« June 2009 | Main | August 2009 »

07/30/2009

夏の日差しとポートサイド

Rimg0040
Rimg0042
 いきなり強烈な夏の日差しがやって来た。ポートサイドの鉄橋の上の鵜も暑そうな顔をして頑張っているようだ。鉄橋の下を抜けるシーバスが涼しそうで、シーバスの乗組員はいいなと思う。このシーバスは満員だった。開国博帰りでもあったのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/29/2009

二代目横浜駅

Rimg0012
 二代目横浜駅というのは大正4年の開業で、大正12年9月1日関東大震災で焼失した。営業していた期間が短かったため、実質的には幻の駅舎とも言われていたそうだ。旧東横線高島町駅跡のすぐ脇に、レンガ積みの遺構の一部が保存されている。Rimg0003
 二代目駅舎の跡は、現在はマンションになっている。その敷地の一部に、ちょっとしたモニュメントのように遺構が保存され、静かに夏の日差しを浴びていた。かつては、高島桟橋に近く、横浜の中心であっただろうに、今は、みなとみらい地区から外れて、全く取り残され対置付けとなっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/28/2009

中田横浜市長が辞任したそうだ

 中田市長の辞任の理由は横浜市の財政改革などにめどがつき、市政改革に一定の成果を上げたというようなものらしい。なぜ今の時期かといえば、衆院選と同日市長選であれば、経費節減につながるということらしい。市長選挙ごときに余計なお金を掛ける必要はないということか。しかし、衆院選挙に紛れ込ませることによって、中田市長の任期中の政策を検証、総括する意義は、政権交代是か非かという国政論議の中に埋もれてしまうのではないだろうか?具体的な検証とは無関係に信任を得ていた中田氏ならではの時機選択に思える。自民党首相の政権投出しとあまり変わらないように思えるのだが、小泉流を信奉していた中田氏だけに、この辺りも国政の動きに見習ったものなのだろうか?何か嫌になってしまうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨の末期か

Rimg0034
 関東地方に梅雨明け宣言が出てずいぶん経つが、九州や山口県方面では大変な豪雨が続いていた。今日は関東地方にも一部が流れ込んできたようで、午後から短時間に急激な豪雨がやってきた。降り出したなと思って30分ぐらい様子を見ていたら、とてつもない豪雨になって、普段水など流れない石段が激流になったりしていた。それでも夕方過ぎ6時頃には雨もあがって、今度は夕焼けになってしまった。反対側には虹も出ていたようだが、何ともすさまじい感じの夕焼けだった。猫のダイキチも呆然としていたようだ。Rimg0005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/23/2009

戻り梅雨の開国博

Rimg0021
 夏休みに入って開国博の様子はどうかなと思ってみなとみらいに行ってみた。長引く梅雨で相変わらず低調なのは覚悟の上だったが、目玉の大蜘蛛も最近は慣れられてしまったのか、円形歩道橋の上の見物人もそれほど多くはなかった。赤レンガ倉庫の所ではコンテナを活用した展示をやっていたが、その他にはあまりめを引くイベントはなかったようだ。大蜘蛛の会場斜め向かいに海外移住資料館があり、開港150周年にちなんで、企画展をやっている。初めての移民の苦労を物語る様々な道具類とか写真資料で、移民の人々の苦労や、昔の日本人の思いがひしひしと伝わってくる。パールハーバー空爆を伝える新聞のコピーからは、日系人の目を通した日本の戦争の姿が浮かび上がり、日本とは反対側の視点を突きつけられる思いがする。一部屋で「ハワイ日系人歴史絵巻」展が26日まで開かれており、その中でも、移民の苦労とともに、日系人として参戦した人々が、オーロッパ戦線を先頭に立って切り開いて行く様が描かれており、ユダヤ人強制収容所解放の姿などを読むと涙が出そうになる。移民の母港は横浜港だったということで企画されているのだが、開国博でももっとこうした周辺の企画を一緒にPRした方が良いのになと思った。今更開国博の中身を改変するのは無理だろうし、周辺の企画と一緒に盛り上げて行くしかないのではないか。Rimg0017
Rimg0015

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/22/2009

河童の川流れって?

Rimg0031
 世間では、今日は日食でもちきりだったようだが、あいにく関東地方は曇り時々雨。そこで、神奈川区内を歩いてみたのだが、足下に面白いものがあるのに気がついた。場所は滝の川公園。一角が花壇のようになっていて、その奥にレリーフみたいのがある。左右対称で、一つが「河童の川流れ」、もう一つが「河童の木登り」と書いてある。川流れは判るが、木登りの方は、何だか蛙が頭をかいているだけのような気がするのだが、いわれは全く判らない。文字が書いてある部分は多分キュウリなのだろうと思う。ここは細かいところにいろいろな細工がしてある公園で、別の隅には横浜開港当時の明治天皇行幸記念の碑みたいなのもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/21/2009

横浜駅前気水域

Rimg0013
 完全に梅雨に逆戻りしてしまった。山口県では大雨で大変な被害が出ているようだ。横浜も朝から時雨れがちで、時々傘が必要なくらいの雨になったりしている。横浜駅は元々入り江の中のような所にあるので、今もかなり広い気水域に囲まれているといってよいだろう。東口は当然として、西口の方まで、今時分は川の中にクラゲがたくさん見える。東口のみなとみらい大橋の脇に日産本社ビルが建てられており、周辺のペデストリアン・デッキの工事も進んでいる。ニッサンギャラリーにはもう車が展示されていて、オープンの準備が進んでいるようだ。
 ここからさらに海側では、Rimg0023
護岸工事が行われている。反対岸と同様ビオトープが作られるのだろうか?それはわからないのだが、ニッサンギャラリーの前から、みなとみらい大橋の下を歩ける水際線プロムナードが造られているので、少なくとも公園の形で散策のできる場所にはなるのだろう。Rimg0016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/19/2009

蒸し暑い夕方散歩に

Kc380076_edited一日ほぼ曇りで風が強く、それなのに蒸し暑かった。夕方散歩
に出たところ、割と近所で黒猫が夕涼みをしているのに出会った。結構端正な感じで胸もと、腹部に小さな白いエンブレムをつけていた。首にブルーのリボンもしていて、きちんとした暮らし向きの様子が感じられる。ちょっと照れていたようだが、まあおとなしく写真におさまってくれた。このあと1時間ぐらいでちょっと時雨れてきたりしたのだが、ものすごい夕焼けと、虹も一緒に見ることができた。不思議な天気だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/18/2009

横浜駅ポートサイド地区で

Rimg0023
 戻り梅雨なのか、雨はそれほど降らないがやたらと蒸し暑い日が続く。屋内にいるよりはましだと、横浜駅のポートサイド地区に行ってみた。ここは、アートの街を目指しているので、至る所にアートの仕掛けがしてある。住居地区の広場には港をテーマにしたモニュメントがある。作品という扱いではないのかも知れない。タイトルを表示するプレートなんかは見あたらなかった。Rimg0032一方の外れの歩道にはちょっと変わった感じの防火水栓を見つけた。これもアートを標榜している感じで面白い。何か、いかにも自己主張の強い水栓だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/15/2009

梅雨が明けた

Rimg0012
 昨日関東地方では梅雨が明けたそうだ。日中曇り空が続いていたのに、一気に夏らしくなってしまった。結構風が強く、帽子が飛ばされそうで大変だが、とにかく夏である。大方の予想よりは1週間程度早い梅雨明けのようだ。(横浜市保土ヶ谷区の公園)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/14/2009

都議選

 今時分都議選の結果についてコメントするのは、あまりに遅いという感じがするが、一応時代の目撃情報として書いておく必要があると思う。
 自民党の敗因として、東国原宮崎県知事の動向を挙げる報道があるようだが、実際は関係ないと思う。来るべき衆院選に人気タレント首長を引き込もうという無節操さに対する批判はあるだろうが、本来的に都議選とは無関係な問題である。自民党の都議選での敗因は、結局公明党の都合に振り回されすぎたということでしかないのではないか。公明党は与党逆風の中でもちゃんと勢力を伸ばしてしまっている。組織力もあるだろうが、連携関係にある自民党が大きく退潮する中で伸びているということは、自民党を支える努力はしないで利用できるところは利用したということなのではないか。ただ、都議選では公明党が勝ったことになるが、来るべき衆院選でも都議選と同様の結果になることは、どうしようもない流れだろう。衆院選の結果を受けての政界再編まで見込んだときに、都議選での公明党の戦術的な失敗が明らかになるということなのではないだろうか?
 今の日本政治の無力感はちょっと止めようがない。政権を担当できる人材がいない。若い人の中には政治家は若くても高収入が得られる割のいい職業といった感じが出てきているような気がする。政治的な手腕を磨こうとか、高い政治理念を持とうとか、本当に国民、市民の幸せを考えようとかいったことには意欲がなく、マスコミ受けのいい改革、結果を問わない改革を標榜するだけで政治家になった気になってしまう。
 改革は現状の破壊だけでなく、再建まで責任を持つものでなければならない。小泉元首相も旧体制の破壊については、かなりの成果を上げたように見えるが、正に自民党をぶっ壊す事に成功しただけで、その再建とか、日本そのものの再構築、再建には退任後3年以上が経過してなお全く成果が上がっていないのが実情である。彼も改革には成功しなかったといわざるを得ない。
 都議選、地方選挙は、麻生氏も言うとおり、本来国政とは別物である。しかし、今回の都議選の結果は現在の政治状況の縮図であることも認めざるを得ないのではないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2009

日差しは弱いけれど

Rimg0026
 曇り時々晴れとか、晴れ時々曇りとかはっきりしない天気予報がつづくが、このところ雨があまり降らないので、植木の水やりが大変になっている。午前中にしっかり水やりをしていても、午後2時ぐらいになると、場所によっては乾いて凋れ始めたりしている。夕方日が落ちかかってからまた水やりをすることにして、人間の方は葉山に涼みに行くことにした。葉山の喫茶店の入り口に、大きな鉢に金魚やホテイアオイやらを入れていたが、蒸し暑い日本の夏はこういう工夫が必要だなと、つくづく感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/10/2009

夕焼け

Rimg0005
 ひどく蒸し暑い上に、一日中強風が吹いていた。午後は雨の降る所もあるという予報だったのだが、関東南部では結局雨は降らなかったようだ。夕焼けになれば翌日は晴れるというのが通常だが、明日の予報は確か曇りのはず。夕焼け自体が、雲の切れ目のような感じもするのだから、梅雨の夕焼けでは仕方がないのだろう。でも、こんな夕焼けが出れば、梅雨明けも近いのだという気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/09/2009

地下鉄グリーンラインに乗った

Rimg0034
 あざみ野の山内図書館に行った帰りに、センター南駅からグリーンラインに乗り換えて、日吉へ回ってみた。グリーンラインはまだできてから日が浅いこともあるが、従来のよりもトンネルの径が小さく車両も小さいので、かわいい感じがする。乗り心地も悪くない。
 一方、終点の日吉はいっそうにぎやかな感じになっている。駅前の慶応大学の関連施設も随分明るくしゃれた感じになっているし、学生を始め若い人が多いのは当然だが、にぎやかで活気のある町、副都心といってよいような町になって来ているようだ。川崎に接し、北部3区を通ってJR中山までつながったのは、日吉のターミナルとしての位置づけをより大きくしたのではないか。此れから若い町としての発展が楽しみな感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/07/2009

開国博ヒルサイドエリア

Rimg0019
Rimg0028
 7月4日に横浜開国博のヒルサイドエリアがオープンした。開国博の全体の企画から見て、梅雨時の平日ではあまり観客もいないだろうと考えて行ってみた。大規模な設営はだいたい出来ているのだが、事実上完成は8月を目指しているのだろうという感じだった。竹の海原というのがメインの施設で此れはがっしりできているのだが、ここも含めて、朝顔などの蔓性植物グリーンカーテンを作ろうという狙いがあって、カーテンがちゃんと機能するようになるまでは後2週間ぐらいかかるのではないかと思う。丘の広場とおいう所の丸太切りイベントの告知は9月5日になっていた。
 竹の海原の下では、NGOの展示ブースとか押し花とか、様々がワークショップできるようになっている。参加者と一緒に作り上げて行くというコンセプトなのだと思うが、そういう意味では、オープンが早すぎたのではないだろうか?もっと小学校の夏休みに合わせた方が良いような気がする。もっとも今日あたりはその下見にきているような人も多いので、とりあえず内覧会的なオープンなのかもしれない。
 会場には、相鉄線鶴ヶ峰駅、JR中山駅からシャトルバスが出ている。広大なズーラシアの裏側といった位置づけなので、専用のシャトルバスか自動車を使わないと、ちょっと気軽に立ち寄れる場所とはいえないだろう。心配になったのは、この博覧会が終わった後をどうするのかということだった。シャトルバスがなければ立ち寄るのは難しいだろうし、大阪の万博公園的な使い方も難しいのではないだろうか。市民の公園として、とりあえず管理するしかないのではないか?帰りのバスを待つ間に、周囲の高圧線にカラスが多いのが印象的だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2009

屋内巨大ロック

Rimg0014
Rimg0006パシフィコ横浜で経済情勢関係のセミナーがあり、みなとみらいに行った。帰りにMMを通りながら横浜駅に行ったのだが、MM地区もどんどん変わってきている。外から見ているだけではわかりにくいのだが、結構面白い仕掛けがあちこちにあるようだ。今日は屋内でロッククライミングが体験できる巨大なロックを見つけた。リーフみなとみらいという、MMの中心部からちょっと横浜駅よりのビルの中にある。3階まで吹き抜けのフロアに巨大な赤茶色の物体がある。外からでは何だか判らない。モニュメントか、インスタレーションかという感じなのだが、上の方からロープが垂れ下がっており、所々取り付きようの杭が打ってあったりする。3階の喫茶コーナーでコーヒーを飲みながら、暫く見物をしてきた。
 最近、建築を中断している施設もあるようだが、MM地区もずいぶん整備が進んできた。新しい集客の拠点として、今までの横浜とはちょっと違った顔を見せるようになってきている。内容のないミニ博覧会を企画しなくても、ちゃんと横浜は動いているのだなと感じた。
Rimg0010

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/03/2009

新名所-象の鼻

Rimg0058
 今日もMMの様子を見に行った。港はやはり良い。15年前に第10回国際エイズ会議をやったパシフィコ・臨港パークあたりも植栽や、モニュメントなどもしっくり定着して良い雰囲気になっていた。そこから赤レンガ倉庫を経由して、象の鼻パークまで歩いた。横浜港の初期の突堤の先が丸くなっていて、象の鼻のようだというので名付けられたという。その一帯、今の大桟橋の付け根あたりだが、突堤を復元し、公園にして、ミュージアムやカフェを作っている。一角に、黒船を上空から見たという巨大な仕掛け絵が描かれていて面白い。重苦しい梅雨時ということもあって開国博は閑散としているが、港そのものは良い癒しの場でもある。帰りに県庁舎の脇を通ったら、開国博もY150も、何の表示もなかった。県と横浜との間はあまり良くないのだろうか?それとも横浜がそれほど力をいれて県にアプローチしなかったということなのだろうか?9月までこのままいってしまうのかと心配になってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2009

横須賀線開業120周年ー東戸塚

Rimg0002
 東戸塚駅は横須賀線の駅としては遅くできた駅だ。保土ヶ谷方面からトンネルを抜けると、広大な谷底にすすきが原が広がっていた場所という記憶がある。駅ができたのは昭和38年以降の話だと思う。今は西武でパート、ダイエーを含むオーロラモールに直結し、横浜の副都心の一つのようになっている。今は駅舎のトイレを改装中で、工事用の施設の壁面を利用して保育園児の力作展が設置されている。子どもたちの電車の絵というのは本当に力作だなと感じる。狭いスペースの中だけれど、大好きな電車の絵がぎっしり詰まっている感じだ。横須賀線開業120周年と言っても、どこで何をやっているのかよくわからなかったが、東戸塚駅のはいいなと思う。Rimg0005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »