« March 2010 | Main | May 2010 »

04/30/2010

新緑の街

Rimg0002
 緑が目に優しいという実感! ようやく新緑の季節らしい感じになってきた。東戸塚駅前集合住宅の緑の中を、さわやかな風が吹き抜け、自転車が気持ち良さげに坂道を下っていく。木々の間から、ハナミズキが初夏の陽射しを受けて清楚に輝いているのも気持ちがいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/28/2010

すごい雨だった

100428_001


 ひどい雨だった。1時間の降雨量40ミリというのは、関東地方の4月では記録的な降雨量だという。土砂災害警報だとか、洪水警報も出たし、本当にあたりは水浸しというような感じだった。昼頃まで断続的に強く降るという予報が、結局雨の上がったのは、夕方4時頃。さすがに外に出る気にもなれず、窓から坂道の上の様子を写真に撮ってみた。紅白のハナミズキが結構元気そうだったが、その上の家の牡丹は雨に打たれてすっかりうなだれてしまっていた。この雨の後、連休はそれほど雨は降らないようなので期待するしかないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/27/2010

山手の馬頭観音

100427_011


 また雨だ。午前中は何とか曇り空で持っていたが、昼過ぎからは結構しっかりした雨になった。市役所で打ち合わせをした後に、山手に行ったので、雨の中を少し歩いてみた。細い急な階段の途中に、きれいに牡丹や菖蒲が咲いているところがあり、その脇に結構きれいな碑の馬頭観音があった。何だか、このところの梅雨みたいな雨にぴったりの雰囲気がある一角だった。(中区柏葉)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/26/2010

初夏を信じてよいものか

Rimg0004

 今日は朝から陽射しも強く、一気に初夏の感じになった。道ばたの小さな花も、何だか急に元気になったように見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/25/2010

横浜駅横須賀線ホームの拡幅

100425_012


 いつ終わるとも知れない横浜駅の改良工事が続いている。今日から、横須賀線ホームが一挙に2倍以上の幅になった。旧東横線の位置まで10番線の線路をずらして、その間が全部ホームになり、ずいぶん広々した感じになった。今まで、通勤時間帯はホームいっぱいに乗降客が並び、適当な乗車位置に移動しようとすると、いつ突き落とされるかという恐怖感に襲われることもあった。まだ、ホームから改札等へ移動する階段は今までのままなので、完全にゆったりするのはまだ先なのだろうが、とりあえず広くて明るくなったのは確かだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/22/2010

雨に八重桜

Rimg0010

 桜はソメイヨシノが終わって、今は八重桜の季節。本当は、雪洞の明かりなんかがあって、春の宵が期待出来るはずのところだが、今日も冷たい雨が降っている。雪洞の代わりに、傘がもうすぐ梅雨になると告げているような気がする。昨日は、夏日だったのに、花も人間の体調も大変だ。(東戸塚駅前)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/21/2010

今日はいきなり初夏

Rimg0072


Rimg0077
 前の予報では、今日は曇りで時には雨が降るという感じだったと思うが、なんと5月下旬の五月晴れとなってしまったようだ。町には鯉のぼりが風に泳ぎ、お寺の擁壁の上では真っ赤なツツジが満開になっていた。歩いていると、目の周りがかゆくなったり、爽やかとばかりもいっていられない。これで明日はまた梅雨のようになって、温度も上がらないらしい。何ともつらい気象状況のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/20/2010

垣根の赤花マンサク

Rimg0013


Rimg0012

 ご近所では、赤花マンサクの生け垣が結構流行だ。曇り空でも、深紅に燃え上がるようなマンサクの生け垣は見栄えがする。本当は赤いのは花そのものではないのかもしれない。花そのものは小さくて、その外側に赤い飾りがついているということなのかもしれないが、調べてみなければ分からない。花が終われば、いわゆる赤銅色のはがびっしりと覆う、良い生け垣になる。この段階もなかなか良いものだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

04/18/2010

母の一周忌

100418_009


 ようやく春の日差しにめぐまれた。今日、母の一周忌を穏やかに日差しの中でできたのは本当に幸せだった。昨日までの霙交じりの寒い雨が本当に嘘のように感じられる。去年も葬儀の前日まで雨が降っていたのを思い出す。葬儀も四十九日も当日はすばらしい晴天だった。でも、喪主として何が何だかわからない間に、慌ただしく法事が過ぎ去ったように思う。すがすがしい春の日差しとそよ風を受けて、今日ようやく落ち着いて母のことを振り返ってみることができた。去年も今年も、当日は花の咲き薫るうららかな日になった。これで本当に肩の荷が下り、ほっとした気持ちになれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/16/2010

長い冬?

100415_021


100415_020


 寒い日が続く。4月に入ってからも暖かい日は数えるほどしかないような気がする。冬が長引いているにしても、天気が良ければ元気になれるのだが、とにかく天気が悪いので、どうも引きこもり気味になってしまう。今日も、昨日に続いて朝から冷たい雨が降っているようだ。
 こんな気候だが、町中ではハナミズキの季節になっていた。白い花が、いっぱいに咲いていると、花に雪が張りついているのではないかと思うような寒さなのだが、植物は元気だなとも思う。曇り時々雨のような天気が続いているのだが、さすがに日照時間は長くなっているからなのだろう。ハナミズキが、明るく街に映えるような天気になってもらいたいものだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/15/2010

複々線化の工事で

Rimg0016
 ビル工事現場とか、町中で動いている建設機械を見るのは好きだ。小さい頃から、恐竜の横顔みたいな姿で動いているのを見るのが好きだった。今は、本当に良くできていて、とても器用に動く。恐竜というよりは、大型のロボットという感覚かもしれない。今日は駅のホームの間にどちらかといえば小型の建設機械が置いてあるのを見かけた。天気が悪いせいか、置いてあるだけなのだが、相鉄線ではちょうど複々線化工事の真っ最中だとポスターが出ていた。雨の日の、つかの間の休息を、建設ロボットがとっている。ちょうど、荷物を降ろしたロバのような感じがした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/14/2010

日比谷赤いしゃくなげ

Sh3c00780002

日比谷公園の脇に、赤いしゃくなげが見事に咲いていた。道路では、スト決行中のタクシーが、国土交通省請願で列んでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/12/2010

名残の桜に

Rimg0001
 今週は一日おきに、初夏と冬を繰り返すような感じらしい。結構長く桜に囲まれた風景を楽しませてもらえたが、今日の雨で、どうやらだいぶ散ってしまいそうだ。道路にも、川面にも桜の花びら散り敷いて、面白いまだら模様を作っている。道路や川は良いのだが、近くの駐車場では、車の屋根といわず窓といわず、花びらがびっしりと張り付いてしまっていて、大変そうだった。
 ご近所の小高い裏山の中腹にある桜は、新緑の芽と張り合うように、その枝を広げている。冷たい雨の降る中で、何か、健気な必死さを感じる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/11/2010

土の天日干し

土の天日干し
予報より良い天気で、最高の日曜日、園芸日和になった。3月に湿りきった鉢土を、ようやく干して、すっきりした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2010

春の英連邦軍墓地

100410_011


100410_015


 気持ちの良い春の日に、ふと英連邦軍墓地に行ってみる気になった。今が最も美しい季節のような気がする。日本人の愛する桜も今年は今日あたりが一番美しいようだ。異国に眠る兵隊たちにとって桜がどのように感じられるのかはわからない。日本人にとっては、平和や、明るい出発や未来への期待を感じさせるものだが、彼らも周囲の緑とよく調和した桜色の雲のような美しさには安らぎを感じてもらえるのではないだろうか。
 緑の芝生に白い側面を浮かび上がらせて、個々の墓標が並ぶ。その脇には、赤く華やかなチューリップが咲いていたりする。平和のありがたさが、胸に迫ってくるように思える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/09/2010

東京芸術劇場

Sh3c00730001


 ミュージカル「サイドショー」を観に、池袋の東京芸術劇場まで行った。今日の首都高はとても空いている感じで、戸塚から1時間程度で着いてしまった。東京芸術劇場はなかなかゆとりを持った造りで、早目に付いたので、久々にゆっくり寛ぎながら、開演を待つことができた。ミュージカルの内容は、シャム双生児姉妹の歌手としてのデビューと愛、結婚などの問題を通じて、差別、偏見を乗り越えて、あるがままの自分(たち)を愛してほしいという、ミュージカルとしてはものすごく思いテーマを、すばらしいミュージカルに仕上げたものだった。終演後に、主演者によるトークショーもあり、これもとても楽しかった。いくのが大変でなければまた行っても良いとは思ったのだが、車を運転していくのにはややしんどい距離だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/08/2010

ようやく春の日差しか

100408_038


100408_040
 一昨日もようやく春の日差しにはなったのだが、昨日はまた冷たい雨が降って、身も心も縮こまってしまうような感じだった。今日も空気は冷たい感じだが、春の日差しは一段強くなったような気がする。ご近所の蒔田野桜も一段と華やかになったし、我が家の猫・ダイキチもご近所の庭先を借りて我が物顔にくつろいでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/07/2010

桜の下で

Rimg0034
 今日も今にも雨が降り出しそうな午前中だった。今年は、花が開いてから、晴れたのが昨日一日だけのような気がする。毎日のような花曇り。日本は島国で、一年中雨期みたいなものだから仕方が無い。それでも桜の下では、今日お休みの親子が遊んでいる。

Rimg0026
 ボールを蹴る子が、親子の小さなドラマを、一生懸命演出しているようだった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/06/2010

柏尾川の桜と戸塚駅前

Rimg0009


Rimg0018
 ようやく晴れてきた。柏尾川の花見には大勢の人が詰めかけてきていて、いつもいる鷺とか鵜とかといった野鳥はどこかへ行ってしまっていた。居るのは、鯉とか、鳩、カラスばかり。いずれも花見客の投げる餌を狙って、全く物怖じする気配もない。
 戸塚駅西口前では、もうトツカーナがオープンして賑やかになっている。まだ工事完了という訳ではなく、バスセンターは今のところ従来のままだが、トツカーナ脇にバスターミナルが整備されつつある。その上を通っている歩道橋が分かり難くて、区役所や、図書館の方へ行く道を探すのに一苦労してしまった。とはいえ、ベイクォーターや、東戸塚、戸塚の副都心が再開発され、施設が新しくなるにつれて人も大勢集まる。横浜の集客力もまだ捨てたものでもないなという気がした。東戸塚、戸塚とベイクォーターを比べると、ベイクォーターは背景にマリノス練習場とか、日産本社、キャッツシアターなどみなとみらい側にプラスαの要素が多い。これから戸塚がどんな工夫をしていくのか、楽しみだともいえる。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

04/05/2010

花冷え

Sh3c0070


 3日の土曜日は良い天気だったのだが、その後また、ほぼ冬の気温に戻ってしまった。一応、最高気温は12~13度となっていても、日差しもなく、実際にそこまではあがらないようだ。その上に空気はかなり冷たい。横浜では、桜は今一番見頃なのだが、正に花冷えで、心なしか花も身を縮めているように見える。ほんのりピンクがかっているはずの花色が、ほとんど白一色という感じだ。(山手公園)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/04/2010

山手公園のお花見

100403_026


 3日(土)午後山手公園内のYITCで、チェリーブロッサム・デーが開かれた。YITCメンバーのほか、ご近所の方や、観光関係のひと、近隣の学校の方々など大勢が集まって、桜を楽しむことができた。前日までの強風雨が嘘のような穏やかな午後で、やや肌寒さはあったものの最高のお花見日和だった。今年の桜は、あと1週間ぐらい楽しめそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2010

今日も春の嵐

今日も春の嵐
横浜では、今雨は小降りだが、相変わらず身体が飛ばされそうな強風だ。桜は、散る間もなく、枝ごと吹きちぎられていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/01/2010

年度初日は強風で始まり

Rimg0003


Rimg0019
 待ちに待った4月1日だったのだが、春の関東地方は強風が吹き荒れることが多いという、いつも通りの幕開けのようだ。関内のビル街一角では街路灯の風力発電装置がものすごい勢いで回っていた。桜木町汽車道脇の水路には乗り合い花見船が出ていたが、こちらは、強風の中を乱舞するカモメ見物のためみたいだった。とはいえ、今日は昨日までの寒さから一転して、4月中旬の暖かさ。ようやく春になったとは言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »