる。石川町駅の方向を見下ろすと、目が眩みそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2010

白鷺舞う

Rimg0019


Rimg0049
 平戸永谷川般若寺橋近くで、白鷺が羽を広げたり、水の上で動き回っている姿が見られた。採餌行動らしい。水面で飛び跳ねることで隠れている魚を驚かせて捕まえるということのようだ。目的はともかく、傍目には優雅に舞っているだけのようにも見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/12/2010

今日は夕焼け

今日は夕焼け
これから天気は下り坂の予報だが、爽やかな感じの夕焼けが広がった。参院選終了の夕焼けかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

参院選が終わった

 鳩山氏が政権を投げ出して1ヵ月ちょっとだが、参院選が終わった。これで、しばらくは国政選挙の予定がないので、政治の混乱が少しは落ち着いてくるかも知れない。元々、政権交代後10ヵ月で参院選があるということで、民主党の国政運営は無理が多かったのではないかと思う。参院選を意識しすぎて、マニフェストの実施を急ぎ、財源問題で足をすくわれてしまったということだと思う。半数改選の参院選で勝とうと負けようと、衆院で過半数を持っている以上政権は維持できるのだから、そんなに無理しないで、財源問題もじっくり対応を検討して行く姿勢であれば、多くの国民も民主党の動きをもっと長い目で見ていこうとしただろう。結局意識しすぎて、消費税問題も含めて混乱し、政権交代前から弱点といわれていた財源・財政問題についての民主党の弱さが浮き彫りになってしまったような気がする。
 マスメディア・評論家の見解はともかくとして、参院選の結果は、日本国民の良識を反映したものだと思う。衆参のねじれ現象は、メディアがいうほど悪いものではない。むしろ、衆院での数の横暴を防ぐために、ねじれこそ必要であり、参院で改めて議論をし直すことによって、衆院の動きが牽制され、細かい点にまで配慮の行き届いた政策が実現されるのだと思う。衆参を同一政党が過半数を抑えてしまえば、反対意見など考慮することなく法案が成立してしまう可能性があり、現在のような複雑化した社会情勢に対応していくことは難しい。イギリスの選挙結果からも、拮抗する2大政党どちらかに白紙委任するようなことは出来ないのではないか。アメリカでも大統領候補者選びは2大政党の枠組みで行われても、政権運営は与党多数でも簡単にはいかないようだ。大統領自身が、議会に対して与野党双方を説得して納得させられなければ、新しい政策を実現できない。健康保険の導入の苦労を見ていれば明らかだと思う。今の日本の政治では、政府がそんなに必死の努力をすることなど考えられないような状況だから、せめて衆参のねじれぐらい無いと、民主的な国会運営ができないのではないかと思う。
 経済問題でほとんど国難といっても良い状況だからと、大連立を進めようという動きがあるが、大連立で様々な少数意見を押しつぶしていては、とうてい国難への対応など出来ない。特別な指導力を持った首相が、一方的な政権運営を進めていけば、短期的に成果が見られたところで、揺り戻し対策から過激な政策に移行し、ファシズム的な方向にまで行ってしまう可能性もある。既に、鹿児島県の小さな都市や、政令指定都市の一部でそんな動きが始まっている。
 ともあれ、そんな現在の状況の中で、今回の選挙結果は一安心というところだ。当選した議員さんたちには、これからが本番という意識で、しっかり政治の勉強をし、個々の主義主張を大事進めていってもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/09/2010

源平池のアオサギ

Rimg0026

 神奈川県立近代美術館に行った。今は「鬼と遊ぶ 渡辺豊重展」を開催中。力強く、大きな画像で、なおかつ男の思いを詠い上げる、なかなかに楽しいものだった。1階の池の前で、ちょっと一休みして源平池を眺めていたら、蓮の葉陰にアオサギが一羽くつろいでいるようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝からだるくて

 何だかだるいなと思っていたら、9時過ぎに雨が降ってきた。直にあがったが、ちょっと太陽が顔を出すと一段と蒸し暑くなる。この先1週間の天気予報は傘マークがとれないが、11日参院選も天気が悪いと投票率が下がるだろう。期日前投票の出足もそんなに良くないようだし、家人が期日前投票にいった感じでは前回に比べて熱気が感じられないと言っていた。
 参院選も政党選挙になってきてしまっているので、今回のように争点のない選挙では盛り上がらないのも仕方がないと思う。政権党が、衆参で単独過半数を確保してしまうようなことが起こらなければ、盛り上がらないのも良いことだろう。少しでも、候補者の言っていることを確認した上で、人物本位で考えられれば良いのではないか。やはり参院は、政党の数あわせの場ではなく、良識の府として存続してもらいたいと思う。ただ、候補者自身が大政党に負んぶに抱っこみたいな人が多くて、政党主体の選挙の悪い点がはっきりしてしまっているようだから、今回の選挙で即改善を望むのは無理だろう。当選した人が、政治そのものをしっかり勉強してもらうより仕方がない。今の世の中、大政党の総花式のマニフェストで、選挙民の生活すべてを預けてしまうようなことはできない。多様な生活者の意見を、年1回程度の国政選挙で占うのは無謀すぎることだ。くどいようだが、当選した人には、自分と反対の意見人の声にもじっくりと耳を傾け、勉強すること、そして、反対意見の人にもどうすれば妥協が可能になるのか十分に議論することを望みたい。そうでなければ、経済一流、政治三流と言われた日本の姿が変わらないばかりか、政治不信で日本沈没ということも、あり得ない話ではない。ヨーロッパの財政状況も、本当に対岸の火事とは言えないのだと思うが。
 これは湿度が高くて、体がだるいせいばかりではない。最近は、うっとうしい世の中だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/08/2010

トンボがやって来た

トンボがやって来た
このところ、我が家の車周辺に、シオカラトンボがやって来る。車のアンテナや鉢植えの支柱に止まったりしている。何の変哲もない姿が懐かしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/07/2010

高輪森の公園

Rimg0013


Rimg0016
 今日は七夕だが、ちゃんとした梅雨が戻ってきたようだ。本当は旧暦の7月7日なのだろうから、梅雨で見られないのは仕方がないと思う。でも、ついこの間まで梅雨の中休みのようだったから、残念といえば残念なことだ。
 午前中からはっきりしない空模様で、気分もそれほどすっきりはしないのだが、品川のホテル群の裏庭みたいな所に、高輪の森公園というのを見つけた。品川駅前の丘陵斜面をそのまま高遠にしたような感じだ。森というよりも薮のような感じで、やたらとひっそりしているが、大都市東京の一角にこんな場所もあるのだと、感心する。昔はちょっとしたお屋敷の跡だったのかもしれない。斜面の一部には、大きな石や岩を配置して、せせらぎを作っていたような場所もあった。木々の調査・管理はしているようだが、森の公園というのなら、もう少し工夫をした方が良いかもしれないと思った。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

07/06/2010

超局地的な集中豪雨

 昨日、横浜では、ようやくちょっと雨が降ってくれたが、東京の板橋では、夜1時間に107ミリの豪雨で、床下、床上浸水があって、倉庫の商品が水につかって売り物にならなくなったとか、かなりの被害があったようだ。雨が降ってきたかと思うと、突然水があふれてきて、どうしようもなかったらしい。内陸部だし、普段浸水被害をあまり経験していなかったのだろう。
 最近都市化のヒートアイランド現象の影響とかで、こうした長局地的な集中豪雨がふえてきているようだ。1、2年前か、こうした集中豪雨で下水道マンホールで作業していた人たちが犠牲になったこともある。予報、予測も難しいようだ。目に見えない温暖化対策の話はずいぶん聞かれるが、こうした都市化の影響、被害ははっきりと現れているのに、あまり対策が打ち出されているようには見えない。東京や横浜で林立する高層ビル群は、外見は美しいとも言えるが、地形的には、急峻な断崖絶壁が複雑に入り組んでいるだけだろう。多分ギニア高地と同じようなもので、極めて過酷な自然環境なのではないか。そんな都市で生きていくために、個人個人ではどうしたらよいのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2010

ポートサイドの驟雨

Rimg0004


Rimg0009
 今にも降り出しそうな雲行きのポートサイド地区・ベイクォーター。たまらない蒸し暑さだが、何となく異国情緒を感じさせる。霧雨のポートサイドとか、雨にむせぶベイクォーターといったところか。
 もう梅雨明け間近なのか、突然の驟雨に、大勢の人が、アーケードのある辺りに逃げ込んでいった。やっと降ってくれたかという感じもするが、南洋のスコールのように、すぐ降り止んでしまった。なかなか蒸し暑さは消えそうもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/04/2010

今日も熱帯夜か

 夕方過ぎに雨が降ったのだが、気温が少しも下がらない。天気図で見ると日本列島は低気圧で囲まれているようだが、南の高気圧の影響が見られない。本州南海上に前線があり、九州方面に延びているが、低気圧に引きずられているような感じで、どうも普通の梅雨前線とは違うような感じがする。
 低気圧の前後は大陸からの高気圧、北の高気圧があるようなので、素人考えではそんなに暑いはずはないと思うのだが、とにかく湿度が高く、体にまとわりつくような感じだし、暑い。3月から6月まで気温は低めだったが、南からの高気圧が勢力を増していないのに、こんなに気温が高いのはどうしたことだろうか?この間にCO2の排出量がそんなに増えたとも思えない。それとも高速道路無料化社会実験の影響か、参院選の熱気が高まっているとでもいうことなのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/03/2010

夜半過ぎてようやく雨

Rimg0003


 このところ曇り日が続いていたが、それほど雨は降らなかった。関東地方以北では寒気が入っていて、不安定な気象条件のようだが、梅雨前線自体は南に下がってしまっているらしい。今日も昼過ぎから雨の予報だったのだが、夜の10時を過ぎて、ちょっと雨音がしてきた。これで少し乾燥が収まるだろう。蒸し暑いことは確かで、湿度は高いのだが、鉢植えによっては、朝水やりをしても午後2時過ぎにはカラカラになっているものもあった。梅雨のはずなのに連夜の熱帯夜で、何だか夏ばてモードのようだが、今夜は一息つけそうだ。
 7月に入って、ご近所の生け垣にトケイソウがきれいに咲いていた。つぼみもたくさんついていて、なかなか見事な感じになっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/02/2010

夏涼しげに鷺

Rimg0041


Rimg0038
 柏尾川も、戸塚駅近くでは川幅も広くなり、ゆっくり流れていて、夏も涼しげだ。放流された鯉も多いが、小型の川魚も多いのだろう、大きい鷺、小さい鷺が魚を捕っている姿が見られる。今日、昼までは明るい夏の陽射しが強かったが、昼過ぎから雲が広がり、夕立を予感させる蒸し暑さになってきた。このところ空梅雨の感じだったが、今晩くらいは雷雨になるのだろう。草花もちょっと一息つける感じか。ひょっとすると、もう梅雨は明けているのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2010

真夏の日差しに

真夏の日差しに
我が家のルドベキアが、一斉に花開いている。今日は梅雨の晴れ間。爽快な夏の日盛り。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »