« October 2008 | Main | December 2008 »

11/27/2008

冬支度

Img_0660
Img_0662
Img_0663

 今日は最高気温10度ぐらいの予想。一気に冬に突入してきている感じがする。政府の面子をかけた地球温暖化防止もぐらつくのではないか思う寒さだ。もともとCO2排出量削減が温暖化防止になるのかどうかは眉唾だったが、地球のCO2濃度が過去最高になっているとつい最近報道されたばかりで、この寒さなのだから、世界的不況でCO2排出量が減っているという理屈も通りにくいだろう。
 それはさておき、植物はこの寒さで着実に冬支度を始めている。鉢植えも紅葉を一段と濃くしてきている。常緑の植物は曇り空の下で、ますます寒さを強調しているかのようだ。人間は人間で、耐寒性の強い花で何とか明るさを保とうとしている。半日陰のストレプトカーパスもとても元気だ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

11/24/2008

夕陽の教会

Kc380059
 テニスの帰り道、山手教会が夕陽を受けて美しかった。横浜を象徴する一区画山手。ここでの生活やドラマをっずっと見続けてきた、そんな懐かしさを感じさせる姿だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/19/2008

輝く秋ー冷え込む

Rimg0001
 朝から冷え込みはかなりのものだったが、昼頃からは冷たい風が吹き、本格的な木枯らしの雰囲気だった。急速な冷え込みで、いよいよ冬本番。最近では、冬の雰囲気を楽しむというより、どうも寒いのは嫌だなという気持ちの方が先に立ってしまう。それでも、空気の美しさは今が最高だなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/18/2008

秋色深まる

Qertv
 爽快な秋晴れが続く。今年は特段にからっとした秋のように感じる。紅葉の色合いも目に鮮やかだ。寒さはまだそれほどでもないようだが、今晩あたりからこの秋一番の寒気が入ってくるようだ。地球温暖化が心配されているといっても、日本では季節はきちんと巡ってきている。
 温暖化を心配して、レジ袋を使わない運動が広がってきているようだが、レジ袋を作っていた石油の成分はどうするのだろうか。ガソリンや、灯油にはできない部分を有効活用していたはずだが、レジ袋として利用できるよう開発してきた技術をもとに、丈夫なエコバッグを作れるようになってきたのだろうか。エコバッグにすればかなり高く売ることができるのだから、生産する側の利益は大きくなるだろうが、CO2排出量はかわらないのではないか。不思議な世の中だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/17/2008

秋の夕暮れ

Rimg0014
 今日児童遊園地に行ったのはもう夕方近くなっていた。中央の谷戸には巨大な銀杏の木がある。たそがれといっても良い秋の午後4時過ぎ、走る人、歩く人、犬を連れた人が思い思いに通り過ぎていく。ちょっと幻想の世界のような気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2008

雨の降る日曜出勤の途中で

Rimg0005
 通勤途中にある川上公園の石段。この階段を越していけば、相当足腰が強くなるだろうなと思いつつ、そんなことをしたら、職場について仕事にならないのではないかと、やはりしりごみをしてしまう。石段を上がりきってしまえば、ゲートボールなんかもできる運動広場のようになっているし、反対側の斜面をちょっと下ったところには、ミニゴルフ(パターだけかもしれないが)できる場所も作ってある。面白い公園だ。このあたり、あちこちに昔の里山の風情が残っていて、何となく懐かしい秋を感じさせている。Rimg0004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/14/2008

急速に色づく秋

Rimg0024
 11月にはいって寒い日が続いた。今年は8月後半から冷夏で、その後も例年より気温が低い日が多い。地球温暖化という考え方がかなり定着してきているが、CO2がその原因でないことは、今年の気候で明らかなのだと思う。確かに、世界的な不況、恐慌前夜という状況で経済活動が冷え切ってCO2排出が削減されたとはいえ、排出量が削減されればCO2が減るというわけではない。増えないというだけなのだから、気温がそんなに下がるはずがない。街は急速に色づいてきている。今年は、もう1週間ぐらい前に木枯らしが吹いている。温暖化を気にして寒い冬を余計に寒い思いをして、どうなるのだろう。不況の影響をまともに受けている人は凍え死んでしまうかもしれない。温暖化よりも社会の冷たさの方がよほど心配になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2008

温暖化って?

 日差しの少ない寒い日が続く。12月の気温だという。例年ならまだ小春日和とか言う感じの季節なのだが、今年は8月後半から、例年より寒い日が多い。世界的な不況で経済活動が鈍り、CO2が急激に減ったのだろうか。関東地方に暮らしている限りでは、温暖化という言葉はもう過去のことになったような気がする。冷暖房に関する限りあまり省エネを意識する必要がなさそうだ。もちろんこれから本格的な冬になれば、暖房経費が例年よりかかるのだろうけれど、これは温暖化対策に金がかかるのとはちょっと違うのではないか。ところが、CO2の排出ということであれば大幅に増えることになる。どっちに転んでも今年は寒さに耐えなければいけないことになるのだろう。経済活動が冷え込んで、企業のCO2排出量が大幅に減ったのに、各家庭の排出量が増えるのだから、より以上に一般市民の工夫が求められることになるのだろう。変な世の中だ。
 平戸川で合鴨を飼育しているのは、この秋張り紙が出ていて分かったのだが、今日、その張り紙のあった付近で、いつもの合鴨と違う鴨の集団が見られた。マガモみたいな気もするのだが、こういった羽色の合鴨もいるのだろうか。増水して濁った川面で食べ物を摂っている姿を撮影しておいた。Rimg0002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2008

環境活動支援センター

 昨日は朝から雨で、昼過ぎからくもりになった。いつ降るかわからないような感じで、なかなか外に出られなかったのだが、このままでは運動不足になると思い、近くの環境活動支援センターに出かけた。隣接の児童遊園地と合わせて広大な散歩道があり、ランニングやウォーキング、犬の散歩に来ている人たちも多い。季節の花や植物を見ながら、手軽な運動不足解消にはもってこいだ。自宅の植物との生育状況の比較もできる。今はクリスマスローズの新芽が伸び始めているところで、家のクリスマスローズの育ち具合、株の大きくなり具合が確認できて安心できる。
 センターの一角、国道に近いあたりに子猫がたむろしていた。もう冬が近いのに、どうするのかなとも思うが、このあたりで暮らしているネコも多いし、餌をやりに来る人もいるようだから、大丈夫なのだろう。携帯のカメラしかなく、それほど近寄れないので、はっきりとした写真は撮れなかったが、アップした写真で雰囲気ぐらいはつかめるのではないかと思う。Kc380053

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2008

山茶花の季節

 10月を振り返ってみると、ずいぶん白鷺に出会っていたなと思う。11月にはいってふと気が付いたら、自宅玄関前の山茶花がもう盛りとなっていた。いつも我が家の山茶花はよそより早めに咲くようだ。山茶花の花の季節は、所にもよるのだろうが、10月中旬から3月ぐらいまでとかなり長いようだ。我が家のは早い方に属するのだろう。散るのも早くくれには大体終わって、その頃からお隣の山茶花が盛りになるというのが例年のことだった。かわるがわるヒヨドリたちにおいしい蜜を提供しているわけだ。山茶花は日本原産とかで、漢字は中国では椿のことだそうだ。日本の読み方も本来はサンサカというのが変化してサザンカとなったらしい。花の少ない冬場の良い花なのだが、誤り伝えられていることの多い花のようだ。Img_0650
Img_0654
 ストレプトカーパスも一段と花数が多くなってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »