« January 2010 | Main | March 2010 »

02/28/2010

ヘレボラス(緑化センター)

100228_013


100228_015

 2月も今日で終わり。一昨日は4月中旬の陽気だったが、今日はまた逆戻りで寒くなった。今年は2月が寒く、雪もずいぶん降ったので、児童遊園地の梅はまだもう一息の感じだった。その代わり、ヘレボラス(クリスマスローズ)クヌギ林の裾で花盛りを迎えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

若者だけが新聞離れか?

リンク: 若者はなぜ新聞取らないのか 情報にお金払うという感覚なし - 速報:@niftyニュース.
 この記事では、若者が情報にお金をかける感覚がなくなっていることと、新聞を読むのに時間がかかるだけと感じているようだと指摘している。ちゃんと読めば、むしろ効率的に情報が得られるので、食わず嫌いではないのかとも言っている。でも一般家庭では、ずいぶん前から、新聞はテレビ・ラジオ番組表とスポーツ欄があれば十分ということだったような気がする。それこそ、就活か仕事に関連することでもなければ、働き盛りの層でもそれほど新聞は読んでいなかったのではないかと思う。速報性と言うことではテレビ・ラジオに敵わなかったわけだし、今のインターネットでは速報性に加えて映像・文字情報もあり、必要ならばじっくり読むことも、コピーして資料化することもできる。新聞でなくてはできないといえば、包み紙に流用することぐらいではないだろうか。
 新聞の情報源としての意義を否定するつもりはないし、現在も情報収集に一番長けているのは新聞社に変わりはない。しかし、ずいぶん長いことその能力を無駄にしてきたようだし、どの新聞を見ても同じような内容ばかりと言うのでは、紙ベースでお金をかけてつくる意味はあまりないと思う。ただ昔の情報を資料として調べるには、現在の形で存在していた方が良いかも知れない。図書館などで、保存分や縮刷版で、広く情報収集するには好適だからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/26/2010

輝くような紅梅

100226_009


100226_006
 2月の寒さに遅れていた梅だが、ご近所でもようやく盛りになってきたようだ。出がけに見かけたのは一段と鮮やかな紅梅だった。遠くからも輝くように見える。びっしりと咲いた梅花に埋もれるようにして、メジロが蜜を吸っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポートサイドの白鷺

Rimg0014
 昨日に続いて春の嵐が吹いているようだ。横浜駅東口ベイクォーターの護岸で、白鷺が一羽何やら忙しげに歩いていた。この辺りでは水に入って魚を探すには深すぎるのだろうが、ちょっと脇に打ち込まれた円筒の縁に乗ったりして、水中の様子を探るような動きをしていた。嵐が本格化する前に、腹ごしらえをとでもいうところなのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/25/2010

暖かい日の夕方ー鴨

Rimg0050


Rimg0053
 横浜駅東口ポートサイド地区の水面に、夕陽を受けたMM地区のビルがピンクの影を落としている。この辺りは10数羽のキンクロハジロという鴨の仲間が群れていて、水に潜ったり、スポッと浮かび上がったり、気持ち良さそうな波紋を広げている。MM地区横浜マリノス側の護岸を、今整備中だが、ここもビオトープ風になると、水鳥たちも一層暮らしやすくなると思うのだが、期待したいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/24/2010

暖かい日に2

美しい春の花、静かなお寺のたたずまいに触れて、すっかり清々しい気持ちで東慶寺から鎌倉駅まで歩いた。小町通りはひどい混雑で、裏通りを歩いていたら、昔行きつけだった飲み屋が移転しているのを見つけた。今度行って見よう。Rimg0036
(今日は携帯で全部投稿してみようと思ったのだが、やはり写真の貼付がうまくいかず、パソコンでやり直すことになってしまった。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暖かい日に

鎌倉は観光地だけど普段の生活が生きづいている町でもある。お寺も、観光客は多いけれど、お墓には花があがっている。東慶寺も、やはり観光客が多い。梅が見頃だから当然だが、境内奥は神聖な空気が漂う。Rimg0044


| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/22/2010

春を待ちながら

Rimg0016


Rimg0011
 みなとみらいドックヤードに係留中の日本丸は「船体をなおしています」と看板が出ていた。もう結構きれいになっているようだが、マストに人が上がり、大きなクレーンも使って改修中らしい。春の観光シーズンを前に、寒いうちに大急ぎで仕上げようという訳だろう。周辺の汽車道の土手もきれいになっていて、まさに春待ちわぶる気分になってきている。
 運河パークは、屋形船の船だまりになっていたりして、ちょっと裏方の風情がするが、案外ゆったりして落ち着ける感じになっている。ほんのちょっと前に、カワセミが瑠璃色の背を輝かせるようにしてここから飛び立っていった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/21/2010

アレルギーは雪とともに

100221_030

 今年2月の降雪は何十年ぶりかの9回を超すものだったようだ。1回ごとの降雪量はそれほどでもなく、我が家の周辺で雪かきが必要だったのは1回だけ、後は明け方のうちに解けてしまう程度のものだった。この半月の間に太陽が見えたのはほんの数日だった。未だに曇り空で寒い日が続いている。このところ朝方目がかゆかったり、花がむずむずすることが多いのだが、自分の場合は例年雪が降った頃からアレルギーが始まる。ほほに当たる空気が冷たく、心地よい気もするけれど、風邪をひいたのだかなんだかわからないのがつらい。
 蕗の薹も例年どおり顔を出してきた。例年どおりといっても、いろいろ草花が増えてきたあおりで、隅の方のフラワースタンドの足下から出てきているのが何ともいじらしい。アレルギーとは別のオールド・フェイズフルだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/19/2010

子ども植物園の梅

Rimg0012


Rimg0010
 連日寒い日が続いたので、児童遊園地の梅はなかなか満開にならないようだ。ちょっと日差しが出て来たので、今日は向かい子ども植物園南斜面の梅を見に行ってみた。さすがにこちらの梅は結構咲いていた。スズメが梅の花で暖をとっているような風情もあったが、ヒヨドリやらメジロその他の鳥もたくさん居る。
 

Rimg0020_2
 晴れと言ってももすぐ薄雲が広がってくるような天気で、まだまだ寒い。今の時期では、地味だが三椏(みつまた)の花が一番盛んなようだ。一株全体を見ると、花だか何だか分からない感じだが、花をアップにしてみるとなかなかに重厚な感じもする。寒さに耐えて、丈夫な和紙の原料になるだけのことはあるなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2010

ようやく日差しが

Rimg0003
 昼頃からようやく日差しが出て来た。空気はまだピリピリするような冷たさだ。ポートサイド地区では、ふくら雀がビオトープの土手の上で、暖かそうに日差しを浴びていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今朝も雪

100218_040

 天気予報どおりだったが、今朝は雪で開けた。やや気温が高いのか水っぽい感じで、草木にはしっかりと積もっていたけれど、道路はほとんど雨の時と同じ状態だった。一時ちょっとした樹氷ムードもあったのだが、午前10時過ぎには、あらかた解けてしまっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/17/2010

"真冬"の海を見に

Rimg0010
 雨が降っていないだけましだが、今日もどんよりした曇り空。今夜から明日にかけてまた雪が降るかもしれないという。まさに何年ぶりかの真冬の1週間だ。でも、関東地方の真冬は、本来ならこんなに雨や雪が降り続くことは無いはずだが、とりあえず冬の海が見たくなって鎌倉に行ってみた。由比ケ浜は、寒さは厳しいが、今日は風も波も穏やかで、サーファーは波待ち、ウィンドサーファーはややゆっくりした感じで、それでも結構大勢集まっていた。滑り川の川口では、カラスもまねをして屯しているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/15/2010

引き続く寒い日

 昨日ようやく晴れ間が見えたのだが、今日も曇りで、寒い日が続く。昼過ぎからは雨が降って来たが、これも今夜からは雪になるかもしれない。平均気温で見れば今年も暖冬傾向なのだろうとは思うが、何だかこんな寒い冬は何年ぶりだろうかと思ってしまう。環境庁の職員は今年もワームビズで、暖房をきって仕事をしているのだろうか?気の毒なことだなと思う。日本では何事も精神主義でことを動かそうとするので、それで犠牲者が出ても、あまり気にしないような気がする。目標達成のためには、風邪を引くぐらいのことは問題ではないのだろう。0001
もしかして目標が違っているのではないかとは、到底考えるはずも無い。
 それはとにかく、この寒さでは自分の行動は鈍らざるを得ない。家の中にこもってばかりいる訳にもいかないので、とりあえず出かけてみた。去年の12月から横浜駅の北改札口を出たところからベイクォーターに渡る歩道橋ができていたが、その入り口に結構きれいな案内板ができているのに気がついた。寒い中では、ちょっとゆっくり見ている気にもならないが、まあまあのできかなと思った。歩道橋入り口の上には高速道路が走り、その橋脚の錆が目立っていたり、周辺との釣り合いはイマイチだが、もっと使われるようになれば、良くなるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/14/2010

クリスマスローズ(緑化センター)

Rimg0025
Rimg0024

 ようやく晴れ間が出てきた。でもまだ結構空気が冷たい。今朝、庭のビオラの花には、昨日の雨が氷の粒になって付いていた。法規で払ったりすると、ぱらぱらと、ガラス玉のように散らばって落ちる。
 緑化センターでは、露地植えのクリスマスローズが盛りになってきた。土手の裾辺りに、うつむきながら、それぞれに華やかに咲いている。クリスマスという名が付いているけれど、正に早春の花の女王という感じだ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/12/2010

横浜道のマーク

Photo
 野毛の坂道を歩いていて、バス停のそばで変なマークを見つけた。「横浜道」と書いてあるのだが、図柄の意味合いはよくわからない。Yの字を変形して、上に何か付け加えたのかもしれないが、さっぱり分からない。西区役所のHPを見てみたが、マークのことは書いてなかった。
 「横浜道」というのは、横浜開港当時、東海道から横浜港に至る適当な道がなかったために、今の浅間下から、戸部、野毛を通って関内に至る道を、3ヵ月程度の突貫工事で造ったものらしい。開港にまつわる様々なエピソードが秘められた道でもあるのだろう。ただ、今は昔の面影をたどるのも難しいようだが、歴史ウォーキングにぴったりということで「横浜道」ルートが設定されているようだ。浅間下の近くに案内板があるというので、そのうちに確認しておこうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/11/2010

深まる横浜市の財政難

 横浜市は9日、374億149万円の今年度一般会計補正予算案を発表したという。不況による税収減の影響で約145億円の一般財源不足が発生したため減額補正などで対応しなければならなかったようだ。08年秋の大変な世界同時不況の後始末が必要であり、やむを得ない状況だろうという気もする。しかし、その後不人気な横浜開国博に財政調整基金を取り崩して補助金を打ち、8月末日付けで市長を退職した中田氏は、確か、財政再建の目処が立ったから、この先は新しい市長に新しい政策を打ち出してもらうといっていたのではないか?
 この補正予算では、経済対策として道路拡幅事業や公園整備事業などに計13億円を充て、生活保護費は受給者が増大したのに伴い、昨年2月の補正額より80億円も多い、90億円を計上したという。新しい市長が、財政再建を受けて新しい政策を打ち出すような余裕は全くないのではないか?いずれも、一昨年の大不況対策の 後始末なのではないか?
中田前市長は、こうなるのを見越して,自分では対応しきれないという判断で市長を辞めたのだろう。タイミング的に衆院選に出られたはずなのに出なかったのは、予算編成時の責任追及・批判を免れるため、恐らく出たくても出られなかったということだろう。
 財源不足は、個人所得の減少や法人収益の悪化で、市税が今年度当初予算に比べ約123億円の減収と見込んでいる。一方、財源確保のため、54事業で減額補正を行い約136億円を工面し、市債も約116億円追加発行した。外郭団体への貸付金を補うため、減債基金を340億円取り崩すという。
 林市長は、公約に掲げていた市債発行の縮減は早々にあきらめたようだが、少なくとも1期目のうちに実現することは、かなり大変であろう。22年度予算案は先に公表されているが、その中にもう一つの公約である子育て支援の充実は無理矢理盛り込んだようだ。その分、財政はさらに圧迫されていくだろう。市長のトップセールスで大企業本社を誘致したところで、効果が出るまでの持ち出しが大変だし、今の経済情勢だと、逆にお荷物を背負い込むことにもなりかねない。気の毒としかいいようがない情勢だ。

| | Comments (9)

02/10/2010

福寿草ー瑞泉寺

Rimg0022
 昨日は東京でも21.5度と4月並みの気温だったようだ。今日もまだ朝方までは昨日の余熱で暖かかったが、昼過ぎからだんだん平年並みになってきているようだ。今日も天気は下り坂で、明日は、また、雪が降りそうな予報になってきている。この時期インパクトのある花は福寿草かと思う。昨日瑞泉寺では、梅が咲いているのはまだ2〜3株程度の感じだったが、下草のあたりでは、ちょっとした岩陰の風情の中で福寿草が見事に花開いていた。寒い時期なのに、名前に違わず、力強い花だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/09/2010

突然の暖かい日

Rimg0017


Rimg0025
 今日は朝から暖かく、日中はどんどん気温が上がって、関東は20度くらいまでいったようだ。暖かさに誘われて鎌倉の瑞泉寺に行ってみたが、こちらは暖かくなったとはいっても、梅にはちょっと早く、水仙はほぼ終わりというところだった。山門脇の手水鉢に椿が一輪浮かせてあった。
 横浜のポートサイドに戻ってくると、横浜駅東口前の内水面で鴨がしきりと水に潜っては浮かび上がるのを繰り返していた。水面がいかにも春めいて見えていた。

Rimg0047


| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢幹事長の続投

 民主党小沢幹事長と鳩山総理大臣の会談があり、陸山会の土地購入問題に関連する疑惑の決着で幹事長続投が確認されたそうだ。何で総理大臣と幹事長が話し合って続投を確認するのかよくわからない、変な政党だなという違和感を感じる。党代表が幹事長の人事権を握っているのは当然のことであり、今まで代表が続投させるといっているのだから、幹事長が進退伺いでも出したならともかく、続投は既定の路線というだけではないかとも思う。
 陸山会の土地購入問題では、小沢氏の監督責任といった点から引責辞任すべきという声が強いような気がする。しかし、小沢氏が検察と正義を争うというのであれば、部下が起訴されたという理由で引責辞任するわけにはいかないだろう。政治資金規正法違反では、解釈の幅が大きく、検察も公判がどう展開するか予測は付かないのではないか。それでなくても、厚生労働省元局長の社会福祉法人偽証明交付疑惑でも公判段階で検察の主張、根拠が崩れ気味で難航しているようだ。この関係も民主党参院議員がらみである。そのほか政治・経済がらみの事件では、検察側の失点が続いているようで、検察正義への信頼感が揺らいでいるのではないかと思う。
 民主党は参院選に勝つために、小沢幹事長の続投が必要と考えているとの見方もある。でも、参院選で勝つためには、むしろ、適当なところで幹事長が辞任する方が多分同情票が集まって有利だろう。西松建設の献金問題で、だいぶ遅くなってから小沢氏が代表を降りたが、今回も選挙の情勢を見てやはり幹事長辞任というような話が出てくるのではないか。別に幹事長でなくても、選挙の推進力なることは、豪腕の人であれば問題ないのではないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/08/2010

歩道橋へ

Rimg0001
 横浜駅からMM地区、ポートサイド地区やその手前のベイクォーターへとあちこちに歩道橋がある。新しがり風に格好よくいうと、ペデストリアンデッキとか、ベイサイドウォークとかいうことになるそうだ。東口からずっと歩いて行くことができる訳だが、途中から上がって行こうとすると、何だか高層ビルに取り込まれて行くような錯覚におそわれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/07/2010

クレマチスの芽

100207_002


 枯れきったような枝葉から、ポコッと芽が出ている。北半球は日本を除いて大変な寒波のようだが、その日本もとても寒い。でも、暦の上では立春。こんな風にしっかりした芽が動き出しているのが立春なのだろう。自然界は人間の感じるもの、思うこととは、ちょっと違うようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/06/2010

夕日の駐車場

Sh3c0050


 大寒よりも、立春を過ぎた今頃の方が寒いというのは頭では理解しているのだが、今日は寒かった。北陸、東北の日本海側では大雪らしい。関東でも、群馬辺りでは雪だという。寒い中でテニスをやり、帰りがけ、山手公園駐車場で、林の向こう側に落ちた夕日を受けて、車が一台神秘的に輝いているように見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/05/2010

春待ちわびる

Rimg0030
 巷では、朝青龍と小沢幹事長の話で持ち切りだが、どっちももう賞味期限が過ぎてしまっているような気がする。とにかく、一区切りついてよかったなというところか。
 町では、梅がようやくほころんで、メジロたちが楽しげに集まって来ている。メジロは野鳥にしては警戒心が薄いのか、そばに人がいてもそれほど恐れる気配もなく、花から花へと蜜を吸って歩いている。立春過ぎてなお冷たい風が頬にあたる陽気だが、日差しはかなり暖かさを増して来ている。本当に春待ちわびる時節だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/04/2010

引き続き寒い日が

Rimg0017


Rimg0015
 節分、立春だというが雪の後の寒さが続いている。今頃が、一年でも一番寒い時期なので仕方が無いと思うが、どうもこの冷たさでは、何かしようという意欲もわいてこない。昨日必死に雪かきをした後の坂道で、今日は、キジバトがのんびり歩いていた。もう一羽近くにいるので、確実に春は近づいて来ているとは思うのだが。鳥はそんなに寒くはないのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/03/2010

かえもん公園−高島台

Rimg0010
 昨日に続いて雪の寒さが顔に当たってくるような日だ。それでも天気がよくなったので、ちょっと高島台に行ってみた。江戸時代には高島台の下は海で、今の横浜駅あたりは海だったそうだ。昔ならそんな海を一望にできただろう所に、かえもん公園がある。かつての海側にもマンションが建ち、あまり見晴らしが良いとはいえないが、逆にビルの谷間の憩いの場のような感じになっている。横浜開港時の功労者でもあり、高島易断の創設者でもある高島嘉右衛門の名前を冠した公園だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/02/2010

2月の淡雪

Sh3c0046


 本当に雪は降った。でも、早くあがったためか、どちらかと言えば淡雪の感じで、子どもたちが学校に出かける頃には、もう車輪の跡やら何やらで、道路はぐちゃぐちゃという状況だった。それでも我が家の前は急な坂道なので、昼頃までかけて懸命に雪かきをやった。100202_010


 鉢植えの草花には寒冷紗でもかけようかと思ったのだが手が回らず、鉢の上に積もった雪を取り除くのには、慎重な手作業を必要とした。放っておいたら当然霜焼けのようになっていたんでしまう。道路よりも先に、こっちに手をつけることにした。朝の寒さが、思ったほどではなかったので、それほど花を傷めることなく、雪を取り除けたのでほっとした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

小沢幹事長辞めるか

 陸山会の土地購入問題で、1月31日小沢幹事長は2度目の検察の事情聴取に応じたそうだ。5年、6年前の問題だ。状況は小沢氏に不利なようにも思えるが、今は国会開会中なので逮捕されることはない。しかし、こうした事情聴取が続くことで、小沢氏が幹事長辞任ということになれば、夏の参院選では民主党に同情票が集まることになりかねない。
 かつて東京地検特捜部によって有罪に追い込まれたはずの鈴木宗男氏、佐藤優氏、あるいはホリエモン氏は今みんな元気だ。結果的に、検察が彼らのパワーを倍加させただけのようにも見える。それに引き替え、鈴木宗男氏と張り合ったはずの田中真紀子氏は今民主党のはずだが、すっかり影を潜めてしまっているようにも思える。
 今は、22年度予算の審議に集中すべき時だ。検察の動きは、予算審議から目を逸らさせる働きを持つ。科学研究の予算を削ってまで、高校無償化や子ども手当が、今必要なのかを始めとして、国会でしっかり議論すべき時のはずだ。普天間問題も、首相は5月決着と言うが、これも今の国会で議論をしておかなければいけない。元々すでに国としての方針を出してあったものを、政権が変わったからと言って、政権の一存で変更すべきものではないはずだ。現行の方針にも野党時代に議論して、数で負けたという理由はあるかも知れないが、国会で承認した責任は共有しなければならない。変更の結論は、当然国会で議論すべきものだと思う。
 こうした問題を、幹事長の進退問題の陰に隠してはいけないし、小沢氏が闇将軍として参院選やその後の政局にに影響力を行使するようなことは、正に日本の政治の危機だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/01/2010

今日の雪は本当そうだ

Rimg0008


 天気予報では夕方から雪ということだった。しかし、午前中からどんどん雲が広がり、急速に空気が冷たくなって来ている。間違いなく雪が降りそうだが、予報よりも早まるのかもしれない。
 東戸塚駅西口では、梅がもう見頃になっていた。白梅なのだが、部分的に一枝ぐらいが紅梅になっている。接ぎ木でもしてあるのだろうか?Rimg0005


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »