« April 2010 | Main | June 2010 »

05/31/2010

高原の空気感

高原の空気感
今日は快晴。高原の空気感だ。先週の予報では、曇りで時々雨ぐらいだったが。
朝、掃除をしていたら蝶々の羽を蟻が運んでいた。ちょっと不思議な感じがしたのだが、季節的には当たり前の光景だと思い直した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/30/2010

日照が足りないようだけど

100530_002


 今日も曇り空で、時々雨が降りそうな感じになる。6月始めまでこんな天気が続くそうだ。天気もさることながら、昨日、京都結構寒い。気温は16~18度と3月頃のような感じで、とても衣替えどころではない。その分、花は何時もより長く咲いているような気がする。今年は2月以降、曇り日が多く、雨も多いようで、植物にとっても日照不足が気がかりなのだが、どうなることか。このまま梅雨入りという可能性も高いが、そうだと、根腐れやら、うどんこ病とかが心配だ。
 今自分までこれだけ寒いと、CO2による気候変動を上回る別の寒冷要因が働いているのかなとも思う。アイスランドや、南米その他で、火山の大規模噴火が続いているが、火山灰が上空を覆うことで、日照が不足し、寒くなることもあるのかだろうか。うっかりすると東日本の稲作に、影響が出るのかも知れない。政治も、自然環境も、一つの行動が様々に連鎖して、意外な結果、現象を生み出すことは当然だろう。自然環境はともかく、政治面ではある程度まで、様々な影響を予測して、併せて対策を考えることが必要だと思うのだが、今の日本の政治状況は、あまりに激しい日照不足で、とても小さな片隅をきちんと見つめて対策を考えることは無理なのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/29/2010

シンガポール・デー

シンガポール・デー
今日はシンガポール大使館主催の交流会。シンガポール料理がたくさん食べられて、メンバーもゲストも、みんなハッピー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/28/2010

カナヘビ

カナヘビ
今朝は快晴。爽やかな空気に誘われるように、カナヘビが露草の葉の上でくつろいでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2010

空木の花

空木の花
日曜、月曜と、もう梅雨に入ったかと思うと、今日は晴れて夏日だ。空木の花がびっしり咲いて、蜂を小さくしたような虫が、これまたいっぱい集まって、飛び交っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2010

高島台トンネル

Rimg0003_1
 かつての東横線線路の下を公園風に整備している「東横フラワー緑道」。トンネル部分も、もうできたかなと思って見に行った。工事はもう終わっているのだが、まさに公園入り口らしく門があり、まだトンネル部分は利用出来ないと、掲示がしてあった。夏までにはオープンされるようだが、外から見る限りでは完成しているのに、残念なことだ。夏になれば、トンネル内でくつろぎながら、緑道を見物出来るようになるかもしれないから、それを期待することにしよう。今日は横浜駅方面から見て見たが、この次は、反町方面から見てみよう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

05/22/2010

待避線の電車

待避線の電車
明日からは雨の予報。もう梅雨が近い。待避線の車両が、鈍い夏の日に晒されて、一際暑い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2010

雨に濡れるクレマチス

100520_013


100520_022


 夕べからそれほど強くはないが、かなり雨が降っている。まもなく梅雨だなと思わせる、静かな雨だ。それでも気温は23度くらいまで上がりそうだし、もちろん湿度も高い。クレマチスも、今日はちょっと雨に濡れたくらいだが、そろそろ雨対策を考えなければいけない。過湿は、この辺りでは、植物にとって大問題なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2010

口蹄疫が

夕方、蕎麦屋でミニカツセットを食べた。宮崎では、口蹄疫で12万頭が殺処分という、悲惨な情況で非常事態宣言も出ているのだが、世間ではそれほど騒ぎになっていないようだ。宮崎の畜産は壊滅だというし、食料、物価で、全国的な大問題なのに呑気な感じがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バラの季節になった

Rimg0001


Rimg0007
 長く続いた五月晴れも、今日はついに曇り。夕方以降は、雨も降るようだ。この所、テニス関係の行事に追われて気がつかなかったが、世間はバラが最も美しい季節になっていた。ご近所でも、青葉の中に、ワンポイント的だったり、他の、同色の花の後ろに配置したりと、いろいろ工夫して楽しんでいるお宅が多い。曇り空の、鈍い光の中でも、さすがの存在感を持って迫って来る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2010

ウィンブルドンが来た

ウィンブルドンが来た
イギリスの名門ウィンブルドンクラブのがYITCにやって来た。クレーコートは初めてのはずだけど、なかなか強い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2010

家のクレマチス

家のクレマチス
クレマチスも、いよいよ本格的なシーズンに入ってきた。今年は、大輪系のがどんどん咲いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青葉の季節

100516_026


100516_018


 五月には珍しく快晴で、気持ちの良い日が続いている。でも、空気は、場所にもよるが、とても冷たい。時折雲が広がったりすると、全く違う季節のような気もしてしまう。
 児童遊園地では、猫がのんびりとアヤメを見物しているようだった。中央の池では、黄色のカキツバタが輝く脇で、子どもたちが蛙を追いかかけて、今時の子には珍しく泥んこになっていた。父親らしき人が「そんな洗ったばかりの靴を汚しちゃって、お母さんに怒られるぞ」と叫んでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/15/2010

絶好のテニス日和

絶好のテニス日和
今日はインターナショナル テニス トーナメント。五月晴れの絶好のコンディションに恵まれた。YITC

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2010

中田前横浜市長参院選とか

 中田前横浜市長が日本創新党というところから参院選に出るようだ。さすがに選挙区では無理だと考えて比例に回るらしい。比例だと、彼を知らない人も多いから、当選する可能性はかなり高いと思う。横浜のこれからに、あまり影響しないと良いけれど、開国博Y150の損害賠償訴訟なんかどうなるのだろう。結局逃げ切られてしまうのだろうか?でも、当分衆院選がないと読んでの事だと思うけれど、本当は衆院議員になりたいはずだから、任期途中でも衆院選があれば、即鞍替えをするのではないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2010

5月の雨に咲く

Rimg0001


Rimg0004
 今年は特に雨が多い。5月の連休が全部晴れだったのは40年ぶりとか、記録が無いとかいう話だったが、連休を除いて、2月からとにかく雨ばかりという感じがする。それでも、さすがに初夏は初夏なりの花が咲く。ご近所のガレージの上に、羽衣ジャスミンの花が、今日の雨にぴったりの風情で咲いていた。
 旧東海道、信濃の一里塚付近には、道端に不動明王の石像が草葉の中に建っている。不動明王の足下には、ちゃんと小鬼が踏みつけられているし、そのさらに下には三猿が彫り込まれている。昔の旅人は、この明王に道中の安全を祈ったのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2010

曇り空にクレマチス

曇り空にクレマチス
連休中続いた晴天も、今日は曇り時々雨で、崩れてくるようだ。遅れ気味だったクレマチスも一斉に花開きだしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2010

首相が沖縄に行って(2)

 昨日は首相が沖縄に行って、厳しい情勢下で、何も目新しい提案が無かったことを嘆いたのだが、一晩たってもっと心配になってきた。首相発言の報道を見ていると、政権運営の意欲が無くなってきているように感じられる。まだ、政権発足9ヵ月22年度予算でやりたいことだけやって政権を投げ出すとしたら、こんな無責任なことはない。これで総選挙などといったら、有権者をおもちゃにしていると言われても仕方がないと思う。どう叩かれようと、最低3年ぐらいは政権を維持しなければ、政策の責任がとれないはず。その間に国民の声をしっかりと受け止めて、修正すべきは修正することが指導者には必要だ。選挙対策だけに目を奪われない政権運営をしてもらいたい。その上で、なお批判に耐えきれないのであれば、初めて解散、総選挙が許される。逃げずに頑張ってもらいたいものだと思うのだが。
 鳩山首相は、この点ではイギリスのブラウン首相に学ぶべきだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2010

首相が沖縄に行って

 今日鳩山首相が沖縄に行ったそうだ。普天間基地県外移設の大合唱の中で、何をしに行ったのか良くわからないが、どうも県外移設の難しさを伝えに行ったようだ。併せて、へのこの海は美しくなんとしてでも守りたいといったという報道があるが、何だか、沖縄の自然環境のほうが、県民生活よりも大事なことのように聞こえる。
 沖縄へ首相が直々に説明に行くというのなら、全てグァムに移設するぐらいのサプライズがあっても良いはずだと思うのだが、本当に何を考えているのだろうね。まさか本土からの観光のために、沖縄の自然を確保しておきたいというのではないだろうと思うけれど?
 普天間も重大問題なのは確かだが、訳のわからない首相対応の間に財政問題もどんどん深刻化している。ギリシャより国債残高の厳しいのが日本だというのは、ほぼ周知のことのようなのだが、マニフェストの実行の陰に隠れて、ほとんど手付かずのようだし、今日保養されている限りでは、国債はこう残高は大幅に膨らむはずなのだと思う。いつ世界的に投機筋の攻撃を受けないとも限らない状況なのだが、日本はなぜ安泰なのだろう?核不拡散の会議にも欠席だというし、日本の広い意味での安全は大丈夫なのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/03/2010

皐月の季節に

皐月の季節に
今日でようやく晴天四日目、湿度が低く、たちまち鉢植えが渇いてしまう。ご近所では、皐月が綺麗に咲いて、正に5月真っ盛りだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2010

小さな花

Sh3c0080


絶好の行楽日和で、ご近所は閑散としている。擁壁の裾に、小さな花が澄まして咲いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/01/2010

児童遊園地のせせらぎ

100501_006


 ようやく晴天が三日続いた。今日は本当にさわやかな五月晴れ。GWの連休は、強風が吹き荒れることも多いのだが、今日はそんなに風もなく、湿度も低くて気持ちがよい。そんな空気に誘われて児童遊園地に行ってみた。今日はメーデーでもあるのだが、大概の人はもう遠出を楽しんでいるのか、児童遊園地は意外と人が少なく、静かだった。中央のいけに流れ込む小さな流れがつくってあるのだが、その小さな段差を流れ落ちるせせらぎも、清冽な感じで、生き返るような心地がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »