« May 2009 | Main | July 2009 »

06/29/2009

オナガ

Img_1226
Img_1215今朝は早くからオナガ、ヒヨドリ、ムクドリが集まってうるさく鳴いていた。このところオナガがこのあたりを縄張りにして、取り仕切っていこうとしているようだ。以前は、ご近所の裏の立木にカラスの巣があって、カラスがうるさかったのだが、オナガに追い払われてしまったようだ。オナガの方が身体は小さいのだが、3羽以上の集団でしつこくカラスを追い回すので、さすがのカラスも太刀打ちできないようだ。
 最近このオナガが我が家の玄関先のペットフードを狙って来訪するようになった。何で野鳥がキャットフードなんか食べるのかと思うのだが、どうも猫も自分の縄張りに進入してくる不届きなやつと考えている節がある。ご近所の屈強な猫が近くを通ったときに、立木の上から明らかに猫を威嚇している姿を見た。どうも人間を含めて、このあたりの動物はオナガに敬意を払うべきだと考えているように見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/28/2009

暑い日-駐車場の猫

Kc380075_edited
 蒸し暑い日と雨の日が交互にやってくる。今年は全体としては暑い梅雨のようだ。長期予報で言っていた空梅雨とはちょっと過ごしにくい梅雨と言ってよい。今日も雨は降っていないが、まとわりつくような蒸し暑さに閉口している。昨日は梅雨の晴れ間で日差しの強い暑い日だったが、山手公園の駐車場は猫たちにとって恰好の涼み場所になっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/26/2009

横浜駅前ビオトープ

Rimg0009
 横浜駅東口駅前のエリアをちょっと外れたポートサイド地区にビオトープがある。横浜の中心的な駅のすぐ脇が広大な気水域になっている。ここにはシーバスも入って来て、一つの港観光の拠点にもなっているのだが、その一角に、夏は葦が生い茂るビオトープがある。周囲には高層住宅もあり、ベイ・クォーターというショッピングセンターもある。その一部に、静かで爽やかな風が吹いてい、葦の茂みの下には、小さな蟹なんかも住んでいる。反対側の鉄橋の上では、鵜がのんびりあたりを眺めていた。Rimg0028
Rimg0024

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/23/2009

夏の鴨ー平戸永谷川

Rimg0032
 このところ雨に降り込められた感じで紫陽花ばかり撮っていたので、たまには鳥を撮ろうと川辺にやってきた。今頃は、川魚も結構大きくなっていて、川面からも元気な姿が見える。川に沿ってずっと歩いていると、ヂェッヂェッと後ろから呼びかけるようにして来たのが、この鴨だった。水も割にきれいなようで、鴨の気分も良かったのだろう。何となくカメラにポーズをつけてくれたような感じだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/22/2009

緑化センターの紫陽花

Img_1150
 昨日、今日と雨に降り込められてしまった。季節どおりの梅雨空である。本来晴耕雨読の方針なのだが、やはり2日も降り込められて、遊びの予定もキャンセルとなると、日こもってばかりもいられない気分になる。せっかく雨が降っているならと、近所の紫陽花の写真を撮っておこうと出かけることにした。タイトルには緑化センターと書いたが、これはずいぶん昔の呼称で、今は環境活動支援センターという。長いし、わかりにくい名前なので、古い呼称を使った。この方が、いろいろな花がたくさんあるという実感も湧きやすいと思う。ずっと市民に親しまれているのに、何でわかりにくい名前にしてしまうのか、あまり理解できないところだ。ここの、紫陽花は国道に面した斜面の側にもあるし、内側の通路や、児童遊園地側の谷戸の斜面にもある。全部併せれば、他の名所と比べても見劣りすることはないだろう。ちょっと小やみになった小一時間の間の撮影で、光は足りないが、適当な運動にはなった。Img_1121

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/19/2009

御霊神社の紫陽花

Rimg0054
 今日、思い立って鎌倉・御霊神社の紫陽花を見に行くことにした。北鎌倉明月院の紫陽花は大変な混雑であきらめてしまったのだが、鎌倉は、ちょっと外れれば結構静かで良い所がある。そんな期待で出かけてみた。相変わらず小学生から年配の人まででだ一混雑の長谷を通り抜けて、裏道から、御霊神社を目指した。一本裏に入れば随分すいている。とはいえ、御霊神社の紫陽花も最近では結構な人気で、いつもの静けさから見ると、かなりな混雑だった。ここの紫陽花は、神社裏手の崖に沿って、高い所や散策路脇、石垣の外側とか、至る所に変わった種類も含めて咲いている。神社の前を江の電が通り、江の電撮影の好適地でもあるのだが、江の電の沿線にもたくさんのあじさいが咲いている。何はともあれ、少しはゆっくり紫陽花を楽しむことができた。江の電と紫陽花を一緒に撮ろうとカメラを構えている人も多いので、そうした人々を外して紫陽花を撮ろうとするのは結構難しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/18/2009

町中のほたるの里

Rimg0006
 平戸台小学校の観察林のような所を小川が流れている。小学校の子どもたちの呼びかけのプレートも掛けられていて、結構きれいな水が流れている。ほたるの里としては、土手の上に小さな池も整備されているので、そちらに幼虫がいるのかもしれない。夜に見に行ったことがないので、どんな雰囲気かはわからないのだが、ほたるの里の看板の下にはタチアオイの花もきれいに咲いていて、子どもたちが一生懸命に守っているのだろうなと感じる。戸塚区平戸町

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/17/2009

ポートサイド地区から

Rimg0011
 横浜駅東口、そごう、ベイクォーターを越してちょっと行くとポートサイド地区になる。アートを意識した街作りで、アートマンションがあったり、一頃はアート縁日もやっていた。今もディスプレイミュージアムがあり、様々な作品が展開もしている。そこをまたちょっと外れた神奈川公園脇には、亀の透かし彫りをつけた街灯がある。浦島伝説のある地域がこの近所にあるためだ。当然このあたりは、昔、入り江や浜辺だったところだ。Rimg0013
 横浜開港150周年。アメリカの使節ペリーの要求では、当初、神奈川の開港を要求していた。しかし、東海道の宿場町であり、参勤交代の大名も通る場所では困ると、街道からはかなり外れた横浜村に開港場は設置された。そのためか、このあたりでは、開港150周年にちなんだ開国博Y150の盛り上がりは伝わってこない。いや、現実には横浜駅、桜木町駅あたりでもそれほど盛り上がりは感じられない。結局、東海道を始めとする主要な交通ルートから外れているのが、原因なのかも知れない。横浜駅周辺のレストランなどでは、開国博の半券を見せれば何らかの特典が得られるということになっているのだが、どれだけの人が、開国博の内容に関心を持っているのか、余りよく解らない。自分自身が、その中身に関心を持てないのだから仕方がないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トケイソウ

Rimg0001
 空梅雨みたいな気もするが、毎晩夜中に随分雨が降っている。お蔭で、朝の水やりはほとんどしなくてすんでいる。日中結構日が出ているので、草花の成長は良いようだ。特につる性の植物はものすごい勢いで伸びてくるような気がする。ご近所のフェンスのトケイソウもなんだかとてもご機嫌のような感じだ。(戸塚区平戸三丁目)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/14/2009

洲崎神社例大祭(2)

 例大祭3日目の今日まで、お天気は良く続いた。3日目ともなれば昼過ぎ頃にはそろそろ仕舞う感じなのかなと思っていたのだが、夕方6時半から神楽殿で芸能の奉納があると書いてあった。今日は落語が予定されている。宮前商店街の縁日も夕方近くなってどんどん混んできた。昔の感覚で、宵宮が一番賑やかなのではないかと思っていたのだが、最終日のよるまでしっかり楽しむことになっているらしい。時代に合わせたお祭りの楽しみ方になっているのだろう。昔懐かしい、下町の活気を伝えるお祭りに参加できた感じだった。Rimg0046
Rimg0043

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洲崎神社例大祭

Rimg0032
 今日で洲崎神社の例大祭も最終日。ちょっとのぞいてみる気になったのだが、宮前通り商店街の縁日は随分にぎわっていた。お好み焼きとか、焼きそば、たこ焼きに鳥のステーキと食べ物関係が多いのは当然として、射的とか、金魚すくい、じゃんけんの勝ち負けでもらえるものが変わる店とか、ゲーム的なものも多かった。商店街のお店が参加して店頭ライブをやっているところもあり、地元も結構楽しんでいるようだ。もちろん縁日の主役は子どもたちで、浴衣を着ている子も多かった。Rimg0006
Rimg0017

| | Comments (1) | TrackBack (0)

06/13/2009

梅雨晴れのダイキチ

Img_1093
 梅雨入り後、晴れの日が続いている。今日は特段に蒸し暑いのだが、木陰のような所は結構涼しい風が吹いている。最近ダイキチは小屋の上に暑さよけで被せてある寒冷紗をハンモック代わりに使うことを覚えた。気持ちよさそうにしているのだが、いざ次の行動に移ろうとするとき、どうも余りうまくいかないで必死にもがいていることがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/11/2009

いよいよ梅雨入り

Rimg0003
 いよいよ関東地方も梅雨入りだそうだ。でも今年は空梅雨との予想も出ている。とりあえずこの時期紫陽花で有名な北鎌倉・明月院を見に行ってみようと考えた。だが、北鎌倉の駅からもう混雑が始まっていて、とても紫陽花を見てくるのは不可能だろうと思い、あまり人のいない踏切脇の小川で咲いている紫陽花を撮って帰ることにした。最近鎌倉の主要なスポットは観光地としての来客数が多く、あまり落ち着いて風情を楽しむような状況ではなくなっている感じがする。今日も、小中学生の遠足風な一団から、年配の趣味のグループ風あるいは二人連れ、若い人の集団と多様な観光客が押し寄せていた感じだった。それでもぞんなメインのスポットのすぐ一歩裏側に結構良い風情が残っているのが鎌倉の良さかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/09/2009

夏祭り準備中

Rimg0033
 九州から東海地方までは梅雨入りだそうだ。関東もこのところ湿っぽい日が続いているが、ここ2、3日は梅雨の晴れ間のような感じだ。しかし、梅雨入りとはまだいわれていない。神奈川区の洲崎神社は今月12日〜14日が例大祭。前の通りは縁日の屋台でいっぱいになるのだが、もう出店場所の表示がされていて準備が進んでいる感じとなっている。多分夏祭りのはずだが、雨降りは大丈夫かと心配になる。まあ梅雨のちょっとした雨ぐらいではどうということもないのかもしれない。土曜の夕方あたりが晴れていれば相当にぎやかになるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/07/2009

四十九日餅

 今日四十九日餅というのを食べた。母の四十九日で納骨も無事に済ませた。わずかの時間ではあったけれど、納骨というのは結構緊張するものでもあった。昔は四十九日の間、毎日お餅を供えたものなのだそうだ。現代ではなかなかそうもいかないので、四十九日の時にまとめてお供えをして、その中で一番大きい親餅というのをみんなで食べる事になっているらしい。親餅というのは、直径15センチぐらいの丸くて薄いお餅なのだが、柔らかくて、ちぎって食べると、そのままでもなかなかおいしい。お正月のお餅とはちょっと作り方が違うのだろうか。少し残ったのをよるにも食べたが、柔らかさに変わりはないようだった。
 四十九日で一応忌は明けて、故人も仏の世界へ旅立ったということになるそうだ。この先、残された自分たちがどうするか、じっくり考えていくことになる。いずれにしても、残された者が元気に自分らしく生きていくことが大切なのだと思う。Img_0968

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/04/2009

バランス猫

Rimg0012_2
Rimg0013_2
 夕方、神奈川図書館に行った.帰り道に物思い顔の猫が、金網フェンスの上でくつろいでいた。人間世界を見下ろしながら、バランスをとっている姿に教えられるようなものを感じた。その後に、水飲み場の脇から、人間を見つめている猫にも会ったのだが、こちらには下町の暮らしのにおいを感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/02/2009

横浜開港記念日

Rimg0044
 今日6月2日は横浜の開港記念日。今まで、仕事で見に行ったことはあるが、60年間市民でいながら、フリーで開港記念日の催しを見に行ったのはほとんど初めてのような気がする。小学生の頃は、とりあえず学校が休みの日だと思っていた。今年は開港150周年ということから開国博も行われているのだが、赤レンガ倉庫脇のブラジル縁日みたいなのが面白かったし、食べ物もおいしかった。
 横浜はやっぱり港と船が人気だ。帆船などの展示にはずいぶん人が集まっていた。無料の「縁日」コーナーにも人は多いが、有料の会場は入場者がちょっと少ないのではないかと思う。目玉の大蜘蛛なんかは周辺のビルやら、交差点の歩道橋の上から大勢の人が見物していた。内容に比べて入場料が高すぎるのだと思う。蜘蛛以上に人気なのがブルーインパルスの編隊飛行で、轟音とともにいきなり上空に戦闘機が飛び出してくると、催し物はそっちのけで、みんな空を見上げている。写真を撮っている人も多かった。Rimg0081
Rimg0028

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »