« January 2009 | Main | March 2009 »

02/28/2009

児童遊園地の梅林満開

Rimg0004_2
 昼前頃からようやく晴れ間が出てきた。用事を済ませたついでに、児童遊園地に寄ってみたが、ようやく梅林が満開になってきた。明日の日曜日には観梅会も開かれるのだろう。葦簀張りの東屋とかテントが用意されていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予報通りに雪が

Rimg0017
 今日も寒い。昨日は予報通り10時過ぎにはみぞれ交じりから雪になった。直にまた雨になったのだが、とにかく寒かった。せっかく咲き出した花も、どうなることか。今朝の寒さで傷まなければよいのだが、鉢植えの花は心配だ。(横浜市戸塚区)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/26/2009

ハッカ鳥

Rimg0002_2
 菜種梅雨の前倒しとか、雨ばかり降って、ほとんど日がささない日が続いている。おまけに寒い。今年は偏西風の蛇行の影響で暖冬だとか言っていたようだが、どうなっているのだろう。冷たい雨がしょぼしょぼ降る中で、ハッカ鳥を撮った。椋鳥の仲間だと思うが、椋鳥よりは一回り大きい。くちばしの上に小さなリボン状のトサカのようなものがあって、愛嬌がある感じだが、全体に黒いので、こんな天気の悪い日には写真になりにくい。羽ばたくと、両翼に大きな白い丸があるので、飛んでいるときには華やかな感じがする。ハッカというのは、中国の客家なのだろうか?元々台湾とか暖かい土地に生息している鳥なのだそうだが、上永谷近辺には結構たくさんいるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/23/2009

クリスマスローズ

Rimg0012
Rimg0011
 今日は一日雨に降り込められてしまった。たいした降りではないが、夕方までいっこうにあがる気配がない。真冬に完全に逆戻りしていて、何もする気にならない日だ。それでも、玄関先に出したクリスマスローズが雨にもめげずに元気にしているので、写真を撮った。去年はまだ苗が小さくて花がつかなかったが、今年は2月始めから咲き始めている。ホワイト、ピンク、黒褐色の3種類。下向きにつく花なので、雨滴が目だってっしまうようなかんじだが、それも良いかなと思う。こんな天気に心を和ませてくれるのだから、ありがたい存在だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/22/2009

通勤途中の花

Rimg0004
Rimg0006
 毎朝30分ぐらいかけて遠くのバス停まで歩いている。2月半ばを過ぎるといろいろな花が咲き始めて、通勤途中の目を楽しませてくれる。梅はもちろん今盛りなのだが、平戸近辺では何カ所か桜と思われる花が咲いている。ソメイヨシノとは違う種類なのだとは思うが、桜の仲間だと思う。辛夷の蕾もだいぶふくらんできている。はあるまであと一息という感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/20/2009

雨の日の紅梅

Rimg0001_6
 今日は明け方前から雨が結構激しく降った。幸い横浜では雪にはならなかった。関東の内陸部では雪になったところもあったようだ。ご近所の紅梅が雨に濡れて優雅に咲き誇っていた。グレーの背景に紅梅が映えるようだ。そのほかの草花もすっかり潤って元気になっている。予報ほどの気温にはならなかったが、やはり、一雨ごとに春が近づいてくるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下永谷に桜の花

Rimg0016_2
 日本の政治の世界はもうどうしようもない感じだが、自然はちゃんと季節ごとの演出をしてくれるようだ。下永谷・般若寺橋のそばで、もう桜が咲いていた。小さな木なのだが、六分咲きでもうすぐ満開という感じだ。遠くからも、そこだけ明るく春めいた感じが漂っている。ソメイヨシノではないのだろうが、花はもちろん、木の肌も明らかに桜だ。梅と間違えたのか、ここにもメジロが花の蜜を吸いに来ている。このところ寒さ一入なのだが、うららかな暖かさを演出してくれているようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2009

財務相が消えた

 経済の情勢が悪いとか、自分の退職後のこととかちょっと考えている間に、何の前触れもなく、財務大臣が辞任してしまった。G7の財務相、中央銀行総裁の会合後に酔っぱらって記者会見をし、世界に恥をさらしたということなのだそうだ。
 妙なリーダーシップを振りかざす政治家は危険だと思っているが、訳のわからないうちに辞任してしまう政治家というのも、当然問題だ。とはいえ、批判する言葉も浮かばない。予算を議論する国会が始まろうとするときに、財務大臣が辞任をする。当面、経済財政担当大臣が、金融庁と併せて財務大臣を兼務するという。結果的には昔の大蔵大臣が復活して、かつての経済企画庁も併合してしまったようなものだ。財務大臣は予算審議の前に忽然と消えてしまったと言うことなのだろう。
 こうした不思議な消え方をする政治家は、本来政治家としての資質を備えていないと言わざるを得ないのだが、何故、何度も選挙に当選し、自民党の有力議員となれたのだろうか。選出した選挙民はどんな思いなのだろうか?民主主義の世の中にあっては、政治家に政治を丸投げしてはいけないのだろう。一人一人がちゃんと政策について発言し、考えていかなければいけない。投票するときだけが意思表示ということではいけないのだろう。結構大変なことだけれども、自分の生活は自分で考えていかなければいけない。そのざまざまな生活や、考え方をいろいろ調整し、まとめていくことのできるシステムを組み立てていかなければいけないのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/14/2009

階段の生活

Rimg0002_2
 今日は5月中旬の気温になったようだ。各地で2月の最高気温を記録したという。横浜も24度前後になったそうだ。横浜は坂が多い。新興住宅地では階段がつきもので、結構きつそうな階段が多い。若いときには何とも思わなくても、定年を過ぎるとものすごいなと感じる坂道が至るところにある。年季の入った手すりと、何故か階段の両側にはスロープがある。住んでいる人たちも、できれば階段はそれほど使いたくはないのかも知れない。周辺に植木鉢を下げたりして、何とか厳しさを和らげようとしているようにも見える。そして、そればかりではない様々な工夫を凝らして生活をしていることが窺える。ある意味、懐かしい風景でもある。
Rimg0003

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政治家のリーダーシップ

 昨日もう春一番が吹いたそうだ。今朝、関東地方は大変な荒れ模様であけている。
 ところで、昨秋からの世界同時不況を受けて、政治の舵取り、政治家のリーダーシップを求める声が強いように感じている。出口が全く見えない状況なので、わらにもすがる思いなのかも知れないが、おそらく今の経済情勢は、政治ではどうにもならないのではないだろうか。どうにもならない社会情勢の時に政治のリーダーシップを求めるのはとても危険なことだと思う。かつてファシズムが広まったときもこんな雰囲気があったのではないか。昔は、国内がうまくいかないときには、外へ向けて強硬姿勢をとり、戦争で事態を解決しようというような動きもあった。
 最近の日本の論調も、世界の金融バブル状況の頃から、妙に強気な議論がもてはやされていたのではないだろうか。こんな時ほど妙な政治家が力を得たりしがちなのではないかと、気にかかる。
 特に日本では、一般市民が政治に関心が薄い。具体的な政策の善し悪しを市民が議論する事があまりない。マスコミも政策の意義、問題点を細かく検証しようとしない。どことなく政策はどうでも、奇人、変人的な総理大臣が蛮勇をふるって事態を一気に変えてくれるのではないかという、変な期待感を持つ傾向があるように思う。今はむしろ、市民が必死に解決策を考えることが必要だと思う。そしてその考え方に沿った解決策を提案する指導者を選んでいくべきであり、また、一つの考え方に固執するのではなく、様々な議論を政治家としてきちんとまとめていくことができるような人材を探していかなければならない。
 焦っても事態は改善しない。楽をして良くなろうと思ってはいけない。他人に解決策を依存している限りは、日本の政治も、社会もよく半裸内だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/07/2009

鎌倉・浄明寺の梅

Rimg0021
Rimg0034
 2月4日午後鎌倉へ行ってみた。もう梅が見ごろかなと思っていたのだが、瑞泉寺は水仙は咲き乱れていたが、梅はまだまだの感じだった。その足で浄明寺へ行ったところ、こちらは紅白の梅がそれぞれに見ごろになっていた。平日、曇り日の寒い一日だったが、その割にはどこでも観光客が絶えない感じだった。全体としては静かな雰囲気の中で梅を楽しむことができたのだが、一休みというと大体先客がいるので、なかなか適当な休憩場所は見つけられなかった。浄明寺では鳥たちもにぎやかで、メジロはもちろん、四十雀やヒヨドリが花の蜜を求めてやってくるし、コゲラも数羽あちこちの木の枝を渡り歩いて、ドラミングをしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/03/2009

浅間の火山灰

Rimg0010_2
Rimg0005_2
 昨日2月2日早朝の浅間山噴火の火山灰は家の車にもはっきりと白っぽく降り積もっていた。独特の火山灰の臭気もある。ここに住んで約30年、それ以前の横浜の暮らしの中でもこのような経験は初めてだと思う。これまでも、同様なことはあったのだろうか。それにしても自然はすごいなと改めて思った。
 一方、港南土木事務所裏の馬洗い川、永谷川の合流点付近では、川の中ほどの木の枝にカワセミがいた。あわててしまったせいか、あまりシャープには撮れていないのだが、こんなに間近に、しかも、しばらくじっとしていてくれたのは、これも初めての経験だった。何かとても幸せな気持ちになれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/01/2009

陽だまりネコ

Img_0758
Img_0772
 あちこち梅が咲き出したので、今日も児童遊園地の梅林へ行ってみた。この梅林は東に開けたくぼ地の形をしていて、ちょっとほかよりも日照が少ないのかもしれない。まだ満開といえる木はなく、六、七分咲きぐらいのものが4~5本といったところだった。梅林全体がきれいに染め上げられたようになるのは、2月半ばを過ぎるのではないかと思う。それがごく自然なペースかなとも思った。街中の自然なのだが、斜面を生かして周囲の開発からうまく守られているのだろう。
 一方で、環境活動支援センターの子猫たちはすくすくと育っているようだ。昨年11月ごろにはまだほんの手のひらサイズだったものが、もうだいぶ大人びたしぐさ、表情を見せるようになっている。風が強く、寒い一日だったが、陽だまりで幸せな時間を楽しんでいるようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »