« August 2008 | Main | October 2008 »

09/29/2008

気候不順と温暖化

 8月後半から冷夏ムードで、9月に少し暑さがぶり返すのかと思っていたのだが、気候不順なまま終わってしまいそうだ。今日は日中16度まで気温が下がってしまったとか、11月下旬の気温だそうだ。マスメディアのコマーシャルでは脱温暖化の取り組みが目白押しの感じで、何となくうそ臭い感じが漂っている。このところの寒さでは、脱温暖化などどこかへいってしまうのではないだろうか。この冬は、石油価格の高止まりで、暖房も押さえざるを得ないのだろうが、温暖化してくれれば助かるという人も多くなるだろう。冬は温暖化して、夏は脱温暖化してもらいたいというのは、なんとも虫のいい話だと思う。
 世界規模の温暖化をCO2削減だけで回避しようとするなら、江戸時代か明治のはじめぐらいの生活にしなければ間に合わないのではないかと思うが、コマーシャルを聞いていると、省エネ機器に変えれば快適さ、生活の便利さは今のままで、CO2の削減が可能になるという。本当なのだろうか?人間活動が盛んになればCO2は増えるのではないか。快適・便利な生活で人間活動が活発になって、それでもCO2は減るのだろうか。少子化の著しい日本であれば、人口が減るからCO2も減るという理屈になるのだろうか。もしそうなら、何も苦労しなくても2050年には日本の人口は相当減っているはずだから、CO2削減の必要もないはずだと思うのだが、どうだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/15/2008

激しいにわか雨

 今日は敬老の日だが出勤。台風13号の影響か、天候が落ち着かない。このところ朝晩雨が降りやすい。今年8月下旬からの冷夏について気象庁は偏西風の蛇行によるものとしているようだ。台風13号も台湾方面に行ったり、その後ゆっくりと沖縄に近づいたりと、すごく動きが停滞気味のようだ。そんな訳で、関東ではどうも無防備に出勤しがちだが、おかげさまで今日は早朝に降り始めていたので傘は持っていた。それでも、バス停を4っつも行くと、もう雨が降っている気配がない。さらに進んでいくともう薄日が差していた。どうも我が家の近辺が境目で、家から北の方が雨が降りやすくなっているらしい。これも今年の特色のようだ。Rimg0001

| | Comments (0) | TrackBack (1)

09/14/2008

葉山にて

 葉山の神奈川県立近代美術館で秋野不矩展を見た。初期は日本画の美人図そのものの感じだが、1960年ごろインドと関りだした頃から非常にどっしりした力強い作品になる。単純な表現では表しきれないのだが、とても大きな空間の広がりと、美しい光と色彩が交錯する一種神秘的ともいえるような感じだ。広大なインドのデカン高原、アフガニスタン方面の山岳地帯、ガンジス川をも横切っていくように見える水牛の一群。人物画は、祈りの深さ、自然の偉大さを感じさせる。
 その後、美術館のレストランでコーヒーを飲んだ。目の前に、夕暮れの海岸の松が鳳凰のようにも見えた。Kc380048

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/11/2008

9月も半ばに

 8月下旬の不順な冷夏気候から抜けて、ようやく秋らしい感じになってきた。それでも今日は、熱帯性低気圧やら、台風13号やらの影響を受けて、午前中の快晴から昼過ぎは雨。夕方には秋の夕空という変わりやすい天気だった。見慣れた、神奈川駅界隈が何か新鮮な秋を思わせる雰囲気になっていた・Rimg0009
Rimg0011

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/01/2008

福田首相辞任について簡単なコメント

 9月国会開会直前にまた首相が辞任した。安倍前首相の場合は参院選惨敗という結果があるから、むしろ遅きに失した感じがあったが、福田首相の場合は理由が分からない。いろいろ苦労して地均しをしたのだから、後は野党のいじめにあわない人にやってもらうほうが良いということらしい。次の首相で大連立の蒸し返しをしてもらいたいとでも言うのだろうか。タイミング的には民主党小澤氏の代表戦出馬の意思表明にあわせているようだから、何かそこいら辺の含みがあるような気がする。それとも、民主党は政策議論なしで選挙目当ての代表選びをするが、自民党は短期間でも議論をして決めるぞという、新手の嫌がらせかけん制かだろうか?
 いずれにしても多くの国民に理解できそうもない辞任劇が続く日本の政治は、本当にどうなってしまうのだろうか。それとも、小泉さんの自民党をぶっ壊す呪いがいよいよ本格的に効き始めてきたのだろうか?これで国家の体制が保てているというのが不思議だ。四方を海に囲まれていなかったら、周辺の大国がとっくに乗り込んできて、関西とか、北海道とかの分離独立ぐらい起きても不思議でなさそうな、絶好の機会のように思えるのだが?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »