« December 2009 | Main | February 2010 »

01/31/2010

旧緑化センターで

100131_022


 先週に引き続き、児童遊園地の梅林の様子を見に行った。少しは花の数が増えていたが、ここはやはり2月中旬ぐらいにならないと見頃にはなりそうもない。児童遊園地の上側、旧緑化センター(4月から横浜市役所の一部の局名が昔の名称に戻るそうだが、ここも環境活動支援センターより昔の名称の方がわかりやすい)の梅は結構見頃で、メジロも来ていた。一部にはもう見頃を過ぎてしまった株もあるようだ。
 旧緑化センターでは、今大温室が改修工事中で入れないが、この温室の中には池もあって南方系の淡水魚なども見られて、今の時期すごくくつろげるのだが、やや残念だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/29/2010

鴨のランチタイム

Rimg0006


Rimg0007
 昨日のことだが、柏尾川の戸塚駅よりちょっと下流に、点々とだが規則的に何かが並んで浮いているように見えた。老眼の遠目ではよくわからないのも無理は無いと思ったが、鴨が一斉に水の中に首を突っ込んでいるので、同じ大きさの四角い箱のようなものがいっぱい浮いているように見えてしまったのだ。ちょうど12時少し前、人間も昼食の時間。鴨たちも昼食の時間なのだろう。でも休憩時間の制限がある訳でもないのに、なんでこんな風に一斉に、並んで、水に首を突っ込んでいる必要も無いはずなのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/28/2010

サーファー・由比ケ浜

Rimg0016


Rimg0019
 久々に雨が降るというので、雨の浜辺を撮りたくて由比ケ浜に行ってみた。予定よりも雨風ともに厳しい感じだったが、こんな天気なればこそか、由比ケ浜にはサーフィンをやっている人が多かった。雨は相模湾沿いに東に向かい、海上の方が雨脚が激しかったようだ。暖かい雨で、真冬の荒れた海とは一味違うような気もする。鎌倉もこんな天気だと少しは観光客が少なくて、あちこち、鎌倉の生活ぶりをゆっくり見て歩くことができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/25/2010

住基カード

 今年からe-taxで確定申告をしようと思って、区役所に電子証明の手続きに行って来た。後は、カードリーダーを買って来てパソコンの設定を済ませれば、自宅で確定申告ができることになる。
 ところで、名古屋市長はこの住基ネットを、国民に番号を付けて管理しようとするのは、牛を管理するのと同じで非人間的なシステムだとして、離脱の意向を表明しているそうだ。意見としては分かるのだが、既に住基ネットで、いろいろなサービスが始まっていて、確定申告ばかりでなく、年金の現況届けなども、これの利用によって簡略化出来るようになっている。今の時点では、サービス低下をせずに、住基ネットを廃止することはできないのではないか。少なくとも、システムは意思に伴う利用者の救済策を提示しなければいけないだろうが、名古屋市ではどう考えているのだろうか?
 仮に選挙の公約に掲げていたとしても、制度の改廃は一首長の一存で決定すべきものではないと思う。支持していた人がすべての公約に賛成であったとしても、支持しなかった人の利害も考慮しなければ政治とはいえない。まして、総花的な公約すべてに目を通して確認した上で賛成の投票をする人がそんなにいると思えないも。国政の、マニフェスト市場主義みたいなものと同様な危うさを感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/24/2010

ヘレボラスの花

100119_014
100119_016
100119_012
 普通にはクリスマスローズという名前がよく知られているが、日本では12月末に咲くのはほとんどないのではないかと思う。環境活動支援センターでも、林の脇にそだっているものは、今の時期ようやくつぼみが大きくなっている程度だった。我が家では最近この花に凝っているので、今咲いているきれいなのを掲載しておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/23/2010

今年の梅花は早い?

100123_002
 今年の梅は早いというし、近所でも咲いている木があったりするので、児童遊園地に行ってみた。でも、ここの梅林は、まだ花はほとんど咲いていなかった。環境活動支援センター全体では、何本か咲いているし、ロウバイは今が見頃だ。梅林は、日照の関係もあるかも知れないが、いつもと同じ2月半ばが見頃になるかなと思う。100123_015
 今は菜の花がきれいな絨毯のようになっている。やはりまだ満開というわけではないようで、草丈も短く、あちこち隙間から土が見えているけれど、いっぱいに日を浴びて、ベンチでくつろぐには十分だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/22/2010

走水へ

Rimg0027
 妙に暖かい大寒から、ようやくちょっと寒い日が戻って来た。でも、大寒の時期としてはそれほど寒くもない感じがする。何となく海が見たくなって、観音崎へ行ってみた。この辺りは関東平野南岸で暖かく、海岸には海藻がたくさん打ち上げられていて、独特な浜のにおいがする。対岸に千葉の山が見える走水の海上を、巨大な船が行き交っている。寒い時期に、春への期待感が立ちこめている。
 浦賀は、去年亡くなった母が生まれた土地でもある。祖父が浦賀ドックに勤めていた。かつて海軍の施設も多く、様々な歴史の跡も多い土地だ。もっと暖かくなったら、そんな史跡を見て回りに、また来てみたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/21/2010

青い実

100120_001
100120_003
 お隣との境にある竜のひげに実が付いている。青いきれいな球形で、正に竜珠ということだろうか。そのすぐそばで、ラベンダーが咲いている。冬の寒さの中で、薄い藍色が優しい彩りを与えてくれているようだ。政治の世界では、肝心の予算審議の前に政治資金規正法違反とか、議員の収賄疑惑とかが浮上してきていて、今年もあまり明るい展望は望めないようだが、自然はいつも落ち着き払って美しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/20/2010

開国博とハヤシランチミーティング

 1月19日に、「何だったの?開国博Y150」市民の会とのミーティングで、「林市長は『何のためにやったんですか、というところがあいまいになった。一番致命的だったのは、有料入場者数が(見込みより)入らなかったこと』と振り返り、『市も協会も、みなさまの声を聴いて、一枚岩で取り組んでいなかったのかな』と率直に答えた。」と報道されていた。率直な答えというよりも、他人事のような感じがするのは私だけなのだろうか?
 開港150周年に博覧会をやろうというのは、どうしても前市長の暴走だったと思っている。2008年の秋以降、横浜も含めて日本の社会・経済情勢はとても博覧会を考えるような状況ではなかったと思う。だが、その頃にやっと博覧会の具体的な計画が公表され始めたくらいで、Y150の中身については、それまでは記念式典関連のイベント実施という程度にしか知られていなかったのではないかと思う。博覧会をやることについて、市民の意見を聞いたりしたとは到底思えないのだが、経済界とか、特定の所には聞いていたということなのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/19/2010

白旗山公園(東戸塚)

100119_037
 東戸塚駅前、西武百貨店の隣に、塚とも丘ともわからないような小山がある。東戸塚に住んで30数年登ったことがなかったのだが、今日行ってみた。登り口の階段の脇に「白旗山公園」と名前が刻んであったので、ようやく公園であることもわかった。頂上は、クヌギや栗、松などの大木に囲まれていて、見晴らしがよいとは言えないのだが、由来を書いた碑などもあり、かつては富士山を見る恰好の場所として、おそらくは地元の富士講などもあった場所なのではないかと思われた。碑には、和歌が刻んであり、富士山を讃える歌であることは推測が付くのだが、達筆で読めない。すぐ後ろにある由来を書いた碑も、漢文でだいたいのことはわかるのだが、歌のことは特に記述がなかった。
 すぐ近くをかつての東海道が尾根筋を通り、権太坂を過ぎて境木地蔵、焼き餅坂あたりから富士山を望む錦絵も描かれていたようで、東戸塚は富士山の眺めの良いところが多い。この辺り、旧街道は山の中の細い道であったと思われるが、保土ヶ谷宿を過ぎて戸塚までl、富士を眺めて一息つくような場所でもあったのかも知れない。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

01/17/2010

寒い日の夕焼け

Sh3c0040
 もう4日ほど横浜も寒い日が続いた。何とか今日の日中あたりから日差しが戻ってきたような感じだが、空気はとても冷たい。欧米、中国や韓国が記録的な寒波に見舞われているのだから、これくらいの寒さは問題ではない。ハイチの大地震では死者20万人とも言われていて、救援の手もなかなか行き届かないで苦労しているようだ。そんな世界の動きの中で、日本では連日民主党小沢幹事長の政治資金管理団体問題が大きく取り上げられている。日本だってまだ、経済が十分に回復せず、ついこの間までは年末年始派遣村の話題が報道されていたように、困っている人が大勢いるのに、政治の世界も報道の世界も何か感覚がずれてしまっているようだ。
 そんな世の中だけど、冷え切った冬の夕焼けは一種爽快な感じがある。夕方散歩に出て、東戸塚の方を見ると夕方の空の冷たい壮大さに、世間のコチャコチャした問題を吹き払ってもらえるように感じた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/15/2010

検察の政治感覚

 連日国の重要施策の話題よりも、民主党小沢幹事長の陸山会土地購入処理の問題の方が大きく取り上げられている。政治資金収支報告書に04年の支出記載が無く、05年に記載があるのはおかしいということで、政治資金規正法違反ではないかということのようなのだが、とにかく分かり難い。西松建設の問題の時からもう1年近くもくすぶり続けている感じだ。この間に総選挙があり、政権交代があった。今なお、結論がはっきりせずにもたもたしているのは検察の政治感覚に問題があるのではないかと思う。結局、政権交代が好ましくないからと、かつての野党に圧力をかけ続けているような感じがする。当然、18日からの通常国会でもこの件に関する質疑があるのだろう。かつて民主党もそうした手法で政府攻撃をして来たのだから仕方が無いとも思うが、およそ建設的な議論とはいえない。国民としては、国の舵取りのために真剣な国会での議論、予算案についての議論を期待しているのに、本来の議論はそっちのけで、スキャンダル追及にのみ熱心に取り組んでいくのではないか。そんな議論にあやふやな情報提供をするだけの捜査はどうかと思う。検察は、政治的には中立であるべきだと思うが、なおかつ政治についてのしっかりした見識を持って捜査活動を進めるべきではないのか?
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/14/2010

政治主導は???

 小沢民主党幹事長の政治団体事務所「陸山会」が、政治資金規正法違反容疑で家宅捜査されたそうだ。新年を迎えて、ようやく日本も少しは活動的になるかなという所で、04年に購入した土地代金の支出が05年に記載されているのはおかしいとか、あまり説得力の無い捜査活動で、引き続き政治的混乱状況を演出しようという感じだ。本当に問題があるのなら、もっと迅速に、しっかりと踏み込んで政治家本人の責任を問うべきだと思う。何だか、世間の反応におもねって、ぐずぐず動いている。確かにこれでは官僚・検察に任せておくわけにはいかないと言われても仕方が無いだろうと思う。しかし、政治の方も、そうした官僚の動きをきちんと指導出来ていない訳だから困る。
 財務大臣は予算編成で疲れきって交代してしまったようだし、交代した人も早速為替の口先介入で良かったの悪かったのと、最初から防戦に追われているようだ。国会議員の本来の仕事は様々な政策をいろいろな角度、立場、見解からしっかりと議論をして国の動きを定めて行くことだと思う。野党だったから知らなかったというのは、いわば議論の能力、調査の能力が無かったというだけのこと。政権交代があれば、従来の議論を踏まえて、的確に対処して行かなければならない。そう出なければ、政治に任せておくとはできないということになるのだが、政も官も財も信用出来ないとなれば、日本はどうしたら良いのだろう。
 いずれにしても被害者は国民として存在している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/11/2010

夕景の富士

100110_024
 東戸塚周辺は、いろいろなところから富士山が見える。写真は、環2品濃あたり、旧東海道からちょっと裏に入ったあたりから見た。新年に入ってだんだん日が延びてきたところのシルエットである。
 今日、カズオ・イシグロの「日の名残り」を読み終えた。図書館の本を借りて3日で読んでしまった。イギリス独特の執事という仕事に没入した男の回想を軸に、現代の民主主義社会の有り様から、仕事と人生の考え方に付いてまで、様々な刺激をしてくれる本だった。とりわけ、自分でもそれなりに仕事をしてきたと自負する男性が、晩年を迎えてどんな風にその先を考えたらよいのか、今の自分にまさにぴったりの小説でもあった。日経ビジネスオンラインの記事で紹介されていたので、本来は現代社会の様々な問題を考える上でもおもしろい小説だった。夕景の富士山をとりたくなったのも、この小説の影響かも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/09/2010

東戸塚駅近くの梅開く

100108_009
 東戸塚西部の脇の交差点角で、紅梅が4分咲きといったところだろうか。白梅も並んでいるのだが、こちらはまだちらほらと咲いているだけだ。ヨーロッパ、北京、韓国では厳しい寒波だそうだが、日本では一足早く梅が開くほどの暖冬。最も、横浜この100年間で平均気温が4度も高くなっているというので、都市化の影響で温暖化しているのは明らかなのだろう。
 環境問題といえば、南半球では日本の捕鯨監視船と、環境保護・反捕鯨団体シー・シェパードの抗議船アディ・ギル号が衝突して、双方が相手を海賊行為だ非難しているようだ。シー・シェパード側では、オランダの国際法廷に提訴したという。COP15では、グリーン・トレード・ウォーという言葉が使われていたが、環境問題は今や日欧、米・中、開発途上国が入り乱れて争う戦争状態といっていいような雰囲気になっている。それぞれの言い合いで、ますます地球環境を悪化させているような気もするのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2010

横浜港大桟橋

Rimg0011
 横浜といえば、やはり港だなと思う。林市長は横浜市の成長戦略を打ち出して、郊外部の町づくりとか、工業技術の支援とか、あるいは横浜港のハブ港化とか言っているようだが、いずれも実現はちょっと難しい気がする。ハブ港化は、東京湾内ということで、物理的に難しいのではないか?それでもやはり港は横浜の象徴。ハブ港でなくても十分魅力的だ。今日は、ぱしふぃっくびいなす号が停まっていた。今日の夕方鳥羽に向けて、新春伊勢志摩・南紀クルーズに出航する予定だそうだ。そんな横浜港が懐かしくてよいではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

巨大人物画

100107_014
 東京都現代美術館のフロントスペースには、突き当たりの巨大人物画に至るドミノみたいな白い看板風のイラストが並んでいる。「バガボンド」の漫画家井上雄彦氏の制作だそうだ。人物画と言うがもちろんバガボンドのストーリーに即した、宮本武蔵のイメージだと思う。制作の際の記録映像では、現地で直接描いてしかも取り付け後の修正等はなかったというコメントがあった。
 正直な話、「バガボンド」が雑誌連載の大人気漫画であることなどまるで知らなかったのだが、人物画が宮本武蔵らしいということはすぐに感じた。現代美術館らしい取り組みでもあるけれど、自分自身が、そうした時代の完成から外れていることに、改めて愕然とする思いでもあった。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

01/07/2010

ベトナムコーヒー

100107_002
 東京都現代美術館に行った。ここ2年以上行っていなかったので、出店しているレストランとかがすっかりリニューアルされているのに驚かされてしまった。軽食の喫茶コーナーだったところがベトナム風のカフェになっていた。ランチの種類は少なくてベトナム料理だが、結構それ風の味付けでおいしかった。ベトナムコーヒーのセットを頼んだが、これは一杯ずつフィルターで濾す上に、お湯を入れたカップの中のグラスで飲むようになっている。最初に出てきたときには、どうやって飲むのだろうと思ってしまったが、当然のこととして飲み方は丁寧に説明してくれた。濃いめのコーヒーでブラックの場合は砂糖を適量入れるのが良いようだ。コンデンスミルクを入れるベトナムミルクコーヒーは独特の味で病みつきになる人が多いとか、メニューに書いてあった。
 展示のメインは、レベッカ・ホルンのインスタレーションと映像作品で、いずれも不条理っぽい作品でおもしろかった。しかし、内容豊富で全部鑑賞しきるのは結構体力、気力がいる。何回か訪ねてみる必要があると思う。1月中にまだ関連の講演会とかイベントがあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2010

1月はメジロの季節

100106_015
100106_018
 我が家の近くは年間を通じて野鳥が多い。四十雀、ヒヨドリ、雀はいつでもいるが、メジロは1、2月に一番よく見かける。よく見ると結構太っていて、山茶花の花にぶら下がったりするとかなり花がたわむので、鳥としては体重のある方だと思う。警戒心が弱いのか、目が悪いのか知らないが、人間が静かにしていると、結構1メートルぐらいの近さで平気で実をつついたりしている。ご近所のミカンの木では、賑やかにおしゃべりをしながら昼の団らんを楽しんでいるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/05/2010

まだ松の内だけど

 今日はこの地域では新年最初の燃えるゴミ収集日。昔風に言えばまだ松の内なのだけれど、世間はもう動き出している。ゴミ収集がなければ、正月の食材のからなどで、家の中は収拾が付かない。100105_009
ちょうど同時に出しに来た人は、「プラもいっぱいでね」と嘆いていた。我が家もプラゴミの方は金曜日まで自分の脇で幅をとって居座っている予定だ。年末より新年の方が、ゴミの量は多いのではないかと思う。収集も大変で、我が家のそばの集積所は昼頃に収集車が来ていた。集積場所ごとに時間がかかっているのだと思う。
 そんなことで世間は動き出しているが、まだ松の内ということで、ご近所にある萩原代官屋敷・萩原道場跡に行ってきた。杉浦という旗本の代官を務めていた萩原家の屋敷跡だそうだが、幕末の頃の当主が直心影流の免許皆伝を受け、道場も開いていたという。100105_011
 屋敷の門はほぼ昔のままに残されているようだ。門の脇の銘板に説明が書いてあり、当時道場訪れた剣客の名簿には、天然理心流近藤勇の名前があったという。剣客名簿と近藤勇の署名が添えられている。100105_012
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/04/2010

江の電が飾りに!

Photo
 今年の箱根駅伝はすごかったね。東洋大も強かったけれど、シード権争いにドラマ性があってなかなかのものだったと思う。箱根の新しい楽しみ方が増えたようだ。それはともかく、今日は仕事始めの月曜日。今年は日本の景気も、社会情勢も上向いてもらいたいものだが、どうなるだろう?何はともあれ、正月の疲れ落としに、葉山の喫茶店にランチを食べに行った。窓際の席が空いていたので、ゆっくり寛ぐことができたし、メニュー立ての江の電の飾りがほのぼのして、今日の気分にぴったりだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2010

新年は駆け足とともに

100101_005_2
 爽快な新年を迎えた。寒気を伴った強風に吹き払われて、上空は晴れ渡っていた。残念なことに富士山は雲を被ってちょっとまだら模様のようだが、あたりの空気は澄み切っている。昨年ははがなくなったこともあり、何をするでもない年末年始なのだが、正月恒例の箱根駅伝は明日、明後日で、今日から中継のテストのためなのだろう、ヘリコプターが2機、近所の権太坂上あたりでホバリングをしていた。100101_001_2
 例年のことながら、新年は駅伝とともにやってきて、駅伝とともに走り去っていくような気がする。今年は多くのサラリーマンが4日の月曜日から仕事に復帰するのだろう。短い正月休みで、100年に一度の大不況からの脱出を願って、近所の神社に初詣に行く人も多いようだ。旧東海道権太坂を過ぎたところにある境木地蔵尊では、初詣の人が列を作っていた。100101_010_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »